2013年03月31日

メディア取材履歴

ちょっと気が早いですがわーい(嬉しい顔)今後はメディアからの取材も増えそうなので、先行してメディア掲載・取材履歴ページを作ってみましたるんるん

2009年は多くの会社の株主総会に出席し、いろんな会社の株主総会情報も充実してきました。株主総会レポートの内容も、以前と比べると格段に内容が濃くなっていると自負しています。その分レポート作成には多大な時間がかかるようになってしまいましたが^_^;
時間をかけてまとめた株主総会レポートですので、ぜひ多くの方に見てもらいたいと思っています。
そのためにも雑誌やネット上のメディアなどで紹介してもらえるとうれしいですね!

ブログの内容充実とともに、グーグルでも上位に表示されるようになり、訪問してくれる人も増えてきました。詳細な株主総会レポートを掲載しているので、個人投資家の方々に加えて実際に株主総会を運営している上場企業の方々の閲覧も多いようです。取材の依頼を見てもそんな傾向が現れていますね(笑)
一方で株主総会への出席を重ねるうちにブログ仲間や株主総会仲間も増えて、投資雑誌によく登場している有名ブロガーさん達からご紹介も頂けるようになってきました! ありがたいことです。
実際に株主総会を運営している企業の方々、個人投資家のみなさん、そして機関投資家の方々も含めて、多くの方々に見てもらえると嬉しいですね!
そのためにも、メディア掲載履歴も積み重ねていきたいと思っています。
今後ともよろしくお願いします。


ダイヤモンドZAi 2013年7月号
株主総会のお土産ベスト54という特集の『株主総会のあるある事件簿』というコーナーで、私のブログの 株主総会事件簿から2つの事件 が取り上げられています。
   株主総会事件簿シリーズ トップページ
今回取材を受けたきっかけは、株主総会のお土産ベスト54に登場しているmtipsさんから紹介いただいたことです。mtipsさん、いつもありがとうございます!
 mtipsさんはこちら → mtipsさんの株主総会お土産日記
財満さんとしては、いつかはダイヤモンド・ザイに載りたい!と思っていたので、とても嬉しいです!

日経Web 週末マネーサロン 個人投資家奮戦記(7) 2012年5月26日 掲載
 → 割安株・成長株発掘、資産4割増の総会ウオッチャー
日経マネー3月号に、ティアの株主総会レポートが掲載されたことが次につながり、今度は日本経済新聞のWebページに、個人投資家奮戦記としてインタビュー記事が掲載されることになりました。
こちらも掲載の経緯などについてブログにまとめています。この記事で『財満』さんがデビューを飾りました(笑)
 記事はこちら → 個人投資家奮戦記に登場!

日経マネー 2012年3月号
ついにメジャーデビューのときがやってきました!
株主総会のお土産特集の中で、59ページにティアの株主総会レポートとともに掲載されています。
こうして形になったものを見ると、ちょっと恥ずかしい感じがしますね^_^;
取材していただき、ありがとうございました!
それにしても、株主総会のお土産や株主優待特集で登場する方を見ていると、東海地方の人が多いですよね!関東の人からもよく言われますが、東海地方の投資家はそんなにパワフルなのかな?
一部の方々がパワフルなのは間違いありませんが (笑)
掲載された経緯などは記事にまとめています → 日経マネー3月号に掲載

月刊総務 2011年2月号
投資家から見た株主総会の現状と理想の形
 というインタビュー記事が掲載されました!
月刊総務について詳しくは → 月刊総務オンライン
株主総会を運営する側も、個人株主の出席が増えいることから、どんな株主総会にしていけば株主の満足度が高まるのだろう?という問題意識があるようです。先進的な取り組みをしている会社を紹介するとともに、個人投資家が株主総会についてどう考えているのか?という部分で私のブログが目に留まり、取材依頼となりました。
ここまではまさに株主総会運営側を対象とした媒体からの取材依頼であり、いかに企業側に見られているかがよく分かりますね(笑) もう少し一般的な投資雑誌にもぜひ登場したいものです♪

株主総会の準備実務・想定問答株主総会の準備実務・想定問答 平成22年
  中央経済社(2010/2/5) 日比谷パーク法律事務所など

詳しくは平成22年株主総会の準備実務・想定問答
一般の個人投資家が読む本というより、株主総会を主催する会社側の総務部門の方など向けの本ですが、その中のコラム欄で「株主総会に出席する個人投資家から見た株主総会」というテーマで、私のインタビュー記事が掲載されています。一般向けの書籍ではなく運営側向けというところが私らしい感じもしますが、自分のインタビュー記事が文字になるというのはうれしいものですねわーい(嬉しい顔)
会社側の方々に私のブログを見てもらうことで、株主総会が個人投資家にとってもより良いものに変わっていけば、こんなにうれしいことはありません。このような機会をいただいた中央経済社の方々にはとても感謝しています。この本は会社側の回答の真意なども理解できるので、出席する側が読んでもとても役に立つ内容だと思います。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします


posted by Zaimax at 07:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月26日

チムニーの株主総会

今日はチムニーの株主総会に参加しました。
まずは速報版をまとめてみます。 → チムニー株主総会レポート完成!

チムニーは一度MBOで上場廃止となりましたが、昨年12月に再度上場した会社です。投資ファンドのカーライルグループの支援でMBOを行いましたが、再上場ということはカーライルの資金回収ステージに入ったのかもしれませんね^_^;
チムニー株主総会
両国の本社併設の店舗で株主総会を行いました。広い店舗のようですが、店内が区切られていることから広いホールはなく、メインの第1会場も手狭な感じでした。見た限りでは第4会場まで用意されていました。
狭いという問題はありましたが、自社の店舗で株主総会を行うことで、株主の方々にチムニーについてより理解を深めてもらいたい!という会社側の想いを強く感じることができました。
その一つが、株主総会後に振舞われたちゃんこ鍋です。
チムニー株主総会
ちゃんこは、はなの舞両国店の看板メニューですし、急いで準備するにも最適です。株主総会の終盤からは会場内にちゃんこの良い香りが漂ってきて、株主総会どころではなくなりました(笑)
事前の噂では食事類は何も出ないと聞いていたので、ちゃんこが振舞われたのも予想外で嬉しかったですね!受付で配られた案内にも、急遽ちゃんこ鍋を用意することになったと記載されていました。
チムニー株主総会
自社店舗で株主総会を行うのに、何も食い物がないんかい!という苦情が殺到したのかな^_^;

事前の噂ではお土産はないと聞いていましたが、確かに株主総会のお土産はありませんでした(笑)
しかし、代わりに上場記念品が頂けました〜\(^o^)/ 実質的にお土産と同じですね!
チムニー株主総会
重くてビンだったので、日本酒かワインだと思っていましたが、帰ってから取り出してみたら、りんごとぶどうのスパークリングジュース?でした。炭酸入りの果汁100%ジュースです。
色合いから見ても白ワインと赤ワインだと思いました(笑)
上場記念品のお土産もあり、株主総会後には美味しいちゃんこ鍋も振舞われ、両国まで行ってホントよかったです!チムニーさん、ありがとうございました!来年の株主総会も楽しみにしています!

株主総会自体は、質疑応答など対応に手間取っていて、久しぶりに一般株主も迎えたオープンな総会で不慣れな印象でした。和泉學社長も少し緊張していた感じです。運営面で改善の必要性を感じたのは、質疑応答時の対応です。
質疑応答が始まってから、他会場の質問したい人に第1会場に来てもらったため、質問開始までにかなり無駄な時間が掛かりました。
質問したい人は第1会場に来てくださいと案内し、集まるまでは第1会場からの質問を受ければもっとスムーズに進行すると思います。質問は1人1問と案内しながら、長々と質問している人もいましたが、きちんと途中で打ち切ることも必要です。そうしないと他の株主が質問できなくなります。1問というのはあまりにも少ないので、せめて2問程度までは認めてほしいものです。
回答に時間がかかる質問は、後ほど回答するとして、次の質問に移ったほうがいいと思います。回答を検討するのに時間がかかるなど、この部分でもかなり無駄が目立ちました。
再上場後最初の株主総会なので仕方ない面もありますが、来年以降はスムーズな運営ができるように、もう少し改善してほしいですね!
質問内容は株主優待の制限をなくしてほしいとか、株価低迷への不満、経理上の細かい質問、ストックオプションへのしつこい質問など、特にこれはっ!と感じるような内容は少なかったですね。
株価低迷の不満をぶつける株主も多くいましたが、文句を言うほど株価は下がっていないと思います。
チムニー株主総会
一時的には700円台前半まで下がったものの、現状では900円前後で初値近辺まで戻っています。株主優待や配当も含めればそんなにマイナスにはなっていないと思います。この程度の株価下落も我慢できないようでは先が思いやられますし、株式投資に向いていないんじゃないかな?と心配になります。
最近の日本人は年齢にかかわらず我慢ができないような人間が増えてしまったのでしょうか

私なんか株価が1/10になっても我慢しますが、何か???
それは我慢じゃなくて、単に損切りできないだけだ!ともよく言われますが(笑)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 17:06 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月24日

議長解任!と叫ばない議長解任おじさん

今日はGMOインターネットの株主総会に参加しました。
株主総会自体は12時前に終わりましたが、続いて熊谷代表とNHN Japanの森川亮社長との対談イベントが行われ、その後抽選会もあって、すべてが終わったのは13時前でした。
毎年楽しめる株主総会です。
GMOインターネット株主総会
今回もくまポンキャラクター入りのクッキーや夢をかなえる手帳など色々なお土産が用意されていました。
NHN JapanはLINEを開発した会社ですが、森川亮社長も夢をかなえる手帳の愛用者で、この手帳を活用して夢を実現させてきたこともあって、今回の対談イベントが実現したようです。
GMOインターネット株主総会
私はLINEは使っていませんが、日本発の世界に通用するネットサービスだ!と熊谷社長も高く評価していました。
私はLINEはスカイプのようなものだと思っているので、スカイプで十分でしょ!と考え使っていません。ホントに無知ですみません(笑)
LINEはスカイプとツイッターを足して(2ではなく)1.5で割ったようなものなんでしょうか?
余計に無知をさらしている様な感じも...(^_^;)

ところで、昨日のリンク&モチベーションの株主総会で、久しぶりにご活躍を聞いた議長解任動議おじさんですが、なんとGMOインターネットの株主総会にも出席していました!
最前列のやや右寄りに着席し、係員の方からミネラルウォーターをもう1本もらっていました。さすがVIP対応ですね(笑)
このHさんは、私の知っている限りではいつも会場に1番乗りして、最前列の議長の正面の席を確保しています。そして株主総会が始まり、議長の挨拶が終わるといきなり立ち上がり、
「議長解任動議を提出する!」
と叫び始めます。そして議長席に近付こうとしますので、すぐに係員2〜3人に囲まれる、というのがいつものパターンです。そのまま退場を命じられることもあれば、議長解任動議が会場に諮られて否決されることもありますが、どちらにしろ株主総会が始まって10分ほどで退席することになります。

しかし今日は熊谷会長兼社長が壇上に登場し、株主総会が始まっても解任動議を提出せず説明を聞いています。だいたい座っている席がいつもと違います。今日は少し寝坊をしてしまったんでしょうか?
どうしたんだろう?と思っているうちに質疑応答の時間となり、「事前質問をいただいているので、まずはこちらから回答します」と社長から案内があり、Hさんから質問を2件頂いていますが、Hさんはいらっしゃいますか?と会場に問いかけました。そのときにはすでにHさんは起立済みでしたが^_^;
昨日のリンク&モチベーションの株主総会でも、事前に本社を訪れて質問を提出していたそうなので、たぶんGMOインターネットの場合も、本社に質問を持参したものと思われます。
リンク&モチベーションの株主総会では議長解任!と叫んでいたようですが、(私は遅れて参加したので、残念ながら現場は見ていません)なぜGMOインターネットの株主総会では叫ばなかったのか、とても不思議に感じました。

も、もしやっ!何か裏取引があったわけではないですよね???まさかそんなことはないですよね?
それだと完全に総会屋でアウトですし^_^;質問内容からもそれはありえないと思いますが(笑)

これは事前質問へのフリなんですが、事前質問の内容がブラックジョークみたいでとてもウケました。
Hさんがそんな質問をするんですかっ!というような内容です。

(1)GMOインターネットには警察からの天下りはいるのか?
(2)反社会勢力に対する姿勢や社会的不正に対するGMOのスタンスを聞きたい

普通の株主が上記のような質問をするのは別に不思議はありませんが、株主総会冒頭で議長解任動議を乱発し、株主総会運営を混乱させている張本人が上記のような質問をしたので驚きました。
リンク&モチベーションでも同じような事前質問を行っていたのか、急に気になってきました。情報をあつめてみないと!(笑)
熊谷社長の回答は、警察からの天下りはない、反社会勢力とは一切関わらないよう専門家のアドバイスも受けている。反社会勢力や社会的不正は断固として排除する方針、というような回答でした。
この回答で良いでしょうか?と問う熊谷社長に対し、H氏は満足げに頷き会場を後にしました

今までのH氏の行動とは明らかに異なります
株主総会開始後30分以上も居たこと自体私が見る限りでは初めてですし、一度も議長解任!と叫んでいません。どうしてたった1日で対応がこうも違うんでしょうか?
リンク&モチベーションの株主総会で議長解任を叫んでから、まだ24時間も経過していないのに!
業績の悪い会社で議長解任を叫ぶならまだ理解できますが、伊藤園のように業績が順調な会社でもお構いなく議長解任を求めています。それなのになぜGMOインターネットだけ対応が違うのか大きな謎です。
考えられるのは事前に本社を訪問したときの対応が良くて、議長解任の必要はないと判断した(笑)くらいですが、いったいどんな素晴らしい対応で満足したのでしょうか?
反社会勢力や社会的不正は断固として排除する方針、という回答に満足げに頷く姿と、他社の株主総会でみせる行動があまりにも乖離していて、さらにどんな人なのか分からなくなってきました。
来週からが3月の株主総会本番なので、きっとご活躍のことと思いますが、議長解任を叫ぶのか?叫ばないのか?その判断基準は何なのか?いったい目的は何なのか?と、より株主総会に対する興味が湧いてきました。

ホント株主総会にはいろんな人が集まってきますよね〜私もその1人なんでしょうが(笑)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします

今年のGMOインターネットの株主総会には1,100人以上が参加したそうですが、対談イベント終了後に抽選会が行われました。昨年も抽選会がありテレビなどが当たったらしいですが、昨年のイベントは今後の株式市場を占う!みたいな内容だったので、私は参加せずランチに行ってしまいました。株式市場が今後上がるとか下がるとか、そんな目先のどうとでも言えるような話を聞いても時間の無駄だというのが私の基本的な考え方です。なので抽選に参加するのは初めてです。
今年は、本革製の夢をかなえる手帳サイズのバインダーでした。10名に当たるということなので、1/11以上の狭き門です(笑)
抽選は、イベントの司会者の女性が、出席票の番号を引くという形で行われました。10個の番号が読み上げられましたが、なんと!当選しましたーーー!!!
熊谷代表!ありがとうございます!
GMOインターネット株主総会
これは、今年は本格的に夢をかなえろよ!ということなのだろうと受け止めました。
夢は経済的なことや成功だけではなくて、バランスよく持つことが大事だそうですが、ますますこれからが楽しみになってきました!
posted by Zaimax at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月23日

議長解任動議おじさん健在!

今日は土曜日ですが株主総会ツアーは続きます!
今日はグローバルダイニングとリンク&モチベーションの株主総会に参加しました。
せっかくの土曜日に2社も重なるのは残念です。昨年まではリンク&モチベーションの株主総会はもう1週前の土曜日に開催されていたので、昨年は重なりませんでした。一昨年も重ならなかったものの、東日本大震災直後の開催ということで、交通網も乱れていて参加を見送った経緯もあります。株主総会開催日はいつが良いのか?というのはなかなか難しい問題です。

グローバルダイニングは6期連続の赤字で株価も低迷しており、毎年ただただ損をしている不満をぶつけたい!という困った株主が質問に立ちます
今年もサーヴィスなどという辞書にも載っていないような言葉を平気で使うような会社は法律も遵守していない!こんなことも守れないような会社はとんでもない会社だ!と訳の分からない文句を長々と述べていました。こじつけの天才ですね!
辞書に載っていない言葉を使う会社は法律も守っていないはず!などというこじ付けまでして文句を言うとはかわいそうな人です。法律も守っていない会社だと思うなら損切りしてすっきりすればいいのにね!
こんな訳の分からない文句を聞かされる株主や経営陣の身にもなってほしいものですが、そんなことにも気付けないから株式投資で損をしているんでしょうね(^_^;)
今日は昼からすでにワイン2杯を飲み、酔っ払っているのでコメントも厳しいです(笑)
昨日のGMOクラウドの株主総会でも、もう4〜5年は株主だという人が、GMOクラウドのホスティング事業、セキュリティ事業、ソリューション事業についてどんな事業なのか簡単に説明してほしい、と質問していて唖然としました。
その会社がどんな事業をしているのかも知らずに投資するとは、いい度胸をしていますね!
というか株式投資をなめすぎじゃないですか?

いったいどんな経緯でGMOクラウドの株主になったのか分かりませんが、どんな事業をしているのかも知らずに株主になるなんて私には考えられません。
日本株も上昇基調が鮮明になってきて、ニュースなどでも株価高騰が報じられるようになり、株式投資を始める人が増えてきていますが、今後こんな株主が増えてくるんでしょうね。カモにされなければいいんですが、投資の世界は自己責任なのでしっかり勉強もしないと勝てないと思います。ビギナーズラックで儲かることもありますが、自分の実力だ!と勘違いしないことですね。
日本でも投機ではない投資が根付くことを願っています。
そうは言いながらも、バリュエーションなんか気にせずガンガン買い進んでくれる人が増えないとバブルも発生しないのが難しいところです^_^;
まあなるようにしかならない、ということなんでしょうね!とお茶を濁してみる(笑)

リンク&モチベーションの株主総会は11時からなので、グローバルダイニングでグラスワインを2杯空けて程よく?酔っ払った状態で、リンク&モチベーションの株主総会に乱入しました!
酔った勢いで議長解任動議でも出そうかと思いましたが、すでに株主総会の冒頭で有名なHさんが議長解任動議を提出済みだったようです。完全に出遅れました(笑)
H氏の議長解任動議はけっこう有名だと思いますが、最近は見かけていませんでした。私が最後に見かけたのは、2012年10月23日のドクターシーラボ第14回定時株主総会なので、久しぶりの動静情報となりました。その後もご活躍という噂は株主総会仲間から時々耳にしていましたが、まだ議長を解任し続けているんですね。といっても解任に成功したという話を聞きませんが。
   ドクターシーラボ2012年株主総会レポート
今回は事前に質問を会社まで持参していたらしくて、会社側も十分に対応策を取っていたようです。白熱の攻防を見にこればよかった(笑)
吉野家や伊藤園、ドクターシーラボなどは、経営陣が壇上にいるので、直接危害を及ぼす恐れは小さいですが、リンク&モチベーションの場合、株主席最前列と議長席はわずか1メートルくらいしか離れていませんし、壇上でもないので経営陣としては恐怖感を感じるでしょうね。
何を目的に議長解任を叫んでいるのか分かりませんが、名前を売ろうとしているんでしょうね。会社まで質問書を持参してアピールしているということは、今後総会屋として活躍しようと考えているんでしょうか?
ご高齢の方なので、昔は有名な総会屋だったのかもしれませんね。もう一度活躍するぞ!という挨拶代わりに解任動議を連発しているんでしょうか?
(3月24日 緊急追加情報!)
なんと!議長解任!と叫ばない事例が見つかりました!どんな基準で行動を決めているのか分かりませんが、新たなバリエーションの登場です。最新情報は下記の記事をご覧ください!
 議長解任!と叫ばない議長解任おじさん

来週以降も株主総会は続くので、今後もご活躍が見込まれますので、株主総会に参加される方は心の準備を整えてからご出席ください

株主総会シーズンに入ると早起きしないといけないので、最近は寝不足気味です。いつも夜更かしして10時、11時ごろまで寝ているので、株主総会シーズンで普通の生活に戻る感じです(笑)
来週が3月の株主総会本番なので、今日はゆっくり休んで体力の回復に努めたいと思います。
3月26日には再上場したチムニーの株主総会が自社店舗で行われますが、お土産も食事もない!という噂を耳にしましたが本当なんでしょうか?昼に自社店舗で株主総会を開催してランチも出ないなんて冗談ですよね?
出席株主数を減らすためのデマ情報ですよね?チムニーに行くのやめようかな〜
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 14:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月16日

VTホールディングス会社説明会

2013年3月9日(土)10時から、名古屋市中区の中電ホール開催されたVTホールディングス個人投資家向け会社説明会に参加しました。
今回は名証主催の株式投資ウインターセミナーとして行われ、VTホールディングスとダイコク電機の会社説明会とストックウェザーの櫻井英明氏の講演会がセットになっていました。数年前までのウインターセミナーはもっと参加企業が多かったんですが、今回は4日間計8社となんとも寂しい感じです。
こんなに株式市場が温まってきたのに、なぜIR活動を積極的に行わないんでしょうか?
個人投資家向け会社説明会を いつやるか?今でしょ! (笑)

2013年3月8日(金)の株価 1,087円(JASDAQ、名証2部 7593)100株単位 3月決算
PER 8.92倍、PBR 2.19倍、配当利回り 4.38%、株主資本比率 22.3%
株主優待 3月末の株主に自社サービス優待券やカタログギフト

 VTホールディングス(7593)ホームページ

 VTホールディングス(7593)ヤフー株価情報

VTホールディングス
VTホールディングスの株価はボラティリティは大きいものの順調に上昇してきました。
先日のセミナーでもお話ししましたが、VTの過去のPERレンジ推移を見ると、今までの株価上昇はPERが上昇したというより、利益の伸びに比例して株価も上がってきたという感じです。今後の株価は利益の伸び方次第という側面が大きいので、M&Aが決まるのかどうか?がカギを握ってきます。

VTホールディングスの会社説明会は、土曜日の午前中に行われました。通常会社説明会は平日の午後に開催されることが多いですが、出席者は年配の方がほとんどで、高齢者の集いのような雰囲気です。元気だったかね〜などと言った感じの雑談をしていたり、居眠りをしている人も多くて、ほとんどIR効果は期待できないな〜という感じです^_^;
今回は土曜日開催で、抽選になるくらい大盛況で外れた人も多いとアナウンスもあったので、本当に投資してくれそうな人も参加しているのかな?と思い会場を見まわしてみましたが、空席も目立ち、参加者もほとんどが高齢の方々でした。それでも平日と比べると少しは平均年齢も若い感じがしました。
説明は高橋一穂社長が行いました。VTの会社説明会にも数えきれないほど参加しているので、特に目新しい情報はありませんでしたが、足元の業績は順調に推移しているようです。
会社概要などについては過去のレポートを参照頂くことにして、気になった点などをまとめてみます。
   VTホールディングス2012年3月期決算説明会レポート

基本的な説明内容は、上記の内容と変わりません。
VTホールディングス情報は下記のページもご覧くださいね!
   VTホールディングス投資情報

基本的な成長戦略は、高い成長と安定収益の実現を、自動車ディーラーのM&Aによりスピード感を持って達成する、ということです。
リーマンショックまでは他業種のM&Aなどにも手を広げていましたが、リーマンショックの直撃を受けて財務体質の弱さを痛感し、その後は心を入れ替えて(笑)本業に特化してきた。
4月に子会社化した日産サティオ埼玉は14年間一度も黒字になったことがない会社だったが、今期は10億円程度の経常利益を見込んでいる。基盤収益カバー率(新車以外の粗利益/販管費で計算し、新車以外の中古車やサービス部門の粗利でどれだけ販管費をカバーできているかを表す指標)60%以下だったが、上期ですでに100%を超えた。基盤収益カバー率は業績の良いディーラーでも80%台であり、65%を超えれば黒字になると言われている。
100%を超えれば新車が売れなくても赤字にならないことを表すが、VT傘下の主要5社平均でも100%を超えている。
自動車の登録台数は新車・中古車ともに減少傾向だが、新車販売はヒット車が出るかどうかで業績が大きくブレる。一方で乗用車の保有台数がベースとなるサービス部門(車検・点検や修理など)は安定したストックビジネスになっている。乗用車の保有台数は車輛の保有年数が長くなったことなどで増加傾向であり、引き続き安定的に収益を確保できる見込み。
売上構成は、母体企業であるホンダカーズ東海と日産系ディーラー4社の主要5社で全体の約77%を占めている。ホンダカーズ東海が約17%で日産系4社で約60%になる。

全国約950社のホンダディーラーの中でホンダカーズ愛知が売上トップだが、メーカー直営以外ではホンダカーズ東海が売上1位になる。売上はホンダカーズ愛知の1/3だが、10年以上の長きにわたりトップクラスの経常利益額を確保してきた。ここで培われた運営ノウハウが、グループ傘下のディーラーに注入され、収益性強化に寄与している。ホンダ車では軽自動車NBOXがヒットしている。
日産系ディーラーは140社あるが、営業利益率で上位4位をVT傘下のディーラーが独占している。
今日発表があったが、日産と三菱自動車が共同開発した軽自動車が6月に発売される。今売れているのは小型車なので、新しい軽自動車には期待している。
J−netレンタカーはレンタカー事業を行っており、全国で6位になった。全国展開しているものの東北など店舗のないエリアもあるので、今後も出店していきたい。レンタカー事業はディーラーとのシナジー効果も大きいし、自動車ディーラーと違って自前で出店できる。
上場子会社のトラストは中古車をアフリカなどの海外に輸出している。中古車をホームページに掲載して、消費者に直接販売しているが、入金後に出荷するのでリスクの低いビジネス。購入者からすると年収の何倍もの金額を事前に送金することになるので信用が大事になる。南アフリカでプジョーやスズキなどの新車ディーラーを手掛けているのは、現地に実際に店舗があることで顧客に安心してもらえるという面もある。
その他イギリスの三菱自動車ディーラーも子会社化している。
以前から東南アジアなどで自動車ディーラーのコンサルティングをしており、どこの国でも自動車ディーラー経営はできると確証できたが、言葉の問題などもあり日本よりは効率が落ちるので、まずは日本国内優先でM&Aを行い成長していきたい国内のM&A案件がなくなることはないと思う

前期まで3期連続で営業利益・経常利益・純利益とも過去最高益を更新してきた。今期の業績は、既存会社も堅調に推移し、さらに今期子会社化した自動車ディーラー2社が増収増益に寄与し、売上高・営業利益・経常利益は過去最高を更新見込み。純利益については、前期環境子会社の売却益が約12億円含まれていることから微減益の計画だが、おそらく純利益も過去最高を更新できると思う。
注記)5月から、今期も純利益でも過去最高益を目指したいと説明していましたが、期末も近付き、過去最高益も徐々に確信に変わりつつあるようです。上方修正の発表にも期待したいですね!

安定成長の実現に向けて、キャッシュフローの範囲内で継続的にM&Aに取組み、「事業規模の拡大」「収益性の向上」「財務体質の強化」のすべてのテーマをバランスさせた成長シナリオを目指す。
1998年9月の上場後、前期までで売上高で13倍、経常利益で21倍の成長を成し遂げたが、今後もM&Aに継続的に取り組み成長を続けていきたい。
自動車ディーラー経営は、ほとんどが小規模で世襲制の会社が多い。私は世襲は考えていない。
自動車ディーラーは営業エリアが決まっているのでほとんど競合もなく、現状維持であればラクな業界だが、拡大しようと思うとM&Aしかないので途端に難しくなる。自動車ディーラーの利益率は低いが、家業として生計を立てるだけなら楽なので、現状維持で世襲という会社が多い。M&Aをしながら拡大しよう!という会社はVTホールディングスくらいしかない

中期経営目標としては、経常利益率8%以上、自己資本比率30%以上を目指していく
ディーラー経営は良くても利益率3%程度だが、上期の経常利益率は6.9%になっている。グループ内で最も高い収益性を誇る長野日産は経常利益率11.1%を達成しており、これをベンチマークとしてグループ全社の収益性向上を図る。
2012年9月末の自己資本比率は22.6%であり、投資効率を重視したM&Aにより、事業規模の拡大と有利子負債の圧縮を、営業キャッシュフローの範囲内で両立させる
注記M&Aはいくらで買うのか?が重要になります。株式投資でも同じですが、割高な価格で買ってしまうと利益を出すのは大変です。M&Aの場合、割高な価格で買ってしまうと大きなのれんが発生し、利益を下押ししてしまいますし、買収費用が大きくなると借入金が大きくなり、財務内容の悪化と支払利息の増加という利益下押し要因も発生しかねません。
出来る限りお得な値段でM&Aができれば、VTへの利益貢献も早くなりますし大きくなります。日産サティオ埼玉は赤字会社だったこともありお得に買収できましたが、今後もお得なM&Aを期待しています(笑)

配当政策については、今後も連結配当性向20%を目標に、業績に応じた配当を継続的に実施する方針。
今期は2月7日に30周年記念配当4円の増配を発表し、年間配当は前期より10円増配の30円となり、連結配当性向は24.7%となる見込み。今までも20%の配当性向を目標にしてきたが、最終的に業績が上方修正となることが多く、結果的に20%を下回ってきた。うるさい株主(笑)から一度も配当性向20%を超えていない!と言われるので、今期は20%以上を死守したい。もし業績が上方修正となり、30円配でも配当性向が20%を下回るなら、再度増配して20%を死守する(笑)
注記)今期はずっと連結配当性向20%を死守すると宣言しています。よほどうるさい株主がいるんですね〜一体誰なんでしょうね〜気になりますね〜(笑)
業績上方修正&再度の増配があれば最高なんですが!

今後も増配を目指していく。
M&Aがある年は新しい子会社が収益に寄与して利益が伸びるので、配当性向20%でも増配となる。M&Aがない年は、資金需要がその分少なくなるので配当原資が多くなり、配当性向を30%くらいに高めることも可能になる。どちらにしても配当は増えていくと思う

2012年11月にUBSを引受先として300万株分の新株予約権を発行した。行使価格は既存株主の希薄化を考慮し1,200円で設定した。300万株が市場で売却されると株価への影響が心配だという声もあるが、UBSとしては市場で売却するより大口顧客向けに販売する選択肢もあるようだ。
注記)VTホールディングスの時価総額は400億円に近付いてきましたが、なかなか機関投資家は大株主に登場してきません。UBSの売却先として有力なファンドや機関投資家などが登場してくると、VTホールディングスの格も高くなり、他の機関投資家も投資対象として注目してくるかもしれません。横並び意識もあると思うので、あそこが買っているならうちも組み入れよう!という効果も期待できそうです。まずは株価が1,500円〜2,000円くらいにならないと転換が進まないと思いますが、新株予約権の行使後はどのように処分するのかが注目ですね!

株主優待も充実させていて、自社サービスの割引券に加えてカタログギフトも贈呈している。
株価は上昇しているが、まだまだ株価は割安だと思うので、ぜひVTホールディングスに投資して欲しい。

私も株価はまだ割安だと思います。VTホールディングスの成長性を株価は織込んでいないと思います。
株主優待については、カタログギフトの追加を喜んでいる株主も多いようですが、私はカタログギフトはあまり嬉しくありません。昨年1万円相当というカタログギフトを頂きましたが、まだ放置したままです(笑)
カタログに目を通してみましたが、とても1万円相当とは思えなくて欲しいものが見つかりませんでした。中には定価では1万円相当のものもあるのかもしれませんが、いまどき定価で買うような人はほとんどいません。ざっと見た感じでは6千円相当くらいにしか感じませんでした
カタログギフトよりギフトカードの方が使い勝手が良いのでありがたいですね!
1万株以上保有の株主はギフトカード、という優待ランクを設けてもらえると嬉しいです。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします


ギフトカードなら全国で使えますし、額面だけの価値はちゃんと感じられます。最近はドンキホーテで使うことが多いですが、ドンキで使うと額面以上の価値を実感できます(笑)
カタログギフトの自称1万円相当とは大きな違いです。
カタログギフトを見るたびに、カタログギフト発行会社は大儲けだな〜やっぱりカタログギフト会社に投資すると一番儲かるかな〜などと感じます^_^;
一定期間が経過すると引換えは無効になりますし、儲かりますよね〜
VTホールディングスとはなんの関係もありませんが(笑)
posted by Zaimax at 00:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月13日

パーク24 2013年株主総会レポート1

2013年1月29日(火)10時から、お台場のホテルグランパシフィック ル・ダイバ地下1階パレロワイヤルで開催されたパーク24第28回定時株主総会に出席しました。パラカは時間貸し駐車場の管理・運営を行っている会社です。
パラカ、日本駐車場開発などが競合先となります。パーク24の株主総会に出席するのは初めてです。 
パラカの株主総会は → パラカ2012年株主総会レポート
2013年1月29日(火)の株価 1,600円(東証1部 4666)100株単位 10月決算
PER 20.6倍、PBR 4.8倍、配当利回り 2.19%、株主資本比率 40.4%
監査費用 4,400万円(売上比0.03%、営業利益比 0.25%) 新日本監査法人
役員報酬 取締役4名1.84億円(平均4,600万)監査役3名0.36億円
株主優待 株数に応じて駐車サービス券を贈呈
株主優待について詳しくは → パーク24株主優待ページ

   パーク24(4666)のホームページ

   パーク24(4666)のヤフー株価情報
パーク24株主総会
2006年以降下落トレンドが続いてきましたが、2009年から上昇基調に転換して株価は順調に上昇しています。12月末からはさらに上げ足を速めています。PERは市場平均並みまで上がっていますが、今後も株価が堅調に推移して、上場来高値を更新するといいですね!
スケジュール
10:00〜10:16 報告事項
 10:03〜10:05 監査報告 小林紀幸常勤監査役
 10:05〜10:16 映像で事業報告 女性ナレーションが招集通知を読上げ
10:16〜10:20 決議事項の上程
第1号議案 剰余金の処分の件 35円 配当性向52.0% 前年比5円増配
第2号議案 取締役5名選任の件 4名再任、川上紀文執行役員新任で1名増員
第3号議案 取締役及び監査役に対するストックオプションとしての報酬等の決定の件
 報酬と別枠で新株予約権を取締役年額1億円/人、監査役600万円の範囲で付与(上限37万株)
第4号議案 補欠監査役1名選任の件 監査役の員数を欠く場合に備え、奥山章雄顧問を選任
10:20〜11:20 質疑応答 質問者12人 計21件 60分
11:20〜11:23 議案の採決
11:23〜11:23 新任取締役紹介 名前とよろしくお願いしますのみ
11:40〜11:50 取締役、執行役員、子会社役員が1人ずつ自己紹介
11:50〜12:16 会社説明会 西川光一社長がプレゼ画面を使いながら説明
12:16〜13:03 質疑応答 質問者10人 計19件 47分
パーク24株主総会
お土産 アンリシャルパンティエのしあわせサブレ6枚、タオル 後渡し
飲み物サービス 株主総会後の休憩時間に飲み物サービス
経営戦略説明会 株主総会後に開催

注目の株主総会格付けですが、株主総会後に会社説明会を開催し、株主に対して社長自ら会社の現状と今後の戦略について説明しているのは評価できます。質疑応答も活発でした。
一方でお台場で10時開始では参加しにくく感じます。これらを総合的に判断し、パーク24の2013年株主総会格付けは 『C+』 としました。

パーク24の株主総会に出席するのは初めてですが、以前は品川駅前のホテルで開催していました。最近はお台場のル・ダイバで開催されています。お台場に行くのは時間もかかりますし、交通費も都心から往復で千円くらいはかかり、涙が出ますね(笑)せめてメトロ沿線で開催してほしいものです。
株主からも会場についての不満が出ていました
会場前のホールにはカーシェアリングで使っている車を展示するなどしており、株主に事業内容を理解してもらおうという姿勢が伝わってきました。株主総会後には会社説明会も開催しており、質疑応答も活発で良い株主総会だと思います。説明会への出席者は1/4くらいに減ってしまったのは勿体ないですね。
もう少し便利な場所で開催したり、午後からの開催など出席しやすくなればB格付けに格上げ可能だと思います。
出席票にお土産引換券が付いており、株主総会後にお土産と引換えができました。パーク24特製タオルとサブレー6枚というのは、交通費の割には少し寂しい感じもします。贅沢は言えませんが(笑)
会場内にはテーブル席が多数用意されており、多くの株主が出席していました。
スクリーンも正面左右と会場中央に用意されていました。
営業報告は女性ナレーションが招集通知の内容を読み上げる形で行われました。株主総会後に会社説明会があるので、現状のスタイルで十分だと思います。続いて議案の説明があり、質疑応答となりました。
多くの株主から質問を受けるため、質問は1回1問でお願いしますと説明がありました。議長から指名されると、会場係の人がマイクを持ってきてくれるので、その場で質問する形式でした。
回答はほとんど西川社長が行いました。もっと他の取締役も回答すればいいのに!と感じましたが、会社説明会の中の質疑応答では、他の役員も回答していました。
パーク24株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)(女性)3号議案のストックオプションの位置付けがよく分からない。役員の退職金代わりなのか?
人1億円なのか?補欠監査役にも払うのか?1億円の根拠は何か?配当金と比べて多すぎる。配当金も同じくらい出してほしい、など多数の質問をぶつけていましたが、ストックオプションの額が多すぎるという点については同じように感じている株主が多いようで、拍手もありました。
→ストックオプション(SO)の目的は、役員として株主と同じ立場で企業価値向上を目指していくため。行使価格は付与する日の株価より3%高い価格で設定するし、2年間は行使できないのですぐに報酬になるわけではない。2〜3年後の中期的な株価を意識して上げていくことが目的となっている。補欠監査役にはストックオプションは付与しない。
(2-1)安倍政権になり株価が上がると言われているからSOを付与したのか?
→そうではない(笑)
(3-1)1人1億円も必要なのか?株主への配当も1人1億円くらい貰えると嬉しい。
(持ち株数に関係なく1億円とは!ここまでくると、もう配当というレベルではないですね^_^;)
→1億円分の株式を付与するものであり、1億円の報酬になるわけではない。行使価格より上がった分が報酬になる。
(4-1)株価が上がるのは嬉しいが、なぜ1億なのか?
→4円前から2年ごとにSOを付与している。金額の妥当性については、1億円が35万株に相当する。
注記)ストックオプションについては私も基本的に反対です。それは、株主と同じ立場と言いながら、株価が下がった時には何も痛みがないためです。SOではなく、ボーナスは全額自社株で支払う!というのなら大賛成です。
質問した株主はあちこちで質問している方ですが、1回1問なんて制限はまったく関係ないようです^_^;
(5-2)中間配当もあった方が株価対策としては良いのではないか?期末時点の株主にだけ配当と株主優待があるのはバランスが悪い
→数年前の株主総会でも質問があったが、コストを考えると期末1回が適当と考えている。配当を2回にすると3千万円のコスト増になる。
注記)それなら中間は株主優待、期末は配当にすれば良いと思います。期末の株主数もかなり減って、配当支払いコストがさらに節約できると思います(笑)

(6-3)バイクの駐車場がないのでバイクの駐車場を設置できないか?
→バイク駐車場は全国で49か所2,160台分を運営している。他に駐輪場を10,198台分運営している。バイク駐車場も増やしていきたいが、スペースの割に売上が小さくて収益性が悪い。駐車場の中での車とバイクのバランスを見ながら検討していく。
(7-3)バイクの駐車場とすぐに分かるような看板などを設置しているのか?
→バイクタイムズと書いてあるが、走行中に目立つほどの大きさではないかもしれない。
(8-3)収益性の問題があるということだが、稼動率はどうなのか?PRが足りないのではないか?
→バイクタイムズの稼動率データは手元にない。バイクは駐車単価が車より低いので、収益性が劣る。自治体などからの要望は多いので、なんとか収益性を確保しながら増やしていきたい。
(9-4)事業の効率化という説明があったが、社員に優しい効率化もあれば社員に厳しい効率化もある。効率化のコンセプトを教えてほしい。
→子会社の管理部門はパーク24に集約している。システム部門も重要だが、グループ全体に関わる部門はパーク24に集約している。コンセプトは無駄を省くです。
(10-5)安倍総理がいくら頑張っても社員の給料が増えないと幸せになれない。5円の増配をやめても臨時社員の給料を上げて欲しい。臨時社員を正社員に登用して欲しい。(数人拍手 組合仲間!?)
→様々な雇用形態があるが、派遣社員は1つの会社で2年以上働くことはできないので、優秀な人は正社員に登用していて、今年も10名ほど正社員になった。個人消費が伸びないと景気は良くならないので、状況に応じて待遇改善もしていきたい。働く人の能力に応じて待遇改善を進めていきたい。
注記)株主総会にそぐわない質問ですね。増配するより給料を上げろ!という要望は初めて聞きました。臨時社員の組合かNPOのような人なのでしょうか?最近色んな人が株主総会に来るようになり、株主総会担当部署も大変ですね!
(11-6)長期前払費用56億円の内訳は?
→駐車場の設置工事代金を長期前払費用として計上し、5年償却している。
(12-6)この調子で行けば1年後には無借金になるのか?
→長期借入金は常に借換えしている。借金はレンタカーとカーシェアリング用の車輛購入代金に使っている。レンタカーとしての需要が減った時に、自社保有だと中古車としてすぐに売却できるが、リース車両だと残債の支払いが必要で機動的に売れないので、借入金で購入している。そのためある程度の借金は残る。
(13-6)自己株が自己資本の2割弱まで達しているが、今後どうするのか?
→2006年に140万株の自社株買いを行い、ずっと保有している。現時点では具体的な案件はないが、株式交換用としてM&Aの原資にもできる。消却する理由もないので保有し続けている。

議長は質問は1回1問で、とお願いしていましたが、徐々に形骸化してきた感じです。株主からすると、年に1回の質問チャンスなので聞きたいことは沢山あるわけで、1問じゃ満足できない!という感じなんでしょうね(笑) 後半の質問の様子はパーク24株主総会レポート2にまとめます。
   パーク24 2013年株主総会レポート2 作成中
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
posted by Zaimax at 23:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする