2011年06月08日

松竹(9601)2011年株主総会レポート2

2011年5月24日(火)10時から、銀座ブロッサム中央会館ホールで開催された松竹(9601)の第145回定時株主総会に行ってきました。松竹2011年株主総会レポートその2では、松竹(9601)2011年株主総会レポート1 に続いて、質疑応答中心にまとめています。
松竹2011年株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)迫本社長は新聞のインタビューで松竹ができるのは映画や演劇を通じて被災者を力付けることと答えていたが、具体的な取組を教えて欲しい。
→(細田光人常務管理本部長)震災時の対応としてはまずは社員を守ることが大事であり、節電への取り組みにも力を入れている。本社では51%の節電に取り組み、映画館などでは節電にも限界があるものの25%程度の節電効果を目指していく。事業を通じての支援については、娯楽への自粛ムードもあり、松竹として何をすべきか社内でも議論した。被災者の方々からの後押しも頂き、京都南座では中村獅童などのチャリティートークショーを開いたり、新橋演舞場への被災者の招待などを行っている。被災地では娯楽も少ないので、映画の上映会を開いたりDVDの寄贈なども行っている。今後については、オール松竹キャストによる喜劇映画の製作なども企画している。
迫本社長)こういった時期に電力を使って映画・演劇を行っていいのか悩んだが、「困難な立場の人々への応援歌であれ」という松竹の演劇、映画の伝統と、終戦直後の荒廃の中でもお客様に娯楽を提供してきた松竹の歴史を考え、インタビューに答えた。
(2-2)経営上の重要事項についてもう少し詳しく説明して欲しい
→(井出良樹取締役グループ企画室担当)株主への利益還元が重要課題であり、すべてのステークホルダーの期待に応えていくこと、社会的責任を果たすことも重要課題と考えている。
(3-2)梅田ピカデリーが閉鎖になり大阪で優待が使える映画館が減ってしまったが、新たにオープンする大阪ステーションシネマでは株主優待は使えるのか?ポイント数は?
→(中島厚常務映画興行部門担当)大阪ステーションシネマは5月4日にオープンする。12スクリーンの素晴らしい劇場なので、ぜひ利用して欲しい。株主優待については6月から使用できるが、3社の共同事業体なので、松竹配給作品に限り10ポイントで利用できる。
注記)大阪はまだ恵まれています。関東圏・関西圏には株主優待が使える映画館が複数ありますが、東海3県には愛知県にシネコンが1つあるだけです。それも名古屋市内からは遠く離れていて、車がないと行けないような不便な場所です。東宝や東映などは名古屋市内で株主優待が使えるようにしており、ぜひ松竹も関連会社の中日本興業と共同運営するシネコンで使えるように、改善して欲しいものです。
(4-3)歌舞伎座の建て替えで大型増資を行ったが、今後2〜3年のうちに再度増資予定はあるのか?
→(井出取締役)145期に歌舞伎座建て替え資金の一部として97億円の増資を行った。歌舞伎座建て替えのための資金は確保できており、現状は増資の予定はない。
(5-3)単元株についての考え方は?
→(細田常務)投資単位の引下げは株主数の増加に有効だと考えているが、事務管理費用の増加になる。年間数百万円単位になる可能性もあり、慎重に検討していく。
(6-4)今回で145回目の株主総会だが、第1回の頃の株主総会はどんな感じだったのか?
→最初の頃は株主総会が1年に1回ではなかったと思う。この質問には担当がいないので(笑)細田取締役に答えさせる。
→(細田常務)第1回の株主総会の頃に生まれていた役員はいないのでよく分からないが...松竹は大正9年11月が定款上の創業であり115年目の会社です。創業当初は年2回株主総会を開催していたので、今回が145回目の株主総会になる。
(7-4)株主優待制度が改善され3D映画も見ることができるようになり、とても感謝している。歌舞伎公演で、花道の入り口が開く時にシャーッという音がとても気になる。歌舞伎の雰囲気にそぐわないと思うが、何か伝統的な意味があるのか?
→(我孫子正専務演劇本部長)舞台の演出上、役者が登場することをお客さんに分かってもらうために、勢いよくシャーと出している。土蜘蛛などお客さんに気付かれず静かに出る時は音を立てずに開けている。音の大きさは舞台の演出に応じて調整している。
(8-5)私は社長の3倍株を持っている(17万株以上ですか!)ので、話をよく聞いて欲しい。私は迫本社長の後輩で慶応を出て医師をしている。医師は忙しいのでなかなか歌舞伎を見に行けず歌舞伎チャンネルを楽しみにしていたが、無くなってしまった。歌舞伎もiTunesでオンデマンド配信して欲しい。
→(油谷f取締役衛星劇場社長)歌舞伎チャンネル発足にあたっては、権利関係の処理で非常に難しい状況があった。歌舞伎には多くの関係者がいて権利の束で許諾を得るのが難しかった。映画はテレビ放映や配信なども含めて契約がしっかりしているが、歌舞伎役者は生もので演じてきたこともあり、放送にはアレルギーもあった。歌舞伎チャンネルは15年くらい続けてきたが、視聴者が少なく累積赤字も溜まって経営上も問題になっていた。今後は自社の衛星劇場チャンネルの中で1日2時間程度歌舞伎歌舞伎の時間を作っていく。ビデオオンデマンド配信は権利の束なので難しい。
社長)映像配信は多大な投資を伴う割に、新たなメディアが次々と出てくるのでリスクが大きい。あまり手を広げずコンテンツの提供に徹した方が良いと考えている。ただし劇場には定員があり、失敗するリスクがある一方で成功しても動員数には上限がある。この点からも配信の検討は必要と考えている。
(9-5)先日ミュンヘンにオペラを見に行ったが、METビューイングのバリエーションを広げてヨーロッパのオペラも上映して欲しい。
→(荒牧大四郎取締役)5年前にメトロポリタン歌劇場から、映像配信をするので受け手にならないかと話を頂いて、METビューイングが始まった。この2年ほどで観客も増え定着してきた。1本作るのに1億円かかるので、ヨーロッパと全米に中継している。日本では字幕を付けて上映している。他のオペラハウスからも話は来ており検討しているが、まずはメトロポリタン歌劇場との取り組みに力を入れていきたい。
(10-6)新橋演舞場の株主優待で、2階の一番後ろの席が使えなくなった。料金体系が変わって優待の対象外になったと言われたが、足が悪いので復活して欲しい。
→(我孫子専務)最後方の席は価格が安くなり、株主優待は1等席2等席なので対象外になったと思う。
(11-7)東日本大震災について説明があったが、地震前にはどんな社会貢献活動をしていたのか?
→(細田常務)全国で映画館を経営しているので、周りの商店街の皆さんと協力して街のクリーンアップにスタッフが参加したり、神戸ではエコキャップ運動に参加したりしている。節電についても震災前からLEDへの切り替えを進めており、新歌舞伎座についても地球環境に優しいビルというコンセプトで設計している。また中村吉右衛門さんと全国の小学校を回って、子どもと一緒に歌舞伎を作る取り組みも行っており、裏方の仕事の重要性などを伝えている。先ほど株主還元についても質問があったが、バランスシート、損益計算書を充実させていくことももちろん重要だが、松竹は映画・演劇などの娯楽を通じてお客様の心の純資産を増やしていくことが重要な役割だと考えている。
社長)私も中村吉右衛門さんの子ども歌舞伎教室には何度も行ったことがあるが、全員参加でそれぞれの学年でできることをやっている。1ヵ月くらい前から準備や練習に取り組んでいる。割引価格で学校ごとに歌舞伎を見に来てもらうような取り組みも行っている。
(12-7)被災者以外にも貧しい人はたくさんいる。毎年歌舞伎に招待する等の活動を行ってはどうか?
→歌舞伎のすそ野を広がるという意味でも、取り組んでいく必要があると感じた。株式会社なのできちんと利益を出し株主に還元することも大事だが、将来的なことも考える必要がある。
(13-7)世界の子供にも目を向けて欲しいし、もっと日本をアピールして欲しい。
→子どもだけではなく世界の人々に向けて、日本文化の良さを発信していくのが松竹のミッションだと思っている。日本の伝統文化を継承・発展させ、世界文化に貢献するのが松竹の使命です。
(14-8)(女性)3D映画の可能性について。アバターは良かったが、その後の作品は画面が暗くてメガネも気になるなどコアな映画ファンには評判が悪い。数年前の株主総会で社長は3Dは今後も行ける!と高く評価していたが、3Dの先行きが心配だ。3D映画には高額の料金も取っており、それだけの価値のあるものを提供しないと、DVDで見た方が良いということになってしまうのではないか?
→(中島常務)アバターは3D用に撮影したが、他の洋画は撮影後に3Dに変換しているので、画面が暗いなどの問題がある。最初から3Dで撮影するには技術も必要で、製作費も多額になる。現在上映しているパイレーツ・オブ・カリビアンは最初から3D用に撮影しているので、評価頂けるのではないかと期待している。画面の暗さやメガネの煩わしさがあり、今後の3Dは大丈夫か?という質問もあったが、3D投影装置も5機種目くらいが出てきており、日進月歩で改良が進んでいる。大阪ステーションシネマには3Dメガネが軽い、明るいという特徴がある新方式を採用した。研究も進んでいるので今後も3Dは進化していき、将来的には裸眼3Dが実現できると期待している。
社長)デジタル化では料金を上げられないが、3Dだと料金が上がり興行が賑わうという点でプラスになると発言した。ただ映画なので最終的には中身が重要であり、3Dで表現が広がったのは確かなので、映画界全体として3Dの特性を活かした映画が作れるかどうかが大事だと思う。
 11時47分になり、迫本社長から質問はあと1人にして欲しいとのお願いあり
(15-9)企業価値の向上に取り組むと説明があったが、今期の業績見込みは経常利益段階から赤字転落になっている。なぜ経常利益段階から赤字になるのか?
→(井出取締役)今期の業績見通しは東日本大震災の影響を織り込んで策定している。震災による営業休止や計画停電などによる売上への影響が70億円、経常利益で30億円弱の減収減益効果を見込んでいる。もし地震の影響がなければ前期並みの水準だった。松竹本体で12億円くらいの減益、シネコンの松竹マルチプレックスシアターでも12億円程度、その他も含めて30億円くらいの影響を見込んでいる。
(16-9)歌舞伎業界について。コンプライアンス経営の強化に取り組むとのことだが、先般問題を起こして自粛している方もいる。歌舞伎役者と松竹との間の関係はどうなっているのか?コンプライアンスを遵守するよう監理監督できる立場にあるのか?
→(我孫子専務)歌舞伎俳優の方々は個人事業主としてそれぞれ松竹と契約し、舞台に出演して頂くという関係です。松竹の社員ではないので雇用関係があるわけではなく、どこまで指導が徹底できるかは難しい問題です。歌舞伎を運営している松竹と歌舞伎俳優の方々とは、お互いの信頼関係で成り立っており、契約というより一心同体で問題に対処していく必要がある。昨年の問題の前からだがコンプライアンスの問題も含めて、もっとお互いにコミュニケーションを図っていく必要があると考えている。歌舞伎俳優はみな俳優協会に所属しているので、歌舞伎役者がどのような姿勢で生活していかなければならないか、俳優協会とも話し合っている。お互いにコンプライアンスを遵守し、社会的責任をそれぞれの立場で果たしていかなければいけない。こういった取り組みが功を奏してより良い関係が築ければと考えている。
社長)海老蔵さんの事件の際には、松竹から謹慎させられる立場ではないので、歌舞伎を制作する立場から歌舞伎公演への出演を見合わせると発表した。松竹は歌舞伎俳優の方々と歌舞伎を作っていくという立場なので、情報提供しながらより良い関係を築いていく。先週、事件に同席していた暴走族グループの元リーダーが逮捕されたというニュースもあったが、徐々に真相が明らかになってくるといいと思う。ただそういった方々と付き合いがあることや、酒席でたまたま一緒になった時どうするのかなどについて、コンプライアンスの問題も含めて俳優協会と十分話し合って対応していく。

海老蔵さんの事件では、当初は海老蔵さん側に問題があるという感じでしたが、徐々に変わってきているのでしょうか?大きく報道されたので活動自粛となり、舞台の変更などで松竹の業績にも大きな影響を与えていると思います。私の投資先では、伊藤園も海老蔵さんをCMに起用していたので、CMの差し替えやポスターの貼り替えなどかなり業績にも影響を与えていると思います。どちらが悪いのかは当事者しか分かりませんが、意識が朦朧とするまで飲むこと自体が問題なんじゃないかな〜と、ほとんどアルコールを飲まない私は感じてしまいます。まあ以前は意識が無くなるまで飲んだこともあるので、あまり強くは言えませんが(^_^;)
以上で迫本社長の予告通り、質疑応答は終了となりました。
松竹2011年株主総会
まだ質問したい人がいて、会場からは さっきからずっと手を挙げているよ〜という声も飛んでいましたが、皆さんのご賛同を頂ければこれを持って質疑応答を終了したいと、議長が会場の株主に賛同を求め、会場からの盛大な拍手とともに質疑応答は終了となりました。毎年感じるんですが、年に1回のことですし、この日のために遠方から来ている株主もいると思うので、もう少し質問を受け付けてもいいと思うんですけどね。2年前は打ち切り後も2〜3人の発言が認められたこともありましたが、ここ2年はしっかりと打ち切りになっています。質疑応答打ち切りにあたっては、会場の株主に賛同を求めるというのが定番です。ほとんどの株主は質問は質問もしませんし、社長の顔が見れたら満足という感じなので、よほど業績・株価が低迷している場合などを除いて、議長の思惑通りに議事進行は可能です。まあ株価が低迷していても、社員株主や取引先などの関係株主を動員して会場に配置しておけば、盛大な拍手で質疑を打ち切ることは可能なので、議長の思い通りなんですけどね(笑)俳優協会ともコミュニケーションを密に取っていくということでしたが、ぜひ株主とももっとコミュニケーションを密にして欲しいなと思います。


質疑応答と事業報告が招集通知の読上げという点を除けば、年々いい株主総会になっていると思います。受付開始もせめて9時には開始して欲しいですね。株主優待も含めてさらなる改善期待しています。
来年の株主総会も楽しみにしています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 21:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック