2010年07月21日

エフェクター細胞研究所ECIが業績下方修正!

名証セントレックス市場に上場しているECI(4567)が業績の下方修正と決算発表の延期を発表しています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

現社名はECIと横文字でなにをやっている会社かすぐには分かりませんが、以前はエフェクター細胞研究所という社名でした。創薬ベンチャーなのでやむを得ない部分はありますが、ずっと赤字続きで役員が次々辞めるなど、こんな会社を上場させていいのかっexclamation×2とかなり問題になった会社です。名証セントレックス市場が胡散臭く見られている原因になっている1社だと思います。
そんな過去と決別したいためなのか社名をECIに変え再出発しています。海外ではECIで通っているので変更したと言うのが理由らしいですが、社名を変える会社と言うのは注意が必要です。悪いイメージを隠すために変更したり、業態をコロコロと変更するような会社に社名を変える傾向があるためです。もちろん前向きな理由で社名を変える会社もたくさんありますが、私は社名を変えるような会社には注意が必要だと思っています。投資してはいけない会社がたくさん混じっているように感じるからです。
ECIもそんな投資をしてはいけない会社の1社だと思います。
ECI(4567)
上場来の株価推移は上記の通り見事に下がっています。創薬ベンチャーは同じような傾向があるのでECIだけの問題ではありませんが、それにしても酷い下げです。
2008年1月16日に6,240円をつけてからは、さすがに下げ止まったのか上昇傾向ですが、公募価格38万円からすると大幅に下落しています。


ECIと私の関わりは、上場以来名証IRエキスポに参加しているので、そこで会社説明を聞いた程度ですが、専門家ではない私には判断が難しい業種なので投資はしていませんでした。
それが今年の3月29日に開催されたKCR総研のセミナーに、ECIが参加していて、代表取締役社長CEOの鈴木幹雄氏から説明を聞き、少し興味を持ちました。徐々に創薬の成果が出始めているというような話だったと思います。23,000円程度で投資できて、5月決算ということで株主総会にも出席しやすいな〜と思い、1単位買ってみようかなと思いました。
しかしその後中国の会社と提携しECI301のライセンスアウトに伴う契約一時金10億円が入ってくるという発表を行い、業績の上方修正(黒字転換)も発表して株価が急騰しました。
ECI(4567)
完全に買いタイミングを逃してしまったわけですがあせあせ(飛び散る汗)もともと株主総会出席目的だったので、まあ縁がなかったんだな〜と思いました。
その後は入金が遅れているなどのトラブルがあり、やはりエフェクター細胞研究所なんだな〜会社の体質というものは簡単には変わらないんだな〜と思っていました。
そして7月16日(金)、17日(土)の名証IRエキスポを迎えました。3月に会社説明会に参加していて少しは買おうかなとも考えた会社なので、ブースに立ち寄ってみました。名証IRエキスポの中でもミニ会社説明会を積極的に開催していて、営業担当の方が癌治療薬ECI301が米国FDAでのIND承認、臨床開始承認という重要なプレスリリースを行っているのに、株価は反応してくれないと言うような説明をしていました。日本でのカルタヘナ申請の承認も大きなニュースで、癌治療薬ECI301が生物に悪影響を与えないと言う承認をもらったということなので、今後臨床試験を行えるという重要なニュースですという説明をしていました。
もっと株価が上がってもいいようなニュースがたくさん出ているのに、株価が上がらないのはおかしいexclamation×2という感じで、今が買いのチャンスですよるんるんと暗に言われているような印象でした。
連休が明けて20日の取引では323株できていますが、名証IRエキスポの説明を聞いて、今後に期待して買った人も何人かはいるんじゃないでしょうか?
それが20日の引け後に業績の下方修正です。中国の会社からの10億円の契約一時金の入金の目処がたたず、期限の7月20日になっても入金が確認できなかったので、業績の下方修正を行う、5月期の決算発表も延期するという内容です。今日21日はストップ安に張り付き、前場では寄り付いていません。

ミニ会社説明会の資料の最後には、4月28日に発表した業績上方修正のリリースが載っています。契約一時金10億円の売上計上が見込めるようになったと書いてあります。資料の内容も前向きな内容ばかりで、入金が遅れているとか7月20日が入金期限だとかは書いてありません。
国内と違って国際送金には時間も掛かるでしょうし、20日(火)が入金期限なら16日(金)に相手先に送金したのか?あるいは20日までに送金できるような社内手続きは済んでいるのか?くらい確認してから説明すべきではないでしょうか?
今回の送金は大丈夫だと言いながら約束を果たせないなら、そんな会社と提携するのはやめた方がいいと思いますし、本当に入金してくれるか分からないけど、目先のニュースが欲しいから提携発表してしまえexclamation×2ということなら、ECI自体に大きな問題があると思います。実態は分かりませんが類は友を呼ぶという感じなのでしょうかもうやだ〜(悲しい顔)

名証セントレックス市場には他にも同じように問題のある会社がいくつか上場しています。NowLoading(2447)、DPGホールディングス(3781)、21LADY(3346)、KFE JAPAN(3061)などですが、前の2社は名証IRエキスポにも参加していました。残りの2社は今年は参加していませんでした。他にも中広(2139)も参加していませんでした。以前は積極的に会社説明会も開催していたんですが、業績悪化とともに説明会もやめてしまったんですね。
参加していた上記2社もブースがあると言うだけで、ミニ説明会などは行っておらず、担当者も暇そうにしていました。ほとんど話を聞きに来る人もいないし、たまに来てもたぶん株主だと思うので苦情を言われるくらいでしょうからね。途中からはブースに誰もいないこともありましたあせあせ(飛び散る汗)たぶん来年は出展しませんね(笑)
NowLoadingは上場から数年間は、中川哲也社長が自ら来場し会社説明会も積極的に行っていました。他のブースも回って自社のPRも行っていました。そんな姿に騙されあせあせ(飛び散る汗)(笑)かなりの損失を出してしまいましたが、その経験が活きているのかexclamation&questionと言われると微妙な感じですね。

会社説明会を積極的に行っているからいい会社だとは一概に言えないところが難しいですし、社長に事業に対する熱意があるように感じたとしても、NowLoadingのように期待外れに終わることもあります。
3月の説明会で感じた鈴木社長の印象も悪くはありませんでした。
どんなに良さそうに見える会社でも、事業内容や将来性が自分で理解できない会社には投資しない、これが大切なんでしょうねひらめき
そして割高な時期に投資するのはリスクが大きいですね。
社長の言っていることが本当に実現できているのか、2〜3年くらいは様子をみてから投資するくらいの慎重さが必要ですねぴかぴか(新しい)


買わなくて良かった〜がく〜(落胆した顔)と思う反面、株主からするとこんな短期間に上方修正&下方修正をするなんて詐欺なんじゃないのexclamation&questionという状況なので、そんななかで迎える株主総会はどんな感じなのか興味もあります。その点からは買っておいてもよかったのかなあせあせ(飛び散る汗)とも感じますね(笑)
まあ怒号が飛び交うような株主総会は大盛工業だけで十分かなわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 11:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック