2013年05月03日

Misawaミサワ2013年株主総会レポート

2013年4月25日(木)10時から、東京駅すぐの新丸の内ビルディング9階新丸ビルコンファレンススクエアRoom901で開催されたミサワ第54回定時株主総会に出席しました。
ミサワはunico(ウニコ)ブランドの家具・インテリア店を主要都市に展開している会社です。中高級価格帯であり、ニトリやカッシーナなどの中間の価格帯を狙っています。
ミサワの株主総会に出席するのは初めてです。 
2013年4月25日(木)の株価 1,440円(東証マザーズ 3169)100株単位 1月決算
PER 9.6倍、PBR 3.3倍、配当利回り 無配、株主資本比率 36.2%
監査費用 2,020万円(売上比0.39%、営業利益比 5.30%) 監査法人トーマツ
役員報酬 取締役4名0.50億円(平均1,250万)監査役4名0.09億円
株主優待 1月末の株主に15%割引券2枚と5千円分の食事券・商品を贈呈
株主優待について詳しくは → ヤフーファイナンス株主優待ページ

2012年12月12日に株主優待新設を発表したばかりで、ミサワのホームページには株主優待情報がありませんでした
   ミサワ(3169)のホームページ

   ミサワ(3169)のヤフー株価情報
ミサワ2013年株主総会
上場来の株価推移は、ほぼ1,000円から1,500円の範囲で推移しています。前期は業績の下方修正を発表したこともあり株価は横ばいが続いてきましたが、今期の計画が達成できるなら株価には割安感もある水準なので、1,500円の壁を突破できるのか注目ですね!
スケジュール
10:04〜10:18 報告事項
 10:07〜10:09 監査報告 笹間正郎常勤監査役
 10:10〜10:18 事業報告 三澤太社長が招集通知を読上げ
10:18〜10:18 決議事項の上程
 第1号議案 取締役4名選任の件 4名全員再任
10:19〜10:46 質疑応答 質問者5人 計13件 27分
10:46〜10:46 議案の採決
10:46〜10:47 新任取締役紹介 名前紹介のみ
ミサワ2013年株主総会
お土産 3千円のお買い物券、unicoブランドのハンカチ 先渡し
飲み物サービス 緑茶かミネラルウォーターのペットボトル
経営戦略説明会 なし


注目の株主総会格付けですが、会社説明会などもなく、事業報告も質疑応答もあっさりした感じでした。一方で便利な場所で開催し、お土産も用意されています。これらを総合的に判断し、ミサワの2013年株主総会格付けは 『D+』 としました。
   議決権を有する株主数     1,834名、その議決権数  20,821個
   議決権返送&出席株主数     670名、その議決権数  17,440個(83.8%)
ミサワの株主総会に出席するのは初めてですが、上場後初の株主総会となった昨年は40名ほどの出席者で、ほとんどが女性だったようです。今年は株主優待を導入したこともあり、出席者数は130名ほどに急増し、女性の姿も目立ちました。株価推移を見ても株主優待パワーを感じますね(笑)
出席者数が予想以上に多かったので、途中から出席票が手書きになりました!まさか出席者数が3倍以上になるとはさすがに読み切れなかったようです^_^;
会場内にはテーブル席が(3×6)×5のレイアウトで用意してあり、正面にはスクリーンが設置されていました。株主総会開始時点では80名ほどの出席者でしたが、その後も続々と増えたので、テーブルを増設するなど大忙しでした。
ミサワ2013年株主総会
受付でお土産をいただき、会場内には飲み物のペットボトルとunicoのカタログが置いてありました。
株主総会開始時刻は10時ですが、定刻を過ぎても役員が入場してきません。何かあったんでしょうか?
役員の方々は10時3分頃に入場し、何事もなかったように^_^;10時4分から株主総会が始まりました。
三澤太社長の印象は2代目社長という感じで、出席者数が大幅に増えたこともあってか今年も緊張している様子でした。
事業報告は三澤太社長が招集通知をポイントを絞って読上げる形で行われましたが、スクリーンもあるんですからせめて商品写真や店舗の写真を表示する程度はして欲しいものです。
出席者も増えているので、決算説明会のスライドなどを利用して、株主にももう少し詳しく会社の現状とこれからを伝えてほしいものです。
事業報告の中で配当政策についても説明があり、利益は店舗オープンなどの新規投資に回して、企業価値向上につなげたいのでご理解頂きたいそうです。当面は配当よりも成長重視のようです。
昨年は質問も少なかったようですが、今年は再質問も含めて13件の質問が出ました。大部分の質問には三澤社長が回答していましたが、けっこうあっさりとした回答が多かったように感じます。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)今までは円高の恩恵も受けていたと思うが、現状は円安になっている。円安の利益に与える影響はどの程度か?
→米ドル取引が全体の3〜4割を占めている。為替ヘッジはしていないので、足元は円安分利益が減っている。円安への対策としては、フィリピンの子会社工場を拡大し、自社製造比率を高めてコストダウンを図っている。また、兵庫に配送センターを設置し、国内の輸送費を削減している。これらの対策により円安の影響は限定的と考えている。原価率は今期も40〜42%の範囲に抑えられると思う。
(2-1)その説明ではよく分からない。1円円安になるとどの程度利益への影響があるのか?
→現状の円安水準が続くと2%くらい原価が上がり、その分利益が減ることになる。
(3-1)予算上の想定レートがいくらで、現状の為替レートだとこれだけの影響があると説明してくれないとよく分からない。
→想定レートは外部に公表していない。売上総利益でみると2%くらい原価が上がる。この説明で了承して欲しい。
(4-1)行使価格43円のストックオプションがありタダ同然だが、行使されるとどの程度希薄化するのか?
→ストックオプションがすべて行使されると4%ほど希薄化する。
(5-2)既存店売上が年々下がり前期は100.8%とほぼ前年並みとなったが、今期も既存店の計画は103%となっている。既存店の伸びが低下している要因は何か?今期既存店売上が伸びる根拠は?
→今期は松山店までが既存店の対象となる。既存店売上は自店との競合状況や店舗エリアの成長率などを想定して店舗ごとに売上を見込み、合算して算出している。新しい店舗ほど成長率は高く、オープンして時間が経つほど伸び率が低くなる。これらを合算した結果、今期の既存店売上高計画は103%となった。
(6-2)前期は営業減益だったが今期以降は高い伸びを見込んでいる。出店経費も増えていくなかで、今期・来期と40%を超える営業増益をどのように実現していくのか?
→今期出店計画の5店中4店はすでに契約済み。残りの1店も交渉中であり、5店舗の出店はほぼ確定。3月にオープンした新宿ルミネ店も好調に推移している。出店を続けて売上高を伸ばすことで本部費がカバーできるので、販管費率が下がり営業利益が伸びる
(7-2)中期計画では3年後の売上の伸びが低下している。高感度ユーザーをターゲットにした家具店で多店舗展開に成功した例を知らないが、現状のビジネスモデルでどの程度まで店舗、業績を伸ばせると考えているのか?
→確かにブランドを広げすぎると感度の高いお客様が離れてしまったり、ブランド価値が希薄化してしまうので、unicoブランドは40店舗、売上80億円が限度と考えている。今後大型店が出店できれば売上は最大100億円程度までは伸ばせると思う。
今後ブランドのマルチ化も考えており、3年後の数字はこれらも織り込んでいる。
(8-3)小売業の上場会社は月次売上高を公表している会社が多い。月次売上が公表されると足元の状況が分かるので、投資家も安心して買いやすくなる。ミサワは月次売上を公表していないが、これが株価が評価されない一因ではないか?
→管理部やシステム面の体制がまだ不十分で、月次まで対応できていない。月次売上高の公表は必要と考えており、早急に対応したい
(9-3)カッシーナや大塚家具は売れているようだが、ミサワはIR活動が弱いと思う。株式の流動性も低いので、何らかの株価対策が必要ではないか?
→IRイベントへの参加は、費用対効果を考えながら検討していく。株価は常に注視しており、今後も〇〇様には見守って頂きたい。
(10-4)顧客の囲い込みや動向を探るためハウスカードを導入したが、現時点で何か見えてきたものはあるのか?また今後の活用策のビジョンは?
→ハウスカードはスタートして2ヵ月で2万人の会員数となっている。現状はまだ会員を集めている段階であり、今後顧客の囲い込みやプロモーションに活用していく。商品企画にも会員の声を活かしていきたい。
ハウスカードの効果が検証できるのは夏以降と思うが、検証ができたら開示していきたい。
(11-4)レストラン事業は色々とトラブルがあったようだが、現状はどうなっているのか?
→レストラン事業はスローライフ・スローフード、ロハスなどに対応し、unicoウニコ事業との相乗効果を狙っている。ただ大きく伸ばす予定はなく、売上の3%以内に抑えながらシナジー効果を出していく。フード事業単独でも利益を出していきたい。
(12-5)ネット販売の割合はどの程度なのか?ネット販売の比率は伸びているのか?今後どう取り組んでいくのか?
→(鈴木裕之取締役管理部長)ネット販売を担当しています。ネット販売の割合は10%程度になっており、年々伸びている。サイトもリニューアルして、人員も増員して力を入れていく。ネット販売比率が上がることで利益率も上がるので、15〜20%程度まで伸ばしていきたい。店舗が増えると周辺地域からのネット注文が増えてくる。
(13-5)スマホで見てみたらサイトが見難かった。今後はスマホ経由の販売も増えると思うので、早急に対応して欲しい。ゴールデンウィークはネット販売もお休みと書いてあるが、連休こそ売れると思うので検討して欲しい。
→(鈴木裕之取締役管理部長)注文画面以降はスマートフォンにも対応しているが、他社の動向も参考にしながら対応を進めていく。

以上で質問も出尽くし、審議は終了となりました。出席者数の割には質問者が少ないですね。

今後数年はウニコブランドを出店しながら成長していく計画ですが、次なるブランドとしてどんな業態を立ち上げてくるのか気になりますね!
株主総会は11時前に終わりましたが、新丸ビル4階にunicoのお店があるので、ぜひ立ち寄って欲しいと案内がありました。お店は11時オープンなので少し時間がありますが、お土産のお買物券も利用できるので、ぜひお買い物して行ってくださいということのようです(笑)
私は株主総会仲間の方々とゆっくりランチを楽しみ、映画優待を1本消化した後で寄ってみました。
株主総会仲間の方々のおかげで、ブログがマネー雑誌で紹介されそうです\(^o^)/

毎年4月末となると映画の株主優待消費も佳境を迎えます(笑)
桐谷さんほどではないですが、私も映画優待を使い切るため今月は30日までフル稼働です^_^;
一昨日まで11日間エーゲ海クルーズに行っていたこともあって、特に今月は優待消化が滞っています!
   コスタマジカ号 エーゲ海クルーズ旅行記

今日は君と歩く世界を見てきましたが、明日もアイアンマン3を見てくる予定です。
ミサワ2013年株主総会
ソファなど座り心地は良かったですが、価格は少し高めですね。
お土産の3千円のお買物券で買えるのは、植物の小鉢や小物類程度でした。今日は株主がたくさん来ることを考えれば、もう少し3千円前後の品揃えをしておいてもいいのでは?と感じました。

ミサワは個人投資家の人気銘柄ですが、株価はややアベノミクスに乗り切れていない感じです^_^;
業績が一番大事ですが、もう少しIR活動にも力を入れて株価が上がるといいですね!
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 11:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/358401232
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック