2010年05月22日

スギホールディングス(7649)2010年株主総会レポート〜その2

2010年5月20日(木)10時から名古屋市中区の 中京大学文化市民会館(旧名古屋市民会館)オーロラホールで開催されたスギホールディングス(7649)の株主総会に行ってきました。
株主総会レポート〜その1に続いて、後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(5-3)チラシについて質問が出たが、チラシには今週の品が掲載されているが、店にチラシが置かれるのは水曜日くらいで、月・火曜日は何がお薦めなのか分からない。新聞を取っている人は年々減っているし、愛知県では(中日新聞)を取っている人にしかチラシが入らない。○○新聞は折込チラシに価値があると豪語している位だ。もっとチラシの使い方を工夫したほうがいい
→申し訳ないがどうしてもシェアが高い新聞中心のチラシ折込になってしまう。費用対効果を考えると地元有力紙が中心となる。店舗にもチラシ折込日にチラシを置いているので、ぜひ店舗に立ち寄ってほしい。

中日新聞がチラシにそんなに自信を持っているとは驚きました。きっと愛知県独自の現象なんでしょうが、中日新聞もなかなか侮れません(笑)岐阜県では中日新聞以外でもたくさんチラシが入ってきます。
(6-4)治験事業ののれん償却の内容、棚卸資産の低価法適用による特損について説明してほしい
→(岡本執行役)28期に治験事業を買収したが、その資産価値をのれんとして計上している。この治験事業の価値が低下しているので償却した。
低価法については、今までは値下げ分を含まなかったので、棚卸し資産の低価法採用により、その分在庫の評価が低くなり評価損を計上している。売価還元低価法という会計基準に則って計上している。
(低価法については、その場で聞いただけではあまり理解できませんでした)
(杉浦会長)その会社のお金に表せない価値がのれんとして計上される。テムリックという癌の薬を開発する会社を買収したが、売上より開発費用が先行するので12億円の赤字になり、計上したのれんは減損することになった。
当社もたくさんの在庫を持っているので、売価還元という小売業で一般的な方法を使ってきた。今までは売価還元原価法を採用してきたが、会計基準の変更により、売価還元低価法に変更になった。
スギホールディングス(7649)
   杉浦会長の補足説明は分かりやすかったですね グッド(上向き矢印)
(7-5)今期は減損も無くなり利益も改善するのか?
→中部を地盤とするスギがドラッグストアの中でも一番苦しかった。花粉症が軽度ですんだのも厳しかった一因です。中部の景気が一番厳しかったが、今期は足元回復していて関西も伸びている。調剤や家庭内医療には大手のドラッグストアは参入していない。治験事業も回復傾向で、今期は期待できる。
(8-5)プライベートブランド商品を千アイテムまで増やすという計画は順調なのか?
→(大田貴雄取締役商品本部長)現状844アイテムで色違いなどを含めた総数では937点ある。PB商品の売上がグループ全体では8.4%だが、スギ薬局では10%まで構成比が上がっている。今期はアイテム数では920アイテム、総数では1030程度まで増やし、 グループ全体でも構成比10%まで伸ばしたい。株主の皆様の声を活かしながらいい商品に育てていきたい。
(杉浦会長)PB商品は品質がよくて安いことが前提になる。ただPB商品を作ればいいというものではない。いい物を作っていきたいので、株主の皆様の提言をお願いしたい。

スギホールディングスは千という数字が好きなようですね。目標は1,000が多いですわーい(嬉しい顔)
(9-6)榊原常務がテレビで500店とか言っていたが、先ほどの説明と異なる。
→(榊原栄一常務取締役営業企画部担当)ピンクリボン運動の募金をした店舗が500店ということです。
(10-6)従業員数は何人か?先日お店に行ったら薬剤師がいなかった。一体何人いるのか?
→(塚田執行役)正社員3,924名、パートさんが3千名ほどです。
(杉浦会長)薬剤師は1,500人弱いて、調剤薬局の店舗数は500店ほどなのでたいてい1人はいる。
(11-6)下の介護用品を探しにスギ薬局に行ったが置いていなかった。いろいろ探してもらったのに無かったのに、アピタに行ったら置いてあった。スギにないとはどういうことか!
→(大田取締役)介護用品は重要な商品だと思っている。しかし店舗面積がすべての介護用品を置けるほど十分ではないので、お客様相談室経由で取り寄せて対応している。この対応を今後指導徹底していく。
(12-6)PB商品がSセレクトとか横文字で高齢者には分かりにくい。
→(大田取締役)Sセレクトの下に商品名も載せている。分かりにくいようであれば改善を検討していく。
(13-6)退任役員に退職慰労金を支払うそうだが、一番重要な金額が載っていないのはおかしい!
→(渡邊紀征取締役)退職慰労金については規定がある。まずは株主総会で支給することに承認をいただき、その後の取締役会で規定に基づき金額を決める。決してお手盛りではない。今までの業績に基づき規定の額から増減もしている。
(株主)会社の金を使い込むという不祥事も起こっているのに、退職金を支払うのはおかしい!取締役ばかりもらわずに、従業員への還元なども必要ではないか?
(杉浦会長)役員退職慰労金制度については時代に合わなくなっており、制度を廃止して各期の業績に応じた役員賞与に変更する。そのために今までの退職金を打切り支給する。一昨年の会社のお金を使い込んだ件については、大変申し訳ないと思っています。使い込んだお金はほとんどすべてが、悪質な商品取引会社に流れている。そのため商品取引会社を相手に現在係争中です。
(14-7)先ほどの杉浦会長の回答では、千店舗はできるのかできないのか分からないという感じだったが、千店舗を達成しようという意気込みはあるのか?1千店舗達成の次に2015年の1,500店舗という目標があると思うが、本当に達成する気があるのか?
→先ほどの回答では本当にやる気があるのか?と感じられた方も多いかもしれない。出店は数を出せばいいというものではなくて縁という部分もあり、たとえいい場所でも賃料などが合わないと出店はできない。
今期は90店の出店計画だが、来期以降は100店程度の出店を続けていく。すると2015年までには590店を出店することになる。現状はチャンスと捉えているので、目標を目指して出店を上積みしていきたい。
(回答に集中できずしっかり聞き取れませんでした。こんな感じだと思いますあせあせ(飛び散る汗)
スギホールディングス(7649)
この時点で11時19分で、あと2人にしますという議長発言
(15-8)流動負債その他の中身を教えてほしい
→(岡本執行役)経費などの未払金、ポイントなどの未払費用、源泉所得税などの預り金です。
(杉浦会長)細かいことは岡本さんに聞いてください(笑)
(16-9)出店についての質問が多いが、出店を増やすより1店舗当たりの売上を増やしていくことが大事ではないか?人口も減少していくし店舗を増やせばいいという問題ではない。店舗を増やせばそれだけ経費も必要になる。
→店舗数を増やしていく計画は危険な出店計画に思われるかもしれないが、アナリストからもよく指摘される。店舗網を拡大し売上規模が大きくても赤字ではしょうがない。出店と既存店の売上のバランスが大切。出店を止めれば出店経費がなくなるので、一時的に大きく利益も改善する。出店を続けるためには、採用費や教育費なども必要になり、出店当初は赤字になる。ただ、東名阪では病院ベッド数が足りないのに、高齢者は増えていく。住んでいる近くに店舗があることが重要と考え、地域医療への貢献のためにも出店を続けていく。
スギホールディングス(7649)
以上で質疑応答は終了となりました。
担当取締役・執行役も含めてバランスよく回答していますし、丁寧に答えていたと思います。ただ創業者である杉浦会長が回答する場面も多く、創業者らしく本音で答えている感じなので、人によってはいいかげんな回答だと感じる部分もあったかもしれません。M&Aなどは成立するかどうかは調印するまで分からない部分もあるので、成立すれば1千店舗が達成できるかもしれないし、成立しなければ815店ほどというのも確かにその通りです。本音でこのように答えるか、M&Aも含めて目標達成を目指します!と言うかは経営者の個性であったり、株主との力関係に左右されます。できなければ首だっexclamation×2と言われかねない雇われ経営者だと、リップサービスも含めて後者の回答になりますし、筆頭株主で経営トップという創業者だと、その人の個性次第でどちらの回答もあり得ます。どちらにしろ1年後に結果が出ることですから、私は変にリップサービスをするより、正直に回答していた杉浦会長に好感を感じましたが、これも感じ方は人それぞれなんでしょうね。
将来計画は出店数だけではないと思うので、その辺りの質問ももっと出ると良かったんですけどね。

続いて議案の審議に入りました。ここでも質問がありました。
第1号議案 取締役5名選任の件
(1-10)候補者の中に自社株を持っていない人もいる。1株も持っていなくて恥ずかしくないのかexclamation&question購入の予定をお聞きしたい。
→おっしゃる通りなので、インサイダー取引に注意しながら購入するように努力させます。(候補者に向かって)よろしいですか?(会場から笑い)はいと言っていますので、大量に買ってもらいましょう(爆笑)

とはいえ自社株を持っていないのは大学教授など社外取締役候補です。社外取締役に無理に株を買わせるのもどうかなと思います。社外取締役は社内取締役と比べると報酬も450万円と少ないですし、株主なのでチェックが甘くなり多少の不祥事には目をつむるとなっては元も子もありません。私の意見は、社内取締役にはしっかりと買ってほしいですが、社外取締役については自社株を買うより、しっかりと経営監視をして欲しいと思います。
(2-11)取締役を5名に絞った趣旨を教えてほしい
→定款上は取締役数が7名以下となっている。少数精鋭が基本的考えで、この方ならという5名を選んだ

その後議案は可決され、選任された取締役が1人ずつ紹介されました。取締役席にマイクがないので、前方の人にしか声が聞こえなかったと思います。取締役席にもマイクを用意して欲しいですし、せっかくの機会なので「よろしくお願いします」だけではなくて、取締役としての抱負など簡単に挨拶して欲しいですねひらめき
第3号議案 退任取締役に対する退職慰労金贈呈および役員退職慰労金制度廃止〜の件
(3-6)横領の問題も解決していないのに、退任させて退職金を払っていいのか?おかしくないか?
→大変な不祥事で申し訳ない。監査法人でも見抜けないような巧妙な方法だった。今では二度とこのような不祥事を起こさないような体制を築いてきたのでご理解いただきたい。(会場から大きな拍手)
暖かい声援の拍手と共に、がんばれよ!という激励と受け止めさせていただきます。
それではもう一度議案に賛成の方は拍手をお願いします(再度会場から大きな拍手)

なかなか株主総会の議事運営も手馴れたものですね。このあたりも創業者としての自信が感じられ、聞いていて面白いです。サラリーマン社長だとマニュアル通り、想定問答通りの進行で、退屈な株主総会もあります。良い悪いは別にして、創業社長の株主総会は聞き応えがあると思いますね手(チョキ)


以上で無事株主総会は終了となりました。
株主の皆様には本当に真剣にご討議いただき、まことにありがとうございました。(会場から大きな拍手)
株主総会が終わると同時に、株主は一斉に出口に殺到します。早くお土産をもらうためですねわーい(嬉しい顔)でも早く出たほうが確かに正解でした。ゆっくりと出たらお土産がなくなっていたのであせあせ(飛び散る汗)お陰でお土産の写真も掲載できませんでした。情報によれば芳香剤や歯ブラシウェットティッシュなどの詰め合わせのようです。私も急いで出口に殺到すればよかったわーい(嬉しい顔)来年はもっと出口に近い席にしようかな(笑)
スギホールディングス(7649)
営業報告の様子です。質疑応答の中にも出てきますが、今後は東名阪の都市部を中心に病院のベッド数が足りなくなり、在宅医療の需要が増えてくる。スギ薬局では在宅医療にも対応できるよう、東名阪にそれぞれ500店舗、合計1,500店舗を目標に出店を続けていく。高齢化というと地方の問題と思われがちだが、都市部のほうが老人数が多く、病院も不足していて今後在宅医療の需要が大きくなる。年間の死亡者数も現状の110万人から将来は1.5倍の160万人まで増加すると見込まれていて、今は約8割が病院で最後を迎えるが、今後は自宅で最後を迎える人も増えてくる。地域の医療関係者と連携した在宅医療も提供できる『地域医療対応型ドラッグストア』を目指していく
説明を聞いていたら、葬儀会社の会社説明会なのかと感じてきましたわーい(嬉しい顔)スギ薬局も将来性が期待できるのかもしれませんが、やはり葬儀業界も期待できそうですねぴかぴか(新しい)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ クリック応援よろしくお願いします ひらめきスギホールディングス(7649)
   全員整列して最後のご挨拶 グッド(上向き矢印)


posted by Zaimax at 23:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック