2015年06月12日

あみやき亭2015年株主総会レポート

2015年6月10日(水)11時から、愛知県春日井市のホテル勝川2階 さくらで開催されたあみやき亭の第20回定時株主総会に参加しました。
あみやき亭は中部、関東中心に、焼肉や焼き鳥の美濃路を展開している会社で、最近はM&Aで店舗網・ブランドを広げています。あみやき亭の株主総会に参加するのは毎年の恒例行事です。

2015年6月10日(水)の株価 4,870円(東証1部 2753)100株単位 3月決算
PER 15.7倍、PBR 2.1倍、配当利回り 1.23%、株主資本比率 79.2%
監査費用 2,200万円(売上比0.08%) あずさ監査法人
役員報酬 取締役6名1.11億(社内平均 2,180万円) 監査役3名1,100万円
株主優待 3月末の100株以上の株主に株数に応じて千円のお食事券贈呈
 株主優待について詳しくは → あみやき亭株主優待ページ


   あみやき亭(2753)のホームページ
   あみやき亭(2753)のヤフー株価情報
あみやき亭

スケジュール
11:00〜11:17
 11:03〜11:05 監査報告 山田修三常勤監査役
 11:05〜11:16 事業報告 佐藤啓介社長が招集通知を読上げ
11:17〜12:15 質疑応答 質問者11人 計22件 58分
12:15〜12:21 議案の審議 質問なし、拍手方式ですべて可決

お土産 お食事券2千円分 先渡し
飲み物サービス コーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレンジジュース
経営戦略説明会 なし


注目の株主総会格付けですが、今年もお土産がありましたし、質問にも出尽くすまで丁寧に答えていたと思います。株主の出席しやすさを考慮して毎年早い時期に開催しているのも評価できます。これらを総合的に判断し、あみやき亭の2015年株主総会格付けは、 『C+』 としました。
   議決権を有する株主数     6,842名、その議決権数  68,485個
   議決権返送&出席株主数    2,041名、その議決権数  61,825個(90.3%)

今年も梅雨入りしているとは思えない様な良い天気で、自転車で行きましたが朝から暑かったです。冷たい飲み物が用意されていてありがたいですね。
佐藤社長以下役員全員が、株主総会会場入り口で株主をお出迎えしているのも例年通りです。
質問は1回につき2問までですが、再質問ができるので回答に不満な株主が何回も質問していました。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)昨年も言ったが内部留保金の状況と活用策は?
→内部留保は110.31億円あるが、関東を中心とした出店やM&Aなどの成長投資に使っていく。
(2-1)優待券の使用実績は?
→5月末時点で74.4%が使われている。金額では2,767.1万円分の利用があった。
(3-1)儲かっているのに内部留保を溜め込むばかりで株主への感謝が感じられない!(激怒w)
20周年を迎えるのに記念配だけだ。前に勤めていた会社では株主に記念品も贈っていた。もっと株主に還元してほしい(拍手)
→私は株主の皆さまに感謝しているつもりですので、誤解しないで頂きたい。内部留保の活用方法は課題と捉えている。
株主の一番の期待は成長だと考えており、成長に伴う株価の上昇を期待していると思う。最近地震や自然災害も増えているが、店舗展開エリアも広がっており被害に遭う可能性もある。何があっても会社が生き残っていくことも大事であり、内部留保も大切。活用方法については任せてほしい(拍手)
注記)毎年このようなやり取りが繰り返されています。以前と比べると配当も増えてきましたが、配当性向は20%弱なのでもっと株主還元しろ!という気持ちも分かりますが、あみやき亭は内部留保を溜め込むことが大好きな会社ということはそろそろ理解してもいいんじゃないでしょうか?内部留保なんか関係ないぜ!みたいな会社もあるので、不満な株主はあみやき亭を見限ってそういった会社に乗り換えればいいと思います。あるいは50%以上買い占めて経営陣を総入れ替えするかですね(笑)
(4-2)私が言いたいことを質問してくれたが関連して、内部留保はほとんど現金で保有していてほとんど利息を生んでいない。内部留保の1/3でもいいので、もっと利回りの高い運用に回して利息で配当を増やしたらどうか?
→私の経営哲学として運用はしない!というのが基本的な考え。現金が多いので金融商品の勧誘はたくさん来るが、大事な内部留保で損失を出すわけにはいかない。運用商品には手を出さないのが経営哲学なのでご理解頂きたい。
(5-2)今期は記念配もあるし増配していることは分かるが、配当性向が低いのでもっと上げてほしい。
→配当性向が低いことは十分認識している。今後の成長投資とのバランスを考えて現状の水準になっている。成長を続けることで増配していきたい。
(6-2)毎年同じ質問をしなければいけないので、どこまで内部留保を確保したら大幅増配に踏み出すのか、目標金額を示してほしい。
→確実に成長を続けていく中で判断していくものであり、内部留保は目標を決めるようなものではないと考えている。
(7-3)前期実績で、売上の伸びに比べて純利益の伸びが大きいのはなぜか?
→前期はアクトグループをM&Aしたが、以前買収したスエヒロも含めて累積赤字がある会社であり、子会社化したことで法人税負担が軽減された。
(8-3)各事業の利益率は?
→経常利益ベースで、焼肉12%、焼鳥5%、その他8%。焼肉の比重が高いので全体では11%になる。
(9-4)今後の出店戦略を教えて欲しい
→FCは考えていないので、今後も直営出店を続けていく。中部と関東でドミナント出店をしていくのが基本戦略。焼肉は関東中心に出店していく。アクトグループの店舗は新宿、池袋、渋谷などの都心に立地しており、今後も都心部に出店していく。
焼肉は中部エリアでは出店余地が少なくなっているので、新業態のしゃぶしゃぶやほるたん屋などを出店していく。
焼き鳥は名古屋市の中心部が空白地帯になっているので、美濃路の出店余地は大きい。
(10-4)長期保有株主への優待は考えていないのか?
→長期優遇策については社内で検討していきたい。
注記)株主優待については1/3以下に大幅に改悪した過去もありますし、株価や業績と比べて魅力が低下していますので、ぜひ長期保有株主への上乗せを検討してほしいですね!
(11-5)TPPや円安などの影響はどうなのか?
→あみやき亭は国産牛を使っているが、輸入牛肉の関税が30ポイントほど下がると国産牛も値下がりする可能性もある。一方で畜産農家が減っており、輸入牛肉が増えることで国内の肉牛がさらに減るのではないかと心配している。TPPの内容もまだ不明確であり、現状ではどのような影響があるのか不透明な状況。
円安については、網や割りばしなどの仕入コストが上がるのでマイナスの影響となる。ただ中部エリアは輸出関連企業も多いので、景気が良くなることで売上の向上も期待でき、中長期的にはプラスに働くと考えている。
(12-5)外国人観光客が増加しインバウンドが注目されているが、何か対応しているのか?
→都心の店舗、特にアクトグループの新宿店などは外国人のお客様が増えている。ただ都心の店舗が少ないので全体売上からみるとインバウンド需要は小さい。あみやき亭のメインは郊外出店であり、郊外は外国人客は少ない。外国語のメニューを用意するなど準備は進めていく。
(13-6)5月に春日井店に消防車が来ていたが何があったのか?
→ぼやが発生し、皆さんに迷惑をおかけした。排気ダクトに火が入り、空気を遮断するダンパーが作動したものの隙間があり、完全に火が消えなかった。すぐにお客さんを避難誘導し消火したので、火事ではなくダクト内のぼや。他店でもダンパーに隙間がないかチェックしている。
(14-6)アルバイトがSNSなどに投稿する対策は?
→頭の痛い問題だが、教育を徹底するしかない。
(15-7)関東から来たが、お土産の金券は全店で使えるのか?
→全店で使える。店舗には金券の使用方法を徹底しておく。
(16-7)株主優待を年2回にしてほしい。外食企業は年2回が多い。
→貴重なご意見として伺っておく。(やる気なさそうな感じ^_^;)
(17-8)M&Aの考え方について
→関東中心に外食店舗のM&Aを進めていくが、銀行融資には時間がかかりすぐには借りられない。良いM&A案件は即決する必要があり、手元キャッシュが大事になる。良い案件ほど競合も増えるのでスピードが大事になる。アクトグループのM&Aもオーナー同士で決めた。
(18-8)2020年に東京でオリンピックが開催されるが、オリンピックまで株を持っていても大丈夫か?
→株価の先行きは私には分からない(笑)オリンピックが決まり東京も盛り上がってきているので、東京の店舗はチャンスが大きいと思う。関東出店やM&Aにも積極的に取り組んでいく。
(19-9)物語コーポレーションなどの焼肉食べ放題店とは競合するのか?
→食べ放題がブームになっており、あみやき亭でも関東や静岡で食べ放題の焼肉店を16店ほど展開している。金額を気にせず食べたい客層には食べ放題店が合っている。あみやき亭は国産牛を使って1,980円から食べ放題メニューを提供しており、他社との競争優位性があると思っている。愛知県には豊橋にしかない。
 焼肉食べ放題→国産牛焼肉食べ放題 感激どんどん
(20-9)株価が高いので分割してほしい。今の株価ではNISAで買えない。
→インサイダー情報になるので答えられない(分割についての考え方くらい説明してもいいと思います)
(21-10)ホルモン専門店で出している脂付き牛ホルモンをメニューに加えてほしい。
→ホルモンは牛の小腸部分だが、脂付きで納品される。そのまま提供するのが一番利益率が高いが、一般的には脂が多すぎて敬遠されるので、適度に脂を落として提供している。新業態のほるたん屋では脂の多い状態で提供しているので、ぜひほるたん屋に行ってみてほしい。
あみやき亭などの無煙ロースターで脂の多いホルモンを焼くと、焼肉以上に脂が落ちて火災のリスクも高まるので、あみやき亭でメニューに加えるのは難しい。
(22-11)(女性)セントラルキッチンのフェンスが邪魔で、見通しが悪くて危ないので撤去してほしい。
→状況を確認してすぐに対応します。

以上で質問も出尽くし、質疑応答は終了となりました。
質問にも丁寧に答えていましたし、受け答えの様子を見ていても好感を感じました。
株主還元よりもまずは成長!と強調していましたが、今期の計画は売上で+8.6%、純利益で+3.2%と物足りない成長率です。成長重視ならせめて15〜20%くらいの成長を続けてほしいものです。
株主優待もかなり寂しくなってしまったので、長期保有株主への上乗せなどぜひ検討してほしいですね。
来年の株主総会も楽しみにしています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 01:36 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久しぶりのレポートは感動しましたが・・・

やっぱり字が細かくていっぱいですね(笑)
Posted by ようこりん at 2015年06月12日 02:03
株主総会より詳しい内容でした(^o^)

次の総会レポートも書いて下さいね!
Posted by おかん at 2015年06月21日 10:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/420493050
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック