2013年06月13日

あみやき亭2013年株主総会レポート

2013年6月12日(水)11時から、愛知県春日井市の ホテルプラザ勝川2階 さくらで開催されたあみやき亭の第18回定時株主総会に参加しました。
あみやき亭は焼肉のあみやき亭、焼き鳥の美濃路などを中部地区、関東地区に展開している会社です。
あみやき亭の株主総会に参加するのは2003年以来9回目です。
 2012年あみやき亭株主総会レポート
2013年6月11日(火)の株価 247,300円(東証1部 2753) 1株単位 3月決算
PER 12.4倍、PBR 1.32倍、配当利回り 1.46%、株主資本比率 79.2%
監査費用 2,000万円(前年同額 売上比 0.09%、営業利益比 0.98%)あずさ監査法人
役員報酬 取締役6名1.09億(社内平均2,140万、前年比、社外200万) 監査役3名0.09億
株主優待 3月末の株主に対し、株数に応じてお食事券贈呈
 詳しくは 次項有 あみやき亭の株主優待情報ページ

   あみやき亭(2753)のホームページ

   あみやき亭(2753)のヤフー株価情報
あみやき亭株主総会
過去5年間の株価推移をみると、2010年前後に人気化して30万円近くに上昇しましたが、震災後はセシウム問題も発生し株価は低迷しました。4月1日に好決算を発表して株価は一気に30万円を超えましたが、日本株の調整もあり、25万円前後で推移しています。全国展開を目指しているということで、今後株価も上がっていくといいですね!

スケジュール
11:00〜11:14 事業報告
 11:03〜11:05 監査報告 山田修三常勤監査役
 11:05〜11:14 営業報告 佐藤啓介社長が招集通知を読上げ
11:14〜11:59 質疑応答 質問者8人 計18件 45分
11:59〜12:04 決議事項の説明・審議・採決 拍手方式 すべて可決
 第1号議案 剰余金処分の件 前年から600円増配 年間3,600円(配当性向21.3%)
 第2号議案 定款一部変更の件 100株単位に変更するため、発行可能株式数を100倍にする
 第3号議案 監査役1名選任の件 隅田慶彦氏任期満了に伴い再任
 第4号議案 補欠監査役1名選任の件 米久の中西安廣氏を選任
あみやき亭株主総会
お土産 お食事券2千円分 9月30日まで有効 先渡し
飲み物サービス コーヒー、紅茶、オレンジジュース
事業説明会 なし


注目の株主総会格付けですが、株主が出席しやすい様に毎年早目に開催しています。質問も出尽くすまで対応しており、回答も丁寧にしていたと思います。これらを総合的に判断し、あみやき亭の2013年株主総会格付けは 『C−』 としました。
   議決権を有する株主数     10,175名、その議決権数   68,488個
   議決権返送&出席株主数    2,794名、その議決権数   51,962個(75.9%)
あみやき亭株主総会
あみやき亭の株主総会は、今年も勝川駅前のホテルプラザ勝川で行われました。
今日も梅雨入りしているとは思えない様な良い天気で、自転車で行きましたが朝から暑かったです。冷たい飲み物が用意されていてありがたいですね。
今年も佐藤社長以下役員全員が、株主総会会場入り口で株主をお出迎えしていました。
会場内には椅子が多数並べられ、スクリーンなどはありません。数年前には会場からあふれるほどの出席者数を記録しましたが、株主優待制度を見直して1株保有の優待が縮小されてからは、株主数も減り余裕で入れるようになりました。株主優待の縮小の目的は、株主総会の会場の都合と思われる(笑)
クールビズ総会との案内があり、役員は全員ノーネクタイで、会場内も適度な温度でした。良い取り組みだと思うので、今後もクールビズ総会を続けてほしいですね!
事業報告は佐藤社長が招集通知のポイントを読上げる形でコンパクトに行われ、質疑応答となりました。
質問は1人1回2問とのお願いがありましたが、いきなり4つも質問するなど毎年守られていません。昨年の株主総会では短時間で質疑を打ち切りましたが、今年は質問が出尽くすまで対応していました。
毎年同じ様な質問が出たり、同じ質問を繰り返す人がいるなど、あまり質問のレベルは高くありません。
回答は基本的に佐藤社長が行っていましたが、経理関連の質問には千々和常務が回答していました。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)社長は内部留保を充実したいと毎年言っていて、増配してほしいと毎年お願いしているが平行線だ。配当性向も20%ほどと低いのでせめて30%ほどの配当性向目標を打ち出してほしい。
→期末配当は400円増配したが、配当性向が低いという指摘があるのは理解している。今後の成長投資やM&Aに備えて内部留保を充実させて環境の変化に臨機応変に対応していきたいと考えている。こういった方針と株主還元のバランスを考えて増配幅を決定した。今後さらに業績が伸びれば、増配も検討していきたい。
(2-1)焼肉事業などの前年比が載っていないので伸びているのか分からない。招集通知に載せてほしい。
→記載内容は監査法人とも相談しながら決めているので、即答はできないが検討する。
(3-1)焼き鳥事業の1店舗当たり売上は焼肉事業の半分だが、なぜこんなに低いのか?
→焼き鳥事業は店舗の大きさが焼肉店の1/3程度で、席数も半分ほどになっている。客単価も焼肉が2,150円に対し、焼き鳥は1,850円と低いので、1店舗当たりの売上は小さくなる。
(4-1)売上はそれほど伸びていないのに、利益の伸びが大きいのはどんなからくりなのか?
→焼肉事業はユッケの食中毒問題や稲わらの放射能汚染が発生するなど、厳しい環境が続いていた。あみやき亭ではこの逆境を、社内の無駄をなくしてさらに効率的な会社にするチャンスと考え、徹底的に無駄を排除し効率化を進めてきた。その結果利益率が高まった。
(5-2)焼肉事業は関東に力を入れているが、関東での競合状況が良く分からない。競合他社と比べて優位点は何か?
→中部圏では競合他社があまり新規出店をしていないので、あみやき亭のドミナントができている。今後は関東中心の出店になっていく。チェーンの焼肉店は輸入ビーフ中心だが、あみやき亭は国産牛を使用している。輸入ビーフは部位毎に必要数量を仕入れられるので、取り扱いも簡単で価格も安い。一方国産牛肉は価格が高く、必要数量を確保するのも難しいし、取り扱いも専門知識が必要で難しい。お客様は安全安心な国産牛を望んでおり、輸入ビーフ並みの価格で国産牛を提供していることがあみやき亭の強みであり差別化ポイントになる。
あみやき亭には肉の専門技術を持った社員が多数いることが強み になっている。
(6-2)輸入ビーフ並みの価格で国産牛を提供できるのか?
→特に関東では輸入ビーフ使用の他チェーンより価格設定が安いケースもある。他の焼肉チェーンも国産牛を使いたいと思っていると思うが、コスト面や取り扱いのむずかしさなどもあり、なかなか使用できないと思う。
(7-3)同業他社と比べて利益の割に株価が割安だと思う。個人株主も少ないので、株主優待を年2回にしたらどうか?優待が年2回なら株価も安定すると思う。
→株価についてはその通りだと思う。もう少し高くならないかなと思っているが、長期的には業績を反映して上がっていくと考えている。株主優待については社内で検討したい
(注記)株主優待を年2回にする件については、過去にも要望がありましたが、あまり前向きでは無かった印象でした。今回は検討するということなので、少しは期待してもいいのかな?ただ単純に半分にするだけならあまり意味がないので、もう少し色を付けてほしい ですね(笑)
(8-4)子会社のスエヒロレストランシステムは赤字のようだが、なぜ対処すべき課題に挙げていないのか?立て直し策は?
→確かに前期は0.58億円の赤字だが、直近の第4四半期は黒字化している。今期も黒字計画であり、立て直しは順調に進んでいると判断して課題には挙げていない。
(9-4)毎年内部留保と言っているが、ただ貯めてもしょうがない。将来展望などがあってこれだけ必要というような説明がないと納得できない。
→M&Aは突然話が出てくるし、外部環境の変化も突然来ることが多くて、先行きは分からない。会社経営にはある程度の内部留保は必要だと考えている。
(10-5)バランスシートに株主優待引当金300万円とあるが、少なすぎるのではないか?
→(千々和康常務取締役 管理本部長)昨年の6月に株主優待券を4,662万円分発行したが、3月までに使用した分を引いた残りについて、期限の6月末までの使用金額を見込んで引当金を積んでいる。今年は5,200万円分株主優待券を発行する予定です。
(11-5)アベノミクスではないが、経済の発展のためには内部留保を吐き出すことも必要だ。内部留保を積極的に使うように考えを改めてほしい。せっかく貯めても消えてしまっては意味がない。
→今後出店を増やしていくので、内部留保を使っていく。ここ数年は外部環境も厳しかったので、出店より内部固めを優先してきたが、社内の効率化は出来上がったと判断しているので、今後は出店に力を入れていく。
増配の要望も多く頂くが、現状の株主構成は私を筆頭に佐藤一族で過半数を占めており、配当を増やしても半分は私に戻ってきてしまう(笑)こんな事情もあるので、配当より成長投資に使っていきたい。株主のためにならない使い方はしないので、我々経営陣を信頼してほしい。
注記)質問者は共産党支持者なんでしょうか?(笑)内部留保をただ貯め込むだけというのも困りますが、ただ吐き出して景気を良くしろというのも違和感を感じますね。
(12-5)前期末で192店舗あるようだが、地域別や出退店の内訳など表にしてほしい。壱番屋は表にしている。
あみやき亭は基本的に退店はしない方針であり、業績不振店はなんとか立て直そうと努力する。これは創業当時、焼肉屋は煙が出たり匂いが付いたりということで、地主さんの評判があまり良くなくてなかなか貸してもらえなかった。そんな中で我々を信頼して貸してくれた地主さんに迷惑をかけないように、できる限り中途解約せずに頑張ってきた。これは今も変わっておらず、ほとんど退店はない。
出店計画は長くなるので省いたが、要望が多い様であれば掲載も検討する。
(13-6)関東での業績を教えてほしい。併せて関東でのブランド戦略についてお聞きしたい。スエヒロを子会社化した当初は、知名度のあるスエヒロブランドを活用していくと説明していたが、最近はあみやき亭での出店が中心になっている。関東でもあみやき亭ブランドの認知度が上がってきたのか?
→焼肉業態については、今後は関東でもあみやき亭ブランドで出店する。レストランはスエヒロブランドで出店し、この2つのブランドで出店していく。まずは関東圏でドミナント展開していくが、その後は全国展開を目指しており、将来展望を考えると焼肉はあみやき亭ブランドに統一して、知名度を上げていった方が良いと判断した。
注記)関東での現状についての回答はありませんでした。国産牛を輸入ビーフ並みの価格で提供しているんですから、関東でも好調だと思いますが、関東での評判や業績は気になります。中部圏並みまではいかなくても、安くておいしいあみやき亭という評価が定着して、業績も伸びていくと嬉しいですね!全国展開も目指しているということで、今後の成長に期待しています。
(14-6)バランスシートに投資不動産が出てきたが、借金するのも嫌いなくらい保守的な会社なのになぜ投資不動産などを買ったのか?
→土地を買うと資金が寝てしまうので基本的には持ちたくない。ただ将来出店するのに良い立地だが、地主さんの都合で貸すのではなく売りたいというケースもあり、土地を買うこともある。基本的に考え方は変わっていません(笑)
(15-7)店舗数の増加と比べて社員の増加が追い付いていないのではないか?出店を増やすには社員が大事だと思うが大丈夫か?
→子会社化したスエヒロは規模の割に社員数が多かった。歴史ある会社であり、定年間近の社員が多かったこともあり、リストラではなく自然減で社員数が減っている。この影響で社員数の伸びが低くなっている。
(16-7)利益剰余金が増えているのは人件費を削っているからか?
→人員のカットなどはしていない。ここ2年間は出店を抑えて内部固めを進めてきたので、出店経費も減り、効率化も進んで利益が伸びてきた。
(17-7)20ページの未払費用が前年の6倍に増えているがなぜか?
→(千々和常務)未払費用には未払消費税などが入っており、前年の8億円から10億円に増えている。
株主)急に6倍になるのはおかしい → 中身を調べて後ほど回答する
(18-8)朝パソコンを見てきたら株式分割するようだが、NISA対応で買いやすくして個人株主を増やすためか?
→(千々和常務)来年3月までに100株単位か千株単位に統一する必要があり、あみやき亭でも100株単位にするために、定款変更議案も上程して100分割する。
以上で質問も出尽くし、質疑応答は終了となりました。
質問17への追加回答 議案の採決後に回答
→(千々和常務)未払費用には出店時の設備未払金も入っているが、前年は設備未払金が無かったのに対し、今期は大きいものがあったので、2億円ほど増加している。
株主)2億円の増加ではなく1.6億から6倍に増えている
→(千々和常務)20ページの表は金融商品の時価に関する事項であり、監査法人と相談のうえ影響の大きいものを選んで掲載している。前年は未払金のみを掲載していたので1.6億円だったが、今回は未払費用と合計して載せているので金額が大きくなっている。同じ括りで比較すると2億円の増加であり、先ほど説明した設備未払金が主因となる。
質問した株主はまだ納得しないようでしたが、これで株主総会は終了となりました。
数字に関する細かい質問は確認にも時間がかかるので、メールや電話などでお願いしたいものです。

議案審議では、佐藤社長が議案の内容を1件ずつ説明した後「議案の審議をお願いします」との発言に対して大きな拍手が起こり、質問できるような雰囲気ではありませんでした。さらに拍手を賛成の意思表示と捉えて採決もせずに「議案が可決されました」ということになっていました。
普通は、審議をお願いし、質問がないことを確認して、「議案の採決をお願いします」となり、拍手で可決され「議案が可決されました」となります。採決があるのかないのか不明瞭な感じでした。
まあ社長一族で過半数を押さえているので、否決されることはあり得なんですが(笑)
来年の株主総会も楽しみにしています!
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/366219435
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック