2010年01月02日

2009年9月 最初の腹痛

今から思えばかなり前から、脂っこいものを食べると少し気分が悪くなったり、食べ過ぎるとお腹が痛くなる時があるなど、体からのサインは出ていたんでしょうが、胆石だとは思わず腹痛なんて寝てれば治るとずっと思っていました。
ところが色々な用事で5泊6日で東京に滞在していた2009年9月4日(金)夜にそれほど食べてもいないのに、夜中に最初の腹痛が起きました。翌日からのマジック大会を見るため、代々木のオリンピックセンターに宿泊していましたが、夜半にお腹が痛くなり困ったな〜と感じました。痛み自体は鈍い痛みでそれほどひどくもなかったのでよかったんですが、東京でお腹が痛くなり困ったものです。
それでもまだこの時には、寝てれば治るだろうと軽く考えていました。実際明け方には痛みも治まったので、今回も問題ないな〜と感じていました。

ところが6日(日)の昼ごはんを食べて1〜2時間したころからまたお腹が痛くなってきました。どうしてまた痛くなるんだろう?と不思議に感じました。今までこんな短期間に腹痛が続いたことはなかったので、ちょっとおかしいなと感じました。2時間ほど横になっていて少し回復したので、またマジック大会を楽しみましたが、その日の夜中からまた痛みがぶり返してきました。
今回の痛みはけっこう痛くて、じっと寝ていられない感じでした。オリンピックセンターのベッドの上でごろごろ転がりながら朝まで痛みに耐えていました。ここ3日ほど断続的に痛みが続き、今夜の痛みは今まで以上に痛いので、さすがに今回の腹痛はおかしいな〜と感じました。明け方になっても痛みがひかないので、東京だけど朝になったら病院に行こうかな、それとも新幹線で名古屋まで帰ろうかなと考えたくらいでした。


朝7時前くらいになり、やっと痛みが治まってきてほっとしたのを覚えています。今回も東京へは青春18切符で7時間ほどかけて来ていたので、帰りももちろん18切符の予定でしたが、どうしようかな〜と迷いました。腹痛は治まってしまうとまったく痛くないので、とりあえず行ける所までいってみよう!と18切符で帰ってきました。
今から考えると、少し大きめの胆石が胆のうから流れ出したんだと思います。胆管の中でひっかかりなかなか出てこないので、痛みも大きく時間も長く掛かったんでしょうね。当時は胆石なんて夢にも思っていませんでしたがわーい(嬉しい顔)
午後名古屋に帰り着き、翌日の9月8日(火)午後に近くの病院に行きました。今から考えると病院に行って良かったな〜と思います。今までなら腹痛や風邪くらいでは病院には行かなかったですからね。

病院に行った時点では症状はまったくなかったので、すぐには原因が分かりませんでしたが、とりあえず血液検査をして内臓部のCTを撮りました。翌日また病院に行くと血液検査の結果が出ていて、肝機能の値が異常に高い数値になっていました。CTの写真でも胆のうが膨らんでいて、胆のうか肝臓に異常があるのではという診断でした。肝機能を改善させる点滴や薬をもらい数値の変化を見ることになりました。念のため肝炎の検査も追加で行ないましたが、翌日問題ないことが分かりました。肝臓には問題なさそうということと、胆のうに炎症がありそうな感じだったので、翌日超音波検査を行なうことになりました。
翌日は朝から何も食べずに病院に行き、超音波検査を受けました。
その結果胆のうの中に影が写っていて、胆石があることが分かりました。影の様子から7個ほどあるんじゃないかということでした。

胆石は3F(Fat?太っている人、Female女性、Forty40代以上)の人におこりやすいそうなので、私は該当しないんですが(笑)なぜか胆石になってしまいました。それにしても単なる腹痛だと今までは思っていましたが、胆石とは意外でした。脂っこいものもそんなに食べていなかったんですけどね。それにしても血液検査をすると色々なことが分かるものですねるんるん

胆石は見つかったものの8回ほど通院して肝機能の数値も落ち着いたので、様子を見ることになりました。
胆石はふだんは自覚症状もまったくないのでなかなか気付きませんが、今回は本当に病院に行って良かったと思います。
胆石は落ち着いてしまうと痛みもないので、この時は胆石はたいしたことないな〜と甘く考えていましたが、3ヵ月後の12月にまた再発することになります。


 2009年12月 師走に入りまた痛みが再発exclamation×2

 胆石手術体験記トップへ


posted by Zaimax at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック