2013年06月26日

ディーエヌエーDeNA2013年株主総会レポート

2013年6月22日(土)10時から、東京都品川区品川のSINAGAWA GOOS 1階 TKPガーデンシティ品川ボールルームで開催されたディーエヌエーDeNAの第15回定時株主総会に参加しました。
ディーエヌエーDeNAはソーシャルゲームプラットフォームのモバゲーや、プロ野球球団横浜DeNAベイスターズなどを運営している会社です。ディーエヌエーの株主総会に参加するのは、2011年以降3回連続です。
   ディーエヌエーDeNA 2012年株主総会レポート
2013年6月21日(金)の株価 2,200円(東証1部 2432)100株単位 3月決算
PER 5.5倍、PBR 2.5倍、配当利回り 2.27%、株主資本比率 61.2%
監査費用 8,400万円(売上比0.04%、営業利益比0.11%) 新日本監査法人
役員報酬 取締役6名5.25億(平均 8,750万) 監査役4名0.18億
株主優待 3月末の株主に対し、株数に応じて横浜DeNAベイスターズ観戦招待
 株主優待について詳しくは → ディーエヌエー株主優待ページ


   ディーエヌエーDeNA(2432)のホームページ
   DeNA(2432)のヤフー株価情報
ディーエヌエー株主総会2013
過去5年間の株価推移を見ると、2011年秋頃には4千円を超えていましたが、その後はコンプガチャ問題が発生したり、スマホアプリゲームへの対応が遅れたりして株価の低迷が続いています。ガンホーなどのゲーム開発会社の株価が絶好調なだけに、現状の株価に不満を感じている株主も多そうです。
スケジュール
10:00〜10:19
 10:03〜10:04 監査報告 渡辺武経常勤監査役
 10:05〜10:18 映像による事業報告 女性ナレーション
 10:18〜10:19 アドバイザリーボード設置について守安功社長から説明
10:19〜10:26 議案説明
 第1号議案 剰余金処分の件 14円増配の50円 配当性向15.0%
 第2号議案 定款一部変更の件 今後の事業展開に備えて、事業目的を追加・変更
 第3号議案 取締役6名選任の件 5名全員任期満了に伴い全員再任、鳩山玲人サンリオ常務新任
 第4号議案 取締役の報酬額改定の件 固定報酬を減らして業績連動報酬の割合を増やす
 第5号議案 取締役に対するストックオプション報酬額及び内容改定に関する件 
10:26〜11:57 質疑応答 質問者18人 計27件 91分
11:57〜11:59 議案の採決 拍手方式ですべて可決
ディーエヌエー株主総会2013
お土産 DeNA特製マカロン 先渡し
飲み物サービス 横浜DeNAベイスターズミネラルウォーター
経営戦略説明会 なし


注目の株主総会格付けですが、お土産も用意され、会社の現状と今後についても守安社長自ら詳しく説明していました。質問も多く出ますが、丁寧に回答していたと思います。毎年土曜日に開催しているのも評価できます。出席株主にアンケートを行いさらに改善しようという姿勢もプラス評価です。これらを総合的に判断し、ディーエヌエーDeNAの2013年株主総会格付けは、 『C+』 としました。
ディーエヌエー株主総会2013
ディーエヌエーの株主総会は、昨年までは白金台のシェラトン都ホテル東京で行われていましたが、株主数が増えてより大きな会場が必要となり、品川のTKPガーデンシティ品川ボールルームに変更となりました。
毎年、株主が参加しやすい土曜日に開催しているのはすばらしいと思います。今後も土曜日開催にこだわっていくようです!
今年のお土産はDeNAロゴ入りの特製マカロンでした。出席者数が増加しているためか、お土産は年々さびしくなっている感じがします。3年前のスティックケーキがボリュームもありましたし、一番おいしかったですね!と言いながらもマカロンはまだ食べてない(笑)
会場内には椅子席が多数用意され、今年も多くの株主が参加していました。正面左右にはスクリーンが用意され、事業報告などで活用されていました。スタンドマイクも多数設置されていて、質問したい株主は近くのマイクまで行って質問するスタイルでした。
事業報告は映像で行われ、CSR活動についても紹介がありました。
続いてアドバイザリーボードを設置した目的について、守安社長から説明がありました。
議案の説明では、取締役報酬額に関する第4号議案と第5号議案については、プレゼ画面を使って詳しく説明がありました。
続いて質疑応答となり、多くの株主から質問を受けるために、質問は簡潔にしてほしい、1問1答形式で行うと説明がありました。本業への質問というより、特に後半は横浜DeNAベイスターズへの質問が多く出ており、株主総会としてはいかがなものか?という感じもしました。本業の成長が鈍化しているだけに、本業については聞いてほしくない(笑)経営陣にとっては目論見どおりなのかもしれませんが。
楽天ではそこそこ野球の質問も出るかもしれませんが、ソフトバンクではそんなに出ない印象があるんですが、どうなんでしょうか?弱いチームほど質問が多いのは間違いなさそうです(笑)

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)株価は直近の4千円台をピークにかなり低迷している。海外展開の成否がキーポイントになると思うが、併せて創業者で大株主でもあり、紅一点の南場さんの認識をお聞きしたい。
→後ほど南場から話をさせて頂くが、今の株価水準には満足していない。成長のために特に重要なのが次の3点です。短期的には、国内のソーシャル事業が若干下がったのが課題で、この1年間新たなヒット作が出ていない。内製のゲームタイトルを強化しており、夏以降毎月2本くらい投入する。ソーシャルゲームは今まではブラウザベースで提供してきたが、アプリゲームへの取り組みが弱かった。特にスマホのアプリゲームでヒット作を出すのが課題。
中期的な成長には海外事業が重要になる。海外子会社は順調に成長しており、売上は伸びているがまだ赤字が続いている。欧米の事業は夏ごろ黒字化する予定であり、海外事業全体でも今期中に黒字化させる。来期は海外事業が成長に貢献してくる。
現状はゲーム事業に偏っており、ヒット作次第で業績が不安定な部分もあり、ゲーム以外の収益を牽引する事業が必要であり、これが長期的な課題になる。
DeNAは元々インターネット上でサービスを提供する会社であり、その中のゲーム事業が急成長したというのが現状だが、ゲーム以外の事業も育成していきたい。
→(南場智子取締役)DeNAは順調に成長してきたわけではなく、主な事業を変えながらここまで成長してきた。現在はまた市場が変化しており、DeNAの底力が試される時期だと思う。4月から本格的に職場復帰したが、この2年間少し距離を置いて経営陣を見てきたが、守安社長に任せて本当に良かったと実感している。私も取締役として力を発揮していくので、今まで以上にご支援いただきたい。
(2-2)私は50代で、ディーエヌエーと聞いて思い浮かぶのは横浜ベイスターズとマラソンの瀬古さんのチームを引き取ったことです。DeNAについてはよくわからない。社長の地元の茨城でもスポーツ教室などを開催して知名度を上げてほしい。社長の地元での知名度は高校野球の監督の1/10だ。
→DeNAはインターネットの会社で、何をやっているのかわからないという人は多いと思う。顔の見えない事業をやっており、スポーツなどを通じてDeNAの知名度を上げていきたい。私は人前で話すのは得意ではなかったが、多くの人と話をして私の知名度も上げていきたい(笑)
(3-3)海外では携帯への課金になじみが薄いと言われているが?
→ソーシャルゲームは国内でもここ数年浸透してきた新しいサービスだが、国内と比べても海外の立ち上がりは早くて、課金が普及のネックにはなっていない。DeNAのヒット作でも10ミリオン$程度の売り上げであり、他社はもっと大きな売上を上げている。海外事業は拡大しており、さらに伸ばしていく。
(4-3)南場氏の本がヒットしているので、DeNAの知名度向上に役立ててほしい。
→(南場)DeNAは自分たちで作った会社であり、誇りを持っているので、DeNAについてもっと知ってもらいたいと思って本を書いた。現場に復帰したのは、DeNAの良さを社内に伝えていくことも大事だと感じたためです。
→(守安社長)友人からも本の感想を聞くが、DeNAについて知られていなかったんだなと感じるので、多くの人に読んでほしいと思う。

注記)株主の中にもDeNAについてよく分からない人も多くいるようなので、多くの人に読んでほしいなら、株主総会のお土産に南場氏の本を加えても良かったのでは?と感じます。欲しいかどうかは別にして(笑)社長の本をお土産にする会社もそこそこあります。
(5-4)外資系証券がDeNA株を多数空売りしているが、南場氏の株を貸しているのではないか?
→貸し株の出所は把握していないので答えられない。
(6-4)1,600万株の自社株を保有しているが、消却する考えはないのか?
→成長戦略として、自社で新サービスの開発も行うが、M&Aの可能性もあり、現時点では自社株の消却予定はない。
(7-5)アドバイザリーボードを作ることは良いことだと思うが、人選に問題がある。出井氏はソニーをダメにした張本人であり、そんな人を選ぶのは大反対だ!(会場内から拍手)
→いろいろな評価があるのは私も認識している。ソニーはグローバル展開している会社であり、うまくいったこと、上手くいかなかったことも含めて多くの経験を持っている。DeNAが海外展開を進めるにあたりアドバイスを頂くため就任をお願いした。アドバイスを元に経営陣で判断していくので、ご理解を頂きたい。
(8-6)四半期ごとに決算説明会を開催してホームページでも公開しているが、毎回心配している。最近のアナリストは定量分析ができない人がいて、定性的な内容だけで先行きが暗いようなレポートを書くので、決算説明会を行うと翌週の株価は下がっている。先ほど人前で話すのは得意でないと言っていたが、今から練習しても限界があると思うので、スティーブ・ジョブスとは言わないまでも、もっとプレゼンの上手な人を招聘してはどうか?
→私自身もっと勉強して、少なくとも上場会社の社長として一定レベルは達成したいと思っている。アドバイスは真摯に受け止める。
(9-6)ガンホーはパズドラが大ヒットして、任天堂の時価総額を超えるくらいだが、小林取締役はパズドラについてどう思っているのか?この程度なら自分たちでも作れたと思うのか?
→(小林賢治取締役 ソーシャルゲーム事業本部長)パズドラは本当に良くできたゲームだと思うとともに、悔しいと感じた。良いゲームを出すとこれほどまでに大きなインパクトを与えるのだな!と改めて感じた。夏以降DeNAでもこうした取り組みを進めていくので期待して欲しい

残りの質問は後日まとめます。まだまだ株主総会が続きますので!
後日と言いながら未完成に終わっているレポートも多数ありますが(^_^;)皆様の関心の高い会社は優先的にまとめますので、コメントなどもお待ちしております!
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/367310651
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック