2010年07月06日

株主総会の様子を知る方法

6月29日(火)に開催されたVTホールディングスの株主総会ですが、株主総会レポートで挙げていた疑問点について、会社側から連絡がありました。こちらから問い合わせたわけでもないのに、連絡いただけたのはありがたいことですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

こうしたブログを通じて意見交換ができるのはとてもありがたいことですし、会社側も見てくれているのだなと嬉しくなりますねるんるん
補足説明の内容はレポートに追記しましたので、参考にしてください。説明内容は十分に納得できるものです。
   VTホールディングス(7593)2010年株主総会レポート

6月は特に株主総会が多い時期で、6月29日(火)は1,000社を超える会社が株主総会を行っています。ただでさえ平日の午前中開催で、働いている人にとっては出席しにくいのに、さらに多くの会社が同じ日に開催したのでは、参加できる会社が減ってしまいます。
株主総会がどんな様子だったを知るためには大きく分けて2つの方法があります。
 1 私のブログのように、株主総会の様子をまとめた記事を探す
 2 会社側に株主総会議事録の閲覧を申請する


昔はネットも普及していませんでしたし、手軽に情報発信できるブログサービスもありませんでした。さらには、昔の株主総会は社員株主などの関係者の出席が多く、個人株主の出席自体が少なかったですし、質問もなく短時間で終わるシャンシャン総会が主流だったので、記事にするほどの内容もなかったと思います。
最近は個人株主の出席も増えて、感想などをブログにアップしている人も増えているので、1番目の方法が手軽であり、参考になると思います。私も初めて出席する会社の場合は、下調べのためにグーグルなどで検索しています。
ただ多くの記事はお土産中心の内容で、どんな質疑応答があったのか?などにはあまり触れていません。そんなこともあって、私はできる限り詳しくレポートしようと考えています。そのため、作成時間は1社当たり10時間以上かかってしまいますし、株主総会中も必死にメモを取らなければいけないんですがわーい(嬉しい顔)
また、同じ株主総会に出席しても、個々人によって受け止め方は違ってくると思います。そんな多様な見方を集めるためにも、私なりの感想も載せています。場合によっては厳しい指摘となることも多いので、反感をもたれる場合もあるかもしれませんが、あくまで個人的な考えですので、そんな見方もあるんだな、とご理解いただけたらありがたいですね。最近個人株主の出席が増えたことで、株主としての自覚が足りないんじゃないかexclamation&questionと感じるような株主も増えてきているので、けっこう辛口のレポートになってしまっていますねあせあせ(飛び散る汗)

そして株主総会の内容を知るための2番目の方法が、法律で作成が義務付けられている株主総会議事録を閲覧する方法です。株主であれば会社側に議事録の閲覧を請求することができます。
こちらには時間と費用が掛かるというデメリットがあります。議事録の閲覧場所は、本社や支社になるので、そこまで出向かなくてはなりませんし、株主であることを証明する書類を用意したり、閲覧申請書を送付したり持参するなどの手間もかかります。コピーを郵送してもらうことも可能なようですが、それでも手間はかかります。
株券が電子化されてから、株主であることを証明する手続きが面倒になり、証券会社を通じて保管振替機構に、株主であることを証明する書類を請求しなければならなくなりました。この手続きに時間がかかりますし、証券会社によっては手数料が必要になります。
さらに株はいつでも売買できることから、株主証明の有効期間も2週間程度と限定されます。この期間中に会社側に提出しないと、効力が認められません。これらの
(1)会社側に株主総会議事録を閲覧したい旨連絡し、必要書類(閲覧申込書)を入手する
(2)その会社の株を預けている証券会社を通じて、株主証明書を依頼
(3)本人と会社側に、株主名と持ち株数などが伝えられ、株主であることが証明される
(4)議事録閲覧申請書に必要事項を記入し、会社側に送付
(5)両者の都合を調整し、閲覧の日時が決定
おおまかにこんな手順を踏んで、やっと議事録を閲覧することができます。

最近の株主総会では、会社側がビデオ撮影していることが多くなりました。これは正確な議事録作成のためと説明されていますし、そのためだとは思いますが、実際に株主総会議事録を閲覧に行くと、唖然とするケースが多いのではないかexclamation&questionと思いますわーい(嬉しい顔)
株主総会の議事録ですし、ビデオ撮影までしているんですから、私のレポートなんかよりずっと詳しくまとめられているに違いないexclamation×2とお感じの方が多いでしょうが、いろんな会社の議事録を見に行った方の話では、これが議事録exclamation&questionというような感じのようです。
私も昨年VTホールディングスの議事録を閲覧に行きました。昨年は株主総会に出席できなかったので、どんな質疑応答が交わされたのか興味がありました。質疑応答の内容も要旨という感じでしたが、まとめられていました。それを元に昨年の株主総会レポートを作っています。
   VTホールディングス(7593)2009年株主総会レポート

閲覧する前から、Zaiさんのレポートの方がずっと詳しいですよ(笑)と釘を刺されましたが、確かに私のレポートの方がずっと詳しくまとめられていました。私のレポートはあくまで私が聞き取った内容なので、聞き間違いや意味を取り違えている部分があるかもしれません。会社側が作成する議事録が公式記録なので、それまでは「私のレポートは参考材料であり最終的には会社側に確認してください」というのがスタンスでしたが、それからはもっとしっかりとレポートを作らないといけないな〜と感じました。議事録を見てもそれほど参考にはならないので、もっとしっかりとレポートしなければexclamation×2というわけです。


しかしその後いろんな会社の議事録を見た人の話を聞くと、もっとひどい会社がたくさんあることが分かりました。
なかには質疑応答の欄に
 株主優待について質問があった
 株主優待について回答した

と延々と書いている会社もあります。これではどんな回答をしたのかまったく分かりません。
さらには、大々的に株主総会を開催しているあの会社では、株主総会議事録に株主とのやり取りは記載していないそうです。なんのための議事録なんでしょうかexclamation&question
とはいえ会社側としてはビデオで撮っているし、必要となったらいつでも詳細な議事録を作成できるので、必要最低限でいいかとなっているようです。質疑応答の内容を省略している会社もたくさんありそうです。確かに質疑応答の様子をまとめるのは手間がかかるので、省略したい気持ちも分からないでもありませんが...
会社法でも株主総会議事録の作成と株主に閲覧させることは規定されていますが、議事録の内容までは詳しく規定されていないようです。必要最低限の記載があれば法律上は問題ないようです。
さらには議事録を閲覧に来る人はほとんどいないようです。VTホールディングでは、総務担当を5年くらいやっているが、議事録閲覧に来たのは私が初めてだそうです。手間をかけて作っても誰も見に来ないし、それくらいなら必要最低限でいいやexclamation×2というのが株主総会議事録の現状のようです。
手間ひまかけて株主総会議事録を閲覧に行って、これでは報われませんね。私のレポートをお読みいただくほうがずっとコストパフォーマンスが高いかとわーい(嬉しい顔)
これからも株主総会に行こうるんるんブログをよろしくお願いします。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 11:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
すごく参考になりました。
議事録閲覧ははじめて聞きました。
 
これからもレポート楽しみにしております。
Posted by nishi_tokyo at 2010年07月06日 12:20
「株主総会議事録に株主とのやり取りは記載していない」に関しては、株主総会議事録はあくまでも計算書類報告の件や決議事項第1号議案 剰余金処分の件、第2号議案 監査役2名選任の件等の招集通知に出ている目的事項に関するもののみの記載されているものと思われます。したがってこれらの事項はさっと済ませて後に会社説明時に質問して下さいといわれて出てきた質問は、知らぬ間に株主総会は終わっているので「株主総会時の質問」ではなくなっているので「会社説明時に出てきた質問」という扱いになるのでどんなに活発な議論が出てきても会社としては株主であろうと見せる義務はないので頼んでも出てこないものと思われます。
ビデオに撮っているものを見せてくれる会社はありそうでしょうか?
その辺で会社の株主に対する誠意等がわかりそうですね。
これからもレポート頑張ってください。

Posted by マーケット at 2010年07月11日 12:04
nishi_tokyoさん、コメントありがとうございます。
株主総会の議事録閲覧は、手間がかかる割に収穫は少ないと思います(^_^;)
ただ、議事録にどこまで詳しく書いているか?
応対してくれた社員の方々の対応はどうか?
社内の雰囲気はどうか?
など、その会社について理解を深める効果はあると思います。東京在住でしたらそれほど交通費もかかりませんし、見に行ってみるといいかもしれませんね!
これからもよろしくお願いします。
Posted by Zaimax at 2010年07月22日 16:23
マーケットさん、詳しいコメントありがとうございます。

ご指摘の通り、株主総会後に開催される会社説明会などで出た質問は議事録には記載されません。なので実際に出席するか、私のようなブログを見ないとどんな質疑応答が交わされたのかは分かりません。

一方で、株主総会内の報告事項や議案に関する質疑応答も、議事録にあまり詳しくは記載されていないようです。誰も見に来ないからなのか、会社側が手を抜いているからなのかは分かりません(笑)
多くの人が閲覧に行くようになれば、きっと状況は変わってくると思います。こんな内容では議事録として役に立たないじゃないか!と言う声が増えれば、詳しくなるんじゃないでしょうか?

ビデオについては見せて欲しいとお願いしたことはありませんが、見せてもらえないような気がします。
だいたい大した議事録も作らないんですから、ビデオに撮る必要などないと思うんですが...
これからもよろしくお願いします。
Posted by Zaimax at 2010年07月22日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック