2010年04月04日

日本マクドナルドホールディングス(2702)2010年株主総会レポート〜その2

2010年3月25日(木)13時から東京丸の内の 東京国際フォーラム ホールAで開催された日本マクドナルドホールディングス(2702)の株主総会に行ってきました
株主総会レポート〜その2では、引き続き質疑応答の様子をレポートします。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(4-3)事業報告に「使用人」という言葉が載っているが、これは社員を軽蔑した言い方だ。「従業員」や「社員」とするべきだ。他社でも私が質問して変えさせた。
→(安田隆之取締役)取締役と対応する言葉として働いている人を「使用人」と定義している。法令上の問題がないか確認し今後対応を検討していく。
(原田社長)日本の古い慣習などで他にも今は使わないだろうなという言葉があり、違和感を感じている。経営陣・社員一体というのが理念なので、見直していく。

「使用人」という言葉が大昔の丁稚奉公などをイメージさせるのかもしれませんが、株主総会でわざわざ質問する内容なのかな?とも感じます。まあ見直しても何も問題はありませんからいいんですけどね。
(5-4)持ち株会社は資産を食い潰しながら配当しているので、配当に限界があり配当原資が枯渇するのではないか?それで株価も上がらない。
→(今村財務担当)配当原資はグループ会社のすべての利益となる。グループ全体を見て配当原資を確保していく。
(社長)株価低迷についてですが、厳しい環境の中で株価を維持できているのは、株主の皆様のお陰だと感謝している。配当原資が枯渇することはないので安心して欲しい。
(6-5)ジャスダックとヘラクレスが統合するが、東証は目指さないのか?
→(安田取締役)常に様々な検討をしているが、現時点では検討中であり移行する予定はない。
続いて第2会場からの質問となりました。
日本マクドナルド(2702)
 こんな感じでグッド(上向き矢印)第1会場にも映像が映し出されました 第2会場はホールCが使われていたようです
(7-6)株主還元として株の無償配布を考えて頂けないか?5年くらい持っている人には無償配布やその他の恩典を考えて欲しい。
→結論から言うと考えていない。ただ貴重なご意見として承っておく。

長期保有している株主には株主優待をプラスするというケースは考えられますが、長期保有している人にだけ無償増資というのは、株主平等の原則から言ってもあり得ないですね。最近株主になった人から不満が出るのは必至です。
(8-7)店舗433店閉鎖に伴い優秀な人材の流出や雇用不安は生じないのか?
→先ほどのプレゼンの中で説明を失念してしまいすみません。結論から言うとまったく心配ない。現状でも店舗の優秀な人材は不足している状況で、離職率を下げていくのが最大の課題です。閉鎖する店舗は小さなお店が多く、社員も掛持ちで担当しているところも多い。働いている社員ももっと大きな店でキャリアを磨いてもらうことになり、社員もやる気になっている。
(9-8)よく店でトラブルがある。ドリンクのサイズ違いやお替りをお願いしたらキャラメルラテだからお替りできないと言われた。当然フリーダイヤルにも苦情の電話をしたが納得いく答えがない。担当者はクレームを言う人の立場にたって対応しているのか。
→もちろん問題があれば対処するが、我々のコールセンターはリカバリー率(クレームで電話をかけてきた人が対応に満足し、ロイヤルカスタマーになる割合)が95%を超えていてかなり高いと思っているが、不十分な点があれば改善していく。
(10-9)業績は最高益更新で原田社長の手腕は評価するが、株主還元や株主価値は全然上がっていない。内部留保も増えているのでもっと還元して欲しい。原田社長はよくテレビに出てニコニコしているが、株主もニコニコさせてほしい(会場から拍手)
→テレビで難しい顔はできないので(笑)ご理解頂きたい。株主還元は重要だと考えており、今日はこのような質問が出ると確信していた。社長就任以降、今までは立て直しを中心に取り組んできた。継続して投資を行い成長に繋げていくためには、内部留保も必要になる。配当・株主優待とも安定して提供しており、この厳しい環境下でも株価は善戦していると思う。ぜひ他社の株価とも比較して、マックの株主還元の内容をご理解いただきたい。これからまさに回復から成長へ移っていく時期であり、株主の皆様には継続的な支援をお願いしたい。
日本マクドナルド(2702)
(11-10)千店舗ほどの閉鎖を行うが、除却損の引当が必要ではないか?
→433店の閉鎖分120億円は今期の業績に計上済。大家との交渉で閉鎖時期が来年にずれ込んでも費用は今年に計上する。633店に関しては一気に閉鎖ではなく、新店との入替えが中心で順次実施する。新店はより条件のいい店になるので、費用はトータルで吸収できる。
(今村財務担当)引当金の計上については、重要な後発事象に載せている。監査法人とも連携して適切に計上している。
(12-11)株主優待券の偽造が報道されたが、再発防止策はどうなっているか?
→(安田取締役)2つの対策を取っている。株主優待券への対策、店舗での対策ときちんと手を打っているので安心してほしい。偽造対策の中身を公表すると、偽造対策にならないのでご了承頂きたい。
(13-12)株主総会の重要な目的の1つに取締役の選任があるが、召集通知を見ても取締役の任期や定足数が分からない。もう少し分かりやすい召集通知にしてほしい
→(佐藤取締役)定款では取締役の上限は10名ですが、現在は7名です。取締役の任期は2年で、全員来年の株主総会までです。

この時点で14時39分で、議長から「かなり時間も経ったので、あと3人にしたい」との提案あり
(14-13)DS上で開発したeスマート(マックのクルー教育システム)にとても興味がある。どの位コストがかかり、どこで開発したのかなど教えてほしい。外販する考えはあるか?体験してみたいので送ってもらえないか?あるいは体験コーナーを作ってほしい。
→正確な数値は手元にないが、1億円は超えていないと思う。開発にそれほど膨大なコストはかかっていない。社内ではeマーケティンググループが担当し、開発は外部に委託した。マクドナルド独自のノウハウなので外販はしない。体験コーナーを作ることが皆さんのお役に立てるのかどうかわからないが、貴重なご意見とさせて頂く。クルーに応募すれば体験できます(笑)
(15-14)(女性で質問者はいないか呼びかけ)女性ということで手を挙げてみた(笑)私は毎日のようにマックに通っているが、時々コーヒーの味が違う。入れ方など色々あるのかもしれないが、美味しいコーヒーを飲みたい。
→6年間おいしいものを提供することに徹底して取り組んできたが、100点を取れていないことは自覚している。クルーの離職率を下げることが重要で、業界No1の離職率を実現している。しかしクルーの入れ替えもあり新人が担当することもある。今後も教育やホールディングタイムの遵守に徹底して取り組んでいく。業界No1のQSCだと思っているが、100点ではないことは自覚している。ただ、ビックアメリカが大ヒットしたにも関わらず、お店の品質評価は過去最高を更新している。100点を目指してこれからもがんばっていく。

ずっと手を挙げていた女性の方もいましたが、なかなか議長に気付いてもらえないようでした。
(16-15)昨年も申し上げたが、社長は株価は市場が決めるものだというが、公募で集めた資金で今の好業績を実現できていると思う。安定配当を強調しているが、このままの状況が続けば私の生きているうちに投資額(公募価格4,300円?)は回収できない(パラパラと数人拍手)
昨年も申し上げたが、この公募価格には非常に疑惑があるが、残念ながら私には捜査権がない。せめて長期保有者には半分くらいになるようなインセンティブを与えて欲しいと言ったら、なんとか考えましょうということだったが、先ほどはやらないと回答した。長期保有者で投資金額が回収できない人には何か手当てしないと、これからもファンでいることは難しい。アメリカでは長期保有者にインセンティブを与えている。いくら業績がよくても市場は一向に反応しない。昨年約束したとおりインセンティブを何とかして欲しい(パラパラと拍手)
→株主還元は、配当・株主優待などを含めて包括的に考える必要がある。長期保有株主にはどうすればいいか、安定株主や機関投資家を増やすにはどういった還元を行えばいいか、など包括的に検討しているつもりです。貴重なご意見として今後の検討の中でも認識していきます。
私は経営というものは今日から明日に向かって株主価値をどうやって上げていくか?ということだと考えているので、株価については言及する立場にはない。株主の皆様により大きな還元ができるよう、今日から明日に向かっての継続的な成長をお約束したい。業績が株価に反映していないというのは間違いだと思う。市場が低迷する中で、株価を維持できているのはアナリストの方々の評価のお陰だと思っている。
ただいまのご意見は強く意識して経営課題としていきたい。

以上で質疑は終わり、議案の審議に移りたいと思いますが、ご異議はございませんでしょうか?(会場から拍手) との議長の発言で、56分間の質疑応答は終了となりました。
続いて採決に移りましたが、議案は1件だけなので無事可決し株主総会は終了となりました。
日本マクドナルド(2702)


質問には担当取締役などもバランスよく答えていてとてもいいと思いますが、まだまだ質問したい人はたくさんいたので、もう少し質問を受け付けてもいいのではないかと思います。多くの株主が集まる株主総会では、質疑応答の時間を1時間以上設けている会社も多くあるので、56分というのはちょっと短いかなと感じます。質問したい人の1/4程度しか指名されていないのではないでしょうか?
一方質問内容は毎年同じことの繰り返しだったり、他にも質問したい人がたくさんいるのに、わざわざ株主総会で質問する必要があるのか?と疑問に感じる内容も目立ちます。IR窓口に聞いたり指摘すれば済むような内容もありました。
会社側としても、もう9回目の株主総会なんですから、よくある質問に対しては事業報告の中などで考え方を詳しく説明し、質疑応答ではそれ以外の質問をお願いするという対応も必要だと思います。
質問を聞いていて自分さえ良ければいいというような発言も目に付き、株主の品格というか無責任さも感じましたね。この点については後ほど詳しく書いてみたいと思います。
それに対して原田社長は、他社の株価が低迷するなかマクドナルドの株価が横ばいなのは健闘しているという回答でした。では実際に相対的な株価はどうなのかexclamation&questionを比較したのが下記のチャートです。
日本マクドナルドホールディングス(2702)
過去5年間の株価推移を、日経平均、ジャスダック平均と比較しています
原田社長就任後の6年で比較してみると、上記グラフより日経平均との乖離はさらに大きくなり、概算ですが日経平均は93%程度なのに対し、マックの株価は78%と日経平均を大きく下回っています。
確かに株価の変動は小さいかもしれませんが、他社より上回っているというのは一概に言えないと思います。ジャスダックに上場しているものの、会社の規模からすると日経平均と比べるのが適当だと思います。
株価が安定しているのはアナリストに高く評価してもらったお陰と強調していて、個人投資家より機関投資家を重視しているようにも感じました。大口の機関投資家を相手にした方が効率はいいかもしれませんが、個人を相手に商売している会社ですから、もっと個人株主を重視してもいいのにな〜と感じましたね。


全般的には原田社長のプレゼンテーションやお土産も含めて、いい株主総会だと感じましたが、質疑応答についてはもう少し改善の余地があると感じました。来年はさらに良い株主総会になるといいですねわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
日本マクドナルドホールディングス(2702)
さて、最後に公募に応募してずっと持っている株主には、損失補てんしろというような要求ですが、おかしな話だと思います。公募価格に疑問がある、高すぎると指摘していましたが、疑問があるなら公募に応募しなければいいと思います。
2001年7月の公募価格は4,300円ですが、初値は4,700円で高値は5,080円まであります。利益を確定する機会は十分にありました。さらに2001年度のEPSは81円程度なので、公募価格のPERは53倍とかなり割高です。人気銘柄のIPOかもしれませんが、ちょっと公募価格が割高だと感じますね。このくらいのことは応募する前にも分かることなので、割高ということは十分に認識した上で、それでも人気化すると思って公募に応募したのだと思います。自らの判断で応募し当選したのに、株価が下がったら会社に補填しろというのは無茶苦茶な要求だと思います。公募当時の人気度は分かりませんが、けっこう人気があって自分にたくさん割当てるよう要求した人も多かったのでは?とも感じます。それに株価が下がったと言っても、半分程度に下がったにすぎません。新興市場ではIPO後1/10になった会社もたくさんあり、倒産してしまった会社もたくさんあります。毎年配当と株主優待を行い、割高な公募価格に対して半値程度の下落なら、確かに健闘しているともいえます。
早めに売却すれば損失も少なかったのに、ずっと持ち続けた結果損失が膨らみ、毎年のように株主総会に来て損失を補填しろ!と文句を言っているのでは、本人にとっても、会社にとっても、聞かされるその他の株主にとっても不幸なことです。公募に応募する、この会社の株を買うという判断をした自分のミスを認めず、他人のせいにしているような人は、投資には向いていないと思います。早めに損切りして身軽になったほうが精神面でもいいのではないかと感じます。
こういった考え方には反感を持つ人もいると思いますが、同じ状況を会社や社長に当てはめてみると、おかしな主張をしていることがよく分かると思います。
業績が悪くなったのを外部環境や競合他社のせいにして、自分は何も悪くない、最大限努力していると言い訳するだけでまったく反省もせず、高給を取りながら社長の椅子に居座り続ける経営者がいたらどう感じるでしょうか?私ならそんな社長には早く交代して欲しいし、居座り続けることを許すような会社には投資したくないと思います。(最近どこかで聞いたような気もしますがあせあせ(飛び散る汗)
(マックもそうですが)どんな環境下でも業績を伸ばしている会社はありますし、そういった会社を目指すのが経営陣の務めだと思います。
自分の判断ミスを認めず会社側に補填を求めるのは、この経営者と同じようなものです。なかなか利益につながらないなら自分の投資方法を反省して見直してみる、期待できそうにない銘柄は損切りして、もっと期待できる銘柄に資金を移すなどの対処が必要だと思います。
そうは頭では分かっていてもなかなか実行できないのが人間であり、多くの人はこの感情の罠に絡め取られてしまうんですけどね。行動経済学やプロスペクト理論の本を読むことをお薦めします
公募価格に戻るには、EPSが200円くらいにはならないと難しそうですね。


posted by Zaimax at 17:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

2010株主総会 日本マクドナルドホールディン...
Excerpt:  ※トラックバック歓迎※ 今年もマクドナルドは東京国際フォーラムAホール、5012席がほぼ満席でCホールまで使う大盛況だったよ 消費低迷な中で過去最高益ね。 マクドナル...
Weblog: ピンポイントplus
Tracked: 2010-07-17 14:22