2008年09月18日

株主総会のチェックポイント

このページでは、私が株主総会のどんなところをチェックしているか?について書いてみたいと思います。
株主総会時の会社側の対応から、会社の株主に対する姿勢・考え方の一端が感じられると思います。株主総会に出席すると、今までその会社に対して抱いていたイメージががらっと変わることもあるので、多くの方が参加してみるといいと思います。
私は主にこんなところをチェックしています。

株主総会の開催日、開始時間、場所
株主総会が集中する月末に開催するのは、株主に総会に来て欲しくない!という暗黙のメッセージだと思います。その点で、上旬や中旬に開催する会社は素晴らしいと思います。
開始時間もほとんどの会社が10時からですが、午後の3時や夕方など時間をずらして開催する会社であれば、月末開催でも出席する株主のことを考えているなと思います。
夕方からの開催は聞いたことがありませんが、夕方からだと会社勤めの方も参加できますね♪
今後開催日、開始時間とも分散が進むとうれしいですね。
開催場所も同様で、参加しやすい場所なのかどうかもチェックポイントになります。


会場の様子
座席の配置や自由に座れるのか、取締役席との距離などをチェックします。
前方を社員株主らしき人達が占拠していたり、取締役席との距離が離れていると私的にはマイナスです。
椅子だけでなく机も用意されているとうれしいですね。


会場の雰囲気
株主にはどんな人が多いか?男性・女性、年齢層、服装(スーツ姿の人が多いか?)
スーツ姿の人は、取引先や社員株主など関係者である場合も多いので、チェックします。
そこまで読んで、私服で社員株主を動員していることもあるかもしれませんが(笑)
受付や会場係の人達も含めて、株主を歓迎してくれているか?という感じる部分も大切だと思います。


事業報告は分かりやすく工夫しているか?
事業報告は事前に読んでいる人も多いので、ただ読み上げるだけなら時間の無駄だと思います。株主の人に分かりやすい様に、プレゼなどを使って説明してくれるとありがたいですね。


質疑応答時の受け答え
丁寧に回答しているか、誰が回答しているか、自分の言葉で語っているか、質問がなくなるまで対応しているかなど
丁寧に回答するのは当然ですが、誰が回答しているのかも重視しています。通常社長が回答することが多いですが、せっかく他の取締役も来ているわけですから、担当取締役からも回答があると、経営陣の人柄や能力などが感じられていいと思います。
株主総会前には質問を想定し、想定問答集などの準備をしているのでしょうが、事務局から渡される想定問答集のメモを読むだけの経営者だとがっかりです。
もちろん質問の内容にもよりますが、会社の現状や今後の事業展開などは自らの言葉で語って欲しいなと思います。
会社としては質疑応答の時間は早く終わって欲しいのだろうと思いますが、質問がなくなるまで丁寧に対応している会社には好感を覚えます。
質問者の側にもマナーが必要で、延々とクレームをぶちまけるようなことはやめて欲しいと思いますね。


会社説明会や懇親会があるか
せっかく多くの株主が出席しているんですから、今後の戦略や方針などの説明会を開催したり、お茶を飲みながらの懇親会などもあるとうれしいですね。株主総会では質問しにくかった人もいると思うので、気軽に質問できるような場があるといいと思います。
懇親会はコストもかかりますし、食事などを用意すると奪いあいになって大混乱することもありますので、判断が難しいですが^_^;


飲み物の用意やお土産はあるか?
特に夏場の株主総会だと、会場に来るまでに疲れてしまいます。遠方から来る株主はなおさらです。そんな時に飲み物などが用意されているとうれしいですね。
もちろんお土産もあると最高です♪



 株主総会参加レポートはこちら

 最初のページ「株主総会とは?」に戻る



posted by Zaimax at 20:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック