2012年07月06日

アミューズ2012年株主総会レポート

2012年6月24日(日)14時から東京都墨田区の両国国技館で開催されたアミューズ(4301)の第34期定時株主総会に参加しました。
アミューズは大手の芸能プロダクションで、福山雅治やサザンオールスターズなどが所属している会社です。アミューズの株主総会に参加するのは2010年以降連続して3回目です。
 → 2011年アミューズ株主総会レポート
2012年6月22日(金)の株価 1,025円(東証1部 4301)100株単位 3月決算
PER 7.3倍、PBR 0.69倍、配当利回り 2.93%、株主資本比率 60.7%
監査費用 3,000万円(売上比 0.09%、営業利益比 0.84%) 新日本監査法人
株主優待 アミューズ主催のイベントへの招待やオリジナルクオカードなど
 詳しくはこちら→ アミューズの株主優待情報ページ

   アミューズ(4301)のホームページ

   アミューズ(4301)のヤフー株価情報
アミューズ2012年株主総会
過去5年間の株価推移をみると、リーマンショック前頃から低迷に転じ1,000円前後での値動きが続いています。最近は徐々に回復傾向でしたが、5月の市場全体の下げの影響を受け、また定位置に戻ってきてしまいました(笑)
スケジュール
14:01〜14:36 
 14:05〜14:07 横沢宏明常勤監査役から監査報告
 14:08〜14:22 映像を使って事業報告 女性ナレーションでド派手な演出でした(笑)
 14:22〜14:36 畠中達郎社長から今後の戦略について説明
14:36〜14:38 議案説明
 第1号議案 剰余金処分の件 株式上場10周年記念配15円含め25円 年間35円で配当性向16.6%
 第2号議案 取締役7名選任の件 7名全員が任期満了に伴い再任
14:38〜15:18 質疑応答 質問者7人 計13件 40分
15:18〜15:19 議案の採決 拍手方式 すべて可決
15:19〜15:20 役員紹介
15:50〜16:51 白A、福田彩乃さんによる株主限定イベント
お土産 なし
飲み物サービス 株主総会後の休憩時間に紙パックの緑茶
事業説明会 事業報告の中で社長から説明


注目の株主総会格付けですが、株主総会集中日を外して毎年日曜日の午後からの開催で参加しやすいですし、所属タレントによるイベントも開催しています。一方で株主総会なんですからもう少し質疑応答の時間を取って欲しいと感じます。毎年イベントのために質疑応答を打ち切っているのは残念です。これらを総合的に判断し、アミューズ(4301)の2012年株主総会格付けは昨年より1段階格上げし 『B−』 としました。
   議決権を有する株主数   14,744名、その議決権数  86,025個
   議決権返送&出席株主数   4,026名、その議決権数  63,458個(73.8%)
アミューズの株主総会は、今年も両国国技館で開催されました。
午前中はマネーパートナーズの株主総会に参加し、午後からアミューズの株主総会に参加しました。今日は午前中にエイベックスの株主総会も開催されましたが、面白そうではないので参加を見送りました。
アミューズの株主総会は2010年までは同伴者の出席も認めていたので、例年受付が大混雑し株主総会開始時刻までに入れないという本末転倒な状況が発生していました。2011年からは株主のみが入場できるように変更され、受付の混雑は解消されました。今年は13時半頃に着きましたがまったく行列もできていなくて、スムーズに受付を済ますことができました。
受付時には株主総会後のイベントにも参加するか聞かれて、参加する場合にはイベントの座席指定券を渡されます。今年は1階升席の正面に近い席でした。
会場内は正面にスクリーンが3つ用意され、例年通りのレイアウトです。株主総会時は自由席で、イベント時は指定席になりますが、アリーナ席はほぼ満席で今年も多くの株主が出席していました。株主総会開始後も参加者は増えていましたが、昨年は会場内がとても暗くてつまづくなど危険でしたが、今年は映像による事業報告時にも適度な明るさが保たれていて、改善されていました。こうした姿勢は素晴らしいと思います。今年の出席者数は、昨年より300名ほど増えて1,811名だったそうです。
映像による事業報告は、効果音なども多用されド派手な印象でした(笑)あまり他社にはない事業報告ですね。続いて畠中達郎社長から今後のアミューズの戦略について、プレゼ画面を使いながら説明がありました。分かりやすくて良かったと思います。
議案の上程後、質疑応答となりました。多くの株主に質問してもらうため、1人2問までと説明がありました。質問者は議長の指名を受けてから会場内に2ヵ所あるマイクに進み、質問する形式でした。今年も右側のマイク音量が極端に小さくて、質問が聞き取りにくい状況でした。
株主総会後にイベント開催を予定していることから、まだ多くの株主が手を挙げているにも関わらず途中で打ち切りとなってしまいました。どうもイベントを人質に取り、質疑応答の時間を短くしているように感じてなりませんね^_^;株主総会はイベントよりも質疑応答の方が大事なので、もう少し質疑を尽くして欲しいなと感じます。
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)吉本の島田伸介氏が暴力団との付き合いで芸能界引退となったが、アミューズの所属アーティストは大丈夫か?生活保護を受けていた芸人も問題になったが、アミューズでも調査しているのか?
→アミューズは上場を維持しており、上場企業という安心感から取引先も広がっている。上場企業としてコンプライアンスには更に力を入れていく。反社会勢力との付き合いについては、つながりができないように契約条項にも加えて、指導も強化している。そのため付き合いはないと考えている。生活保護については個人的な問題であるが、マネージャーからアーティストに口頭で確認しており、受給はないと思う。
(2-1)昨年の株主総会でMBOする考えはないと説明があったが、吉本、ホリプロとMBOが続いている。本当に大丈夫か?
→上場しているので仕事を頂いている面もあり、現状ではMBOなどで上場を廃止する考えはない。
(3-1)IRが下手なので株価が低迷している。発表するタイミングをもっと考えてほしい。ホームページからもIR問い合わせができるようにしてほしい。
→前期は2度業績の上方修正を行ったが、3度目の上方修正は修正幅が小さくて、東証のルールでは開示基準に合致しないので見送った。IRに関するご意見は参考にさせて頂く。
(4-2)サザンオールスターズが活動休止する前と比べると株価が半減している。株価対策は?
→株価は市場が判断するものだが、経営者として株価を上げる努力が必要と考えている。業績を向上させて株価の上昇につなげたい。アジアなどの新マーケットの開拓など、対処すべき課題に取り組んでいく。
(5-2)ライブビューイングジャパンの株主構成はどうなっているのか?
→ライブビューイングジャパンはライブやイベントを映画館に配信する会社で、アミューズが38%を保有し、ファミリーマート、博報堂、WOWOW、エイベックス、SME、東映、東宝、電通が出資している。配信するコンテンツの幅を広げるために、競合会社にも参加してもらっている。
(6-3)アジア展開を強化していくと説明があったが、肖像権や商標権を守る取り組みは?
→アーティストグッズは中国中心に作っているので、模倣するのは簡単なのが現状。そのためグッズ+αの提案が重要と考えている。Tシャツをコンサートの入場券にするなど、アミューズらしい取り組みが必要になる。アジアは有望なマーケットであり、模倣されるからアジアには展開しないという姿勢ではなく、模倣対策を取りつつ展開していく。
(7-3)福山雅治さんのファンクラブ向けイベントの開催はありがたいが、ファンクラブの会員数と比べて横浜スタジアムのキャパは十分なのか?福山くんのコミュニティの管理人をしているが、また抽選で外れるのかよ〜という声が多い。今後も株主総会を続けてほしい(アミューズが株式会社である以上、上場・非上場に関わらず株主総会は開催しなければいけないので、MBOしないでという意味だと思われる)
→ファンクラブのイベントは3万人×3回で計9万人計画している。何かファンクラブ向けのイベントを開催したいと計画を進めてきた。キャパについては発表当時は9万人で大丈夫と考えていたが、発表後ファンクラブの会員数が増えており、キャパが足りなくなっている。ただ外れた場合は次回優先的に当選させるなど検討していく。3万人以上の会場だと東京ドームくらいしかなく、なかなか会場を押さえられないので横浜スタジアムになった。

(8-4)子会社を上場させてアミューズをホールディングス化する考えはないのか?
→ホールディングス化のメリットを検討したことはあるが、あまりプラスにならないと判断し現状の経営組織を続けている。今のところHD化はない。
(9-5)8年前から株価は半減しているが、会社の内容と比べても低迷している。アミューズの年金運用はどうなっているのか?AIJの様な問題に巻き込まれることはないのか?
→(齊藤泰幸代表取締役専務 管理部担当)株価低迷は承知しているが、外部環境も含めて株価は決まっている。前期は過去最高益を計上できたが、今後さらに業績を伸ばせるようIRを含めてがんばっていく。年金はAIJには委託していないので問題ない。
(10-5)サマンサタバサの社長が個人的な不祥事を起こして株価が大きく下がっている。アミューズもイメージが大事な会社だが大丈夫か?ライブビューイングジャパンにエイベックスが出資していると説明があったが、週刊誌などで色々と騒がれている会社であり、出資してもらって大丈夫なのか?
→ライブビューイングジャパンは新規のビジネスであり、あらゆるジャンルのコンテンツを流していくためにはエイベックスにも出資してもらうのが良いと判断した。それがアミューズの経営に直接影響するものではないと考えている。
(11-6)(女性)株主優待で株主向けにライブなどのチケットの優先販売はできないか?
→何度か株主総会でも同様のご意見を頂いているが、新たな顧客を獲得して会社の業績を伸ばして、株主還元を行うことが重要と考えている。まだアミューズのファンでない方々にコンサートに来てもらい、顧客基盤を広げていくことが大事と考えている。
(12-6)同じS席でも場所によってかなり感動が違う。一方で良い席はネットオークションで定価の4〜5倍で取引されており、なぜこんな良い席が取れるのか疑問だ。オークションへの流出防止策として、座席のグレードをもっと細分化して、価格の高い席を作ってもいいのではないか?
地球ゴージャスは素晴らしいミュージカルだと思うので、もっと大々的にPRしてほしい。
→アジアでは会場によっては座席の価格差が10倍くらいというケースもある。日本でも検討課題の一つと捉えている。福山くんのコンサートでは、SB席というグレードを新たに作る取り組みも行っている。SB席はステージの後方で、ステージとの距離は近いものの福山くんの背中を見る席になる。ただ福山くんと同じ目線で会場を見られるということで、S席よりも高い価格設定にした。
15時14分になり畠中達郎議長から、たくさん質問も頂いたのであと1問くらいにして欲しいとの発言
(13-7)(女性)アミューズは魅力的だが信用買いしかできない。貸借銘柄になって空売りもできるようになると、もっと活発に売買してもらえると思う。空売りができないと株価は上がらない。(なぜか会場から拍手)
→株価はみなさんの期待に応えられず申し訳ない。
→(齊藤泰幸専務)IRも含めて努力していく。貸借銘柄については検討していく。
以上で質疑応答は打ち切りとなりました。
まだ会場には手を挙げている株主も多くいたので、40分で質疑応答を打ち切ってしまうのは残念です。株主総会で一番大事なのは、イベントのようなものではなく株主との意見交換なので、もう少し質疑応答の時間を取れるように考えてほしいものです。株主総会には参加せずイベント参加が目的で株主になっている人も多いことは理解しているので、株主総会なんか早く終わらせてイベントを充実させろ!という声が圧倒的に多いとは思いますが、イベント開催が株主総会の形骸化につながるなら本末転倒ですし、株主総会を早く終わらせるための口実としてイベントを開催しているなら、会社側の姿勢としては問題だと思います。アミューズはそんな会社ではないと信じたいですが。

株主総会終了後30分ほど休憩時間を取り、イベントが開催されました。
今年はパフォーマンス集団白Aのパフォーマンスと、福田彩乃さんによるものまねショーでした。
テレビを見ないのでどんな人たちなのかあまり知りませんでしたが、とても楽しめました。
福田彩乃さんは愛知県出身でトヨタ自動車に勤務していたそうで親近感を感じましたね!
今後の活躍を期待していますし、ぜひトヨタ自動車のCMに起用してもらいたいものです。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 11:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/278937224
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック