2009年04月19日

サガミチェーン(9900)2009年株主総会レポート 参加報告〜その2

4月16日(木)10時から開催されたサガミチェーンの株主総会に行ってきました♪
お土産や質疑応答を中心に株主総会の様子をレポートします。


サガミチェーン(9900)2009年株主総会レポート 参加報告〜その1 の続きです。

株主総会レポート〜その1では、毎年よく質問される4件について回答がありました。そしていよいよ盛り上がるexclamation&question会場からの一般質問です。番号はその1からの連番になっています。
質問は簡潔にexclamation×2と言われていましたが、長々とまとまりのない質問をしていた人も何人かいました。高齢化が進むとさらにこの傾向が深まるんでしょうかねぇもうやだ〜(悲しい顔)

質疑応答
(5)業績次第だとは思うが、配当はいつ頃から復配予定なのか
→いろんな回答の仕方があるが、今期も業績は非常に厳しいと考えており、会社四季報でも赤字見通しになっている。あの数字は最も悪い条件の場合と考えており、3〜5月そして来年の1月までどのように消費転換が進むか分からないが、(消費は)過去最悪の状態だと真摯に受け止めている。今期の配当については、社内では未定とするか0にするかなど色々な議論があったが、この業績を真摯に受け止め0で発表した。上ブレするかどうかは分からない。
(6)中間配0、期末も無配ということで株価が下がっているが、社長は株価をチェックしているのか?
(質問が長くて意図がよく分かりませんでしたが、無配になって株価が下がって社長はどう考えているのかexclamation×2ということだと思います)
→昨年の9月に中間配の見送りを発表し、1,100円→820円まで下がったが1,000円まで戻った。今回無配を発表し850円くらいまで下がったが、950円くらいまで戻し今朝は936円です。株価の下がり方としては、いい悪いは別としてそんなに大きくは下げていないとは思っている。もちろん株主さんからすると、損失になっているうえ配当も来ないということで良くないと思うが、株価があまり下がらなかった背景には財務内容の良さ、自己資本比率は72%、名古屋の会社なので無借金という所が評価されていると思う。ただ配当をお支払いできないことに対しては役員一同本当に責任を感じている。今期一生懸命やっているが、発表は0にしよう、あやふやな未定というのは止めようと判断した。9月には新たな中期計画が出てくるので、その時点で数字が出てくる。今は最低線の数字を発表しようということで今期の会社予想を作成した。余分な恣意性などは排除して作成し、とにかく精一杯やって行きますのでよろしくお願いします。(消費回復など希望的観測に基づいて計画を作っていない、最低線の必達目標という位置づけのようです)
(7)松葉公園の店は、ライバル店や丸亀製麺の出店で客が減っているのでは?
→(小塚専務より)ご心配をお掛けし申し訳ありません。丸亀製麺出店時にはランチ帯で3〜4%の売上減があった。夜の時間帯の来客数減を心配されているようですが、これは丸亀製麺の影響というより国内消費低迷の影響と判断している。低価格帯については「あいそ家」の展開で対応して行く考えで、丸亀とサガミ間で価格競争をしていくことは考えていない。あいそ家については1月2月3月と3店計画通りにサガミから転換し、お客さまの支持を頂きサガミ時の売上より120%以上の推移をしている。

なぜかここで大きな拍手exclamation×2ものすごく違和感を感じますね。それはさておき、私としては丸亀製麺とサガミというより、同じセルフうどん業態の「どんどん庵」の対抗策を聞きたかったですね。東海3県でも丸亀製麺がどんどん増えているのであせあせ(飛び散る汗)

丸亀製麺を展開しているトリドールの会社説明会の様子はこちら

(8)努力しているのは分かるが株主としては成果も見せて欲しい。具体的な取組みを聞かせて欲しい
→前期の上期はガスなど原材料の値上げ、下期はリーマンショックなど厳しい状況が続いた。その中で徹底的なコスト削減に取り組んだ。出張の禁止、お店の新聞も2部までなどお客様の迷惑にならない範囲で徹底的にコスト削減した。その結果4.02億円の販管費減となり、経常利益はプラスになった。今期は足元が見えないのでさらにコスト削減を徹底する。店舗閉鎖による経費減5.3億、ガス料金の減1.64億、組合との調整も必要だが賞与減0.63億、家賃の見直し0.67億など13.53億円の販管費減を行う。足元売上の伸びが見込めないと考えているので、徹底的にコストを削減し利益を出して株主の期待に応えたい。格付機関からもBBB-の評価をもらっており、無駄な設備投資、過大な投資は行わない。9月には前年比での悪化も一巡すると思うので、3ヵ年の中期計画も作っていく。配当など課題はたくさんあり内容は今後検討していくが、株主の皆さんに安心してもらえるような内容にしたい。足元の見えない今計画を作ってもすぐに修正が必要になってしまうので、9月を目標に作っていく。

サガミチェーン株主総会

気になった株式の購入は、手数料もお得なSBI証券がお薦め


(9)株主総会は株主との出会いの場でもあるのに、役員の名前も表示されていない。業績が悪いのに役員報酬は平均800万円で下げる考えはないのか
→他社は業績悪化で役員報酬削減の発表が多くあるが、サガミチェーンは毎年役員報酬を下げていて、10年前の45%が現状です。これ以上下げるのはどうかとも思うが、株主総会後に取締役会が開かれまた議論されると思う。
東証1部企業の役員なんですから平均800万円というのは安いんじゃないかなと思います。報酬の削減より業績の回復に力を注いで欲しいですね

(10)どんどん庵は平均9万円/日の売上だが利益は出ているのか?うどん以外にそば等も扱っているのか
→そばやきしめんも提供している。売上9万というのは悪い店舗で、普通20万円近い売上があり、月商400〜500万円程度で利益が出ている子会社です。フランチャイズについてはロイヤリティなどだけを売上計上しているので、どんどん庵全体の売上を平均すると9万になるのだと思う。
(11)サガミは量が少なく若い人には物足りないのでは?大盛りなどの対応はしないのか
→(営業担当の大西取締役)そばの大盛りは行っている。ご飯についても大盛り無料サービスを行っている。また現在数店舗で、月末にざる蕎麦の食べ放題もパイロット的に行っている。
(12)サガミの蕎麦は細くて堅いが、今はやわらかい蕎麦が人気なのでは?品質を見直す必要がある。
→(大西取締役)中京地区では今年そばの配合を1割高めて6割にした。今まで以上に風味のある蕎麦になっていると思う。夏と冬でも蕎麦の太さを変えていて、これからは喉越しのよい太さにしている。
(13)サガミはほとんどが千円以上で全般的に高い。外食の原点は美味しいものをお値打ちに提供していくことだと思う。平日はメニューを絞って価格を下げるなど工夫が必要ではないか
→(大西取締役)今年2月からお子様を対象に金土日は半額セールを行っている。4月に大型の催事を行ったがその中でも価格の見直しなどを行った。これからの夏メニュー、冬メニューでも株主様の指摘の様に、ランチタイムのピッチを1分2分縮めるためにはどうすればいいか検討しており、メニュー絞込みも検討している。
(社長から)客単価が千円以下のあいそ家は、美味しくてお値打ちということでよく売れていて、サガミの120〜130%の来客がある。サガミからの転換を進めながら全国展開しているので期待して欲しい。
(14)行きつけのお店は株主優待券の期限が過ぎると使えないが、ちょっと離れた店は使える。どうなっているのか
→株主優待は業態によっては使えないお店もある。期限については会計上のルールもあり、期限までに使って欲しい。期限が長くなると商品券などの扱いになり会計上異なってくるので、期限内に使って欲しい。ただサガミは株主を大切にする会社なので、現場の判断に任せているが、少々期限が過ぎてもお店で断わることはないと思う。
(この質問での株主と社長のやり取りはかなり面白くて会場も受けていました。いろいろ問題もあり細かくは書けませんが)
(15)株主優待は今後も続けるのか
→先ほど説明した様に今後も現状通り続けて行く

 FXの次にはCFDブームが来るかも!CFD取引ならひまわり証券でぴかぴか(新しい)




(16)株主総会の進行上必要なのかもしれないが、社員株主が多過ぎるのではないか。
→例年と同じだと思う。どれ位いるのかは分からないが、社員株主は休みを取って参加している。開かれた総会を目指している。今年から質問方法を見直し会場内にマイクを4本用意して質問する形にした。他社がそうしていることと、今までの方法だと掛けあい漫才みたいになってしまうためです。マイク係は2人にした
(17)中国のサガミや高級業態のさがみ庭は不況下では厳しいと思う。榊原さんや小塚専務が担当している部門(あいそ家だと思う)が今後主力になって行くと思うが、どう考えているのか
→上海サガミは好調です。前年比120%位だったが、リーマンショック後は少し落ち着き100%程度になっているが、5店舗ほどで経常黒字を出している。日本は人口が減っていくが中国は有望だと考えていて、もう1・2店舗出して行きたい。日本と同じサービスでやっていきたい。
静岡のさがみ庭は閉店したが、店舗を貸して家賃収入を得ている。さがみ庭は1店だけパイロット的に残している。
(18)名証IRで小塚専務と話をしたがまさか無配になるとは思わなかった。確約ではないが去年も一昨年も株主総会で安定配当15円を続けると言っていたのに、役員が頭を下げ、今年は無配ですで終わりでは納得できない。真摯なる回答をお願いしたい。
→IRでは将来のことは言わない様にしている。外食産業は5月以降の諸物価の上昇とリーマンショック、株価の下落で業績に大きな影響を受けた。ここで無理に配当をすると、将来の株主の利益を損ねることになると判断し無配とした。株主優待については楽しみにしている株主も多いので予定通り実施している。早く復配できるようにがんばる。
(19)役員報酬800万円も毎年下げているからでは納得できない。下げるのが当り前だ。経営の責任は絶対に役員にある。
→役員報酬はかなり少なくなっていると思っている。昨年と比べても総額で1,800万下げている。他社の様に一時的なカットではないが、毎年下げてここまで来ているのでご了承頂きたい。
環境変化に対応できず業績悪化を招いたのは社長としてたいへん申し訳なく思っている。
(20)眞鍋社長は責任を取っての退任なのか
→そうではなく2年前から考えていた。2年前から40代50代60代前半の若手役員に変えて、後継者を育てて準備をしてきた。役員の人数も少しづつ減らして若手中心のメンバーにする構想の一環です。


(21)あいそ家の榊原マネージャーを尊敬している(大人気ですね!どんな人なんでしょう?)オーバージョイはメタボが問題になるような時代に逆行していると思う。客層を広げたいという意図は分かるが、今後伸びる要素はあるのか?
→(小塚専務より)高齢のお客様が多いさがみ庭では畜肉の比率が高い。若い頃に美味しい肉が食べられなかった方も多く、肉の売上比率は高い。スーパーなどでも豚肉や鶏肉などが伸びている。オーバージョイでは国産の豚肉と牛肉に拘りハンバーグを作っている。宮崎県のチキンも取り入れている。お客様のご意見でサラダバーも充実させている。一昨年は名古屋地区のハンバーグチェーンが高い利益率を上げていて、これを勉強させて頂き出店した。今後については先ほど説明した通りです。質問(1)参照
「さがみ庭」については御器所にパイロット店を1店残しているが、技術や衛生面でサガミにいい刺激を与えてくれているし、単価が高いので宴会需要の取り込み方などサガミのメンバーにいい影響を与えていると考えている。
(22)ボンパナで優待券を使える様にして欲しい
→今日のお土産はボンパナのパンですが、議決権行使書を9枚位持っている人もいるので、保存方法なども中に入れてあります(そんなに持っている人がいるんですね!持って帰るだけでも大変ですね)
ボンパナはまだ2店しかなく、優待券の使用は不可にしている。将来お店がもっと増えれば優待券の使用も検討していきたい。たぶん使える様になると思うので、現状ではボンパナでは控えて欲しい。どんどん庵では優待券が使えると思う。
(23)サガミで蕎麦と寿司が食べられる店ができて嬉しい
→寿司については中京地区では今年度9店舗で取り組んでいる。寿司を取り扱わない店との原価などの比較を行っている。現状では売上が伸びるなどお客様から評価頂いていると感じている。
(24)これから客が減ることも考えられるが、客の少ない時間帯に店で蕎麦打ち道場ができないか
→先月小松店で蕎麦打ち場を前面に出す改装を行った。お客様からは本当に店で蕎麦を打っているんだねという声もあり、まだまだ店で蕎麦を打っていることが認知されていない。ご指摘頂いた蕎麦打ち道場をどのように取り入れるか、例えば時代が底抜けした時には定休日もありえるかもしれない。定休日に行うなど社内では色々と検討している所です。まずはサガミの営業力を上げることが最優先ですが、ご意見も参考にさせて頂きます。
(社長から)蕎麦道場は何度も話が出てきたが、立ち消えになっている。

面白いアイデアだと思いますが、なぜ立ち消えになっているんでしょうね。平日の午後などお客さんも少ないでしょうし、まずは1店でやってみたらいいと思います。検討しているより実際にやってみた方が課題などもはっきりすると思います。蕎麦打ち道場を行うことで、サガミの蕎麦の良さが伝わったり、サガミのファンが増えるなどいい効果が期待できそうに感じますね

(25)サガミで法事を行ったが送迎バスがない。木曽路はある。今後さらに外で法事を行う流れになると思うので、検討して欲しい
→昔はサガミでも送迎バスを持って法事などの対応を行っていたが、席数が110程度の店では他のお客さんが入れなくなってしまい採算が合わなかった。今後は検討していきたいが現状はやっていません。
(26)蕎麦湯が出ない店がある。その他は接客も良く価格もそこそこでなぜ売上が伸びないのか不思議だ。
→(大西取締役)社内では蕎麦にこだわり蕎麦湯も出すように指導しているが、徹底できていない。今後さらに徹底していく。先ほど送迎バスについては、一部店舗でパイロット的に送迎バスを用意することで宴会需要が取り込めないか試行している。

 気になった株式の購入は、10万円以下手数料無料の松井証券で!




(27)ここ数年減損損失が多いが、今期はどの程度見込んでいるのか
→2期連続で経常赤字になると強制的に減損会計の適用となり非常に厳しい。売上が落ちる局面ではすぐに減損の計上となってしまう。外食はどこでも同じだが厳しい条件です。今期は減損損失を1.77億円、固定資産除却損を含めて2.55億円を見ている。前期は16店の店舗閉鎖をしており今期の売上は減収となるが、経費削減を計画しており減収増益を見込んでいる。
(28)前期は大幅な下方修正となったが、詳しく説明して欲しい
→経常利益の段階では、想定していなかった持分法投資損失が8千万円発生し、これがなければ中間期に発表した数字を達成できたと思う。純利益では有価証券評価損2.3億円の影響が大きい。現状は日経平均が9千円前後だが、決算時点では8千円ほどだった。
(29)対処すべき課題についてもっと詳しく説明して欲しい
→重点課題は営業店の活性化、経費節減、機動的な販売促進、あいそ家への業態転換、普及タイプサガミの推進です。
経費節減については昨年から取組み、効果が出てきている。客単価千円以下のあいそ家への転換はすでに3店舗転換しており、客数も120〜130%と伸びている。2Q以降も予算通りに順次転換して行きたい。転換に伴い客数は伸びていくと期待している。

サガミチェーン株主総会
その頃会場外ではお土産の準備が着々と進んでいましたわーい(嬉しい顔)

(30)あいそ家天道店を利用しているが店長が変わって雰囲気が変わったと思う。優秀なパートを正社員に登用するなど、店長が変わっても店の雰囲気やサービスが変わらない様な対応が必要ではないか
→女性の店長も2〜3人いる。
(大西取締役)榊原マネージャーの努力とお店の方々の協力で、あいそ家への業態転換が順調に進んでいる。3店を転換したが榊原マネージャーは3店を飛び回ってもらっている。天道店は副店長を昇格させたが、榊原マネージャーのお店の雰囲気を出せるよう努力して行く。
サガミの接客については新たな取組みとして、覆面調査を行って顧客視点の調査を行っていく。

ここで残り2〜3問にしたいとの議長発言
(31)特損がたくさん出ているが内訳は?
→銀行株を中心とした持ち合い株の評価損が2.35億発生した。1月末は株価が低かったので強制低価の対象となり特損の計上が必要になった。他に9月以降店舗売上が減少したので、減損損失の計上も必要になった。有証評価損は株価が上がれば含み益になるし、一過性のものでお金が出ていくものでもないので安心して欲しい。
(32)以前注文した時に商品がぬるかった。商品提供までの時間をどのように管理しているのか。店員の人達の基本動作が乱れている様に感じる。
→(大西取締役)申し訳ございません。お客様の数が減った頃から緊張感に欠けたというわけではないですが、少し動きが鈍くなった面もあると思う。料理の提供時間などは調理部で作成している料理レシピで決められているが、ピーク時などは少し遅れが出ている。特にランチ時の料理提供を2分ほど縮められないか検討を進めており、期待に応えていきたい。

最後の質問にしたいと議長より発言
(33)色んな質問に丁寧・実直に答えていると思うが、そろそろ時間ではないかと思う。そろそろ決議に進んで欲しい(ここで盛大な拍手)
→決議打ち切り動議がでたので議案の審議に入りたいが宜しいでしょうか。
さらに盛大な拍手と異議なし!の声
最後の質問?はやらせなんでしょうか。最後くらいこれはっ!と思うような質問で締めくくって欲しかったんですが、最後の質問者と言われているのに、その質問が質疑を打ち切って欲しいと言う意見とは悲しくなってきます。こんな株主総会はここ数年経験していないですね。
せっかく質問時間も長く取り丁寧に答えているのに、社員株主の拍手や決議打ち切り動議などで雰囲気台無しです。経営陣はもっと自信を持って株主総会を運営して欲しいですね。
新社長には今までの慣習を打ち破るような株主総会をぜひ期待したいと思います。

そして決議事項に移りましたが、議案毎に下記のようなやり取りでとても質問できるような雰囲気ではありません。
 議長 本議案のご審議をお願いしたいと思います。本議案はいかがでしょうか?
 社員株主 賛成!と拍手の大合唱
 議長 どうもありがとうございました。原案通り可決されました(再度大きな拍手)


まったく審議をしようという意思を感じません。株主総会の運営を見ていると旧態依然とした会社で大丈夫かなと心配になります。社員株主の行動を抑えて、もう少し審議を尽くすようにすればいい株主総会になると感じるだけに残念ですね。来年の株主総会がどのように変わるのか楽しみにしています。

第2号議案 取締役8名選任の件では盛大な拍手の中、質問者がいました。さすがですね!
(1)持ち株数が2千株程度の取締役候補がいるが、愛社精神が足りないのではないか
→役員になってから買い増す人もいますし、株数が責任感に比例するわけではない。役員持ち株会でも買っていますし、持ち株数に関わらず会社のために尽くすことは間違いない。
(2)2千株程度では責任を感じにくいと思う。1万株くらいは持って欲しい。来年の株主総会を楽しみにしている。持ち株数が変わらないようであれば、取締役選任できない。
→上場して20年になるので、上場を経験していない若い役員が増えて持ち株数が少なくなっている。役員持ち株会で買い増していくのでご了承願いたい。


最後に退任する眞鍋社長と新社長の小塚氏の挨拶がありました。

サガミチェーン株主総会レポート
 右が眞鍋前社長、左が小塚新社長です

小塚新社長のあいさつ
かかる環境下でございます。非常に大きな大任を仰せつかり、緊張し身の引き締まる思いです。今後は株主様により一層のご理解とご支援を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。社業の発展につなげるよう最善の努力をさせて頂きます。宜しくお願い致します。

質問が多くて、まとめるのに苦労しましたわーい(嬉しい顔)
来年の株主総会も、まとめるのに苦労するくらいたくさんの質問が出ることを楽しみにしています。

 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 ご協力よろしくお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございました。
口座開設キャンペーンで現金プレゼントがあったり、一定額までの手数料が無料になる証券会社など、投資する際にお得な情報を集めましたので、こちらにもぜひご協力よろしくお願いしますひらめき

   証券会社やFX会社のお得な情報は → ぴかぴか(新しい)こちらですぴかぴか(新しい)

   株主総会へ行こう♪ トップページへ戻る

サガミチェーン株主総会


posted by Zaimax at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック