2011年07月29日

ザッパラス(3770)2011年株主総会レポート1

2011年7月28日(木)13時から、渋谷区恵比寿のウェスティンホテル東京 地下2階 スタールームで開催されたザッパラス(3770)の第12回定時株主総会に行ってきました。ザッパラスは、携帯電話向け中心にコンテンツ配信をしている会社で、若い女性向けの占いコンテンツが主力です。
ザッパラスの株主総会に参加するのは、2010年に続いて2回目です。
2010年の株主総会レポートは 次項有 ザッパラス(3770)2010年株主総会レポート
2011年7月28日(木)の株価 97,000円(東証1部 3770) 1株単位 4月決算
PER 8.0倍、PBR 1.76倍、配当利回り 4.33%、株主資本比率 78.4%
 PERはレンジ下限で計算
監査費用 2,900万円 前年比+400万円(売上比 0.25%、営業利益比 0.94%) あずさ監査法人
株主優待 なし

   ザッパラス(3770)のホームページ

   ザッパラス(3770)のヤフー株価情報
ザッパラス2011年株主総会
過去2年間の株価を見てみると、だらだらと下げる展開が続いています。前々期くらいから業績が伸び悩んでいるのが原因と思われます。スマホへの対応が遅れて業績が踊り場になっているというアナリストコメントなどもあり、売られる展開が続いているようです。今年は株主総会後の事業説明会も止めてしまいましたし、ザッパラス新経営陣がIRに対して消極的なことからも、株価の上昇は期待しにくいように感じてしまいます。株価が低迷している時こそ、経営陣は株主に積極的に語りかける必要があると思うんですけどね。平井社長も2年目を迎えるわけですから、そろそろ実力を発揮して欲しいと思います。下記の利益推移を見れば、今期計画も含めると4年ほど利益が伸び悩んでいることが分かります。
レンジで発表された今期計画を追記します(売上高、純利益、1株当たり利益)
2012/04計画上限 12,600百万円  1,830百万円 14,707.66円
2012/04計画下限 11,200百万円  1,510百万円 12,135.82円

ザッパラス2011年株主総会
スケジュール
13:01〜13:17 報告事項
 13:04〜13:05 監査報告 山口豊義常勤監査役
 13:05〜13:17 事業報告 平井陽一朗社長が読上げ+スクリーンにグラフなどを表示
13:17〜13:20 決議事項の説明
 第1号議案 剰余金処分の件 4,200円 前年から据置き
 第2号議案 定款一部変更の件 取締役の員数を6名以内から10名以内に変更
 第3号議案 取締役4名選任の件 執行役員中心に取締役を4名増員し7名体制に 
 第4号議案 監査役1名選任の件 任期満了となる山口豊義常勤監査役を再任
13:20〜14:20 質疑応答 質問者9人 計19件 60分
14:20〜14:22 議案の採決 拍手方式 すべて可決
14:23〜14:25 司会から役員紹介 よろしくお願いしますのみ
ザッパラス2011年株主総会
お土産 扇子
飲み物サービス 緑茶の紙パックを受付時で配布
事業説明会 今年は自粛

注目の株主総会格付けですが、今年は事業説明会が自粛となりお土産も扇子になってしまいました。クールビズ総会と言いながらも会場内はとても寒く、言っていることと実際の対応が異なるなと感じてしまいました。一方で、13時から株主総会を開催したり、質問がなくなるまで対応していたのは良かったと思います。これらを総合的に判断し、ザッパラス(3770)の株主総会格付けは昨年から3段階格下げし 『D+』 としました。
   議決権を有する株主数      8,382名、その議決権数  124,425個
   議決権返送&出席株主数    1,677名、その議決権数   78,228個
ザッパラス2011年株主総会
ザッパラスの株主総会は、今年も昨年と同じく恵比寿のウェスティンホテル東京で行われました。私は昨年と同じく午前中はヤーマンの株主総会に参加し、東陽町から恵比寿まで移動してザッパラスの株主総会に参加しました。ヤーマンは業績も好調で昨年より質問も大幅に減ったので、途中でランチもできるくらい余裕を持ってザッパラスの株主総会に参加できました。昨年は時間が無くてマックで済ませたんですけどね(笑)
受付でお土産と冷えた緑茶の紙パックを頂き会場に入りました。会場内には椅子が(5+5+5+5)×9のレイアウトで並べられ、最終的に100人くらいが出席していました。向かって右側にスクリーンが用意されていました。株主総会前には非常口などの案内が映し出されていました。昨年までの株主総会と大きく変わっているのはこの点ですね。
そして株主席と役員席の間には今年も机が一列に並べられていて、バリケードが作られていました。バリケードと株主席の間に2mほどの距離があり、さらにバリケードから役員席までは5m弱離れていたので、壇上の役員席は株主席から7m近くも離れていて、平井社長の顔が小さくしか見えませんでした(笑)
 追記exclamation×2 そんな平井社長が株主総会から4日で退任になるとは 次項有 ザッパラス平井社長交代!

ザッパラス2011年株主総会
 藍色のテーブルクロスで覆われているのが上品なバリケードexclamation×2
 役員席が霞んでしまうくらい遥か彼方という感じが、この写真からよく伝わるのではないでしょうか?
昨年はバリケードになっているテーブルにも椅子が用意されていて座ることができましたが、今年は右端に取締役候補の席が用意されていただけで、株主は座ることができませんでした。
 昨年の写真もご覧ください 次項有 ザッパラス2010年株主総会レポート

その新任取締役候補も株主に背を向ける形で座っていて、なんか株主を軽視しているように感じてしまいました。普通は前方やサイドで株主に顔を向けて座っているか、株主席の最前列の端に座っています。
役員席と株主席の間に不自然に距離があると、会社側との間に距離感を感じてしまいますし、経営陣に自信が無いんだなと感じてしまいます。
さらにバリケードまで設置されていると、株主との対話を拒絶しているというメッセージの様にも感じてしまいますし、さらに経営陣に自信が無いんだなと感じます。今年は諸般の事情により株主総会後の事業説明会も自粛するという案内も入っていて、こうした点からも経営陣の自信のなさや、今後の展望も開けていないのかなと感じてしまい残念ですね。
ザッパラスもネクタイなしのクールビズ株主総会でしたが、ザッパラスのようなネット系の会社なら上着なしでも問題ないと思います。なんか中途半端な印象ですね。クールビズ総会と案内があった割には会場内はとても寒くて、私はあまりの寒さに凍えていました(笑)午前中のヤーマンは上着・ネクタイなしのクールビズ総会で、会場内も涼しい程度でした。このあたりも行っていることとやっていることがちぐはぐな感じがしました。

経営者が変わるとこんなに株主総会の運営も変わってしまうものなのか!と残念でした。平井社長は初めての株主総会議長なので、まずは慎重な運営に徹したのかもしれませんが、それにしても株主との対話を拒絶するような印象を与えられたのはとても残念です。
お土産は今年流行の扇子ですが、私はすでに5〜6本もらっています。大震災以降株主総会のお土産はLEDライトや扇子、うちわなどが大流行です。LEDライトはいくつももらっても役に立ちますが、扇子ばかりもらっても困ります。数年前はエコブームで、どこもかしこもエコバックという時期がありました。エコバックも10個ももらったらごみになってしまいます。もっとその会社らしいお土産を考えて欲しいですね。それが面倒ならお菓子や金券の方が喜ばれます。
たぶん信託銀行が薦めてくるのか、株主総会のお土産グッズを売り込んでくる会社があるんでしょうが、そういった会社はあちこちの会社に同じお土産を薦めているはずなので、そんな会社の意見は聞かずに、独自に株主が喜びそうなものを選んでほしいですね。昨年ザッパラスで頂いた開運ストラップはずっと愛用していまするんるん
まずは議長の平井陽一朗社長から、東日本大震災へのお悔やみの言葉からスタートしました。被災地の支援策としては、義援金の寄付と応援メッセージ入りのミネラルウォーター11万本を送ったと説明がありました。
事業報告は平井社長が招集通知から抜粋して読上げ、関連するグラフなどがスクリーンに表示されていました。事業報告会を開催するなら簡単な説明でいいと思いますが、事業報告会がないのであればもっと詳しく説明して欲しかったなと感じます。
続いて議案の説明があり、質疑応答となりました。議長から指名を受けると、会場係の人がマイクを持ってきてくれるので、その場で質問する形式です。質問数の制限などはありませんでした。
質問にはすべて平井社長が回答していました。事務局からメモが入るので、まずは質問内容を要約して質問者に確認し、それから回答というスタイルでした。基本的にメモにさっと目を通しながら自らの言葉で回答するという感じで、質疑応答での対応はしっかりしているなと感じました。これくらいの対応ができるなら、事業説明会も自粛せずに開催すればいいのにと感じますね。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)ザッパラスは会社の規模も小さいのに、なぜ取締役を4名も増員する必要があるのか?
→昨年の株主総会で取締役を最小限の3名にした。これは経営体制を一新したことと環境が大きく変化する中で意思決定のスピードを上げることを重視したため。後ほど質問があるかもしれないが、この1年でスマートフォン対応などの準備も整ってきたので、これからは執行部門も強化する必要があると考えている。今回の新任取締役候補は4名中3名が執行役員であり、取締役になってもらうことでモチベーションを上げたり、より責任感を持って事業に取り組んでもらうなど、意識を鼓舞するために取締役になってもらう。
(2-1)なぜ新任の取締役候補4人は一人も自社株を持っていないのか?株主としては自社株もしっかり持って、株主と同じ目線で経営に取り組んでほしい。
→社内の人間は自社株を買うタイミングが限られており、買うタイミングを逸してしまっただけです。貴重なご意見として承らせて頂きます。
注記)確かに買うタイミングは難しいと思いますが、役員持ち株会を作って購入タイミングは信託銀行に任せるなどの方法もあります。ぜひ来年には持ち株数が大幅に増えているといいですね。将来性に自信があるなら、(大株主の役員以外は)まずは役員自らが保有株数を増やして欲しいと思います。

まだまだ質問は続きます。後半の質疑応答の様子は、ザッパラス(3770)2011年株主総会レポート2にまとめます。

 ザッパラス(3770)2011年株主総会レポート2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 21:57 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すべての状態は、取締役会を選出し、株主の承認を必要とする他の取引をするために株主総会を開催するために、その中に組み込まれた公開企業を必要とします。
Posted by russian translation english at 2013年08月07日 15:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/217347017
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック