2010年10月21日

日本は今こそ強い円を目指せ!

今回は日本政府の為替政策について提言してみたいと思います手(チョキ)
日本ではマスコミ中心に円高脅威論が吹き荒れていますが、マスコミが騒ぐということは背後に輸出を中心とした大企業が控えているということだと思います。普通の日本人からすれば、円資産が大半を占めていますし、円が強くなってエネルギーや食料などの輸入品が安くなれば嬉しいことだと感じます。円の価値が上がれば自分の資産価値も増えると言うことなので、喜ばしいことです。
しかし日本は輸出企業のおかげで成り立っているので、円高はけしからんexclamation×2円売り介入をして弱い円を目指せexclamation×2みたいに洗脳されかかっていると言うか、誘導されています。
私は世界中が自国通貨安競争に明け暮れている今こそ強い円を目指すべきだと思います。
円売り介入を行うのではなく、強い円を目指すと宣言して円買い介入を行い、世界に恩を売っておけば、(内心では馬鹿な国だと笑われながらも)当面は喜ばれて良いことだと思います。
そしてあわせて国富ファンドを日本も作って、1ドル50円くらいの強い円を使って、海外の有力企業や資源権益を買い捲ればいいと思います。強い円と海外権益の買占めで、そのうち非難の声が出てくるでしょうから、その段階で円だけが独歩高になりすぎた、これからは適度な為替水準を目指すと発表して、円買戻しの介入を行えばいいと思います(笑)
一時的な超円高を利用して、将来の日本を支える基盤を作ってしまう戦略です。


円ドルチャート
円高方向に動こうとしている為替に対して、流れに逆らうような介入を行っても一時的な効果しかないですし、無駄な努力だと思います。逆に流れを後押しするトレンドフォロー型の為替介入(今なら外貨売りの円買い介入)を行えば、サプライズも大きいですし一気に円高が進むと思います。
輸出企業には半年くらい我慢してもらってまずは日本の国力を高め、それから1$=100円程度を目指してもらえばいいじゃないですか。
輸出企業には1$=50円でも勝負できるような体力を付けてもらえばいいですし、その価格でも買いたいるんるんと思われるような商品を開発して欲しいものです。強烈な円高を経験することで鍛えられる部分も大きいと思います。
かなりの極論かもしれませんが、円が強くなりたがっている今こそ、日本政府もその動きを応援して、円高をうまく利用して将来の日本の国力を高めて欲しいもです。
日本政府の為替政策、将来の成長戦略として、これくらい大胆でしたたかな考え方も必要だと思いますね。マスコミに踊らされるのはもったいないと思います。
1ドル50円になれば、日本人の海外投資も一気に進むと思いますし、長い目で見れば自然と円は安くなると思うので、今が強い円を目指す最後のチャンスだと思うんですけどねわーい(嬉しい顔)
私ももっと強い円を利用して、海外に投資したいな〜と希望しています手(チョキ)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 11:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック