2010年06月25日

燦ホールディングス(9628)2010年株主総会レポート

2010年6月24日(木)10時から大阪の千里ニュータウンにある 公益社千里会館で開催された燦ホールディングス(9628)の第  回定時株主総会に行ってきました
燦ホールディングスの株主総会に参加するのは初めてです。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

葬儀会社は私のポートフォリオの主要な部分を占めていますが、燦ホールディングスは大阪での開催なので、今まで株主総会に参加したことはありません。どうしても6月は株主総会の多い東京中心になってしまいます。今年は24日に魅力的な株主総会が東京でなかったので、往復夜行バスで東京・関西を往復するという、超ハードなスケジュールを組んでみましたがく〜(落胆した顔)

     燦ホールディングス(9628)のホームページ

     燦ホールディングス(9628)のヤフー株価情報

燦ホールディングスは子会社デフィの川上敏彦常務執行役員が、同社の女性社員の遺体を弊社東大阪事業センター(大阪府東大阪市加納)に遺棄したとして、死体遺棄容疑で大阪府警に逮捕されるという大きな事件発覚直後の株主総会なので、かなり質問も多くて荒れるだろうな〜と予想していました。
冒頭に上記の事件について経緯の説明があり、役員一同からの一礼で株主総会は始まりました。
しかしながら、質疑応答になっても質問は1人の株主からだけ(誰が質問したかは分かりますよねわーい(嬉しい顔)わざわざ東京から夜行バス往復して、何も質問しないなんて考えられませんよねexclamation×2)という予想外の展開でした。
もっと何をやっているんだexclamation×2という非難が集中するだろうな〜と予想していたのに意外でした。
燦ホールディングスの株主総会後には、豪華な懇親会が用意されているので、誰も株主総会で文句なんて言わないようです。株主総会中にも、異議なしexclamation×2とかちょっと不自然な感じの拍手をしている株主が多く居たので、大きな事件直後ということもあって、議事進行を円滑に進めるために、会社側も社員株主などを動員していたのかもしれませんあせあせ(飛び散る汗)
それにしても最大の議事進行策は株主懇親会ということがよく分かりましたわーい(嬉しい顔)
こんな事件が発生しても、3期連続で減収(営業)減益予想でも、株主は誰も文句を言わないようですが、懇親会を今後は自粛しますexclamation×2なんて言ったら、大変なことになりそうですねがく〜(落胆した顔)
なんか本末転倒しているような感じがしてしまいますもうやだ〜(悲しい顔)


株主懇親会の写真などはまたアップする予定ですが、鮪のトロなどのお寿司も用意され本当に豪華でするんるん
とはいえ22日(火)に開催されたマネーパートナーズの懇親会のように、こういったブログの情報から懇親会目当ての株主が急増して、壮絶な懇親会になってしまうのは本当に残念なことです。最低限のマナーのある人しか株主になって欲しくないものですねもうやだ〜(悲しい顔)
燦ホールディングスの懇親会でも、数の限られた鮪のトロのお寿司だけを15貫以上も皿に山盛りにして食らいついている株主がいました。他にも同じように鮪の寿司をもう1皿積み上げていました。そんんなに食べきれないほどお寿司を積み上げているのに、新たな料理が運ばれてくると、見逃すことなくさらに取りに行っていました。どこの株主懇親会にもこんな人が集まってくるんですよねもうやだ〜(悲しい顔)
こんな人がいますから、鮪のお寿司はすぐに瞬間蒸発してしまい、多くの株主は食べられなかったと思います。こんな人のお陰でせっかくの株主懇親会で株主の不満が高まり、結局は懇親会が中止になってしまうこともよくあるケースです。
これらの株主からすれば、懇親会が中止になればまたネットで情報を探して他の会社の懇親会に行けばいいやるんるんということなんでしょうが、以前からの株主にとっては非常に迷惑です。
株主総会では、不適切発言をしたり、議長の指示に従わない株主は退場処分になることもあります。株主だからといって好き放題自分勝手にしていいわけではありません。株主懇親会でもこういったマナーが守れない株主は、退場させる・ブラックリストに搭載して入場させないなどの対応が必要なんじゃないかと思います。
このままではこういった人が増えていって、最終的には株主懇親会はなくなってしまうのではないかexclamation&questionと危惧しています。
せっかくの株主懇親会ですから、最低限のマナーは守り株主みんなで懇親会を楽しみたいものです。

最近出席した株主懇親会があまりにも酷かったので、ちょっと厳しい表現になってしまいました。

株主総会の質問ですが、主な内容は下記の通りです。
(1-1)大規模葬は苦戦しているが、一般葬は件数は関西・関東とも伸びているということだが、葬儀単価は家族葬の増加などで厳しいと思う。関東では直葬が増えているという報道もされているが、関西・関東で葬儀単価に違いはあるのか?また今期は葬儀単価をどのように想定しているのか?
→関東の方が葬儀単価は高いが、数十万円程度の差です。50万円までいくほどの違いではない。葬儀単価は底打ちしてきていると思う。
直葬についてはマスコミのミスリードであり、直葬を望んでいる人はほとんどいない。独居老人が増えたり、経済的に困窮してやむを得ず直葬になっているケースがほとんどだと思う。
直葬は葬儀の一種類ではなく、葬儀を行なわない遺体処置方法のひとつだと考えている。

(2-1)新規参入についての話もあったが、イオンが価格を大きく打ち出して葬儀仲介業に大々的に参入してきている。イオンの葬儀単価が基準になってさらに葬儀単価の下落が進むなど、燦ホールディングスへの影響はどう考えているか?
→イオンは葬儀ビジネスに参入したのではなく、葬儀紹介業を行なっている。実際に葬儀を行なっているのは、全国の契約葬儀会社です。葬儀業界でもいろいろ話を聞いているが、実際に葬儀を行なっているのは、イオンの従業員や関係者などの葬儀が中心で、一般の葬儀はほとんど取れていないようです。お葬式は地域によって風習や習慣などが異なり、均一のカタログ・価格で対応できるようなものではない。
このようなことから、燦ホールディングスへの影響はほとんどない。ただ、今後も動向を見守っていく。
(3-1)少し厳しい質問になるが、前に社長は、葬儀会社だからこそイメージが大切で、立派なオフィスビルに移転したりすることで、優秀な社員が集まったり、他社との提携も可能になったりする、と説明していたが、こんな事件が発生しては水の泡ではないか?イメージを重視しすぎて、肝心の社員教育などが疎かになっているのではないか?イメージよりももっと大事にすることがあるのではないか。
→今回の事件については、社員間で不倫のうえ殺人事件に発展したという社員の私生活上の問題であり、会社としてのコンプライアンスの問題とは異なる。社員の私生活については、会社として把握するには限界があるとおもう。難しい問題だと思っている。

今は出先で思い出しながら書いているので、正確ではないかもしれませんが、上記のようなどこか会社とは関係ないあくまでも私生活上の問題という回答でした。


確かに私生活上の問題かもしれませんが、社員同士の問題であり社内でも噂になっていたという報道もあります。そんな人を子会社の役員にしていること自体が問題だと思いますし、私生活上のことだからといって、社員同士の不倫を放置しているのも問題ではないか?と思います。子会社の役員ですからねexclamation×2
有能であれば不倫をしようが私生活については目を瞑りますという社風なんでしょうか?こんな対応をしていたら、また違った私生活上の問題が出てくるのではないかexclamation&questionと懸念を感じてしまいます。
事件をきっかけに社内を徹底的に見直して、有能なだけでなく人間としても素晴らしい人に育つよう、社員教育や人事制度を見直していってほしいと思います。
それが最大の供養にもなるのではないかと思います。
もっと真剣に事件を捉えて、2度と同じような問題を起こさないようにしてほしいものです。


posted by Zaimax at 17:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック