2011年01月17日

サンエーインターナショナル(3605)2010年株主総会レポート2

2010年11月26日(金)10時から渋谷区のサンエー・インターナショナル本社 地下ホールで開催されたサンエーインターナショナル(3605)第61回定時株主総会に行ってきました
サンエーインターナショナル(3605)2010年株主総会レポート1 に続いて後半の質疑応答と、その後に開催された株主懇談会の様子をまとめていきます。
サンエー・インターナショナル株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(9-4)株価は大きく下がっているが社員に危機感はあるのか?ジャパンイマジネーションは社内に活気があるように感じる。
→ご期待に沿えなくて申し訳ない。株価水準についてはコメントし辛い部分もあるので、社員の危機感について説明したい。ここ2年ほど業績が非常に厳しいなかで、社内でも売上を伸ばすような施策とともに、内向きの施策として希望退職の募集や本社移転などの構造改革を行ってきた。社員には構造改革の必要性を伝えてきたが、マイナス面もあるかもしれない。
事業現場ではジャパンイマジネーションとも変わらない活気があると思っている。なかなか感触が伝わっていないのかもしれないが、対策は着実に実施してきている。
(10-5)経営統合の資料を見ると、営業利益が12.8億円から48.5億円に伸びる計画になっているが、こんなに伸びる要因は何か?
→今期の予想はサンエーと東京スタイルの今期の見込みを合計して表示しており、大きく伸びるのは東京スタイル側の要因が大きい。当社では東京スタイルの業績見込みについて説明する資料を持ち合わせていない。
サンエーの営業利益計画は、56.5%増の13.5億円です。久し振りに増益予算を組んだが、けっして簡単な数字だとは思っていない。現在進めている施策を実行していけば達成可能だと考えている。

以上で質疑応答は終了となりました。
質問がなくなるまで丁寧に対応していたと思います。ほとんど質問が出なかった前年までと比べると、たくさん質問が出たんでしょうね。それでも時間にすると24分なので、出席者数の割には少ないな〜と感じます。
質問にはほぼすべて三宅孝彦社長が回答していました。質疑応答を充実させるために社員も同席させているわけですから、他の取締役も含めてバランスよく回答すればもっといいのになと感じました。

引き続き議案の審議に入りました。
第1号議案については質問がありませんでしたが、その他の議案については質問がありました。
第2号議案 取締役9名選任の件 7名全員再任、経営体制強化のため2名増員
(1)先ほど希望退職の募集や本社移転などで構造改革を進めている中で、なぜ取締役だけ増員なのか?経営統合を考えても、増やすより減らした方がいいのではないか?増員する目的をもう少し詳しく説明して欲しい。
→子会社も多いので、現場の状況を的確に把握して現場に影響を及ぼすような経営判断を行うため、実際に現場を率いている執行役員2名を取締役にする。

第3号議案 退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件
(2)他社は退職慰労金制度を廃止しているが、サンエーでは今後も継続するのか?
→ご指摘の通り廃止する会社が増えているが、当社では報酬の後払いという面もあるので、当面はこのまま運用するが、今後は廃止も含めて検討していく。

以上で議案の審議も無事終了し、株主総会は終了となりました。
その後新任取締役の挨拶がありましたが、「よろしくお願いします」程度で少し残念でした。現場を率いる役員ですから、もう少し今後の取り組みなど所信表明があってもいいのではないかと感じました。マイクも用意されていませんでした。


引き続き会場を移動しての懇談会となりました。隣の建物への移動ですし、エレベーターで上がった14階で開催なので、かなり移動に時間がかかってしまいました。最後の方に到着したので、めぼしいものは残っていないのではないか?と心配しましたが、お寿司以外は残っていました(笑)
サンエーインターナショナル株主総会
   お料理はSun−mi高松(サンミタカマツ)の料理のようでした。
お寿司はやはり跡形もなく無くなっていて、残念だな〜と思っていたら追加で運ばれてきました。でもすぐにあちこちから手が伸びてきます(笑)
サンエー・インターナショナル株主総会
写真を撮っている場合ではないんですが、穴子中心にしっかりお寿司もゲットできました!
サンエーインターナショナル株主総会
料理を一度に並べず、後から会場に入った人にも配慮して適宜追加するところなど、懇親会の運営に慣れているな〜と感じました。
会場に最初に駆けつけるのはたぶん懇親会が目的の人たちで、目ぼしい料理を独り占めしてしまうので、運営に工夫しないと多くの株主に不満を感じさせる懇親会になってしまいます。実際懇親会を中止する会社も増えています。もう少し他の参加者のことも考えてほしいものですが、難しそうですね。
まずは食事を楽しみ、15分ほどして役員の方々が登場しました。
各テーブルを回って話しかけていました。三宅社長は人気で、なかなか我々のテーブルまで回ってこなかったので、こちらから出かけていきました(笑)
サンエーインターナショナルは業績に応じてメリハリのついた待遇、東京スタイルは安定的な待遇というイメージ。本社部門やインフラ部分は統合も含めて検討していくことになると思う。経営統合については臨時株主総会を開いて審議するので、今回はあえてあまり触れなかった。まだ未定の部分もあって、株主の方々に納得頂くまで説明できないこともある。
など、いろいろとお話を聞いてきました。


サンエーインターナショナルとしての株主総会は今回で最後になります。次回は経営統合した持ち株会社TSIホールディングスとしての株主総会になります。
東京スタイルがどんなスタイルの株主総会を行っているのかはわかりませんが、統合後の株主総会を見るとどちらの会社が実際は主導権を握っているのか分かったりして面白いものです。
ぜひ次回も参加される方は雰囲気など参考にしてみてくださいね。
サンエーインターナショナルのみなさま、楽しい懇親会ありがとうございました。
懇親会の会場前方には、主力?売れ筋?のブランドが展示されていました。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
サンエーインターナショナル株主総会


posted by Zaimax at 19:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック