2010年06月07日

ワクワクで行こう♪

昨日6月5日(土)は12回目の名古屋キャッシュフローゲーム会でした。今回も30名を超える申し込みをいただきましたが、都合が悪くなった方もいて、27名+見学2名という感じでキャッシュフローゲームを楽しみましたるんるん
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
ゲーム会は13時から16時30分までで終わりますが、その後懇親会を行っていて、昨日は22時すぎまで色々な話題で盛り上がってきましたわーい(嬉しい顔)いつもゲーム会&懇親会でエネルギーを使い果たしてしまうので(笑)翌日は充電に努めてゆっくり過ごしていますが、今日は夕方からワクワクで行こうるんるんというセミナーexclamation&questionに行ってきました。
もう何度も何度も聞いているセミナーなんですが、けっこう気に入っていてほぼ毎回聞きに行っていますわーい(嬉しい顔)なかなか一言で説明しにくいセミナーなんですが、私は毎日を幸せに感じることができるヒントを与えてくれるセミナーだと思っています。
詳しくは下記のホームページ 左斜め下 をご覧くださいねぴかぴか(新しい)

   ワクワクで行こうるんるん 〜大切なのは心のリテラシー


投資でも同じだと思いますが、手っ取り早く答えを求める人が多すぎるように感じます。そんなセミナーも大盛況です。私は答えを教えてもらうのは、その講師などの言いなりになるのと同じ事で、とても不自由なことだと思っています。何か問題が発生するたびに、教えを請わなければ解決できないというのは不便ですし、講師側の思う壺です。相談に来るたびに高額のコンサルティング料を取れるわけですからねexclamation×2
それよりも考え方のヒントをもらい、あとは自分で考えるひらめきということがとても大事だと思います。
株式投資の中長期投資セミナーを行っても、講釈はいいから推奨銘柄だけを聞きたいという人も多くいると思いますが、そういう人に限って株価が下がると不安になり、どうすればいいんでしょうexclamation&questionとか何があったんですか?などと聞いてきます。質問するとしても、まずは人に聞く前に自分でよく考えてみて、自分はこう思うんですがどうでしょうか?という問いかけをする習慣を身に付けてほしいと思います。そうしないと何事も進歩が無い様に感じます。
私のセミナーでも大事なのは、どういった銘柄が長期投資に適しているか?という部分であって、どの銘柄が投資に適しているかは人それぞれです。すべての参加者にとって最適な銘柄などありません。人それぞれ生活スタイルも違いますし、考え方や好きなこと、リスク許容度、忍耐強さなども違います。ですから自分に合った長期投資に適した銘柄を、自分で探していくしかないわけです。自分で考え自分で探す、例え失敗したとしても、その経験が次の銘柄選択に活きていくわけです。私は他人に頼って成功しても失敗しても、それでは何も進歩がないと思っています。
ワクワクで行こう♪
話がそれてしまいましたが、ワクワクで行こうるんるんというセミナーも、『あなたはこうすればいいんですexclamation×2』という答えを与えてくれるセミナーではありません。自分で考えるヒントを与えてくれる内容だと思っています。だからこそ応用範囲も広く、いろんな場面で拠り所となるような内容なんだと思っています。

毎回内容は少しずつ異なっていますが、今日は職場に『嫌な上司』がいて困っています という不満?悩み?について色々と話がありました。現状の不満に焦点が当たっている限り不快な気分にもなるでしょうし、状況はなかなか変わりません。人は不快な出来事や不愉快な出来事は何度でも思い出して、嫌な気分を味わうわーい(嬉しい顔)傾向があるので、自然と自らを嫌な気分にさせて、落ち込んでいってしまいます。ですから現状の不満に目を向けるのではなく、なりたい自分、自分が楽しいるんるんと感じることに集中したほうがずっと幸せな人生を送れると思います。
上司に怒られた後で、何度も何度も『嫌な上司』に怒られている場面をリフレインして不快な気分を味わうのも自由ですし、そんなことはさておき、今夜の彼女とのデートのことを考えて、ワクワクした気分になるのもその人の自由です(なにがその人をワクワクるんるんさせるか?は人によって異なります)
上司に怒られたという事実は変わりませんが、その嫌な気分を何度も何度も味わってさらに不快になる方が幸せなのか、それはそれとして楽しいことを考えて楽しい気分に浸るほうが幸せなのか?は、一目瞭然だと思います。これは決して現実逃避をしろと言っているわけではなくて、意識が楽しいことで満たされていたら、『嫌な上司』の入り込む隙間もあまりなくて、以前ほど気にならなくなるだろうということです。あるいは心に余裕ができて、怒られている場面でも第三者的立場で冷静に事実のみを見ることができる、というように自分の受け止め方が変わってくるということだと思います。それだけ進歩したということですし、上司から怒られて嫌な気分になるだけだった『少し前の自分』から比べると、幸せな私・理想の私に一歩近付いたということです。

だいたい怒られて嫌な気分を引きずっているというのは、その『嫌な上司』の意のままに操られているわけで、とても不自由でもったいないと思います。自分の感情を他人にコントロールされすぎるのは、快・不快に関わらずあまり好ましいことではありません。自分の人生なんですから自分で考え自ら選択し、私らしい人生を楽しんでいきたいと思っていますひらめき

先ほどから何度も『嫌な上司』と書いていますが、実際には『嫌な上司』というものはこの世に存在しません。存在しているのは単なる『上司』です。同じ『上司』でも『嫌な上司』だと感じる人もいれば、『理想の上司』と感じる人もいるというだけです。『嫌な上司』と感じていたとしても、例えばその上司の最愛の家族が不治の病に倒れ、看病や家族の世話に追われていて心の余裕がなくなり、会社で怒りっぽくなっているという背景を知ったら、『嫌な上司』という印象が変わるかもしれません。自分も同じような立場になったらとても冷静ではいられないだろうな〜と感じられたとしたら、また『嫌な上司』に怒られたとしても、家族の具合は大丈夫なのかな?と思いやる余裕ができたり、そんな小さな変化が『嫌な上司』(笑)にも伝わり、上司の態度も変わってくるかもしれません。
ただ怒られて嫌な気分になるより、上司を観察しなぜこの人は怒っているのだろう?と考えること、背景にまで想像を巡らすことは、自分自身にとってもいいトレーニングになると思います。何が事実なのかexclamation&questionはあまり重要ではなくて、自分がこんな背景があるのかもしれないな〜と納得できれば良いわけです。
私も嫌な気分になることはたまにありますが、「こんなに怒りをぶつけなくてはいけないとは、かわいそうな人だな〜、色んな問題を抱えていて他人にあたるしかないんだな〜」と考えるようにしています。言われた時には人並みに(笑)嫌な気分になりますが、このように考えることで嫌な気分を味わう回数が減り、嫌なことを忘れっぽくなりました。
ワクワクで行こうるんるんに参加したり、本を読んだりしたことを基に自分で色々と考えることで、自分らしい幸せに近付いていっていると感じています。こういったきっかけは大事ですし、何事も自分なりに考えてみるということはとても大切だと思います。どんな不満や悩みでも答えは外にあるわけではなくて、自分の中から探し出すしかありません。答えは与えてもらうものではなくて自分で生み出すものです。それが真に自立した個人なのだと私は考えています。


ワクワクで行こうるんるんはお薦めのセミナーですが、以上は私の受け止め方であり、どう感じるかは人それぞれだと思います。だからこそ面白いわけですし、そんな受け止め方もあるんだな〜などと参考になったりします。同じ株でも売りと考える人もいれば、買いと考える人もいるので売買が成立するように、いろんな考え方に触れることはとても大切なことです。
ぜひ多くの人に参加してもらって、株話同様ワクワク話でも盛り上がりたいものですねわーい(嬉しい顔)
現状は不定期開催ですが、東京・名古屋・大阪で開催されています。ホームページをみて面白そうだな〜と感じたら、ぜひ参加してみてくださいねぴかぴか(新しい)

   ワクワクで行こうるんるん 〜大切なのは心のリテラシー

 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック