2010年06月03日

松竹(9601)2010年株主総会レポート〜その2

2010年5月25日(火)10時から東京都中央区銀座の 銀座ブロッサム中央会館内ホールで開催された松竹(9601)の株主総会に行ってきました
株主総会レポート〜その1に続いて、後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
松竹(9601)2010年株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(3-2)東宝はテレビドラマの映画化やスタジオジブリなどとの提携で好成績をあげているが、松竹は弱いと感じる。対処すべき課題に「優れたパートナーとの連携を深める」と書いてあるが、具体的にどのように取り組んで業績につなげていくのか?
→(野田助嗣専務取締役映像本部長)ご指摘の通りで松竹もテレビ局とのタイアップに力を入れていて、今期の新作映画10本中8本はテレビ局と組んでいる。今後もテレビ局などとの提携に力を入れていく。
(4-2)事業報告では札幌・名古屋・なんば等のシネコンが好調とのことだが、共同運営している名古屋のシネコンでは松竹の株主優待が使えない。名古屋市内には株主優待が使える映画館がなく、東京・大阪と比べてもあまりにも格差がありすぎではないか?ぜひミッドランドシネマでも使えるようにして欲しい。
また、最近は3D上映が増えてきたが、他社の株主優待制度では300円払うことで3D映画も観られるようになってきた。松竹も同じように3D映画も観れるように改善してほしい。(会場から拍手)
→(油谷f取締役 管理本部担当)株主優待は株主の皆様に松竹の事業内容をご理解頂くための制度で、全国津々浦々でご要望にお応えできるよう努力を続けていく。株主優待で3D上映が見れるようにして欲しいというご意見は電話でもたくさん頂いている。松竹で3D映画を製作していれば、株主優待で見ていただくことも可能だが、3Dはアメリカで開発された方式なので権利はアメリカ側にあり、それなりの条件で上映している。松竹の都合だけでは決められない。3Dメガネや3D上映設備などのコストもかかっており、特別上映という形で成功するよう努力している。気持ちは分かるが権利の問題もあることをご理解いただきたい。一般映画については、株主優待について配給会社からもご理解をいただいている。
(社長)株主の利便性と会社のコストも踏まえて努力していく。
(5-3)歌舞伎座を建て直して貸ビルにするそうだが、どの程度の売上・利益を計画しているのか?
→(武中雅人取締役 歌舞伎座開発担当)30mセットバックしたところに29階建てのビルを作る。500坪×フロア数(5〜29階)が賃貸面積になるが、坪単価はまだ決まっていない。
(社長)映画・演劇事業は業績のブレが大きいので、不動産事業で安定収入を目指していく。この安定収入を元によい作品を作れるようにしたい。
(6-3)西武が撤退してマリオンはどうなるのか?
→(武中雅人取締役 不動産部門担当)ご心配をお掛けしている。西武は12月25日に閉店するが、2月までは契約が残っているので今期の業績には影響ない。マリオンは松竹と朝日新聞が家主で、6月以降募集を開始する。
(株主)募集して入る会社はあるのか?
(社長)かなり申し込みは来ています。
(7-4)コンプライアンス強化と言っているが、何か弱みでもあるのか?何を目指しているのか?
→(油谷)コンプライアンスが大切になってきており、松竹でも強化している。お客様の声を月に2回全社にフィードバックしている。経営のリスクについては、リスク委員会でチェックしている。週2回役員が朝会も行い情報の共有を図っている。
(8-4)株主優待で松竹カレンダーをもらえないか。退職するとカレンダーもなかなか手に入らない。株主に配ればカレンダー制作コストも下がるはず。
→(油谷)カレンダーに愛着を持ってもらえるのはありがたいが、各事業部とも細かい利益を積み上げている。カレンダーがかつての様な人気商品であれば配布も考えられるが、今の状況ではカレンダーを配れば赤字になってしまう。検討はするがご理解いただきたい。
(社長)株主も1万人以上いるので、どのくらいの負担になるのか検討する。

カレンダーなら銀行に行けば置いてあります。株主にカレンダーを送っている会社もありますが、使うことはほとんどありません。コストをかけてまでこんな無駄なことは止めてほしいですね。


(9-5)株主優待がカード方式になって、人に渡すことができなくなった。どのような改善を考えているのか?カレンダーは欲しい人に映画館などで配ればいいのでは?
→(油谷)カード方式にしたのは金券ショップへの流出を防ぐことも一因で、ひいては松竹の収益を悪化させる。金券ショップで買って映画を見にくると、金券ショップの売上・利益にはなるが、松竹の売上・利益にはならない。業界でも問題になり色々と工夫している。今のところ現方式を変える考えはない。
(株主)昨年の株主総会で細田取締役が答えた内容と違っている。
会場から議事進行してくれexclamation×2との声が...まさか与党総会屋でも雇っているんでしょうかがく〜(落胆した顔)
(社長)細田からも回答させるが...
(株主)もういい、来年も質問するちっ(怒った顔)
(10-6)優待案内には札幌4スクリーンと書いてあるが、4スクリーンではいつも株主優待が使えるのか?
→(中島厚常務取締役 映画興行部門担当)札幌のシネコン シネマフロンティアは共同事業体で、出資比率は東宝50%、Tジョイ(東映)20%、松竹30%です。スクリーン数に出資比率を掛けると4スクリーン分が松竹の持分になる。なので株主優待では4スクリーンと表示している。ただシネコンでは上映作品を頻繁に入れ替えるので、4スクリーンでいつも松竹配給作品を上映しているわけではない。3社で話し合い、各会社の配給作品を株主優待で見てもらうことにした。
先ほど名古屋での株主優待の要望があったが、ミッドランドシネマも共同事業で、中日本興業の方が出資比率も高い。MOVIX三好で我慢して欲しい。
(株主)だから4スクリーンではいつも株主優待が使えるの?
(社長)いつでも見れるわけではありません。上映スクリーン数に関わらず、松竹の配給作品だけ見ることができます。

東海3県の株主はMOVIX三好で我慢して欲しいということですが、MOVIX三好はほとんど豊田市であり、車がないと行けない様な場所にあります。東京や大阪は都心部にも株主優待が使える映画館があるのに、東海地方は不便を強いられています。札幌ではライバル会社との共同運営のシネコンでも株主優待が使えるのに、松竹も出資している中日本興業(9643)のシネコンでは株主優待がまったく使えないというのはおかしな話だと思います。最低でも松竹配給作品くらいは株主優待で観ることができてもいいのではないでしょうか?
演劇の株主優待も東京か大阪か京都の劇場でしか使えません。名古屋には御園座もあるので、東海地方の株主には松竹制作の御園座公演のチケットを割り当ててもいいと思います。もう少し柔軟な対応を考えて欲しいですね。個人的な要望ですがわーい(嬉しい顔)

(11-6)先ほどの映像報告のBGMが大きすぎる。BGMはなしにして欲しい。
→みなさんの多数決で決めたいと思います。(挙手してもらった結果、BGM付きになりました)
来年はもっと耳障りのいい音楽にします。

音楽の内容もあるかもしれませんが、音楽のボリュームが大きすぎたと思います。あくまでもナレーションが主なので、BGMのボリュームをもう少し下げて、聞きやすいようなバランスにすれば良いと思います。
(12-7)(女性 書面質問した株主)書面質問では細かい数字を答えてもらえず残念だ。不動産に力を入れていて安定収入があるので、映画・演劇が多少こけても大丈夫という甘えがあるのではないか?新しく整備した宣伝システムの効果についても教えて欲しい。
→(野田)宣伝浸透度調査のことですね。営業統括部で500人以上からアンケートを取り、ヒットしそうか判断する材料にしている。かなり精度が上がってきていると思う。
(13-8)144期も続いているのに配当3円は少ないのではないか?もう少し増やして欲しい(拍手)
→(井手良樹取締役 財務部門担当)収益状況、経営基盤、将来の資金需要などを考え配当額を決めている。どうしても業績に波があり、安定配当を基本としている。このままでいいのか?という疑問もあるので、基盤となる収益を上げていきたい。
(社長)経営陣の責務だと考えている。歌舞伎座がない間は業績が厳しいが、努力していく。
(14-8)3D上映が半分くらいになってきた時に、株主優待で見られないのは困る。松竹で3D映画を作る計画はないのか?
→(野田)企画次第だと考えている。「おとうと」や「釣りバカシリーズ」は3Dに適さないと思うので、3Dに適した企画があれば取り組んでいく。

3D映画は先日初めて見ましたが、通常版より画面が暗くなります。全体的に暗い映画には適さないと思いますが、先日予告編を見ていたら東宝は海猿の新作を3Dで撮るそうです。けっこう暗いシーンが多い印象があるんですが大丈夫なんでしょうか?
松竹(9601)2010年株主総会
(15-9)新宿ピカデリーはロードショー8日目以降しか株主優待が使えず不便だ。土日を除いて3日目くらいから使えてもいいのではないか?
→検討していきたい。
(中島)新宿ピカデリーは昨年25億円というシネコン最高の実績を出した。稼働率は43%と驚異的な数字です。土日の良い時間はほぼ満席で、来て頂いても満席では申し訳ない。今期もさらに稼働率を上げていくので、検討はするが難しいと思う。
(16-10)外国人や若手などの人材登用策について教えて欲しい
→(細田光人常務取締役 人事部門担当)多様な人財が生き生きと働く職場を作りたい、という考えで人事制度を作っている。経営状況に関わらず、毎年8〜10名の新卒をコンスタントに採用している。4つの部門に優秀な人材を配置できるよう配慮している。新卒で足りない部分については、中途採用や契約社員の採用で補っている。
海外展開への布石については、日本のマーケットは飽和と考えており、国内でのシェアを上げると同時に海外への発信も重要になる。日本の伝統文化を海外に広めるのも松竹の役目と考えている。新卒採用とは別枠で外国人も毎年面接をしており、0人の時もあれば複数採用する年もある。
(社長)重要な指摘だと思っている。本来なら広い世界で戦えるようにしていきたい。松竹のミッションの一つである、歌舞伎の世界公演にも力を入れていく。急にはできないが、9月にも採用を行ったり、留学制度を導入したりしている。国籍にはこだわらず広く採用していく。

この時点で11時35分となり、あと2名にして欲しいとの議長発言
(17-11)東劇に行ったら株主優待が使えなかった
→METライブビューイング(ニューヨークメトロポリタン劇場のオペラ上映)を上映していたと思う。
→(油谷)シネマ歌舞伎は松竹製作なので株主優待で見ることができる。METはメトロポリタンに権利があるので、松竹から働きかけてはいるものの、現状では3D上映同様株主優待では見ることができない。

株主優待でシネマ歌舞伎が見れるとは知りませんでした。シネマ歌舞伎も表示上は特別興行になっているので、株主優待は使えないと思っていました。
(18-12)(女性)シネマ歌舞伎は2ヵ月くらい同じ演目だ。歌舞伎にも多くの演目があるので、もっとシネマ歌舞伎にも力を入れて欲しい。
→(荒牧大四郎取締役 演劇開発企画部門担当)シネマ歌舞伎は5年前にスタートした。デジタル上映で臨場感ある舞台を楽しんでいただける。1年に1作品ずつ作ってきたが、昨年は要望も踏まえ4作品製作した。歌舞伎座さよなら公演も撮り溜めたので鋭意出していきたいが、宣伝も考えると年4作が上限と考えている。東劇だけでなく全国のMOVIXでも上映するようにしている。
(19-12)歌舞伎座さよなら公演のチケットが金券ショップで5万円くらいで売っていた。建て替え時には株主にも購入という形でチケットを用意して欲しい。
→(白井信彦常務取締役 演劇興行部門担当)歌舞伎座さよなら公演はチケットが取り難かったので、閉場式を行いチケットを一般販売した。オープン時の対応はまだ未定だが、ご意見も参考に検討していきたい。

5万円でも買いたい人がいるなら、松竹ももっと高い値段で販売してもいいのではないか?と感じます。舞台前方の席や花道に近い席など、人気のある席は、オークション方式で販売した方が高く販売できますし話題にもなると思います。金券ショップだけに儲けさせる必要はないと思います。今回の公演の一番良い席は○○万円の値が付いたexclamation×2などマスコミにも取り上げられると思います。その他の席は今まで通りの販売をすれば、歌舞伎ファンが見に行きにくくなるという問題も発生しません。収益性を高めるためにも、話題性を高めるためにもぜひ検討して欲しいですねひらめき


以上で質疑応答は打ち切りとなりました。
回答は各担当取締役中心に行い迫本淳一社長が補足する感じで、バランスの良い対応だと思います。「現状をご理解頂きたい」という回答も目立ちましたが、全体的には丁寧に回答していたと思います。まだ質問したい人はいたので打ち切りは残念ですが、だいたい12時前の終了を目安にしているようです。
株主優待制度の改善が図られるのか、注目していきたいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
松竹(9601)2010年株主総会
   役員全員で一礼して株主総会は終了となりました グッド(上向き矢印)


posted by Zaimax at 11:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック