2010年10月04日

2010年9月の運用成績

2010年9月の日経平均株価は、政府・日銀の為替介入効果もあり堅調に推移しました。8月末と比べると6.2%の上昇になります。
2010年9月の運用成績
   過去3ヵ月の日経平均株価チャート 右斜め上
9月はあまり株価が上昇するイメージはなかったんですが、今年は堅調に推移しました。
一方で私の日本株ポートフォリオは1.2%の上昇となり、プラスですが日経平均の上昇率には負けています。メインが為替や日経平均と連動しない内需系の中小型株なので、日経平均に対する勝ち負けはあまり気にしていません。絶対値がプラスになっていることの方が重要ですね。
さらには中長期投資スタンスなので、足元の上昇・下落はあまり気にしていないんですがわーい(嬉しい顔)
中身を見てみると、8月はポートフォリオの上位銘柄のなかに9%前後のプラス銘柄が複数あり、これらの銘柄の貢献で3.1%の増加となりました。9月は高配当銘柄の配当落ちもあって、前月比マイナスになる主力銘柄があった影響が大きいですね。
さらにはこちらの銘柄も、9月29日までは踏ん張っていたんですが、月末に崩れた影響もあります。もう1日頑張ってくれたらもう少し運用成績が良くなったのにな〜 長い陰線が9月30日です。
2010年9月の運用成績
こんなのを見ると、機関投資家やファンドマネージャーが四半期末に、運用成績をお化粧するためにドレッシング買いしたくなるのも分りますね(笑)
ちなみに9月30日の引け後の板状況は下記の通りです。
ティア(2485)9月末板状況
わずか500株の買い注文を入れるだけで、110円(5.4%)も終値を上昇させられるほど薄い板状況です。お化粧買いにはぴったりですよね(笑)
引け成りで500株注文しておけばよかったあせあせ(飛び散る汗)
ブログに載せるがためにドレッシング買いの誘惑に駆られるようでは、中長期投資スタンスが崩れてしまいますね。こういった点も運用成績を公開するデメリットだと思います。自分の資産を運用しているんですから誰にも報告義務はありませんし、それが個人投資家の最大のメリットの1つだと思います。他には流動性の低い株も買えることや、知名度の低い会社でも躊躇することなく買えることですねるんるん

ちょっと脱線してしまいましたが、月末に急落したとはいえそれでも日経平均の上昇率を上回っているので、今月もパフォーマンスに大きく貢献してくれています。本当に感謝しています。10月も引き続き貢献してくれると嬉しいですね揺れるハート
もう1社の方は外部環境の悪化や配当落ちの影響で大きく下げています。足元の業績は最高益ペースで推移していますが、今後の環境が不透明なことから、悲観論に押されて数ヵ月は厳しいかもしれませんね。それほど業績には影響ないと思っているんですけどね。まあ配当をいただきながら決算発表を待ちたいと思います。
続く時価総額上位3社は配当落ちの影響も一部あるものの、小幅の変動に留まっておりそれほど全体への影響はありませんでした。その結果小幅な上昇になっています。


9月の売買を見てみると、あまり成長の期待できなさそうな株主優待銘柄を徐々に売却し、主力銘柄を買い増しています。
株式投資セミナーでお話しているように、割安な成長株に集中投資exclamation×2を実行しています。
9月の買い増しでポートフォリオの1位、2位がついに入れ替わりました。2位になった銘柄やその他の主力銘柄も売っているわけではないので、上位銘柄の占有率がさらに高まり、集中型のポートフォリオになっています。来年あるいは数年後には、かなりのリターンが見込めるのではないかな〜手(チョキ)
ポートフォリオの中から10倍株が出てくることを楽しみにしています。
あまり活用できていない株主優待銘柄は売却して、少しずつポートフォリオを成長と配当のバランスを取った理想形に近付けていきたいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック