2011年04月29日

アルクALC(2496)2011年株主総会レポート〜その1

2011年4月27日(水)10時から、東京都西新宿の新宿NSビル NSスカイカンファレンス30階 ルーム5・6で開催されたアルクALC(2496)の第8回定時株主総会に行ってきました。
アルクALCはヒアリングマラソンなど英語を中心とした外国語の語学学習教材の販売や、語学学習の通信教育などを行っている会社です。アルクの株主総会に参加するのは初めてです。
2011年4月22日(金)の株価 14,490円(JASDAQ 2496) 1株単位 1月決算
PER 62.2倍、PBR 1.43倍、配当利回り 0.48%、株主資本比率 22.1%
監査費用 2,500万円(売上比 0.33%、営業利益比 赤字) 太陽ASG監査法人
株主優待 1・7月末の株主にENGLISH JOURNALバックナンバー1冊、教材割引券贈呈
 詳しくは 次項有 アルクの株主優待情報ページ

   アルクALC(2496)のIR情報ページ
   アルクALC(2496)のホームページ

   アルクALC(2496)のヤフー株価情報
アルクALC2011年株主総会
上場以来の株価推移をみると、IPO銘柄特有の値動きで、上場当時は人気化して出来高も多いものの、その後は値下がりが続き、出来高もなくなって株価低迷が続いています。一方、業績は最近5年ほどは低空飛行が続いており、2年連続で赤字を計上しています。業績回復を期待したいですね。
アルクALC2011年株主総会
スケジュール
10:00〜10:33 事業報告
 10:05〜10:07 監査報告 影山哲也常勤監査役
 10:08〜10:33 営業報告 平本照麿社長が読上げ
10:33〜10:35 決議事項の説明
 第1号議案 取締役7名選任の件 7名全員再任
 第2号議案 監査役3名選任の件 3名全員再任
 第3号議案 補欠監査役1名選任の件 選任の効力が失効するため再任
10:36〜10:56 質疑応答 質問者3人 計6件 20分
10:57〜10:58 議案の採決 拍手方式 すべて可決
10:58〜11:00 役員紹介 名前の紹介のみで挨拶なし
11:16〜11:32 会社説明会 前期の決算概要と今期計画について今西常務から説明
11:32〜12:45 平本社長、各担当取締役から今後の戦略について説明
12:45〜12:53 質疑応答 質問者3人 計4件 8分
アルクALC2011年株主総会
お土産 ENGLISH JOURNAL4月号(バックナンバー) 後渡し
飲み物サービス 500mlペットボトルのお茶、ミネラルウォーター
事業説明会 あり
懇親会 なし

注目の株主総会格付けですが、事業の現状と今後について平本社長などから詳しいプレゼンテーションがあったのは良いことだと思います。一方で3時間近くにわたる長丁場なのに軽食の用意がないのは残念ですし、お土産は在庫処分exclamation&questionの様で昨年より見劣りしています。株主総会集中日開催も減点です。これらを総合的に判断し、アルク(2496)の株主総会格付けは 『D+』 としました。
   議決権を有する株主数     4,488名、その議決権数   112,500個
   議決権返送&出席株主数     543名、その議決権数    75,468個
アルクALC2011年株主総会
アルクの株主総会は昨年に引き続き、新宿NSビル NSスカイカンファレンス30階で行われました。
新宿NSビルは新宿駅から遠いのが難点です。今日は4月開催の株主総会集中日なので、私も東京楽天地の株主総会から移動してきましたが、もう少し駅から近いとありがたいですね。
会場入口には緑茶とミネラルウォーターのペットボトルが用意され、自由に選べました。
会場内にはテーブル付の席が用意され、(2×6)×7のレイアウトで84人分ほどの席が用意されており、最後部には椅子が並べられていました。そこには社員と思われる方々が座っていました。開始時点で40名弱の出席者数でしたが、意外と女性が多く7名ほど出席していました。
最前列右端は補欠監査役候補の席になっていて、候補者名を書いた名札も設置してありました。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん

平本社長から、株主総会後には40分ほど株主様向け会社説明会も開催するので、議案に関係ない質問はそちらでお願いしたいと案内がありました。会社説明会を行うのはとても良いことですが、この説明会が40分ではとても終わらず、予定の倍以上の90分近くになりました。予定時間をオーバーしているということで、その後の質疑応答がしづらい雰囲気になってしまい、8分ほどで終わってしまいました。
アルクALC2011年株主総会
会場は17時まで借りている グッド(上向き矢印)ようなので、予定時間をオーバーしているなどと言わずに、昼食も用意していただいてわーい(嬉しい顔)、じっくりと今後の成長戦略について理解を深めたかったですね。
私は初参加なので昨年までの様子は分かりませんが、毎年こんなに時間がかかっているのなら40分ほどなどと書かずに、実態に即して案内して欲しいですね。予定が狂います。
赤字が続いていて今後のアルクを心配している株主も多いと思うので、じっくり時間をかけてアルクの現状と今後について説明するのはとても良いことですが、長時間の説明会となるとお腹も空いてきます。1階下にはレストラン街があり、500円くらいからランチメニューもあるので、それほどコストもかからずに用意できると思います。ランチ付だと嬉しいですねるんるんぜひ今期は黒字化を達成して、来年の株主総会はランチ付の会社説明会にグレードアップしてほしいと思います。
アルクALC2011年株主総会
事業報告は平本照麿社長が、招集通知を読上げる形で行われました。会社説明会の中で前期決算の説明もあったので、事業報告はスライドなども使用しながらポイントを絞って説明してもいいのではないかと感じました。事業報告をただ読上げるのは社長も大変でしょうし、聞いている株主にとっても時間の無駄です。もっと効果的な事業報告を考えて欲しいですね。
平本社長は昭和10年生まれとご高齢であり、手元の原稿をぼそぼそと読んでいてあまり元気がないように感じました。そろそろ世代交代して会長などに就任した方が良いのではないでしょうか?質疑応答ではしっかりと回答していて安心しましたが。
事業報告に続いて議案の上程を行い、質疑応答となりました。質問は1回に1個ずつということでしたが、質問自体が少ないので質問個数を制限する必要はないと思います。1問ごとにマイクを持っていってしまうので、無駄な時間が多くなってしまいました。
質問には平本社長、担当取締役がバランスよく回答していました。もう少し活発な質疑応答になるといいんですが、株主総会集中日開催ということもあって出席者数が少ないからしょうがないのでしょうか。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)短期借入金は16億円ほどなのに、財務キャッシュフローで借入・返済額が110億円ほどもあるのはなぜか?毎月のように借りたり返したりしていて自転車操業のようだ。
→(今西英明常務取締役 管理本部長)コミットメントライン契約を結んでいたが、2期連続赤字だと契約を解消するという財務制限条項が付いていたので、期末の手前でコミットメントラインを解消した。それまではコミットメントライン契約枠内で、決済に必要な資金を借りたり返したりしていた。金利は比較的低い。特に借り入れに問題があったのではなく、決済日と入金日の差を借り入れで対応していただけです。
(2-1)売上高に比べて売掛金が過大で、それが財務内容の悪化につながっている。通信教育は事前入金が多いのに、なぜこんなに売掛金が多いのか?取引条件を改善すれば、財務内容ももっと良くなる。
→(今西常務)出版業界は専門の取次会社を使って書店に流通しているが、アルクが取次会社に納品してから6〜9ヵ月後に入金というサイクルになっている。このため常に売掛金が多くなる。語学出版物の最需要期である2〜4月は、売掛金が期末時点よりもう少し多くなる。
平本社長)出版取次ルートの割合次第で売掛金の比率が変わってくる。ここ数年の傾向では売掛金の比率が上がっているわけではない。出版部門は好調で売上が伸びているが、通信教育部門が伸び悩んでいたのも、売掛金に影響している。
(3-2)(女性)取締役の方々は素晴らしい経歴だと思うが、語学の分野は女性が活躍していると思う。これから事業を拡大するためには、もっと女性を登用してもいいのではないか?
→アルクは女性を差別していることはなく、社員の65%くらいは女性であり女性で持っているような会社です。経営陣に女性がいないのは、現場で仕事をしたい人が多くて、マネジメントに対する関心が若干低いのかなと感じる。ただ子会社のアルク教育社にはすでに女性役員がいるし、これからは女性役員も登場してくるような会社にならないといけないと考えている。
(4-1)出版が伸びているという説明だったが、返品の増加などで一般書店部門が特に利益面で苦戦しているように見える。自社のオンラインショップやアマゾンを伸ばしていったり、電子書籍化をさらに進めると利益面でも改善してくるのではないか?
→担当取締役から説明させるが、専門分野であるESP(専門分野のための英語教材)シリーズが好調だったり、重版が増えているなど出版部門全体としては好調に推移している。
→(柴田一夫専務取締役 営業本部長)アルクの出版物の販売先は大きく分けて2つあり、大学生協も含めたリアルの書店ルートと教材ルートがあるが、高校教材・学校採用が大きく伸びている。一般書店の販売額は一昨年が1.8兆円が昨年は1.7兆円に、書店数は1.8万店が1.7万店に減少している。その中でも語学関係は前年比で3〜5%くらい伸びていると紀伊国屋さんやジュンク堂さんからは聞いている。オンラインショップについては、アマゾンが日本に進出して約10年になるが、2億円規模まで成長してきた。アルクオンラインショップ経由の売上も全体の1/3程度まで伸びてきた。なので書籍関係の売上が伸びていないのではないか?という指摘は少し誤解があると思う。もちろん電子書籍等に関しては開発を進めつつ、市場に打って出る検討をしている。
返品率に関しては業界平均が42%と言われている。アルクではここ4年ほど新刊本の発行を抑えつつ、既刊本の営業を強化している。そのため返品率は一昨年が38%、昨年が35%、今年は現時点で30%前後となり、ここ3年で5〜6ポイント改善している。
返品率が1ポイント改善すると、売上で2〜3千万円の効果があると言われている。
(5-1)売上ではなく、返品などの影響で利益が出ていないのではないか?と聞いている。
→(柴田専務取締役)取次店ルートだと掛率が65〜70%ですが、ご指摘の通りオンラインショップだとこの部分は不要となるので、会社側としてもアルクオンラインショップを強化していくことを考えている。
平本社長)書籍の販売ルートは一般書店の他にも大学生協、市民生協、アマゾンなどのオンライン書店などがあり、オンライン販売の割合が10%近くまで伸びてきている。返品率を改善するには直販ルートを伸ばしていくことが効果的なので、アルクとしても直販の割合を高めていき、返品率を下げて利益率の改善を図っていく。一方電子書籍も今後は増えていくと思う。アルクが取り扱う語学教材は電子化のメリットが大きいので、今年からの課題として既刊本をすべて電子化していき、紙でも電子書籍でも自由に選べるようにしていく。アルクは電子書籍への取り組みが早かったので、業界の中でも有利な立場にある。大きなポータルサイトも持っているので、オンライン販売を伸ばしていくし今後に期待している。
(6-3)学校向けの販売はシステム全体の販売なのか?コンテンツのみの提供なのか?
→大学中心に提供しているアルクEラーニングについての質問だと思うが、サーバーごと販売する形式とASP方式の2通りがある。大学向けはセキュリティの問題などから、サーバーごと納入するケースが多い。サーバーごと納入する形式だったので多くの大学で採用頂いたともいえる。ただコスト面や大学外からのアクセスに制限があるなどデメリットもあり、昨年からは一般企業向けも含めてASP版の発売もしている。ASP版も好調で新しいお客様も増えている。


以上で質疑応答は終了となりました。
引き続いて議案の採決を行い、無事承認され株主総会は終了となりました。続いて役員の紹介がありましたが、平本社長から名前が紹介されただけで、役員からの挨拶はありませんでした。
その後15分ほど休憩時間を取り、同じ会場で株主様向け会社説明会が開催されました。
休憩時間には喫煙コーナーで平本社長が一服していました。2期連続の赤字だったのでもっと厳しい質問が出るかと覚悟していたのに、無事株主総会が終わったのでほっとしたのかもしれませんねわーい(嬉しい顔)
それにしても経営者が喫煙するというのはいかがなものかと感じます。タバコは体に良い影響は与えませんので、自らの健康を害していることになります。経営者というものは社員やその家族の生活に責任を持つ立場ですし、株主から経営を委任されている立場でもあります。経営者は多くの責任を背負っているので、健康に気を付けるのは最低限の務めだと思います。健康に悪い喫煙習慣を持っている経営者は、それだけで減点だと思いますね。健康にも配慮して、業績の改善にがんばって欲しいと思います。
株主総会の感想や会社説明会の様子については、アルク(2496)2011年株主総会レポート〜その2 をご覧ください。作成中です。
 アルク(2496)2011年株主総会レポート〜その2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき


posted by Zaimax at 22:39 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サイボウズ(4776)2011年株主総会レポート

2011年4月26日(火)10時から、東京都日本橋の東京証券取引所 2階 東証ホールで開催されたサイボウズ(4776)の第14回定時株主総会に行ってきました。
サイボウズは中小企業向けのグループウェア サイボウズOffice、サイボウズ ガルーンなどの開発・販売を行っている会社です。サイボウズの株主総会に参加するのは初めてです。
2011年4月22日(金)の株価 16,980円(東証1部 4776) 1株単位 1月決算
PER 28.0倍、PBR 1.78倍、配当利回り 1.79%、株主資本比率 79.8%
監査費用 2,500万円(売上比 0.47%、営業利益比 3.25%) あずさ監査法人
株主優待 なし

   サイボウズ(4776)のホームページ
   サイボウズ(4776)のヤフー株価情報
サイボウズ2011年株主総会
過去10年間の株価推移をみると、2006年前後に人気化して急騰しています。その後は値下がりが続き低迷が続いています。最近では東日本大震災の影響も大きく受けています。一方、業績は赤字になったことはないものの、2006年をピークに低迷が続きました。M&Aなどのグループ戦略が失敗したようです。
サイボウズ2011年株主総会
スケジュール
10:00〜11:01 事業報告
 10:05〜10:08 監査報告 橋本正昭監査役
 10:08〜10:14 営業報告 女性生ナレーション+スライド
 10:14〜10:59 青野慶久社長から対処すべき課題など説明
11:02〜11:04 決議事項の説明
 第1号議案 剰余金処分の件 前年と据置き 478円(単体の配当性向50%)
 第2号議案 取締役3名選任の件 任期満了に伴い3名全員再任
 第3号議案 監査役1名選任の件 1名再任
11:04〜11:46 質疑応答 質問者5人+ネット+α 計13件 42分
11:46〜11:47 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:48〜11:50 役員紹介 名前のみで挨拶なし
サイボウズ2011年株主総会
お土産 クリアファイル、ボールペン、サイボウズLiveシール 後渡し
飲み物サービス エビアン330ml
事業説明会 事業報告のなかで青野社長から詳しく説明
懇親会 なし

注目の株主総会格付けですが、事業の現状と今後について青野慶久社長から詳しいプレゼンテーションがありましたし、質問に対しても自らの言葉で株主に語りかけていました。株主総会のネットを通じた一般公開も、多くのステークスホルダーにサイボウズを理解してもらおうと感じられました。一方で会場まで足を運んだ株主へのお土産はあまり嬉しくないものですし、役員の方々と歓談できる懇親会などもありませんでした。これらを総合的に判断し、サイボウズ(4776)の株主総会格付けは 『D+』 としました。
   議決権を有する株主数     16,940名、その議決権数   527,578個
   議決権返送&出席株主数    2,075名、その議決権数   316,676個
サイボウズ2011年株主総会
サイボウズの株主総会は昨年に引き続き、東京証券取引所2階 東証ホールで行われました。
今回も夜行高速バスで東京に向かい、6時前には到着予定でしたが、東名高速上り線で大型トラック2台が衝突・炎上する事故があり、4時間も通行止めになり間に合わないのではないかと焦りました。9時過ぎに着いたので何とか間に合いましたが、せっかくコストをかけて株主総会のために東京まで行くのに、間に合わないのでは意味がありません。サイボウズは昨年から、株主総会の様子をユーストリームで生中継しているので、こんなことがあるなら家で見ていた方が良かったですね。
今年はニコニコ生放送でもライブ中継し、ネットから質問も可能でした。家から株主総会に参加できて質問までできるなら、会場まで来るメリットはお土産がもらえるくらいですわーい(嬉しい顔)そのお土産がクリアファイルやシールでは、コストや時間をかけて参加するメリットを感じられませんもうやだ〜(悲しい顔)
さらに言えば誰でも株主総会に参加できるなら、サイボウズへの投資で損失を出すリスクを取ってまで株主になる意味がないな〜とも感じました。実際に損失がふくらむ一方ですしがく〜(落胆した顔)
2万人以上の人が見ていた様ですが、そんなに多くの人が見ている前で質問するというのも勇気が要ります。質問しにくいな〜と感じてしまいました。昨年は株主の発言部分はカットしたようですが、今年はそのままライブ中継されていました。株主が希望すれば中継には流さないという説明でしたが、「中継しないで」という声は流れてしまうわけで、株主の発言部分については流さないという配慮は必要ではないかと感じました。全国に自分の声を響かせたいという人は、中継を希望すればいいと思います。プロ株主の方など全国に自分は健在だexclamation×2とアピールしたい人には喜ばれるサービスかもしれません。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん

会場内には前方にテーブル付の席、後方に椅子のみの席が用意され、テーブル席は(4×2)×8のレイアウトでした。ライブ中継に写ってしまうのを恐れたのか(笑)前方のテーブル席はけっこう空いていました。100人近く来ていたようです。会場右端は社員株主の席になっていて、15人ほどの社員が参加していました。社員株主のうち株主総会参加を希望した人は参加を認めているそうで、質問はしないが回答では参加してもらうかもしれないと青野社長から説明がありました。実際に社員が指名されていて、けっこう無茶振りという感じもありました。来年は社員株主の株主総会参加が激減したりしてわーい(嬉しい顔)
事業報告は、女性社員の方がその場で読み上げる形式で行われ、続いて青野慶久社長から対処すべき課題や今後の戦略について、スライドやデモ映像を使いながら説明がありました。45分間にわたる長い説明でしたが、分かりやすかったと思います。続いて決議事項の上程があり、質疑応答となりました。
まずはよく寄せられる質問について説明があり、その後会場からの質問、ネットから寄せられた質問という形で進められました。回答は青野社長中心に、担当取締役、株主総会に参加していた執行役員、社員株主など担当者からの回答もあって、とても良かったと思います。
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-良くある質問)50%の配当性向にしたのはなぜか?
→内部留保が増えて手元現預金が40億円ほどもある。今後の事業投資は内部留保で対応できるし、リスクの高かったグループ再編がほぼ完了したので、配当性向を10%から50%に高めた。今までは単体ベースの利益に対する配当性向を指標にしていたが、グループ再編も完了したので今後は連結利益に対する配当性向とする。
(2-良くある質問)東日本大震災の影響は?
→サイボウズは東北に拠点がなく、お客様も全国に分散しているので、今のところは軽微な範囲に収まっている。3月、4月の状況を見てもそれほど業績への影響はない。業績修正の必要もないと考えているが、1億円の義援金を送ることを決めており、この分の影響は出る。義援金は今期5千万円、来期以降に5千万円贈る予定。地震発生後は義援金が多く集まるがその後は減ってしまうので、分割して贈ることにした。義援金の会計処理方法については調整中です。
(3-1)上海で中国のローカル企業向けにコンサルタントをしている。中国での展開について説明があったが、ローカル企業向けには高いのではないかと思う。ぜひ廉価バージョンを作って欲しい。
→確かにローカル企業向けと考えるとまだ高いと思う。廉価版にもチャレンジしていきたい。四川省で展開している事業では、価格も柔軟に対応して現地で受け入れられる価格水準を見極めていきたい。
中原裕幸執行役員 マーケティング本部長)現地のローカル企業向けに、機能を絞った廉価版を開発していきたい。
(4-2)説明でよく分からなかったが、海外展開のタイムゾーン機能とは何か?
→(札辻秀樹執行役グローバル開発本部長)タイムゾーン機能とは、時差がある国との間でスケジュール管理などを行う場合、時差を自動的に調整して同じ時間に会議などが行えるようにする機能です。
(3-2)海外向けの売上が日本を上回るのはいつ頃か?
→難しい質問で社内でも目標値は持っていない。というのは日本国内の売上もまだ伸ばせると考えているからです。クラウド化で今まで取れなかった顧客も獲得できるし、先ほど見てもらった「kintone(キントーン)」なども投入していく。海外ではまだ実験規模の売上で、上海は黒字化したものの全体の売上に占める割合は1〜2%程度です。海外売上が10%くらいになってきたら目標を掲げていきたい。
(4-2)今後海外展開を進めるには外国人の採用も必要なのではないか?
→(山田理取締役 人事・財務担当)上海では45名の中国人メンバーが開発を行っている。ベトナムでも21名のベトナム人が開発にあたっている。国内でも数名の外国人社員がいる。今後の海外展開を睨んで現地を理解できる社員も増やしている。海外で事業展開するには現地採用が重要だと考えている。サイボウズでは採用にあたって日本人・外国人などの区別は考えず、世界中にグループウェアを広げ、チームワークの向上に貢献するサイボウズ人を世界中から集めていきたいと考えているし、そうした人々が働きやすい会社を作っていきたい。
(5-3)(女性)女性が使えないとユーザー数は伸びないと思う。特に主婦層などは未開拓だと思うので、主婦層でも使えるようなサービスが必要ではないか?
→主婦層にはサイボウズLive中心に浸透させていきたい。20名までは無料で使えるので、主婦層の方にも適していると思う。サイボウズはビジネス寄りに展開してきたので、デザインなどは少し堅くて取っ付き難いかもしれない。まだ発展途上なので使いやすいように改善していく。
(サイボウズLive担当者)まずは携帯向けの機能強化を考えている。今後もバージョンアップしていくので期待して欲しい。
(6-4)損益計算書を見ると原価率が非常に低いがなぜか?逆に販管費率は高い。
→(山田理取締役)原価の内訳は人件費の割合が高い。安い原価で作った商品がたくさん売れると原価率は低くなる。ソフトウェアはCD−ROMに焼くだけなので原価率は低い。さらにダウンロード販売も伸びているのでさらに原価率は低くなる。販管費については、開発以外の人件費が多い。売上にまだ貢献していない開発費なども含まれる。広告を積極的に行っているので、広告宣伝費の割合も高い。あとは地代・家賃で、これらで多くの部分を占めている。
青野社長)パッケージソフト販売の場合、すべての開発費が原価に入るわけではない。基礎的な研究開発費などは原価ではなく販管費になる。
(7-4)株価が低迷しているが現状の株価をどう考えているのか?IR活動への取り組みは?
→株価が低迷していると認識している。歴史的に見ても低水準だと思う。ただ株価はマーケットが決めるものであり、会社としてできるのは今行っている投資を業績につなげることだけです。40億円の手元現預金に対して時価総額は80億円ほどなので、自社株買いも選択肢と考えている。10億円くらい自社株買いをすれば効果は大きいと思うので、今後社内で検討していきたい。
注記)株価が低迷すると自社株買いをして株価を上げろexclamation×2という声が高まりますが、私は自社株買いには一時的な効果しかないと思っています。確かに自社株買いが行われている間は株価が下げ渋ったり上がるかもしれませんが、自社株買いが終わればまた元に戻ってしまうことが多いと思います。投資家が求めているのは会社の成長であり、自社株買いはもう有効な投資先がない場合や、1株当たり純資産を大幅に下回っていて自社株に投資した方がメリットが大きい場合などに限られると思います。自社株買いは株価が安いと会社側が考えているというアナウンスメント効果や、自社株を消却すれば1株当たり利益が上がるから株価が上がるなどと説明されますが、本業が成長し継続的に利益が伸びていかないと、一時的な効果しか期待できないと思います。将来の成長に向けた投資に回したり、今回のように配当に回した方が株価に対するインパクトは大きいと思います。


(8-5)先ほど地震の影響はほとんどないと説明があったが、3月の対前年売上は大きく落ち込んでいる。これは計画通りの落ち込みということなのか?
→(中原裕幸執行役員 営業本部長)3月の売上は予算比では82%程度だった。継続サービスの売上が6割を占めているが、残りの新規案件部分が震災の影響を受けている。客先の稟議処理などが止まり導入時期が遅れるなどの影響が出て、3月の売上は計画を下回ったが、案件自体が無くなったわけではなく時期がずれただけであり、四半期ベースや半期ベースでは調整できると考えている。
(9-5)40億円の手元資金について、自社株買いも検討していると説明があったが、バランスシートを見ると有価証券20億円が登場している。他社ではリスクの高い有価証券に投資して失敗する会社もあるが、余資運用はどのように考えているのか?
→リスクの高い運用はせずに、安全性の高い現預金で運用していく方針です。バランスシートの有価証券20億円は譲渡性預金であり、現預金と変わらないと考えてもらっていい。
(10-5)サイボウズモバイルKUNAIクナイを第3の柱に育てていくと説明があったが、グーグルも Google Appsとアンドロイドに力を入れていて、グーグルと真正面からぶつかる様に感じる。勝算はあるのか?
さすがに正面衝突するとかなわない相手だと思うので、時代の流れには乗りながらも自分達らしいポジションを取っていきたいと考えている。グーグルさんは検索エンジンや広告収入が中心で、ビジネス向けでの信頼感はまだまだだと思う。Google Appsはサイボウズの提供するグループウェアとは全く違っていて、Gメールが中心でカレンダーを拡張したような製品です。これはサイボウズの目指す方向とは反対です。サイボウズはNo E−mailを進めていて、Eメールの限界を感じている。サイボウズは掲示板型の情報共有ができるスケジューラーを中心に展開しており、差別化できると考えている。グーグルは強敵だが、情報共有の分野では差別化を図ることで生き残っていけると考えている。と言っても結果が出てこないと信じてもらえないでしょうが、私たちはそう信じてやっていく。
(11-5)説明は分かるが、グーグルもビジネス向けにも力を入れてくると思う。ロータスが2位だと説明があったが、グーグルとロータスが手を組んだりしたら脅威ではないか?正面からぶつかるより提携するなどの方向もあるのではないか?
→アメリカでは大手のソフト会社に集約が進んでいて、サイボウズのような中小規模のソフト会社は大手に吸収されている。IBM、HP、グーグル、マイクロソフト、シスコ、こういった超大手のIT企業がさらに巨大化している。そのような中を我々のようなネズミのような小さな会社がどうやって荒波を生きていくか?というようなイメージですわーい(嬉しい顔)私たちも巨大な企業同士の戦いをうまく利用したいと思っている。マイクロソフトとの提携もその一環で、マイクロソフトからも喜ばれている。サイボウズのような会社がマイクロソフト陣営に参加して、マイクロソフトのために開発をしてくれる、というのは彼らにとってもポジティブなニュースであり、我々も多大な貢献をしてもらっている。こういった大手企業との提携は今後も進めていきたい。
サイボウズ2011年株主総会
注記)個人的な感想ですが、グーグルも個人向けを中心とした検索や広告ビジネスから、ビジネス領域への進出に力を入れているように感じます。電算システムの説明会でも企業向けにGoogle Apps for Businessの販売やカスタマイズ開発に力を入れていくと説明がありましたし、中小企業を客先に持つ会社と提携して企業向けを開拓しています。クラウドを利用した企業向けのソフト提供というビジネスモデルは、一番グーグルが力を入れているように感じます。今は有償ですが、アンドロイドみたいに戦略的な価格戦略を取ってくるかもしれません。先週はACCESSの株主総会に参加しましたが、分野は違っても同じような状況に直面している様に感じました。ACCESSはグーグルのAndroidと真正面から勝負し、結局は主力のALPの開発継続をあきらめました。このあたりの戦略転換を間違うと厳しい結末が待っていると思います。サイボウズはマイクロソフトとの提携を選んだわけですが、ウインドウズ自体がグループウェア的なものを取り込んでいく方向もあるので、これも必要な提携だと思います。ただこれだけでは不十分で、グーグルなどとも部分的な提携が必要なのではないかと感じます。ACCESSとサイボウズの株主総会に参加して感じたことなどは、別途まとめてみたいと思っています。
(12-NET)ネットからも同じような競合状況についての質問が来ている。サイボウズLiveはフェイスブックのような強敵に勝てるのか?どんな点が優れているのか?
→14年間グループウェアの事業を行ってきたが、本当に競合が厳しい世界だ。最初はIBM、マイクロソフトが強敵で、やっと日本では勝てたかなと思ったら次はグーグルです。ネットに出るとフェイスブック、何とも言えないつらい気持ちになる(笑)サイボウズLiveとフェイスブックとの違いは、情報がオープンになるかどうかです。フェイスブックは人脈や書き込みなどがすべてネット上でオープンになる。それも素晴らしいが、オープンにするのが適さないような部分もある。人脈をクローズにしたい、この人とのやり取りは他の人には見られたくないなどのニーズもたくさんある。サイボウズLiveはこうしたニーズにも対応しており、グループ内のやり取りはグループ内の人しか見れないようにしている。こうした違いでフェイスブックとは違うポジションが築けると思っている。インターネット=オープンと言われているが、次の時代のインターネットはオープンな世界の中にクローズな集まりがたくさんできている、そんなイメージになってくるのではないか。その意味ではサイボウズは早く取り組んでいると考えている。
(13-NET)配当を増やしたのは成長を諦めたのか?もう投資先はないのか?
→厳しい質問だが、そうではない。成長を諦めるくらいならサイボウズを閉じてもいいと考えているくらいだ。サイボウズはやっと日本のごく一部の会社にサービスを提供できるようになった段階であり、世界中にサービスを提供していきたい。そのためにも成長は決して諦めない。配当を増やしたのは、サイボウズを支えてくれる株主の方々にもっと長く、もっと大きく支えてもらうためです。株主の皆様にはこの点をしっかりとご理解いただき、サイボウズ製品のご利用、利用促進にご協力をよろしくお願いしますわーい(嬉しい顔)


以上で質問も出尽くし、質疑応答は終了となりました。
青野社長をはじめ、質問には丁寧に答えていて好印象でした。応援したいという気持ちになりましたが、社長が言っていたように非常に厳しい業界で日夜戦っています。こういった会社の将来像を描くのは本当に難しいと感じています。戦略がうまくいけば大きく成長する可能性がある一方で、一夜にして状況ががらっと変わってしまうこともあり得ます。応援はしたいんだけど投資判断が難しい会社だな〜という印象でした。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 00:03 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

ACCESSでアクセスUP

4月20日(水)に参加してきたACCESSの株主総会ですが、ACCESSは投資家に大人気なんですねるんるん
金、土と2日かけて株主総会と事業説明会のレポートを完成させましたが、過去の株主総会レポートの中でも最高のアクセスを記録していますexclamation×2
まさにACCESSでアクセスUPグッド(上向き矢印)です(笑)
多くの人に読んでもらえると株主総会レポートをまとめる励みになりますし、一睡もできない夜行バスあせあせ(飛び散る汗)で東京まで行った甲斐があるというものです。ブログをご覧いただいたみなさん、本当にありがとうございます。
他にも多くの会社の株主総会レポートを掲載していますので、ぜひ他の会社の株主総会の様子もご覧くださいね。面白い会社が見つかるかもしれません。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めですぴかぴか(新しい)


ブログアクセス
ACCESSの株主総会レポートを掲載したのは22日金曜日の深夜ですが、翌日の23日土曜日には普段の倍近い1,000人以上の方々に訪問いただき、ページビューも3,500ページ近くに達していますexclamation×2
では、その23日(土)にどのページがよく見られたのか?をランキングしたのが下記の表です。
23日にアクセスが多かったページベスト10です。
ブログアクセス
第1位はトップページですが、2位・3位は圧倒的な差を付けてACCESSの株主総会レポートが並んでいます。23日にはACCESSの事業説明会の様子をまとめた、ACCESS株主総会レポート〜その3を作成中だったので、その3はランキングには登場していません。翌日の24日付けのランキングでは、ACCESS株主総会レポート〜その3が堂々の第1位に輝いています。


これだけ多くの方々が見てくれたということは、それだけACCESSに対する関心が高いということですし、ヤフー掲示板に寄せられたコメントを見ても、ACCESSのこれからに期待している株主や投資家が多いことが伺えます。
ACCESS経営陣の方々や社員の方々には、こうした株主の期待に応えられるように、次なる成長のための基盤をしっかりと作って欲しいですね。技術力に加えて、それをきっちりと利益に結び付けられるような仕組みを構築して、株価も最高値を更新できるような会社に創り変えていって欲しいと思います。
それにしても初日に700件近いアクセスがあるとは本当に驚きましたわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

イオンモール、お前もかっ!

4月23日(土)にイオンモールから株主総会の案内が届きました。かなり分厚い封筒で、配当金の計算書も入っていました。イオンモールも株主総会前に配当を支払っているんですね。
お前もかっexclamation×2というのは、株主総会の案内とともに中に入っていた水色のうすい紙切れについてです。
イオンモール株主総会
上記写真の通り、今年度につきましては諸般の事情により、株主懇親会を中止させていただくことにいたしました、ということのようです。村上社長、懇親会中止は残念すぎますもうやだ〜(悲しい顔)
3月に開催された株主総会でも、懇親会を中止する会社が何社かありましたが、5月開催の会社でもまだ自粛ムードが続いているんですね。
先日も株主総会仲間の方々と、最近の株主総会招集通知にうすい紙切れが入っているとドキッ揺れるハートとするよね〜などと話していたばかりなんですが、イオンモールでもドキッとさせられるとは!同じうすい紙切れでも、株主総会後に役員も参加する懇親会を行いますので、ぜひ最後までご参加くださいという案内もあるんですけどねわーい(嬉しい顔)

イオンモールの株主になったのは最近のことですが、なぜ22万円もかけてイオンモールの株主になったかというと、なにを隠そう株主懇親会が楽しみだったからですわーい(嬉しい顔)
それなのにその懇親会がなくなってしまうとは...残念です。
イオン関連の会社は幕張近辺で株主総会を行うので、東京からさらに千円以上の交通費がかかります。それでもイオンモールの懇親会に行ってみたいな〜と思って株主になったのに、今年は中止とはねぇあせあせ(飛び散る汗)
昨年の株主懇親会では、
 懇親会来年もやってね!って役員さんに言ったら、大丈夫ですよ〜、って言ってくれたよ〜るんるん
というやり取りがあったようで、役員の方々の言葉を信じていたのに(笑)
こちらの 次項有 ようこりんのブログ イオンモールの総会 を参考にさせていただきました。


株価も下がっているし、今のところ踏んだり蹴ったりという感じです。
イオンモール株主総会
イオンモールは業績も悪くないし、懇親会を自粛する必要があるのか少し疑問に感じますね。
あまりにも自粛ムードが長く続くと、個人消費が低迷しイオンモールも業績にも影響が出てしまうと思います。ここは敢えて懇親会を開催し、何かチャリティーイベントを開催するくらいの姿勢を見せてほしかったですね。イオンモール自ら自粛ムードを長引かせるようなことをするのは、よくないんじゃないかな〜と思うんですが...
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 21:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月23日

ACCESSアクセス(4813)2011年株主総会レポート〜その3

2011年4月20日(水)10時から、東京都飯田橋のホテルグランドパレス2階 ダイヤモンドルームで開催されたACCESSアクセス(4813)の第27回定時株主総会に行ってきました。
このページでは、次項有 ACCESSアクセス(4813)2011年株主総会レポート〜その2 に続いて、午後から開催された事業説明会の様子をまとめていきます。

午前中は10時から12時頃にかけて株主総会が開催され、1時間ほどの昼食休憩を挟んで13時過ぎから事業説明会が開催されました。株主総会終了後に出口で議決権行使についてのアンケートを係員に渡し、お土産の雑誌が入った袋を手渡されます。そして2階の会場から食事が用意されている3階に向かいます。30分が経過すると帰る株主も目立ち始め、13時前になるとほとんど誰もいなくなって、係の方々も片付けを始めていました。いったい何時まで居座わっとるんじゃ〜と言われそうですが、椅子もあったのでお喋りに花を咲かせ、長居してしまいましたわーい(嬉しい顔)
最初は大混雑で料理を取るのも大変でしたが、徐々に落ち着いてきてゆっくりできて良かったです。
そんな感じで13時少し前に2階の会場に戻ってくると、入り口で事業説明会の資料と紙パックジュースを渡されました。ジュースは、お茶、コーヒーなど5〜6種類が用意されていました。ACCESSの株主総会は長丁場ですが、至れり尽くせりでありがたいですね揺れるハート
出席者数は予想通り1/3くらいに減っています。昼ご飯を食べて満足し帰ってしまった人がたくさんいました。その分最後まで残った株主にはひとこと言いたい人が多いわけで、質疑応答ではけっこう厳しい質問も出ました。質問数に制限もなかったので、1人で5個くらい質問している人もいました。
事業説明会のスケジュールは下記の通りです。
 13:03〜13:28 事業説明会 鎌田富久社長から説明
 13:28〜13:38 石黒邦宏執行役員から開発商品のデモンストレーション
 13:38〜14:46 質疑応答 質問者10人 計24件 68分
壇上には鎌田社長以下社内取締役3名と事業部長を兼ねる執行役員6名の合計9名が出席していました。
まず鎌田社長から1人ずつ紹介があり、その後鎌田社長からのプレゼンテーションになりました。
基本的には株主総会の中で行われたプレゼンテーションを、もう少し詳しく説明した感じでした。続いて開発部門統括の石黒邦宏執行役員から、開発商品のデモンストレーションが行われました。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)3本の柱は分かったが、それぞれの市場規模や現状のシェア、目標とするシェアなどが分からないと株主としては納得できない。ACCESSはこういった具体的な説明が足りない。
→サービス・イネーブラビジネスは新しく始めた事業なので、現状のシェアはゼロです。まずは事業基盤を作っていくことを目指す。今期は10億円くらいの売上を目標としている。ターゲットとしている出版分野の市場規模は、3,900社の出版社がひしめき2兆円の規模です。株主総会の中でも説明したように、中小の出版社では単独で電子出版のシステム投資を行うのは難しいので、パッケージとして提案すれば、採用される可能性が高い。
受託開発・ライセンスビジネスについては、下がる部分と伸びる部分がある。日本国内のガラパゴス携帯は2割くらい減っている。国内での受託開発部分では70億円の売上を計画しているが、ラクな目標ではない。ただ新たな開発費はあまりかからないので、しっかりと利益を上げていく。海外は40億円の計画で、情報家電向けなど海外を伸ばしていく。
ネットワークソフトビジネスについては子会社のIP Infusionで手掛けており、35〜40億円の売上を計画している。
(2-2)もっと具体的にシェア目標や利益目標を開示してもらわないと納得できない。ACCESSは技術の説明中心で利益に対する意識が足りないのではないか?
→今後は事業部ごとに利益なども開示できるように検討していく。中期的な成長計画も作成し開示していきたいが、まだ内容を検討中であり、1年くらいかけて詳細を詰めていく。
(3-2)新事業年度に入っているのに事業計画が出来ていないという説明は納得できない。
(4-2)震災の影響についても説明がない。
→携帯メーカーや携帯キャリアが春に発表予定だった製品・サービスの発表が後ずれしている。メーカーでは部品が揃わず発売が延期になったりしている。広告の出稿を自粛する動きなどもあり、10億円くらいの影響があると見て、業績予想に織り込んでいる。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん

(5-3)(女性)すべての機器をネットにつなぐというACCESSのスローガンは変わっていないのか?
→基本的な考え方は変わっていない。家電や自動販売機などもネットにつなげていきたい。
(6-3)サービス・イネーブラは誰が名付けたのか?
→取締役会で議論して決めた。
(7-3)競合他社はどこか?
→サービス・イネーブラは新しい分野なので、これから競合が出てくると思う。その前に早く事業を拡大したい。携帯ブラウザではヨーロッパのオペラ社が競合先になる。小さな会社だがニンテンドーDSでブラウザを取られた。今回取り返したが、ヨーロッパで競合している。
(8-3)海外の状況は?昨年までは外国人の役員もいて海外の地域別状況も説明していた。
→(大石清恭 海外事業グループ担当)受託ビジネスは伸びる。海外ではまだデータ通信が始まったばかりの国もある。ネットテレビもこれから普及していく。ヨーロッパでは現地のパートナーとも非常にうまくいっている。サービス・イネーブラ事業もアメリカで大きなディールが取れたので、早く伸ばしていきたい。国別の状況は全般的に伸びるが、その内容は国別に異なる。韓国も規模は大きいが、伸び率では中国や台湾のオペレーターが大きく伸びる。
→(楢崎浩一 ネットワークソフト事業部担当)IP Infusion Inc.は昨年20億円の売上で日本2割・海外8割だったが、今年は40億円に伸ばす計画で日本も伸びるが海外の伸びの方が大きいので、1:9くらいになる見込み。携帯メールや携帯でのWebブラウズには、どこかでIP InfusionのZebOS(ゼボス)が使われている。通信機器メーカー大手のサムスン、LG、中国のファーウェイ (華為)、ZTEなどで使われており、今後も伸ばしていく。日本でもクラウドが話題になっているが、クラウドが進むとZebOSが使われる機会が増えるので、今後も確実に伸びていく
注記)米国子会社のIP Infusionが手掛けている事業は、ZebOSにしてもスマートグリッド関連のソフト開発にしても、今後伸びる可能性が高そうで期待できると感じました。ネットワークソフト事業についてはかなり期待できそうですねぴかぴか(新しい)IP InfusionをM&Aしておいて本当に良かったですね。
(9-3)本社を移転したが来年の株主総会はどこで行うのか?便利な都心でやって欲しい。
→来年の株主総会については、まだ決めていません(笑)
注記)私もぜひ都心での開催をお願いしたいですね。千葉だと余計に交通費もかかって大変ですもうやだ〜(悲しい顔)
(10-3)ずっとお願いしているがIR活動にもっと力を入れて欲しい。ACCESSが会社説明会を開催したという話を全く聞かない。IRを行わないから株価も下がる一方だ。
→まずはスムーズな情報開示に注力する。プレスリリースの見せ方も工夫していく。ACCESSの担当アナリストも多くないので、理解してもらうよう力を入れていく。
注記)どうも機関投資家向けやアナリスト向けのIR活動に力を入れていくようで、個人投資家向けのIRはあまり頭にないようです。事業内容が専門的なので個人投資家には理解してもらうのが難しいと考えているのでしょうか?あるいは大口の投資家に東京電力や財務大臣の持ち株を引き取ってもらう必要があるので、機関投資家向け中心のIR活動にならざるを得ないのかもしれませんね。
(11-4)ALPを断念したということだが、まだALPを活用できる国もあるのではないか?
→確かにそう思う。ローカルのニーズを吸い上げて自社技術をどう活かせるか考えていく。
(12-4)サービス・イネーブラと言っても、電子出版にしてもスマートグリッドにしても、多くの会社が前面に打ち出して取り組んでいる。市場が大きいのは分かるがACCESSに何ができるのか?
→日本では書籍流通が特殊で電子化のスピードが遅く、多くの会社が苦戦している。アマゾンがなんとか切り崩そうとしている。アメリカでは電子化が進んでおり、日本でも今後進んでいくと考えている。


(13-5)なぜALPがアンドロイドAndroidに負けたのか?昨年の株主総会では、携帯電話の原価に占めるOSの割合は低いので、無償になってもあまり影響はないと言っていたではないかexclamation×2
→1年前はALPが活躍する場もあると思っていた。それがアイフォーンiPhoneに対抗するため、予想以上にメーカーがアンドロイドに傾いてしまった。無料というインパクトは予想以上に大きくて、ACCESSだけではなくて他社も苦戦している。ノキアもアンドロイドに対抗してシンビアン(ノキアが開発した携帯用のOS)を無償にしたが、ほとんど採用されなかった。マイクロソフトも苦戦している。歴史に「もし」はないが、いまから考えるとパームを買収した時にオープンソースにしていれば、先駆者として成功できたのかもしれないとは思うが、381億円の投資を無償で提供する判断はできなかった。
(14-5)ライセンス販売については今後も可能性があるのか?
→27期は34億円のライセンス収入があった。他のベンダーからも使いたいという話は来ているが、契約が決まらないと発表できない。スマートフォン関連の特許を保有しているのは有利な状況です。
(15-5)イスラエルの会社と提携するのは珍しいが、ELSEとの関係を教えて欲しい。
→ELSEはイギリスのロンドン市場に上場している会社で、ELSEブランドの携帯を開発して販売する計画だった。たくさん販売してロイヤリティを獲得する計画だったが、開発が中止となり特損計上となった。
(16-5)アメリカで楽譜を電子化するとのことだが、楽譜より教科書などの教育分野の方が市場が大きいのではないか?
→教育系の出版社とも話をしている。積極的に進めていく。
(17-6)パーム買収が381億円で、先ほど450億円ほど回収したという説明なので、損はしていないと考えていいのか?
→買収以降もALPの開発費もかかっており、回収は十分ではない。これからもライセンス収入などを伸ばして、回収を図っていく。
注記)450億円の中には開発コストがかかっているものが220億円含まれているので、この部分については開発費などを除いた利益分が回収対象になると思います。その他の231億円分はほぼそのまま回収金額として計上しても問題ないと思います。この分だけでも60%は回収できていますね。
 ドコモオペレーターパック213億円 開発コストあり
 パームOSのライセンス収入119億円 ほぼ全額回収
 パーム保有の現金78億円 全額回収
 特許ライセンス収入34億円 ほぼ全額回収

 1stELSE開発費収入7億円 開発コストあり
(18-6)半分くらいは回収できたと考えていいのか?
→ALPには毎年50億円くらいの開発費をかけていたが、半分くらいは回収できたと思う。
(19-7)ライセンス収入は1回限りなのか、継続収入なのか?
→一括ライセンスと台数に応じた契約などいろいろな契約パターンがあるが、一括契約の部分が多い。
(20-7)幕張に移転したオフィスは(地震は)大丈夫だったのか?
→かなり揺れたので、翌週は自宅待機にして専門業者に建物をチェックしてもらった。問題ないことが確認できている。
(21-8)事業説明会からの参加なので、株主総会で質問があったかもしれないが、現預金が多いが投資などの活用方法を教えて欲しい。
→株主総会でも説明したが、今後M&Aや出資が必要になってくるので、慎重に使っていきたい。
(22-8)設備投資の詳しい計画について教えて欲しい。
→ACCESSはソフト開発が中心なので、工場などの設備投資は必要ない。資金は海外事業を伸ばしていくために使っていく。昨年インドに子会社を作ったが、今後はブラジルやインドネシア、フィリピンなどに拠点を作る可能性が高い。いまは出張ベースで対応しており効率が悪い。
(23-9)上場の頃からの株主で株主総会にも参加しているが、今日の説明会はとても良かった。これからアクセスがまた大きく飛躍することを祈っています。なぜかアクセスには惚れ込んで、上場当時からずっと株を持っている。企業はこういった時期を乗り越えて第二の成長期を迎えるのだなと感じている。一方で株主はあまり変わっていないと思う。今までの株主にはこだわらず新しい株主を獲得していく必要があるのではないか?過去の話よりも明るい未来や今後アクセスが豊かな地球生活のためにこんな貢献ができる、というような前向きな話を多くの人に伝える必要があるのではないか?投資家は目先のことに捕らわれすぎていると思う。今日のような話をもっと一般の方々にPRすれば、ACCESSのためにもなるのではないか。もっと多くの人に伝えていき、輪を大きくしてほしい。株式投資は未来に向けて投資するのだから、アクセスの明るい未来についてもっと伝える必要があると思う
→ありがとうございます。たいへん暖かいお言葉をいただき、我々もこれを再出発として頑張っていきたい。株主の方々にはご心配をおかけしていることが多いが、なんとしてもここをやり切り乗り大きく成長していきたいと思っているので、引き続きよろしくお願いします。
(24-10)私も比較的長く株主をしているが、先ほどの方のような気持ちにはなれない。アクセスは技術は素晴らしいが利益が付いてこない。最初に具体的な利益計画を示して欲しいという質問があったが満足いくような回答はなかった。やはり企業は利益あっての企業だ。この点を鎌田社長には強く注文したい。技術に惚れる、世の中の役に立つことももちろん大事だが、利益が出なくては意味がない。ニンテンドー3DSを取れたのは素晴らしいと思うが、利益が伸びる、会社が大きくなるということをもっと強くPRする必要がある。京セラの稲盛会長は大和証券を通じて会社が大きくなるということを全国に言いまくっていた。ところが鎌田社長の話はいい技術、いい技術という話ばかりで売上や利益の話がない。ELSEが発表になった時の鎌田社長の嬉しそうな顔を覚えているが、結局はだめになった。一方ELSEの株価は上下を繰り返していたが今は新高値を更新している。
IRに力を入れろと言う指摘もあったが、利益が出ない会社がIRをしても意味がないexclamation×2事実はしっかりと情報開示していく必要があるが、一番大事なのは全社一丸となって利益をどれだけ追求できるか、それが一番重要だと思う。そのような意識を持ってほしい。前の方の発言には非常に不満足だ。こんな会社では存在する意味がない。利益がちゃんと出て、将来利益が100億、150億になる、そして世の中のためにもなる、そんな会社ならいくらでも株を持ちたい。ところが利益に対する考え方が鎌田さんからは全く感じられない。いくら新しい技術を発表しても、それが利益に結びつかなければ、少しも株主のプラスにはならない。利益をもっと意識して欲しい。(会場から大きな拍手
→もちろん利益を出していくのは基本だと思っている。今期は16億円の利益を目標にしているが、人員削減の特損を織り込んでもしっかりと利益を出していこうとしっかり取り組んでいる。来期以降はさらに継続的に利益を上げられるようにしていこうと考えている。これだけ多くの人員削減もするわけですから、経営陣一同肝に銘じて取り組んでいく。
 14時45分になり、あと1〜2人くらいは質問が受けられますがとの議長発言
しかし質問者はなく、以上で質疑応答は終了となりました。
最後の最後で対照的な意見が出てきましたね。
両者の言い分にはなるほどと思う点がありますが、確かに利益も出ないような会社が不確実な明るい未来を語って新規の株主を増やすというのは危険なことです。その明るい未来が実現できればいいですが、ALPのようにだめになってしまうと、IR活動が結果として被害者を量産することになってしまいます。
最後の2人の株主の発言を聞いていて、ACCESSは日々の出来高も多く人気のある銘柄なんですから、まずは有言実行でしっかりと業績を上げていくことが一番大事なんだな、と強く感じました。


厳しい指摘も出ましたが、ACCESSは朝の10時から午後3時までという長い時間をかけて、会社の現状と将来について語り、株主との意見交換にも積極的に取り組んでいると思います。事業領域が変化の激しい分野ですから、なかなか思い通りに進まない部分もあって悩ましいのだろうと感じました。ACCESSは良い技術を持っているのに、開発に時間がかかったり提携戦略などが少しずれていて、苦戦しているように感じます。変化の激しい分野で生き残っていくには、環境の変化を上回るスピードで自らが変わっていかないと、後塵を拝することになってしまうと思います。
今回説明した戦略や保有している技術をスピード感を持って投入し、有効な提携戦略を実行して業績の拡大につなげていって欲しいと感じました。
ACCESSの事業内容についてはあまり詳しくなかったんですが、製品展示室で説明を受けたり、事業説明会に参加することでとても勉強にもなりました。最後から2番目の株主の方ように、私もACCESSの再成長を期待して今後の動向を見守りたいと思います。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 23:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ACCESSアクセス(4813)2011年株主総会レポート〜その2

2011年4月20日(水)10時から、東京都飯田橋のホテルグランドパレス2階 ダイヤモンドルームで開催されたACCESSアクセス(4813)の第27回定時株主総会に行ってきました。
このページでは、次項有 ACCESSアクセス(4813)2011年株主総会レポート〜その1 に続いて、後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
ACCESSアクセス2011年株主総会
アクセスの株主総会では、受付で議決権行使についてのアンケート用紙と、本日の進行予定・会場案内などが書かれた用紙が渡されました。今回から議決権行使結果について、東証などに報告が必要なようです。
今までの議決権行使結果の集計は、事前に郵送で議決権行使を行った分については、事前に会社側で行使結果を集計しています。株主総会に出席して議決権を行使する分については、議案の採決時に議決権を行使する建前になっています。議決権行使は最終的な意思表示が優先されるので、議決権行使書にマルやバツを付けて受付に提出しても、その意思は無効になってしまいます。株主総会の中で議案の採決があり、そこで最終的な意思表示を行うことになるからです。ただ、株主総会での議案の採決は拍手方式が大半であり、実際の個々の賛否状況は分かりません。さらに言えば、取締役選任議案などでは、1人ずつ賛否を確認するのではなく一括して賛否を表明させています。つまり株主総会の中では、個々の取締役に対して賛否の意思表示をするのは不可能です。
なぜこんないい加減exclamation&questionな採決で大丈夫なのかというと、事前に大株主の賛成を集めているので、可決に必要な議決権数は株主総会開始前には確保できています。つまり、もし出席した株主が全員議案に反対でも、議案は可決となることが決まっています。なので事前に株主総会決議通知を印刷して、株主総会後すぐに株主に郵送できるわけです。
しかし中には賛否が拮抗していて、株主総会の場で最終的な可決・否決が決まる場合もあります。最近では2010年のサッポロホールディングスの株主総会がそうですし、来月開催のパルコの株主総会でもそうなる可能性がありました。会社側と大株主が揉めていると、事前の賛成が得られず、委任状の争奪戦プロキシファイトになったり、株主総会の中で厳密に賛成と反対の議決権数を集計して可否を争う場合もあります。実際に集計するとなると大変な作業になります。1人1人持っている議決権数は異なるので、1人ずつ賛否を確認して議決権ベースでの賛否を集計しなければなりません。出席者数が多ければ膨大な時間がかかります。
株主総会の出席票も通常とは異なり特殊な形になります。サッポロの場合は下記の記事をご覧ください。
   サッポロホールディングス(2501)2010年株主総会レポート〜その3
本来であればこのような出席票を用意して、ひとりずつ賛否を確認して集計する必要がありますが、膨大な手間がかかるので、上記のようなアンケート用紙で株主総会出席者の賛否を確認することにしたようです。それでも全員が協力するのか分かりませんし、なんか無駄なように感じてしまいます。
無駄と言えばアンケート用紙には鉛筆が付いていましたが、筆記用具くらい持ってきている株主も多いと思うので、必要な人は持っていけるように用意しておけば十分だと思いました。こんな携帯鉛筆なんて貰っても使い道がないですし。
それでは後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
ACCESSアクセス2011年株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(9-6)パームの特許収入はいつ頃まで見込めるのか?
→スマートフォン関連で200件ほどの特許がある。個々に有効期限は異なるが、だいたいあと8〜10年くらい有効です。アクセスグループ合計では、申請中のものも含めて650〜700件くらいの特許がある。当社くらいの規模の企業としては非常にたくさんの特許を取得していると思う。
(10-6)今期200人の人員削減を発表しているが、効果はどの程度か?
→人件費の削減効果は9.3億円くらいであるが、今期は割増し退職金などの特損9.5億円を計上するので、プラマイゼロとなる。来期以降はコストダウン効果が出てくる。
(11-6)今後も不採算事業は撤退していくのか?
→メリハリをつけるため今期からは事業部制を採用した。事業部の成果については、マイルストーンを設けてしっかりチェックしていく。達成できない場合には撤退も含めて取締役会で議論していく。
(12-7)NetFrontネットフロントシリーズの搭載台数推移をどう見ているのか?
→(スライド使用)昨年は1.4億台に搭載されたが、今後も搭載台数を伸ばしていきたい。任天堂の携帯ゲーム機ニンテンドー3DSにも採用されたので、その他の海外も含めて今期は1〜2億台は搭載されると考えている。


(13-7)財務大臣や東京電力が大株主であり、これらの持ち株が売られるのではないか?ということで需給悪化要因になっている。会社側としてどう対処していくのか?自社株買いなども検討しているのか?社外取締役の方々はどう考えているのか?
→すぐに売却するとの話は聞いていない。売却については会社側ではコントロールできないので見守るしかない。自社株買いについては、いまアクセスは大きな事業転換の最中であり、今後M&Aや出資などの資金需要が発生する可能性もある。手元資金をどう使うのかは慎重に判断していきたい。
社長が力不足なので社外取締役の方々にはいつもアドバイスを頂いている。コメントをお願いします。
宮内義彦 オリックス取締役兼代表執行役会長・グループCEO)社外取締役の役割は、株主・マーケット目線で取締役を監視し、見守るのが役目です。アクセスはALPで走ってきた会社なので、ALPをなんとか成就させたいという気持ちが強かった。ただマーケットの変化がそれ以上に速かった。社外取締役が話し合い、ALPからの転換を促した。
大株主についての質問ですが、財務省は株価低迷中には売らないと思う。会社が再度成長して株価が上がってきてから売るのではないか。今後M&Aの可能性もあり、手元流動性を高める必要があるという会社側の判断は正しいと思う。
新浪剛史 ローソン代表取締役社長CEO)社外取締役で話し合い、戦略を転換して再成長を目指すよう促した。人員削減というリストラも経営陣としては難しい判断だが、戦略を大幅に転換するためには必要です。自社株買いについては、企業の成長性を示し評価を高めないと、自社株買いをして一時的に株価が上がってもすぐに元に戻ってしまうと思う。
三石多門 ドコモ・モバイル代表取締役社長)いまのアクセスは、U字型・V字型で再成長することが一番重要だと考えている。
ACCESSアクセス2011年株主総会
社外取締役の方々から考え方が聞けたのはとてもいいことですね。以前から社外取締役は著名人だが実際に機能していないのではないか?という指摘を受けていたようですが、今回のALPをやめるという大きな事業転換は社外取締役が先導して決断を促したと強調していました。昨年の株主総会では宮内義彦氏に対し、アクセスの事業内容を理解しているのか?という質問もあったようです。そんな経緯もあって、今回は我々が意思決定を主導したと強調したのかもしれません。
私の個人的な感想ですが、メンバーの経歴を考えると三石多門氏が今回の意思決定をリードしたのではないかと感じます。一番携帯電話ビジネスの方向性に詳しいですからね。
一方で今回のALP撤退に伴い業績が大きく悪化し、責任を取る形で役員報酬の大幅削減が発表されています。ただ社外役員は役員報酬削減の対象になっていません。ここ数年、社外取締役の役員報酬総額は1,440万円で変わっていません。1名は無報酬と書いてあるので、残り2名の方々はずっと720万平均をもらっていることになります。誰が無報酬なのかは書いてありませんが、過去の経緯を見ると三石多門氏が無報酬のようです。残り2名の方々は本業で多額の報酬を得ていると思いますが、業績の悪化した会社から変わらず報酬をもらい続けるのはどうなのかな?と疑問を感じます。とはいえ2名の方々を前にしてこんな質問をする勇気ある株主はいませんでしたがあせあせ(飛び散る汗)
他の会社では社外取締役の報酬額は低いのが一般的です。その分ほとんど機能せずお飾りだ!とも言えるのかもしれませんが、社長は報酬ゼロにすると表明しているんですから、社外取締役の方々も少しは協力する姿勢を見せたらいいのにと感じました。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん

(14-8)(女性)今期の計画にはがっかりした。今後再成長させていくという社長の力強い言葉が欲しい。
→今後事業転換を加速させていく。3つの柱には大きなチャンスがあると思う。28期にはいったん業績が下がるが、再成長のためには基礎作りの時期も必要です。今期は再成長の基礎をしっかりと固めて、来期以降の成長を実現したい(会場から拍手)
(15-8)今まで新株予約権をたくさん発行してきたが、現状はどうなっているのか?
→昨年の株主総会でストックオプションの枠をいただいたが、業績の下方修正を行ったこともあり、ストックオプションの付与は見送った。まずは再成長の見通しをつけるのが先決だが、社員のモチベーションアップのためにも来期はまたお願いしたいと考えている。
 11時41分となり、時間も迫っているのであと1〜2人にして欲しい との議長発言あり
(16-9)取締役を2名減らすが目的はなにか?なぜこの2名なのか?
→先ほども説明したが、事業部制を採るので退任する2名は執行役員として、事業部のトップに専念して力を発揮してもらう。6人の取締役でスピードアップして判断していく。社内と社外が3対3なので、判断が分かれたらどうするんだ!と心配しているのかもしれないが、しっかりと議論していくので問題ない。
(17-9)リストラだけではなくて、方向を大きく変えたりする必要があるのでは?
→ソフトウェア開発では人が一番大事だが、キーとなるメンバーは変わらず頑張っていく。新しくアクセスのビジョンとして ネット時代をリードし、豊かな地球生活を実現する を掲げて事業展開していく。
(18-10)先代の荒川会長の時からACCESSは壮大な目標を掲げていて、私も舞い上がってしまったが。結局ALPは駄目になってしまった。携帯ブラウザも無料化が進んでしまうのではないか?
→オープンソースの流れが他社も含めて脅威になっている。グーグルは広告収入で稼いでいるので、ソフト開発費に数百億円投入しても無料で提供できてしまう。正面からぶつかっても対抗できないので、サービス・イネーブラを目指し、サービスを提供することで利益を上げていく。ソフトウェア業界の流れもそうなっている。ブラウザも将来的には同じようになる(無料化が進む)かもしれない。


   これがグッド(上向き矢印)グーグルの収入源なんですよねあせあせ(飛び散る汗)
(19-10)パームを買収してALPを開発してきたが、ALPは今後役に立たないのか?
→(スライド使用)Palmパームを381億円かけて買収したが、その後の回収状況は次の通りです。
ドコモオペレーターパック213億円、パームOSのライセンス収入119億円
パーム保有の現金78億円、特許ライセンス収入34億円、1stELSE開発費収入7億円
合計約450億円を回収
 ALP開発で培った資産は今後もいろいろと活かしていく。

以上で質疑応答は終了となりました。
午後からは同じ会場で事業説明会を行い、その場でも質問を受け付けるので、質問のある方はぜひ午後も参加してくださいとのことです。午後からの予定もあるので、毎年株主総会は12時頃の終了を目途にしているようです。
続いて議案の採決を行い、無事株主総会は終了となりました。

質問には鎌田社長中心に丁寧に答えていましたし、スライドなども用意して回答していたので分かりやすいと感じました。これだけ株価が低迷している割には、厳しい質問が少なかったように感じます。諦めて売ってしまったのか、アクセスの今後に期待している株主が多いのでしょうか?
と思ったら、午後の質疑応答は少し雰囲気も変わりましたがく〜(落胆した顔)かなり厳しいやり取りもあり、やはりひとこと言いたい株主もけっこういたようです(笑)
株主総会は2階で開催されましたが、1時間の休憩中には3階の別会場で飲み物と軽食が用意されていました。軽食と言ってもお腹いっぱいになりましたわーい(嬉しい顔)ありがとうございまするんるん
午後の説明会の様子もまとめていきます。

   ACCESS(4813)2011年株主総会レポート〜その3
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
ACCESSアクセス2011年株主総会
 やはりお寿司は熾烈な争奪戦に がく〜(落胆した顔) 写真なんか撮ってる場合じゃないです(笑)
posted by Zaimax at 00:21 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

ACCESSアクセス(4813)2011年株主総会レポート〜その1

2011年4月20日(水)10時から、東京都飯田橋のホテルグランドパレス2階 ダイヤモンドルームで開催されたACCESSアクセス(4813)の第27回定時株主総会に行ってきました。
ACCESSは、携帯電話からインターネットに接続する閲覧ソフトNetFront Browserなど、携帯端末や家電製品をネットにつなぐための組込みソフトウェアを中心に開発している会社です。
ACCESSアクセスの株主総会に参加するのは初めてです。

2011年4月20日(水)の株価 78,500円(東証マザーズ 4813) 1株単位 1月決算
PER 123.1倍、PBR 0.96倍、配当利回り 無配、株主資本比率 81.2%
監査費用 8,768万円(売上比 0.35%、営業利益比 1.94%) あずさ監査法人
株主優待 なし

   ACCESS(4813)のホームページ

   ACCESS(4813)のヤフー株価情報
ACCESSアクセス2011年株主総会
過去10年の株価推移をみると、けっこう激しい値動きをしています。2005年頃までは成長期待も高くかなり人気化していましたが、その後は時々人気化するものの低迷が続いています。
一方、業績は開発費が先行したり、パーム買収に伴うのれん償却などで赤字・黒字を繰り返しています。
   ACCESSアクセス2011年株主総会
スケジュール
10:01〜10:39 事業報告
 10:05〜10:08 監査報告 中江 隆耀常勤監査役
 10:08〜10:28 営業報告 ビデオで説明
 10:28〜10:39 今後の取り組みなど鎌田 富久代表取締役兼CEOから説明
10:39〜10:41 決議事項の説明
 第1号議案 取締役6名選任の件
   任期満了に伴い6名再任、安井俊哉氏、石黒邦宏氏は退任して執行役員専念
 第2号議案 監査役3名選任の件 任期満了に伴い3名全員再任
10:41〜11:55 質疑応答 質問者10人 計19件 74分
11:55〜11:56 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:56〜11:58 取締役紹介 鎌田社長から名前のみ紹介
11:58〜13:03 昼食休憩
13:03〜13:28 事業説明会 鎌田富久社長から説明
13:28〜13:38 石黒邦宏執行役員から開発商品のデモンストレーション
13:38〜14:46 質疑応答 質問者10人 計24件 68分
ACCESSアクセス2011年株主総会
お土産 自社発行の雑誌 東京カレンダー6月号 後渡し
飲み物サービス 事業説明会開始前に紙パックジュースの配布
事業説明会 あり
懇親会 株主総会後の休憩時間に別室で食事サービス

注目の株主総会格付けですが、事業の現状と今後について鎌田社長から詳しいプレゼンテーションがありましたし、事業説明会、食事も用意されています。5時間近くにわたる長丁場ですが、事業の現状と今後について、株主に理解してもらおうという会社側の考えは十分に伝わってきました。一方雑誌のお土産は重たいですし、正直あまりうれしくありませんでした。これらを総合的に判断し、ACCESS(4813)の株主総会格付けは 『B+』 としました。
食事会に役員陣も参加して株主とコミュニケーションを取るようにしたり、お土産がもう少し嬉しいものるんるんになると、A格付も近いのではないかと感じました。
   議決権を有する株主数     25,917名、その議決権数   392,020個
   議決権返送&出席株主数    3,296名、その議決権数   176,656個
ACCESSアクセス2011年株主総会
ACCESSアクセスの株主総会は、今年もホテルグランドパレスで行われました。9時前にはすでに受付を開始していて、別室の製品展示会場もオープンしていたので、8時半頃から受付は可能な感じでした。株主総会会場の向かい側に用意されていた製品展示室では、携帯やスマートフォン、アイパッドなどが展示され、アクセスの開発したソフトのデモが行われていました。係員の方が説明してくれるので、勉強になります。アクセスの様な技術系の会社は、事業内容を理解するのが難しいですが、こうやって実物を元に説明してくれると分かりやすいですね。展示のなかで一番期待できそうに感じたのは、子会社のIP Infusionが展開しているスマートグリッド関連の実験ですが、アクセス全般に言えるのはスピード感が足りないことです。同じような実験はアメリカでもグーグルなどが大規模に展開しています。
競争の激しい分野で事業展開しているんですから、スピード感を持って開発・提携などを進めていかないと、せっかくいいものを開発しても採用されない→グローバルスタンダードにならない→利益につながらない、となってしまいます。
もっとスピード感を持って戦略的な提携など進めて行って欲しいですね。
製品展示室には社外取締役の宮内義彦氏も見に来ていました。株主総会前なのに余裕ですね!


株主総会会場内には椅子のみがたくさん並べられ、(6+6+6+6)×30くらいのレイアウトで800人分くらいの席が用意されていました。最前列はバリケード的な意味もあるのかわーい(嬉しい顔)テーブルが横1列に並べられていて、16人分だけテーブル付きの特等席になっていました。正面左右にはスクリーンも用意されていて、事業報告などで使われました。後方の株主に配慮して、後方にもモニターが設置されていました。
壇上の役員席は横幅が狭くて、役員の方々が窮屈そうに座っていました。壇上は2列になっていて、後列には執行役員の方々が着席していたようです。
まずは東日本大震災の影響で、決算発表が3月15日予定から18日に遅れたことのお詫びからスタートしました。事業報告は分かりやすいようにビデオで行われました。これはとてもいいことですが、計算書類の報告で単体については省略してもいいと思います。連結の説明だけで十分なので、無駄な説明は省いて、その分質疑応答の時間を多く取った方がいいと思います。
アクセスは昨年まで力を注いできたALP(ACCESS Linux Platform)の開発をやめて、新たな収益の柱を模索している変革の途上にあります。そのためビデオでの説明に加えて、鎌田社長から今後の方向性についてのプレゼンテーションがありました。
今後は1.サービス・イネーブラビジネス、2.ネット接続端末ソフトを提供するライセンスビジネス、3.大きな成長が見込まれるネットワークソフトビジネス(米国子会社のIP Infusion Inc.IPインフュージョン中心に展開)、の3つを再成長の基盤にしていくと説明がありました。
サービス・イネーブラというのは初めて聞く言葉ですが、エンドユーザー向けのサービスだけではなくて、そのサービスを提供する事業者側のシステムも含めて全体的なサービスをアクセスが提供する事業のようです。例として電子出版を提供するシステムについて紹介がありました。日本は中小の出版会社がたくさんあり、それぞれが電子出版の仕組みを作り上げるのはコスト面からも困難なので、アクセスがパッケージとして提供すれば、採用される可能性が高いそうです。
その後議案の上程を行い、質疑応答となりました。アクセスの株主総会では毎年多くの質問があるようで、多くの方から質問を受けるため質問は1人2件まで、簡潔にまとめて質問して欲しい、他の株主の質問と重複する質問は避けて欲しいとお願いがありました。確かに質問者は多かったので、ある程度の制限もやむを得ないかなと感じました。
質問をしたい人は手を挙げて、議長の指名を受けると会場係の人がマイクを持ってきてくれる形式です。
質問内容はある程度想定しているのか、スライドを用いての回答も目立ちました。あるいは事業説明会用に用意したスライドなのかもしれませんが、言葉だけではなくてスライドを使いながらの回答は分かりやすいと感じました。他社ではあまり例のない取り組みですが、分かりやすくてとてもいいですね。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)30億円も評価損が出ている。内容について説明してほしい。今後も出るのか一時的なものなのか?評価損を計上したということは、将来評価益を計上する可能性もあるのか?
→(スライド使用)ALP(アクセス・リナックス・プラットフォーム アクセスの将来を担うと期待されていた)をやめたことによる特損が11億円、これは特別退職金など一時的なものです。ELSEプロジェクト中止に伴う分が9億円、コスト削減のためオフィスを幕張に統合した際の一時的な費用を合わせて25億円くらいになる。すべて一時的な要因で、今後はコストダウン効果が出てくる。今期28期は国内で人員削減を行うので、9億円ほどの特損を見込んでいるが、この分は先日発表した今期の計画に織り込んでいる。
→(室伏伸哉最高財務責任者CFO)質問のあった子会社評価損30億円の内訳は、アクセスチャイナが12億円、アクセスシステムズヨーロッパが18億円の評価損を計上した。どちらもALPの開発を行っていた。開発中止になり評価損を計上することになったが、純資産額まで評価を落としたので、評価損はもう発生しない。会計基準には評価益を計上する規定はないので評価益は発生しないが、売却した際に簿価以上で売却できれば売却益が発生する可能性はある。
(2-1)前期は売上が減っているのに営業増益となったのはなぜか?
→27期はALPの継続を見込んでいたが、これがなくなり売上げが大きく減った。一方スマートフォン向けの特許ライセンスは見込んでいなかったが、この部分は上乗せになった。特許ライセンス収入はコストがゼロなので利益率が高く営業増益となった。
(3-2)メディア事業(出版部門)はずっと赤字だ。聖域なく改革を進めているというのにメディア事業はそのままというのはおかしい。専業の出版社でも苦戦しているのにメディア部門が本当に必要なのか?
→出版事業はアクセスパブリッシングという子会社で行っていたが、採算が合わないので清算した。必要な事業だけを本体に取り込んだ。サービス・イネーブラを実現するためにはメディア事業が必要になる。もちろん赤字では意味がないので、メディア部門も黒字化を目指す。
(4-2)スマートフォンへの対応が1〜2年遅いのが株価にも現れているのではないか?
→2005年にパームを買収してALPを開発した。スマートフォンも視野に入れていて、この戦略は正しかったが、グーグルが無料のアンドロイドを出してきたのは誤算だった。ALPを引きずり続けたのは判断ミスかもしれない。ALP開発で蓄積した資産も生かして、3つの柱を強化していく。経営責任を重く受け止めて、役員報酬の削減も行ったが、再成長路線に乗せるのが最大の責任だと考えている。
(5-3)取締役を2名減らすが、他の6人は変わらない。今のままの体制で再成長できるのか?社外役員も機能しているのか?
→取締役と執行役員の役割を明確にする。今回取締役を退任する2名も執行役員として各事業部の事業執行に責任を持ってもらう。取締役は社内と社外3名ずつの合計6名で、大きな方向性を示したり、各事業の執行状況をチェックする役割になる。今期も同じメンバーで再成長に向けて取り組ませていただきたい。
(6-4)サービス・イネーブラは、日本よりマーケットの大きいアメリカで展開する必要があるのではないか?
→(スライド使用)サービス・イネーブラは端末だけではなくてシステムとしてサービスを提供するビジネスモデルで、レベニューシェアや広告配信などで課金していく。日本だけでなくアメリカでも同じタイミングで展開している。アメリカではアルフレッドミュージックパブリッシャー社と組んで、楽譜を電子化して配信するアプリを開発している。サービス・イネーブラ事業はグローバルに展開していく。
日本には中小の出版社が3千社以上あり、電子出版のシステムを個々に作るのは難しいので、当社のシステムを売り込んでいく。
(7-4)事業をグローバルに展開していくには外国人の取締役も必要ではないか?
→日本人にこだわっているわけではない。今後は優秀な人をボードメンバーに迎えていきたい。アクセスグループ全体では、日本人と外国人社員の割合は1:1ちかくになっている。部課長クラスには外国人も多いので、そのうちボードメンバーも出てくると思う。
(8-5)法人税等調整額が多額で、単体決算では赤字になっている。なぜこんなに多いのか?
→(室伏)税効果会計と言われているものの影響で、会社の利益を出すための企業会計基準と、法人税額を計算するための税務会計基準の間で、費用の認識が一部異なるため法人税等調整額が発生する。先ほど説明した関係会社評価損30億円は、会計上は今期の費用として計上されるが、税務上は会社を清算した時に費用計上が認められる。このため前期は法人税等調整額が多額になった。ヨーロッパの子会社は今期中に清算予定なので、今期利益が出ればこの分は税金が減る。


アクセスは2005年11月にアメリカのPalmパーム社(PalmOSの開発会社)を324百万ドル(当時の為替レートで381億円)かけて買収し、ALPの開発に力を入れてきました。それがグーグルの無償ソフト(オープンソースソフトウェア)アンドロイド投入で大幅に計画が狂い、開発を中止することになりました。そのため前期には大きな特損を計上していますし、今期の売上が大きく減る要因にもなっています。
このようにアクセスはいま大きな変革の時期を迎えているので、株主からの質問もたくさん出ていました。続きはACCESS(4813)2011年株主総会レポート〜その2でお楽しみください。

   ACCESS(4813)2011年株主総会レポート〜その2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 21:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

ペッパーフードサービス(3053)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月25日(金)10時から、東京都東陽町のホテルイースト21東京 1階イースト21ホールで開催されたペッパーフードサービス(3053)の第26期定時株主総会に行ってきました。
ペッパーフードサービスは、低価格ステーキチェーン店のペッパーランチ、炭焼ステーキ・ビーフハンバーグのくになどを日本全国で展開している会社です。出店はFC店が中心です。
ペッパーフードサービスの株主総会に参加するのは初めてです。
2011年株主総会お土産レポートと題しながら、実際はお土産なしレポートですもうやだ〜(悲しい顔)

2011年3月25日(金)の株価 41,300円(東証マザーズ 3053) 1株単位 12月決算
PER 9.2倍、PBR 16.0倍、配当利回り 無配、株主資本比率 3.7%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません。
監査費用 3,200万円(売上比 0.57%、営業利益比 44.4%) 新日本監査法人

株主優待 6・12月末の株主に株数に応じてお食事券を進呈
 詳しくは 次項有 ペッパーフードサービスの株主優待情報ページ

   ペッパーフードサービス(3053)のホームページ

   ペッパーフードサービス(3053)のヤフー株価情報
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
上場以来の株価推移をみると、IPO銘柄特有の値動きで、上場当時は人気化するもののその後は低迷が続いています。最近は4万円前後での株価推移が続いています。業績が低迷しており株主優待で株価が維持されている感じです。今期はぜひ計画通りに黒字化させて、株価も反転上昇してほしいものです。
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
スケジュール
10:00〜    株主総会開始 15分ほどで退席したので、以降の内容は不明です
 10:00〜10:09 一瀬邦夫社長から挨拶と地震への対応について説明
 10:09〜10:12 取締役紹介
決議事項 なし
お土産 なし

飲み物サービス なし
事業説明会 あり
懇親会 今年は懇親会は自粛し懇談会を開催


   株主数   5,245名、発行済み株式数   24,364株
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
今日25日(金)は、12月決算の会社の株主総会準集中日です。私も11時と18時から別の会社の株主総会があるため、まずは10時から開催のペッパーフードサービスに顔を出しました。
ペッパーフードサービスは毎年東陽町のホテルイースト21東京で株主総会を開催しています。
ホテルイースト21東京は他社の株主総会でもよく利用されていますが、最寄りの駅から遠いのが難点です。
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
ペッパーフードサービスの株主総会は、毎年株主総会後に一瀬社長からお話があり、その後懇親会が開催されています。私は初めての参加ですが、懇親会も楽しみにしていました。なのでまずは株主総会に少し顔を出してから退席し、11時からの日本和装の株主総会に出席し、終了後にまたペッパーに戻ってこようと考えていました。
そんな下心を持って(笑)会場に到着したわけですが、受付で1枚の紙を渡されました。見ると東日本大震災の被害を考慮し、今年は懇親会を自粛すると書いてありました。
懇親会を楽しみに東陽町まで来たのに〜とても残念です。代わりに食事は提供できませんが、お茶菓子程度を用意した株主懇談会を開催するそうです。翌日のグローバルダイニングも懇親会が中止されましたし、他にも中止した会社が何社かあるようです。ホームページでは3月18日に発表されていたようですが、知らずに来た株主もたくさんいるので、受付で文句を言っていた株主もいたようです。怒ってそのまま帰ってしまった人もいるんでしょうね。あるいは懇親会を見計らい、12時頃に来た株主もけっこういたのではないかと思います。みな残念がっているんでしょうね。私もとても残念でした。遠方から来る株主やホームページを見ない株主もいるので、周知の時期や方法には改善の余地があると思います。


ペッパーフードサービスの今年の株主総会はとても珍しくて、議案が一つもありません。無配なので剰余金の配当議案もないですし、取締役・監査役の改選期でもないので選任議案もありません。
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
議案がないので通常の議決権行使書ではなくて、株主総会出席票となっています。会社名と議決権数、住所などが書いてあるだけです。もちろん議案への賛否を記入する欄もありません。
議決権行使がないため裏側は白紙です。普通だと議決権行使のため、会社側に返送する葉書になっていますが、議決権行使がないので返送する必要がありません。
たまにこういったケースもありますが、本当に珍しい株主総会だと思います。
ペッパーフードサービス2011年株主総会お土産
   ペッパーフードサービス取締役紹介の様子 グッド(上向き矢印)
会場内には椅子のみが並べられ、(10×2)×9のレイアウトで180人分の席が用意されていました。
今年もかなりの株主が出席していました。
まずは一瀬邦夫社長の挨拶から始まりました。
地震が起きた際には本社に居たが、窓から見えるスカイツリーの作業現場ではゴンドラが大きく揺れていて、作業員の方々はたいへん怖い思いをしているんだろうなという地震発生時の話から、その後ペッパーフードサービスが取った対応、今回懇親会を自粛した経緯などについて説明がありました。

株主優待については3月28日にプレスリリースがあり、3月末が期限だった株主優待券を4月末まで1ヵ月延長しています。1ヵ月が適当なのかは分かりませんが、営業を自粛していた店舗もあるので、期限の延長はありがたい配慮ですね。期限ギリギリではなくもう少し早く判断してくれると、もっと良かったんですけどねるんるん


一瀬社長も毎年株主の方々と歓談するのを楽しみにしているそうですが、それでも今年は飲食は自粛し、株主懇談会に変更するそうです。
15分ほどで退席したのでその後の経緯は分かりませんが、質疑応答などでは事前の周知の方法など苦情が出たのでしょうか?
社長の挨拶に続き、役員陣が1人ずつ紹介され、株主総会スタートとなりました。
私は11時から別の株主総会があるので、ここで退席しました。
株主総会集中日や集中時間を外して開催してくれたら、ゆっくり参加できるのになと感じます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 13:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

カッシーナ・イクスシー(2777)2011年株主総会レポート〜その1

2011年3月30日(水)10時から、東京都渋谷のアイビーホール(青学会館) 2階 ミルトスで開催されたカッシーナ・イクスシー(2777)の第32期定時株主総会に行ってきました。
カッシーナ・イクスシーCASSINA IXC.は、イタリアの高級家具ブランド カッシーナ社の家具の輸入販売と、イクスシーブランドで家具の自社企画・生産を行っている会社です。
カッシーナイクスシーの株主総会に参加するのは初めてです。

2011年3月25日(金)の株価 2,529円(JASDAQ 2777) 10株単位 12月決算
PER 11.5倍、PBR 0.40倍、配当利回り 3.95%、株主資本比率 50.0%
監査費用 2,000万円(売上比 0.37%、営業利益比 赤字) 太陽ASG監査法人
株主優待 なし 以前はあったが業績悪化に伴い2008年度に廃止

   カッシーナ・イクスシー(2777)のホームページ
   カッシーナ・イクスシー(2777)のIR情報ホームページ

   カッシーナ・イクスシー(2777)のヤフー株価情報
カッシーナ・イクスシー2011年株主総会
上場以来の株価推移をみると、IPO銘柄特有の値動きで、上場当時は人気化するもののその後は低迷が続いています。高成長は上場翌年の2004年で終わり、その後は赤字にまで転落しているので、ずっと株価低迷が続いています。なんとか黒字化は果たしましたが吹けば飛ぶ程度なので、今後の株価は業績の立て直しができるのか次第ですね。
カッシーナ・イクスシー2011年株主総会
スケジュール
10:00〜10:?? 事業報告(10時50分頃に到着し、質疑応答の途中から参加
10:??〜10:?? 決議事項の説明
 第1号議案 剰余金処分の件 復配し100円(配当性向1,063.9%exclamation×2
 第2号議案 取締役8名選任の件 6名再任、経営体制強化のため森康洋氏、難波由美氏を増員
 第3号議案 監査役1名選任の件 沢栗巌監査役が任期満了に伴い再任 在任8年
10:??〜11:06 質疑応答 遅刻したので最後の1人だけ
11:06〜11:09 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:20〜12:02 経営近況報告会 森康洋新社長から
12:02〜12:31 質疑応答 質問者5人 計11件 29分
12:35〜13時過ぎまで 別室で懇親会
カッシーナ・イクスシー2011年株主総会
お土産 IXC.イクスシーの牛革ティッシュBOXケース 後渡し
飲み物サービス ミネラルウォーターエビアンのペットボトル
事業説明会 あり
懇親会 あり

注目の株主総会格付けですが、事業の現状と今後について森新社長から詳しいプレゼンテーションがありましたし、お土産・懇親会も用意されています。一方、年に1回の株主総会を株主総会集中日の10時から開催し、他社と重なって参加し難いのが残念です。これらを総合的に判断し、カッシーナ・イクスシー(2777)の株主総会格付けは 『B+』 としました。
   株主数   2,434名、発行済み株式数   409,103株
カッシーナ・イクスシー2011年株主総会
カッシーナ・イクスシーの株主総会は、昨年とは場所が変わり渋谷のアイビーホールで行われました。昨年までは本社で行われていましたが、経費削減の一環で本社を売却し青山店に本社機能を移したので、株主総会会場も新本社近くに変更になりました。
今日3月30日は2010年12月決算企業の株主総会集中開催日になります。私も多くの会社の株主総会が重なったので、カッシーナ・イクスシーは今日4社目の株主総会になります。なので会場に到着したのは予定を大幅に超過した10時50分頃でした。上記の写真を撮ったり、クロークに荷物を預けていたりしてさらに遅刻してしまいました(笑)
到着時点で開始からすでに1時間近くが経過していますが、まだ質疑応答が続いていました。赤字が続いて株価が大幅に下落していますし、今年は会長兼社長の高橋洋二氏が所用により株主総会を欠席しているようで、株主からの非難が集中していました。
代わりに小林要介取締役 管理本部長が議長を務めていたようです。
私が到着以降も厳しい質問が続きましたが、それまでもかなり厳しいやり取りがあったようです。
それにしても会長兼社長という会社を代表する地位にあり、さらには実質的な筆頭株主でもある高橋洋二氏が、年に1度の株主総会を欠席するというのは理解できません。株主総会冒頭でどのような説明があったのかは知りませんが、そんな大事な用事があったのでしょうか?株主総会開催日はかなり前から予定されているものであり、余程のことがなければきちんと出席し、株主に向かい合ってほしいものです。昨年までも株主総会では厳しい指摘が多かったようですが、株主の矢面に立つのが嫌で逃げたのなら、上場企業の経営者として失格なのではないでしょうか?失礼な指摘かもしれませんが。
やはり株主総会は株主との対話の場であり、究極のIR活動の場だと思うので、経営者の方々はもっと積極的に株主総会を位置づけてほしいと思います。


カッシーナ・イクスシーのトップ人事について少し補足すると、高橋洋二氏はオーナーとして会長職に就いていましたが、昨年の10月8日に前社長だった高橋克典氏が、一身上の都合により辞任してしまったので、急遽社長も兼任したという経緯があるようです。その点では実際は社長不在の状況が続いていたということになります。その後後任の社長を探すため色々と動いていたようですが、新社長になる森氏が11月に入社し、以降は実質的には森氏が経営トップだったのかもしれませんね。
カッシーナ・イクスシー2011年株主総会
会場内にはテーブル席が(5×2)×6のレイアウトで60人分の席が用意されていました。すべて満席で、後方に椅子席が50人分くらい用意されていました。こちらもかなり満席に近かったので100人ほどの株主が出席していたようです。後方からは役員のお顔はほとんど拝見できませんでした。
最初から椅子席が用意されていたのか、後から追加したのかは分かりませんが、お土産が足りなくなり一部郵送になったので、会社側の予想以上に出席者が多かったのは間違いないようです。業績低迷が続き株価も大幅に下落しているので、ひとこと言わないとexclamation×2という株主が多かったのかもしれません。以下、私が到着してから10分ほどの質疑応答の様子をまとめます。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)100円復配するが、株価対策としては4千万円配当するより株主優待復活の方が効果があるのでは?原価率も50%を切っており、倍の株主優待もできると思うが検討しなかったのか。
→先ほども説明したように、カッシーナは安定した配当政策を重要と考えている。前2期は大幅な赤字を計上したので配当を見送ったが、前期は僅かながら黒字化したこと、先ほども説明したように配当を支払えるような財務体質になったこと、今期以降に大型の投資を予定していないこと、から100円の配当を決定した。株価対策としては、まずは公表している業績を達成することが第一で、業績を達成してはじめて株主優待も行えると思う。株主優待については以前のままでいいのか、変えた方がいいのか検討していく。
(2-1)取締役増員の議案を出しているのに、会長兼社長が株主総会を欠席とは何事か!詳しい経緯を聞きたい。3期赤字が続いているが、高橋社長は昨年も頑張るとしか言わなかった。頑張ってもうまくいかなかったのがここ数年の歴史ではないかexclamation×2精神論で頑張ってもうまくいかない!何をどう変えるのか具体的に聞きたい。高橋さんは3期やってうまくいかなかった、それで今後どう変えるのか?ずっと話を聞いてきたがこの部分に触れたのは、女性の方(難波由美取締役候補?)がちょっと触れただけだ。震災後は売上も激減していると思うし、サラリーマン的感覚で役員をやってもらっていてはこの会社潰れますよちっ(怒った顔)
→高橋洋二取締役が欠席していることはたいへん申し訳ない。株主様から指摘があったことは、確実に高橋洋二会長兼社長に伝えさせていただく。
(3-1)代表取締役候補の森氏に今後どうカッシーナを変えていくのか、決意表明をお願いしたい。
→今後の戦略については第2部で詳しく説明するが、森取締役候補からポイントを話していただく。
→(森康洋社長候補)昨年の11月に入社した。5ヵ月が経過したが、私がこの会社で何ができるのか?という答えを、いま現在ですべて持ち合わせているわけではない。だが後ほど、カッシーナ・イクスシーのどこが問題で、どう変えていくのか?を具体的にお話しさせていただく。それでもご理解頂けないようなら再度ご質問頂きたい。

以上で質問者も出尽くしたようで、株主総会での質疑応答は終了となりました。かなり遅刻したので、質疑応答の最後の1人しか聞けませんでした。
続いて議案の採決が行われ、なんとか株主総会は終了となりました。
引き続き同じ場所で経営近況報告会が開かれますが、会場準備のため10分ほど休憩となりました。
言いたいことを言って満足したのか、報告会は聞かずに帰る株主もけっこういました。なので私も前方のテーブル席に移動することができました。やはりテーブルがあった方が落ち着いて話も聞けますし、メモなども取れて便利ですね。


経営近況報告会は株主総会後に新たに社長に就任した森康洋新社長が行いました
自己紹介もありましたが、森氏はアパレルのレナウンで執行役員まで務めて、その後高級家具のアクタスの代表取締役社長に就任しています。私はアクタスという会社は知りませんが、レナウンの関連会社なのでしょうか?その後スイーツの会社グレープストーンの常務取締役に就任していました。そこにカッシーナ・イクスシーから社長になってもらえないか?と声が掛かったようです。
偶然なんですが、カッシーナ・イクスシーの株主総会に来る前に東急レクリエーションの株主総会に行きましたが、ここのお土産がグレープストーンのシュガーバターの木でした。東急レクのお土産を持っていたら、森社長からこの会社から移ってきたんですよ!と声をかけられました。美味しいんですよ〜とPRしていました。確かに美味しいんですが、私はホワイトチョコレートよりビターチョコレートをコーティングした方が、より美味しいのではないかなと感じました。個人的な好みの問題かもしれませんが(笑)
なにかつながりを感じたカッシーナ・イクスシーの株主総会でした。
経営近況報告会の様子については、カッシーナ・イクスシー(2777)2011年株主総会レポート〜その2 でお楽しみくださいね。 作成中です

  カッシーナ・イクスシー(2777)2011年株主総会レポート〜その2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
株主総会
 東急レクリエーションのお土産 グレープストーンのシュガーバターの木
posted by Zaimax at 21:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

ソフトブレーン(4779)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月24日(木)10時から、東京都中央区八重洲のベルサール八重洲2階 Room D+Eで開催されたソフトブレーン(4779)の第19期定時株主総会に行ってきました。
ソフトブレーンは、テレビなどで辛口のコメンテーターとしても有名な宋文洲氏が創業した会社で、売れる仕組みを構築する営業支援システムの提供を行っている会社です。
ソフトブレーンの株主総会に参加するのは初めてです。
ソフトブレーン2011年株主総会お土産レポートと題しながら、実際はお土産なしレポートですもうやだ〜(悲しい顔)

2011年3月24日(木)の株価 10,610円(東証1部 4779) 1株単位 12月決算
PER 10.3倍、PBR 2.69倍、配当利回り 無配、株主資本比率 53.4%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません
監査費用 2,400万円(売上比 0.70%、営業利益比 5.80%) 清和監査法人

株主優待 なし

   ソフトブレーン(4779)のホームページ

   ソフトブレーン(4779)のヤフー株価情報
 ソフトブレーン2011年株主総会
過去10年の株価推移をみると、けっこう激しい値動きをしています。2005年頃まではかなり人気化していましたが、その後はずっと低迷が続いています。
 ソフトブレーン2011年株主総会
それが今年の2月2日に上方修正を発表してから急に人気化し、株価も一気に4倍まで値上がりしました。と言っても過去の高値からするとピクッと動いた程度なんですけどね(笑)その後は地震の影響もあり株価は値下がりしています。一方、業績は2008年までは赤字で低迷していましたが、最近は売上は減っているものの黒字に転換しています。
 ソフトブレーン2011年株主総会

スケジュール
10:00〜 株主総会開始 (最後まで出席していないので、終了時刻など詳細は不明)
決議事項
 第1号議案 監査役2名選任の件 任期満了に伴い2名再任、数納壽常勤監査役、富樫泰介監査役
 第2号議案 補欠取締役1名選任の件 取締役の員数を欠く場合に備え木下鉄平執行役員を選任
お土産 なし と思われる
飲み物サービス そんなものはないわーい(嬉しい顔)
事業説明会 なし
懇親会 なし


今日は10時から東京駅近辺で2社の株主総会があります。ソフトブレーンとノバレーゼですが、どちらも株主総会に出席するのは初めてです。どちらに行くか直前まで迷っていましたが、ノバレーゼは会社説明会に参加したことがあること、ソフトブレーン創業者の宋文洲さんはツイッターでも積極的に発言していますし、今は取締役でもありませんがそれでもどんな株主総会をやっているのかな?と興味を感じたので、ソフトブレーンの株主総会に参加することにしました。
 ソフトブレーン2011年株主総会
ソフトブレーンの株主総会は昨年に引き続き、ベルサール八重洲で行われました。
受付で議決権行使書を出すと代わりに出席票を渡されますが、ソフトブレーンの出席票はペラペラのコピー用紙を使って自社で作ったものでした。普通の出席票は厚紙に印刷してありますが、コピー用紙を使ったものは初めてです。
これは皮肉っているわけではなくて、とてもいい取り組みだと思います。どうせ捨ててしまうものですから、お金をかけて印刷するのは無駄だと思いますし、出席人数が少ないなら手作りで十分だと思います。パソコンを使えば連番を振るのも簡単ですからね。


 ソフトブレーン2011年株主総会
とはいえ形が歪んでいたり、文字が切れていたりするのは問題ですね。しっかり定規を当てて真っ直ぐに切ってほしいものです。せっかく良い取り組みなのにこんな仕上がりでは台無しです。会社の姿勢が疑われます。こんな雑ないい加減な会社なのかな?と少し不安になりました。
あるいはソフトブレーンはコストダウンを徹底しているので、定規さえもないんでしょうかexclamation&question
コストダウンを徹底しているということでは、取締役の人数も会社法で定められているギリギリの3名で運営されています。昨年の8月には前社長から辞任の申し出があり、取締役が2名になってしまうことから急遽臨時株主総会を開催しています。今後はそのような事態にならないように、珍しい議案が上程されています。それは第2号議案の補欠取締役1名選任の件です。補欠監査役を選任する議案は時々見かけますが、補欠取締役とは一瞬目を疑いました。こんな議案もあるんですねexclamation×2
招集通知では取締役毎の個別報酬額も開示されています。1億円には遥かに及ばない額なのに、個別開示を行っていることは評価できますね。
こういった姿勢をもう少し株主総会の運営にも活かして欲しいものです。
 ソフトブレーン2011年株主総会
会場内には椅子のみが並べられ、(7+7)×6のレイアウトで84人分の席が用意されていました。
正面にはスクリーンも用意されていて、事業報告などで使われるようです。

早く着いたので係員の方にどんな感じなのか聞いてみましたが、ソフトブレーンの株主総会は例年30分ほどで終わっているようです。ソフトブレーンらしい株主総会を行っているのかと期待してきたのに、わずか30分で終わるとはまったくの期待はずれです。30分ではほとんど質問も無いということになります。もちろん経営近況報告会や懇親会など望むべくもありません。
数年前までの日本の伝統的な株主総会形式だったシャンシャン総会を地でいっている感じです。株主総会開催時間も徹底的にコストカットしているということなんでしょうか?
もちろん飲み物の用意などありませんし、お土産なんてあり得ないような印象でした。
ソフトブレーンは営業支援を行っている会社なんですから、株主総会で言えば株主にさらにファンになって頂く、ソフトブレーンに対する理解を深めて頂くという姿勢があってもいいと思います。それが30分ほどでそそくさと株主総会を終わらせ、経営近況報告会や懇親会なども行わないというのは、株主を軽視していると感じてしまいます。
事前の期待が大きかっただけに残念ですね。


あまりにも残念だったので、ソフトブレーンの株主総会に出席するのは止めてノバレーゼの株主総会に出席することにしました。近くでノバレーゼの株主総会があったのが不幸中の幸いでした。
ペラペラの出席票は記念にもらっておこうかなとも思いましたが、もしかしたらお土産があるかもるんるんと淡い期待を抱いて受付に返しましたが、やはり何もありませんでしたわーい(嬉しい顔) 期待しすぎですってあせあせ(飛び散る汗)
コストダウンも大事ですが、年に1回の株主との対話の場である株主総会をもっと有効に活用し、会社側にとっても株主側にとっても有意義な場にしてほしいと感じましたひらめき
来年は30分ほど質問できるようにたくさんの質問を考えていこうかな(笑)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします

 ソフトブレーン2011年株主総会
posted by Zaimax at 23:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

PGMホールディングス(2466)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月23日(水)10時から、東京都港区虎ノ門のホテルオークラ東京本館1階 平安の間で開催されたPGMホールディングス(2466)の第7回定時株主総会に行ってきました。
PGMホールディングスは米国ローンスターファンド傘下のゴルフ場運営会社で、破たんしたゴルフ場などを傘下に収め日本全国でゴルフ場運営を行っている会社です。上場当時はパシフィックゴルフグループインターナショナルホールディングスという長い社名でしたが、2010年7月にPGMホールディングスに社名変更しました。
PGMホールディングスの株主総会に参加するのは初めてです。

2011年3月23日(水)の株価 45,800円(東証1部 2466) 1株単位 12月決算
PER 7.7倍、PBR 0.68倍、配当利回り 5.46%、株主資本比率 30.0%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません
監査費用 13,200万円(売上比 0.17%、営業利益比 1.14%) 監査法人トーマツ

株主優待 6・12月末の株主に株数に応じてゴルフ場3,500円割引券を進呈
 詳しくは 次項有 PGMホールディングスの株主優待情報ページ

   PGMホールディングス(2466)のIR情報ページ

   PGMホールディングス(2466)のゴルフ場予約サイト

   PGMホールディングス(2466)のヤフー株価情報
PGMホールディングス2011年株主総会
上場以来の株価推移をみると、IPO銘柄特有の値動きで、上場当時は人気化するもののその後は低迷が続いています。
PGMホールディングス2011年株主総会
最近2年間の株価は6万円前後で推移していましたが、直近では東日本大震災の影響も大きく受けています。一方、業績は金融危機の影響は受けているものの、上場以降も順調に伸びてきています。
2466-7.jpg
スケジュール
10:00〜 株主総会開始 11時半過ぎに到着したのでそれまでの経過は不明
決議事項
 第1号議案 剰余金の配当の件 前年と据置き2,500円(配当性向19.3%)
 第2号議案 取締役5名選任の件 4名再任、大槻智行氏、デービッド氏が退任、氏家顕太郎氏が新任
 第3号議案 退任取締役に対する退職慰労金贈呈の件 対象取締役3名 廣瀬氏、アンドレ氏、大槻氏
10:??〜11:43 質疑応答 質問者数、時間などは不明
11:43〜11:45 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:45〜11:45 新任取締役紹介 名前のみで挨拶なし
2011年3月株主総会
お土産 鉄人シェフ プロデュースのお土産 後渡し
     フレンチの鉄人 坂井宏行のシルクのハヤシ
     中華の鉄人 陳建一のマンゴープリン、杏仁豆腐

飲み物サービス 9時〜9時55分まで会場後方にドリンクコーナー
事業説明会 なし
懇親会 なし

PGMホールディングス2011年株主総会
PGMホールディングスの株主総会は昨年に引き続き、ホテルオークラ東京で行われました。
本日2社目の株主総会です。JACリクルートメントの株主総会が11時頃に終わったので、神田神保町からメトロで虎ノ門を目指しました。昨年までは1時間半前後かかっているようなので、ギリギリ間に合うかなと思いながら急ぎ足で会場に向かいました。着いたのは11時半頃で、受付は片付けの準備に入っていましたが、まだ株主総会は続いているようで無事間に合いました手(チョキ)
質疑応答の最終盤という感じでした。
会場内には椅子が大量に並べられていました。会場内は縦にA、B、Cの3つのゾーンに分けられていて、質問者を指名する時に使うようでした。会場後方は仕切られていて、株主総会前はドリンクコーナーになっていたようです。大震災の後なので、非常口や避難場所が書かれた案内が配られました。
PGMホールディングス2011年株主総会
正面にはスクリーンが用意されていて、議長の草深多計志社長が映し出されていました。広い会場なので後方からは議長の顔もよく見えないので、スクリーンに映し出すのは良いですね。
株主数は41,278人もいるので多くの株主が株主総会に来ていましたが、途中で帰った株主もいるのか、空席もけっこうありました。たぶん質疑応答が1時間以上は続いていると思うので、途中で帰ってしまった株主も多そうです。


株価が低迷しているためか厳しい質問が多かったような雰囲気でした。
同業のアコーディアゴルフ(2131)と比べ、PGMホールディングスは株主を馬鹿にしているexclamation×2と不満を述べている株主もいました。
PGMホールディングス2011年株主総会
どちらも似たような外資系のゴルフ場運営会社なので比較対象になるのだと思いますが、過去2年間の株価推移を見ると同じような値動きをしています。(青色がPGMで赤色がアコーディア
若干アコーディアの方がパフォーマンスが良い時期があるという程度ですね。
ゴルフをしないので株主優待などの評価はよく分かりませんが、同じ外資系なのにそんなに株主に対する対応が違うんでしょうか?
アコーディアゴルフの業績推移は下記の通りです。業績もPGMとそんなに大差ないような気がします。
2466-8.jpg
今後もライバル企業として比較され続けるんでしょうね。
お互い切磋琢磨しながらいい会社に成長していくと良いですねるんるん

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)アコーディアゴルフとホームページを比べると、賑やかさが全く違う。予約のし易さにも雲泥の差がある。経営トップがホームページを見ていないからだ。こんな状況でどうやって営業していくのか!拡大していけるのか!
アコーディアゴルフでは3月9日に、東京と大阪で株主様ご招待ゴルフコンペが行われたが、大人気で活況だった。両社の株主になっている人もいて、PGMの株主優待は不評だった。先ほどから議長は株主のためにと強調しているが、今回変更後の株主優待制度は不評だ。私は届いても誰かにあげるかインターネットで処分すると思う。株主招待コンペに参加していた人達は、来年は友達もみな株主になって来年もまた来ようと話していて、PGMとはまったく活気が違う。昨年の株主総会のお土産はテレホンカードだったが、今時誰がテレホンカードなんか使うんだ!株主を馬鹿にしている。経営者がホームページを見ないような会社ではダメだ。そういった姿勢がホームページにも表れていると思う。
→貴重なご意見ありがとうございます。アコーディアゴルフがどんなことを行っているかはもちろん認識しており、良い部分は取り入れていくが、アコーディアゴルフの物まねをするだけがPGMの能ではない。PGMとしてやるべきことを粛々とやっていく。
 11時40分過ぎとなり、それでは最後の1問とさせていただきます との議長発言
(2-2)(女性)社長以外の役員はなぜ自社株を持っていないのか?
→株を持つか持たないかは個人の判断なので、たまたま私は持っているというだけです。自社株を持っている、持っていないで、経営への身の入り方とか会社の先行きをどう考えているか?とはまったく関係ない。株の保有に関わらず、先ほどからも言っているように、会社の収益をきちんとあげて財務体質を作り上げていく、という点については経営陣が一致団結して取り組んでいるので、ご理解いただきたい。


以上で質疑応答は打ち切りとなりました。最後の2問だけ聞けたようです。
厳しい質問に対しても草深社長は感情を表情に表すこともなく、淡々と回答していました。
ゴルフ好きの人であれば、PGMとアコーディア両方の株主になっている人も多そうですが、全般的にアコーディアの方が評価が高いのでしょうか?それとも質問した株主がたまたまアコーディアゴルフを評価しているだけなんでしょうか?ゴルフをしない私にはよく分かりませんでした。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
PGMホールディングス2011年株主総会
posted by Zaimax at 12:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本和装ホールディングス(2499)2011年株主総会レポート

2011年3月25日(金)11時から、東京都丸の内の丸ビル8階 コンファレンススクエアRoom4で開催された日本和装ホールディングス(2499)の第25期定時株主総会に行ってきました。
日本和装ホールディングスは、きものを自分で着ることができる人口を増やす活動として、4ヵ月間無料きもの着付教室を日本全国で展開している会社です。
日本和装ホールディングスの株主総会に参加するのは、昨年に続いて4回目です。
 昨年の様子は 次項有 日本和装HD(2499)2010年株主総会レポート
2011年3月25日(金)の株価 29,350円(JASDAQ 2499)1株単位 12月決算
PER 10.6倍、PBR 0.88倍、配当利回り 5.11%、株主資本比率 60.5%
監査費用 2,400万円(売上比 0.38%、営業利益比 4.48%) 監査法人トーマツ
株主優待 12月末の株主に株数に応じてクオカード、VISAギフトカードを進呈
 詳しくは 次項有 ヤフーの株主優待情報ページ

1株の場合その時点のCMキャラクターのクオカードのようです。毎年女優のクオカードが貰えるのも楽しみですねるんるん持ち株を1株まで減らしちゃおうかなわーい(嬉しい顔)
   日本和装HD(2499)のホームページ
   日本和装〜きもの業界に新風を吹き込む日本和装! 日本和装のブログです!
   日本和装HD(2499)のヤフー株価情報
日本和装株価チャート
上場以来の株価推移をみるとIPO銘柄特有の値動きで、上場当時は人気化するもののその後は低迷が続いています。最近は3万円前後での株価推移が続いています。売上も60億円前後でほぼ横ばいが続いているので、株価が横ばいなのもしょうがないのかもしれませんね。
日本和装ホールディングス2011年株主総会
スケジュール
11:00〜11:26 事業報告
 11:02〜11:12 監査報告 西川勝久常勤監査役
 11:12〜11:20 営業報告 吉田重久社長から説明
 11:20〜11:26 計算書類報告 菅野泰弘取締役から説明
11:26〜11:30 決議事項の説明
第1号議案 剰余金処分の件 前年と据置き 1,500円(配当性向37.9%)
第2号議案 第5回ストックオプションとして新株予約権を発行する件 役員に対して1,200株発行
第3号議案 第6回ストックオプションとして新株予約権を発行する件 従業員に対して600株発行
第4号議案 ファントムストックによる役員報酬等の額承認の件 役員2名に50株ずつ仮想株式を割当
11:30〜11:41 質疑応答 質問者3人 計6件 11分
11:41〜11:44 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:44〜11:46 取締役から1人ずつ挨拶
日本和装ホールディングス2011年株主総会
お土産 ビクトリノックスVICTORINOX 小さな道具箱 ミニサバイバルグッズexclamation&question 後渡し
飲み物サービス お菓子とコーヒー、オレンジジュース、ミネラルウォーター、牛乳?
事業説明会 なし
懇親会 なし

注目の株主総会格付けですが、質問は出尽くすまで対応していますし、飲み物やお土産も用意されています。西川監査役の監査報告も聞き応えがあります。一方株主総会は集中日開催で、他社と重なり参加しにくい状況は変わりません。これらを総合的に判断し、日本和装HD(2499)の株主総会格付けは昨年と同様 『C−』 としました。
   議決権を有する株主数     2,094名、その議決権数   90,020個
   議決権返送&出席株主数     467名、その議決権数   80,873個
   議決権行使のうち、ネット経由の議決権行使割合は11.2%だったそうです。
日本和装の株主総会は、今年も東京駅前の丸ビル8階コンファレンススクエアで行われました。毎回ここで開催されていますが、8階への直通エレベーターがないため、今年も迷ってしまいました(笑)
昨年は10時から開催の共同PRの株主総会後に駆け付けましたし、今年は東陽町で開催されたペッパーフードサービスの株主総会を途中で抜け出して日本和装の株主総会に参加と、毎年他の会社と重なってしまいます。3月の第4金曜日は株主総会の集中日なので、もう数日早く開催してくれるとありがたいですね。ぜひ参加しやすい開催日のご検討をよろしくお願いしますひらめき
今回はペッパーから東京メトロ東西線で移動してきましたが、茅場町の手前で東西線は運転をストップするとのアナウンスがあり、今年もまた遅刻するんじゃないかと焦りました(笑)茅場町から急ぎ足できて、さらに丸ビル内で迷いましたが、なんとか開始時間に間に合いほっとしました。
会議室の後方には飲み物とお茶菓子が用意されており、小走りできたので喉が渇いており、飲み物サービスはとても助かりました。その横には鎌倉プロジェクトの模型も展示されていました。
日本和装ホールディングス2011年株主総会
昨年の株主総会でも飲み物が用意されていましたが、株主への案内が不足していたのか、水も用意されていないexclamation×2と怒られていましたが、今年は社員の方々が飲み物をどうぞるんるんと薦めて回っていて、しっかりと改善されていました。
会場内はテーブルも用意され、(4+4+2)×5のレイアウトで50人分の席が用意されていました。
開始時点で25名ほどでしたが、最終的には33名ほどの出席者でした。女性が12名ほどと1/3以上を占めており、着物姿の女性も1人いたのが日本和装らしいですね。会員で株主でもある方は、着物で株主総会にお出掛けというのもいいと思います。株主総会後に着物で集まれる懇談会みたいなものを開いても良いと思いますね。役員の方々も着物姿で登場すればより日本和装らしくなりますよねわーい(嬉しい顔)
今年も正面にはスクリーンが用意されていました。株主総会開始前にはテレビCMが流されていました。
株主総会開始前に地震などが発生した場合の案内があり、丸ビルは十分に耐震性のあるビルなので、慌てず案内に従ってほしいと説明がありました。避難経路図も配布され株主への配慮が行き届いています。さらに普通は携帯の電源を切るかマナーモードに設定するように言われますが、地震などが起きる可能性もあるのでいつでも連絡が取れる様にそのままで結構ですと案内がありました。さすがですね。
日本和装ホールディングス2011年株主総会
まずは監査報告からスタートしますが、西川勝久常勤監査役が行う日本和装の監査報告は毎年聞き応えがあります。普通の株主総会では形式通りの口上を述べ2分ほどで終わるのがほとんどですが、今年は監査報告だけで10分ですexclamation×2監査に問題があって長いわけではありませんので念のためわーい(嬉しい顔)
今年は監査役から見た日本和装の取締役会の様子や、役員の働きぶりなど分かりやすく語ってくれました。さらに西川監査役だけでなくて、二反田監査役、高橋監査役からもそれぞれの視点で日本和装を監査してきた感想を語るなど、聞き応えのある内容になっていました。私も多くの会社の株主総会に参加していますが、日本和装の監査報告は日本一だと思います。他の会社の方々もぜひ参考にして欲しいですね。監査役をお探しの会社には、西川勝久公認会計士を強力に推薦します。
続いて吉田社長と菅野取締役から事業報告がありました。ポイントを絞って説明し、現在取り組んでいる3つの新しいプロジェクトについても説明がありました。背後のスクリーンに関連する写真が映し出されていました。3つのプロジェクトとは鎌倉プロジェクト、海外縫製、アメリカでの着物生地を使った二次製品です。
引き続いて議案の説明を行い、質疑応答となりました。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)今期は質の向上を優先し減収減益計画だが、具体的にどんな取り組みを行っていくのか?
観月ありささんをCMに起用したことで、若い世代の顧客がたくさん獲得できた。高年齢化が進む着物業界ではまったく新しい顧客層なので、まずは(着物について)教える・(着物の良さを)伝えることで、着物のファンに育てていく部分に力を入れていく。着物業界は過去多量販売の問題などもあったので、まずは販売よりも育てることに力を入れて、質の向上にもさらに取り組んでいく。
(2-1)割賦債権の流動化も進め現預金が21億円もある一方で、15億円のコミットメントラインを結ぶなどで10億円近い借入金がある。すべて返済しても手元流動性は十分ではないか?今後の返済計画も含めて教えて欲しい。
→(菅野泰弘取締役管理本部長)手元資金が豊富なのは、加盟店(生地等の生産者)の皆様に10日締めの毎日払いで立替え払いをするための準備資金です。以前は無借金経営で金融機関との取引も無かったが、日本和装クレジットで割賦販売を始めるに当たり、手元資金が潤沢に必要になるということで借り入れをしたり、コミットメントラインを結んだりした。厳しい環境であり、一致団結して業界を盛り上げていくため、資本提携やM&Aなども出てくる可能性があり、こういったことも視野に入れて準備している。日々の必要資金は手元資金で十分対応できるので、いつでも返済はできると考えている。
(3-1)取締役が3名になり議論が活発になったという説明もあったが、会社法の最低限の人数であり少なすぎるのではないか?
→取締役は3名だが、執行役員・エリアのブロック長もいるので十分カバーできると考えている。今の時代は多くの取締役で審議するよりも、少人数で意思決定のスピードを上げ、即断・即実行が重要と考えて3名にした。取締役を退任した酒井と藤井は、それぞれ兼任していた子会社の社長職に専念してもらっており、関係がなくなるわけではない。
日本和装ホールディングス2011年株主総会
(4-2)株主資本計算書で剰余金の配当は1.35億円となっているが、剰余金処分案の配当はなぜ9千万円なのか?
→(菅野)期末配当は1株当たり1,000円で総額9千万円になる。中間配当として500円実施しているので、年間の配当総額は1.35億円になる。
(5-3)事業推進の上でも株主を増やしたり、流動性を高める必要があるのではないか?
→ご指摘の通りで株主数・日々の出来高とも少ない。重要な課題と捉えており、増やしていく対策を取っている。来年にかけてIR活動にも力を入れていくので、来年にはいい報告ができる様にしたい。
(6-1)先ほど将来M&Aなどの可能性もあるので手元流動性を高めているという説明があったが、東証への上場なども考えると社長の持ち株比率を下げる必要があると思う。M&Aは株式交換方式で行ったほうがメリットがあるのではないか?
→私の持ち株比率は74.7%なので徐々に減らしていきたいとは思っている。M&Aでは新株を発行して割当てる方式もあるが、市況も悪いし株式数を増やして既存の株主に迷惑をかけるのは避けたい。まずは借入を活用することを検討するし、金額的にもその程度の規模のM&Aを考えている。


以上で質問も出尽くし、質疑応答は終了となりました。昨年までと比べると質問が少なくなりちょっと物足りない感じでした。昨年よりは出席者も10人ほど増えているんですけどね。
昨年は監査法人トーマツの監査費用が高いexclamation×2中堅監査法人に見直すべきだと質問しましたが、今年の監査費用は2,600万円から2,400万円に減っていました。改善していることは評価できますが、まだかなり高いと思います。売上60億円程度なら中堅監査法人で1,600万円くらいでも可能ではないかと感じます。事業と直接関係しないような無駄な経費は徹底的に削って欲しいですね。
採決も無事終了し株主総会は終了となりましたが、続いて取締役2名から挨拶がありました。昨年まではよろしくお願いしますだけでしたが、今年は抱負なども語ってくれて早速改善されていました。
来年はぜひ集中日の第4金曜日は外して、第4火曜日か水曜日(22日か23日)くらいに株主総会を開催してくれたら嬉しいなと思います。
毎年改善されていく日本和装の株主総会を、来年も楽しみたいと思います。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
日本和装ホールディングス2011年株主総会
 毎年楽しみな株主総会案内ボードですが、今年はぶれちゃいました(笑)
posted by Zaimax at 01:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月16日

サガミ株主総会と映画観賞

3月の株主総会レポートもまだ7割ほどの進捗率だというのに、4月の株主総会シーズンに突入してしまいました^_^;
4月最初の株主総会は、地元愛知県の和食麺類チェーンのサガミチェーン(9900)の株主総会です。
ここは1月20日決算なので、株主総会も下旬ではなく中旬に開催されます。
今年は4月14日(木)10時から尾張旭市文化会館で開催されました。
家からだと三好のMOVIX三好へ行く途中に位置しているので、昨年も株主総会後に映画を見てきました。MOVIX三好では松竹の株主優待カードが使用できますが、松竹の株主優待は5月末が使用期限なので、毎年4月・5月は月間使用可能数のMAXを使わないと消化できないような状況に陥っているので、ここ数年サガミの株主総会+MOVIX三好で映画3本立てというのが定番になっています(笑)

今年はサガミの株主総会でお土産がなくなったり、業績低迷が続いていることから、例年以上に厳しい質問が多く、緊迫した?株主総会になりました。お土産の丸太ブレッドを毎年楽しみにしていただけに残念です。株主総会レポートは下記の通りまとめましたので、ご覧くださいね。
   サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート

12時過ぎまで株主総会が続いたので、終了後近くのジョイフル(9942)に寄ってお得なランチを株主優待で楽しみ、MOVIX三好で映画を3本見てきました。
今回見たのはこの3本です。
 14:55〜16:40 SOMEWHERE
 16:45〜18:25 高校デビュー
 18:20〜20:25 ザ・ライト エクソシストの真実

無駄なくきれいに並べることができました。予告編が10分弱あるので少々重なっても大丈夫でするんるん
このうち見たかったのは、美しい映像や音楽と共につづられる、父娘のさりげない交流と感情のうつろいに、心を洗われるヒューマンドラマという触れ込みのSOMEWHEREと、話題作であり、今なお行われている悪魔ばらいとバチカンにおける正式な職業であるエクソシストの全ぼうに迫る衝撃作、というザ・ライト エクソシストの真実です。
ちょうどその間に高校デビューがうまく収まるのでついでに見てきたという感じです。


それが一番面白かったのは高校デビューという意外な結果になりました(笑)
あまり期待せずに、予備知識もなく見に行った方が実は楽しめるのかもしれませんね。高校デビューは漫画が原作なのでもともと面白いのかもしれませんが、面白い上にこちらの方がヒューマンドラマなんじゃないか?という感じで楽しめました。
恋にあこがれる女子高生が、恋の指南役“モテコーチ”のもとで変化していく姿を描いた恋愛エンターテインメント、という高校デビューなのでまったく期待していませんでした。甘く見てすみませんわーい(嬉しい顔)
世の中自粛ムードで少し落ち込んでいるだけに、こういった楽しめる映画を多くの人が見てくれるといいですね。不器用だけど明るくまっすぐに突き進むスポーツ少女、長嶋晴菜の姿に勇気づけられる人も多いのではないでしょうか?
SOMEWHEREはかなり期待が高かったんですが、主人公の心情を表現するためと思われる映像がちょっと多すぎて、期待したほどには感動しませんでした。終わり方もあっけない印象でしたしあせあせ(飛び散る汗)個々人に考えさせるような効果を狙っているのかもしれませんが。
ザ・ライト エクソシストの真実はまあ予想通りの映画でしたが、実話に基づいた映画だとは思いませんでした。アンソニー・ホプキンスは今回も鬼気迫るいい演技をしていますね。

株主総会のため早起きして出かけて、6時間近くも映画を楽しんだのでさすがに疲れましたが、2月決算企業の決算発表が佳境を迎えつつあるので、帰ってきてから決算のチェックを行い、1時過ぎにベッドに入りました。長い1日が終わりました手(チョキ)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東急レクリエーション(9631)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月30日(水)10時から、東京新宿の自社映画館 新宿TOKYU MILANO新宿ミラノ1で開催された東急レクリエーション(9631)の第78期定時株主総会に行ってきました。
東急レクリエーションは109シネマズなどのシネコン運営や不動産賃貸業を行っている東急グループの会社です。東急レクリエーションの株主総会に参加するのは初めてです。

2011年3月30日(水)の株価 487円(東証2部 9631) 1,000株単位 12月決算
PER 赤字で算出不可、PBR 0.63倍、配当利回り 1.23%、株主資本比率 52.9%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません。
今期は、資産除去債務に関する会計基準適用により、純利益は赤字が予想されています。
監査費用 3,464万円(売上比 0.11%、営業利益比 7.43%) 新日本有限責任監査法人

株主優待 6・12月末の株主に持ち株数に応じて映画観賞ポイント付与
 詳しくは 次項有 東急レクリエーションの株主優待情報ページ


   東急レクリエーション(9631)のホームページ

   東急レクリエーション(9631)のヤフー株価情報
東急レクリエーション2011年株主総会
過去10年間の株価推移を見ると、600円を中心に上下100円幅での値動きになっており、あまり値動きがないことが分かります。業績推移を見ても、売上は伸びてきているものの利益は3億円前後で横ばいです。成長期待はあまりありませんが、株主優待もあるので長期で保有している株主が多いのではないでしょうか。
東急レクリエーション2011年株主総会
スケジュール
10:00〜 株主総会開始(最後まで出席していないので、終了時刻など詳細は不明)
決議事項
 第1号議案 剰余金の処分について 据置きで年6円 配当性向58.5%
 第2号議案 取締役9名選任について 山崎常務が退任、石崎達朗経営企画室長が新任
 第3号議案 監査役2名選任選任について 任期満了の齋藤晴太郎氏、植木正威氏を再任
株主総会
お土産 グレープストーンのシュガーバターの木、映画招待券2枚 先渡し
飲み物サービス ウーロン茶、オレンジジュース、コーラのサービス
事業説明会 なし
懇親会 なし

東急レクリエーション2011年株主総会
さて注目の株主総会格付けですが、ほとんど出席していないので正式な格付は行えませんが、嬉しいお土産が用意されていたり、飲み物サービスがあるなど株主の方々に喜んでもらおうという会社側の姿勢が伝わってきました。一方で、株主総会集中日の10時から開催で出席しにくさは感じますし、お土産の映画招待券は東京でしか使えないという不便さもあります。これらを総合的に判断し、東急レクリエーション(9631)の株主総会格付(暫定値)は 『B−』 としました。

東急レクリエーションの株主総会は、例年通り新宿の自社映画館ミラノ1で行われました。
3月11日に発生した東日本大震災の影響で、新宿ミラノはずっと営業休止していたので、株主総会が予定通り開催されるのか心配していました。3月22日になって株主総会は予定通り開催し、新宿ミラノも4月1日から営業を再開すると発表がありました。無事開催されて良かったです。
それでも昨年までと比べると変更となった部分もいくつかあり、株主総会の出席票で当日映画が見られるサービスやポップコーンなどのサービスは見送りとなりました。ミラノが営業していないんですからしょうがないですね。
東急レクリエーション2011年株主総会
出席票には映画観賞中止のシールが貼ってあり、株主総会の準備も大変だったんだろうなと思います。出席株主に口頭や張り紙などで案内すれば済むような気がしますが、見れると書いてあるじゃないかexclamation×2と文句を言う人もいるんでしょうかねぇ。
3月24日には株主優待についても発表があり、4月末までが有効期限の株主優待ポイントを10月末まで6ヵ月延長するといち早く発表しています。他の映画興行会社ではこのような対応をしていないので、この点でも東急レクリエーションは素晴らしいですねるんるん


今日は12月決算の株主総会集中日なので、私もライオン、楽天に続いて3社目の株主総会になります。なので新宿駅に着いたのが10時10分過ぎで、すでに株主総会は始まっています。急いでミラノ1に向かいましたが、すでに新宿周辺には東急レクのお土産の袋を抱えながら、ドリンクカップを持った株主がたくさんいました。今回も多くの株主が来ているようです。
私も多くの荷物を抱えながら(笑)新宿ミラノを目指しました。
東急レクリエーション2011年株主総会
ミラノ1の入り口が受付になっていて、議決権行使書を渡すとお土産の入った袋を頂けました。そのまま正面にドリンクコーナーがあって、ウーロン茶、オレンジジュース、コーラが選べました。注文するとストロー付のカップに入れてくれるので、ドリンクを楽しみながら株主総会に参加できます。

お土産はグレープストーンのシュガーバターの木と映画の招待券2枚です。
お土産のお菓子は毎年変わるので楽しみですね。目にも爽やかな箱に入っていて、美味しくいただきました。ショコラはチョコレートかと期待しましたが、ホワイトチョコレートでした。ビターチョコレートの方が美味しいんじゃないかな〜と感じました。個人的な好みですがわーい(嬉しい顔)
映画の招待券は4月中有効ですが、使える映画館が東京の新宿ミラノ、渋谷東急、上野東急に限定されています。関東の株主にはいいのかもしれませんが、遠方からわざわざ来ている株主にとってはあまり使い道がありません。映画を見るためだけにまた東京まで行くのは非現実的です。お土産の映画の招待券も株主優待並みに全国で使えるようにしてほしいですね。
松竹のお土産の映画招待券も以前は関東でしか使えませんでしたが、株主総会で意見が出て翌年から全国で使えるようになりました。東急レクリエーションもぜひ改善してほしいと思います。


すでに株主総会は始まっていたので株主総会会場内に入ってみると、事業報告が行われていました。さすが映画会社なので、映像をスクリーンに映しての事業報告でした。場内は暗いのでよく分かりませんでしたが、かなり満席に近いように感じました。
会場の横にはちょっとした休憩所も用意されていて、おしゃべりを楽しんでいる株主の方々もいました。
私は今日の最終目的地、カッシーナ・イクスシー株主総会があるので、会場をちょっと覗いただけで失礼し、渋谷を目指しました。今日は本当に忙しい1日ですねあせあせ(飛び散る汗)
上記の通り通常なら出席票で映画を1本見ることができます。しかし東急レクリエーションの株主総会は最終日の3月30日に行われるので、遠方から来ている株主にとっては映画をゆっくり見ている暇がありません。私も午後には青春18切符で8時間近くかけて帰らないといけないので映画は見ていられません。
株主総会集中日に開催せず、1日でも2日でも前倒しして開催してくれたらうれしいですね。
来年はまた例年通りの株主総会に戻り、株主総会とその後の映画もゆっくり楽しみたいですねるんるん
かなり気が早いですが、来年の株主総会も楽しみにしていますわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート〜その2

2011年4月14日(木)10時から、愛知県尾張旭市の尾張旭市文化会館ホールで開催されたサガミチェーン(9900)の第41期定時株主総会に行ってきました。
このページでは、次項有 サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート〜その1 に続いて、後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
サガミチェーン2011年株主総会
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
またしても怒り爆発型の質問者登場です
(8-3)41期は縮小均衡と言えるのかもしれないが、42期も売上減を見込んでいる。これでは42死にになってしまうのではないか!立て直しの具体策をお聞きしたい。
→過去9年間で黒字は1年だけでありご指摘の通りです。では将来はないのか?というとそんなことはない。創業時にはいずみ庵、しば?などの大きなライバル会社があり、追い付け追い越せで頑張ってきた。それを実現し街のうどん屋が上場まで果たし、東証1部にまで登り詰めた。サガミは和食レストランだが、ファミレスには座敷はない。少子高齢化が進む中で、洋食のファミレスは親子2世代の来客に対しサガミは2〜3世代で来てもらえる。日本人なので3食和食でも問題ない。和食ファミレス業態には大きな可能性があると思う。サガミは麺類中心なので歯が悪くなっても利用してもらえる。
41年間の歴史でサガミの良いところはしっかりと受け継ぎ、改革すべきところは断固として改革する!この決意を持って社長に就任した。本来の輝きを取り戻すため意識改革、販売強化、コスト削減の3つの改革を行う。公平な人事考課制度も重要で、成果を出した人にはしっかりと報いていきたい。
今回多くの厳しい意見を頂いたことはとてもありがたいと思っている。ご意見を取り入れながら、お客様視点とお客様基点の両面から改革を進めていく。お客様視点は来店頂いたお客様の視点から改善を行っていくことで、お客様基点というのはサガミに来て頂いていない人・サガミを知らない人にも外食時の選択肢に入れてもらえるようにする活動です。その一環として100万人アンケートを行っていく。最近はサガミに来て頂けていない方のご意見も聞いていきたい。近々テレビCMも久し振りに行う。全店に石臼を置いて蕎麦粉を挽いているチェーン店はサガミだけです。日本一なのでたぶん世界一だと思う。これをもっと積極的に訴求してサガミへの来店につなげていく。
ずっと赤字が続いたことで社内が委縮してしまった。会社にはビジョンが必要であり、日本全国に出店したい!海外出店!など将来に向けたビジョンを社内で議論している。社長就任後、現状維持これ即ち脱落なり、稼ぐに追いつく貧乏なし、という2つの標語を社内に掲げ意識改革を促している。
注記)かなり長時間をかけて社長の考えを語ってくれて、静かな語り口でしたが聞き応えがありました。上記はかなり省略しています。サガミのホームページにも社長のあいさつとして一部掲載されていますのでご覧ください。 次項有 投資家の皆様へ
サガミチェーン2011年株主総会
(9-3)株主総会会場も尾張旭市に変えて、しにで終わりだ(第42期で尾張旭をちゃかしたようです。こんな所にまで難癖を付けられて会社側も大変ですね。お土産をやめたことにも文句を言っていました)昨年も座敷を掘りごたつにするようお願いしたのにまったく改善していない。関節が痛い人も増えているのに座敷なんか誰が座るんだ!もっとテレビを見て世の中の動きを知って頭を使えexclamation×2
→(中西)中京の店舗は20年を越えてきており、リニューアルの時期を迎えている。改装時に掘りごたつだけではなく全体的に見直しを行っていく。
注記)テレビなんか見ていたら馬鹿になりますよ!テレビなんか見ている暇があったら、繁盛しているお店を見て回って欲しいですね。
(10-3)役員報酬の削減について削減率の説明があったが、率で言われても分からない。総額でいいのでどれだけ減ったのか具体的に言ってもらわないと納得できない。1億でも1千万でも30%減なら同じじゃないか!株主を馬鹿にした回答だちっ(怒った顔) などと延々と文句を述べていました。
そのうち自分の持っていた携帯が鳴り出し(笑)トーンダウンしました。
最後は、少々過激な発言かもしれないが十分考慮して立て直して欲しい、と締め括りました(拍手多数)
→取締役報酬は12ページに記載の通り8人で6,030万円であり、1人あたり753万円です。決して多額の報酬をもらっているわけではないのでご理解頂きたい。
注記)招集通知の中に役員報酬の総額は記載されているので、他人を馬鹿呼ばわりする前に、テレビなんか見る時間があったら自分でも勉強する必要があると思いますねあせあせ(飛び散る汗)少々言い過ぎかもしれませんが。
 手数料もお得でGMOグループのGMOクリック証券もお薦めでするんるん 株主ですし手(チョキ)

(11-4)社長の説明を聞きアイデアも大事だが、取締役は結果責任だ。株価が一番大事だが千円以上していた株価が今では500円以下だちっ(怒った顔)同じ時期に購入した木曽路(8160)は下がったと言っても1,600円以上している。どうしてこうなったのかよく議論して欲しい。復配を目指さないような経営者はダメだ。2・3年以内に復配できないようではダメだ。PDCが大事だが日本人はチェックが足りない。責任を取って辞めるのがチェックだ、代わりの役員はいくらでもいる...などまた長々と厳しい意見が続きました。
→復配は重要な課題であり、社内でも常に無配では一人前ではないと言っている。なんとしても実現したいが、不透明な環境でもありいつ復配できるかは確約できない。
(12-4)コスト削減ということだが、コストを下げるだけではダメだ。顧客に満足を与えないといけない。CSを一番大事にしないといけない。身勝手はダメだ。サガミのためになると思って苦言を呈しさせて頂いた。サガミランチの茶碗蒸しが半分になった。こんなことをしているようではダメだexclamation×2お客が満足しない!
→(長屋)サガミランチではそのようなことはないが、株主様がそう感じられたなら申し訳ない。ランチについては特にボリュームとスピードをテーマに、お客様に満足頂けるよう教育も含めて改善していく。
→コストカットについては、現状提供している質は変えずにコストを下げていくということなのでご理解頂きたい。お話から長年サガミをご利用頂いていることが分かり、本当にありがとうございます。
木曽路とサガミ比較
木曽路とサガミ比較
確かに木曽路の方が株価は安定していますね。業績はここ2年赤字ですがあせあせ(飛び散る汗)


(13-5)サガミにはもっと他社の店舗を見て欲しい。社員の働き方や接客など学ぶところがあると思う。他店を見ていないのではないか?
→(大西)おもてなしのうまいパートさんをパートリーダーに任命して、集合教育なども行っている。内側目線だったものをどうやってお客様目線に変えていくか?というのが昨年からの改革につながっている。
(14-5)参考になると思って他店のメニューを送ったこともあるが、他社のメニューを研究しているのか?
→(大西)先ほどコストカットという指摘もあったが、価格を下げるのではなく価値を高めるためにはどうすればいいか?ということに、ここ2年取り組んできた。年2回全店の蕎麦をランキングして評価するなど、蕎麦の品質はかなり上がっていると思う。他社のメニューも集めて、調理部・営業部を含め品質・価格・量などを研究し、新たな価値をお客様に伝えられるよう努力している。
(15-5)店舗網を見ると北陸など1県に1〜2店しかないエリアもあり効率が悪いのではないか?見直しが必要ではないか。
→(大西)数年前までは各県4店以上あったが、それぞれの地域の味に合わせるのに苦労し、業績が伸び悩んだ店を閉店してきた結果現状となっている。残った店は店員の方々も頑張ってくれているので、今後の再成長に向けて歩んでいきたいと思っている。
この時点で11時45分を過ぎ、審議も尽くしたので残り2〜3人でお願いしたいとの議長発言あり
(16-6)東日本大震災の後、外食店では売上が大きく落ちているが、サガミの足元の状況はどうか?
→(伊藤)埼玉、東京、神奈川の4店舗ずつと静岡の7店舗が計画停電の影響を受けている。一部営業停止した店舗もあり、3月度の売上は昨年対比で1割減となっている。今後については東日本の営業部長とも相談しながら計画停電などに対応していく。水道水の問題も出て、軟水のミネラルウォーターを乳児用ということで関東に配送する対応も行った。また震災後直ちに店舗、本社、工場などに募金箱を設置した。3月末までに195万円強が集まり、とても感謝している。サガミの春の感謝企画の売上の一部300万円を合わせて、4月8日に日本赤十字に送金した。募金箱は今のところ6月末まで設置する予定です。
(17-6)改革を進めていくとのことだが、まだ成長期の意識・体制が残っているのではないか?売上も今期は200億を切るのに大手監査法人を使い続けている。中規模の監査法人で十分ではないか?コストも数百万円下がると思う。
→(畑和夫代表取締役副社長事業開発担当)新社長のもと、過去の成功体験は捨てて、良いものは残すが徹底的に改革して体質を変えていく。ただ監査法人の変更は手ごわい問題で、株主総会での決議も必要です。余程の不手際がないか大幅な値上げでもないと変更は難しい。
注記聖域なく見直す、現状維持は脱落だexclamation×2と言いながら、監査法人に関しての副社長の回答は歯切れが悪かったですね。監査法人については、会社側との癒着や馴れ合いを防ぐため、定期的に変更することが望ましいという指針も出ています。問題がないと見直さないという姿勢に問題があると思います。中堅も含めた複数の監査法人に見積りを取り、最適な監査法人を選ぶのは取締役の責務だと思います。変更を拒むと逆に、監査法人が変わると何か不都合でもあるのかexclamation&questionと疑いたくなります。会社側の本気度を表すリトマス試験紙として、今後の動きを見守っていきたいと思います。
(18-6)バランスシートで土地が64億円と目立って多い。時価ではどの程度の評価額となるのか?
→(畑)昭和63年頃までは10店に1店くらいは自社物件にしたいという方針で、土地の取得もしてきた。土地を借りていた店でも、地主さんが亡くなったりした時に土地を購入して欲しいと要望されることもあり、店を続けるため購入したこともある。結果として土地の割合が高くなっている(連結総資産の4割が土地)バブル崩壊直後の購入が多いので、大まかな感覚では30%強の含み損が出ていると思う。
注記)今後国際会計基準IFRSイファースの強制適用が予定されていますが、時価評価が基本になります。保有している不動産も時価評価になった場合、30%含み損だと土地だけで20億円近い評価損の計上が必要になってきます。建物や有価証券も含めるともっと額が増えそうです。赤字が続いている中でさらなる巨額の評価損計上を迫られると、復配の時期などにも影響が出てきそうです。
(19-7)復配時期を明示して欲しい。中期計画も作っているはずで復配のめどもあると思う。
→中期経営計画を策定中だが、地震や原発の問題も織り込み見直す必要がある。現時点で復配時期を明言できるような状況ではない。
(株主)復配時期はいつですか?
→原発の問題の影響も見えず、食材にどの程度影響が出るのか分からない。夏場の計画停電の影響も不透明です。申し訳ないが復配時期を明示できる段階ではない。
(20-8)衛生管理について説明して欲しい。これから暑くなり食中毒など発生すると大変だ。
→(伊垣政利取締役商品本部担当)品質管理本部を中心に、店長なども含めてお店の衛生面をチェックしている。
(鎌田社長の締めの言葉)皆様は株主であると同時に当社のお客様でもあります。大変厳しいご意見の中に励ましの言葉をいただき、誠にありがとうございました。


以上で質疑応答は終了となりました。今年は特に厳しい質問が多かったですが、期待の表れと前向きに捉えて、全体的には真剣に対応していたと思います。今後サガミがどう変わってくるのか?そしてそれが業績にも表れてくるのか?今後もチェックしていきたいと思います。
来年は大震災を乗り越え黒字化も果たしました!お土産も復活しましたるんるんという鎌田社長の明るい報告を聞きたいですね。
サガミチェーン2011年株主総会
 株主に無配継続をお詫びするお辞儀あせあせ(飛び散る汗)ではなく、株主総会終了時のお辞儀です
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
株主総会終了後も色々とお話を聞いてきました。またまとめてみますね。
posted by Zaimax at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート〜その1

2011年4月14日(木)10時から、愛知県尾張旭市の尾張旭市文化会館ホールで開催されたサガミチェーン(9900)の第41期定時株主総会に行ってきました。
サガミチェーンは、東海地方中心に関東から関西圏にそば、うどんなどを中心とした和食麺類レストランなどを展開している会社です。サガミチェーンの株主総会に出席するのは6回目くらいです。

2011年4月14日(木)の株価 475円(東証1部 9900)1,000株単位 1月20日決算
PER 赤字で算出不可、PBR 1.14倍、配当利回り 無配、株主資本比率 63.0%
監査費用 2,304万円(売上比 0.11%、営業利益比 −) あずさ監査法人
株主優待 1・7月20日時点の1000株以上保有の株主に1.5万円分のお食事券(500円券×30枚)
 詳しくは 次項有 サガミチェーンの株主優待情報ページ

     サガミチェーン(9900)のホームページ

     サガミチェーン(9900)のヤフー株価情報
サガミチェーン2011年株主総会
過去10年間の株価推移を見ると千円前後で安定的に推移してきましたが、ここ2年ほどは大きく下落し低迷が続いています。特に直近の4年間は赤字が続いているので、株価の低迷も致し方ないという感じですが、それ以前も赤字が続いていたので赤字だけが要因ではないような気もしてきます。社長の交代も続いていますが、今度こそは新社長の手腕に期待したいものです。
サガミチェーン2011年株主総会
スケジュール
10:00〜10:31 事業報告
 10:05〜10:08 監査報告 藤井博規常勤監査役
 10:08〜10:19 営業報告 鎌田敏行社長が読上げ
 10:19〜10:30 計算書類 大西尚真常務から説明
 10:30〜10:31 鎌田社長から無配が続いていることのお詫びと株主優待は継続すると説明
10:31〜10:33 決議事項の説明 新任取締役候補の紹介あり
 第1号議案 定款一部変更の件 取締役の任期を2年から1年に変更
 第2号議案 取締役7名選任の件 6名再任、小塚照男前社長、山田氏退任、社外の千住憲夫氏新任
10:34〜12:01 質疑応答 質問者8人 計19件 87分
12:01〜12:02 議案の採決 拍手方式 すべて可決
サガミチェーン2011年株主総会
お土産 上記の通り今年はなし
飲み物サービス セルフサービスでお茶のサービスあり
事業説明会 なし
懇親会 なし

さて注目の株主総会格付けですが、今年は楽しみにしていたお土産もなくなってしまいました。丸太ブレッド楽しみにしていたんですよねるんるん業績が悪化しているのでそれどころではないというのは分かりますがもうやだ〜(悲しい顔)質疑応答には時間を取り、自らの言葉で答えていたことは評価できます。これらを総合的に判断し、サガミチェーン(9900)の株主総会格付けは昨年より格下げの 『D』 としました。
   議決権を有する株主数      13,115名、その議決権数  24,162個
   議決権返送&出席株主数     3,354名、その議決権数   13,073個
サガミチェーン2011年株主総会
サガミチェーンの株主総会は今年から場所が変わり、尾張旭市の文化会館で行われました。昨年までは名古屋市藤ヶ丘のサンプラザシーズンズ ブリックホールで行われていましたが、出席者が500人ほどになり収容人員をオーバーするようになったので、1,000人入るこの会場に変えたそうです。名古屋市から遠くなるので一部株主には不評のようですが、会館使用料も大幅に安くなりますし駐車場もあるので、私はこちらでもいいと思います。ホールなので役員の方々もよく見ることができ、この点でもいいと思いました。
サガミチェーンの株主総会ではお土産を楽しみにしている人も多いと思いますが、今年は招集通知にお土産は取りやめとさせていただくと書いてあり残念ですが、出席者数にどんな変化があるのかなど楽しみであり参加してきました。そうは書いてあっても何かあるだろうと期待してくる株主や、一言文句を言ってやろう!という株主などいろんな反応がありそうですわーい(嬉しい顔)
結論から言うと200人弱の出席者数で、昨年の半分以下でした。
サガミチェーン2011年株主総会
特に前方はがら〜んとしています。昨年までは最前列に陣取る、サガミの応援団という感じの一団の方々がいらっしゃいましたが、今年は最前列も空席が目立ちました。応援団の皆さんも愛想を尽かして売ってしまったのでしょうかexclamation&question文句を言う株主はいて、受付で散々怒鳴り散らしているおじいさんがいました。株価低迷や無配は会社側の努力が足りない部分もありますが、投資は自己責任なので受付の人を怒鳴り散らしてもしょうがないと思います。業績が悪い、無配とはなにごとだちっ(怒った顔)とずっと怒鳴り続けていましたが、本当はお土産が無くなったことが我慢ならないのかもしれませんね、お土産のことは何も言っていませんでしたがわーい(嬉しい顔)サガミに投資した自分自身の判断を反省する必要があると思います。私もなんですけどね、こんなに下がるとは...もうやだ〜(悲しい顔)
サガミチェーン2011年株主総会
例年は温かいそば茶のサービスがありましたが、今年はペットボトルのお茶が置かれていました。せっかくなので頂いてきましたが、そば茶ではなく普通のお茶の様でした。ラベルを剥がして置いてあると、どんな飲み物なのか分からず不安を感じますね。生茶なのかプライベートブランドの緑茶なのか分かりませんが、ラベルはそのままでお願いします。今日は暑かったので冷たいお茶はありがたい配慮でした。

1月21日に社長に就任した鎌田敏行新社長が議長となり、株主総会が行われました。
まずは東日本大震災についてお悔やみの言葉があり、続いて事業報告が行われました。今年も招集通知を読上げるだけであり、もう少し分かりやすく工夫してもいいと思います。特に新社長になっての戦略などスライドを使って説明すれば、株主も安心して保有してくれるかもしれません。
最後に無配が続いているお詫びと、株主優待は今後も継続するという説明がありました。業績の低迷が続いているので、株主優待もやめるんじゃないか?という問い合わせが多いのでしょうね。株主優待がなくなったら今の株価は維持不可能なので、株主優待が続くことは保有を続ける大前提です。心配する株主が多いのも当然ですね。
株主優待券は、今まではベーカリーショップのボンパナ、セルフうどんのどんどん庵では使えないと説明されてきました。しかし今年の株主優待券からはこれらのお店でも使えるように改善されたそうです。新社長の考えだそうですが、無駄なコストは徹底的に省くが、コストをかけずにできることは前例にとらわれず改善していくという姿勢を感じましたねわーい(嬉しい顔)早速お土産に期待していた丸太ブレッドでも買ってこようと思っています。ただせっかくの改善なので、社長から説明すれば良かったのにと感じます。株主優待を継続すると同時に、多くの皆さんから要望されていたボンパナ、どんどん庵でも使えるようにしましたるんるんと説明すれば、もっと会場内の雰囲気も良くなったと思います。
続いて議案の説明を行った後、質疑応答となりました。
会場内には6ヵ所にマイクが用意されていて、議長の指名を受けた後近くのマイクで質問する形式です。質問のある方は挙手をお願いしますとの呼びかけに、手を挙げた人が多かったので、多くの人に質問してもらうため1人1〜2問でお願いしたいとの案内がありました。出席者数は大幅に減りましたが、その分ひとこと言いたいexclamation×2という株主が集まったようですがく〜(落胆した顔)株主が熱くならないようにするためか(笑)会場内はかなり寒く感じました。もっと節電に協力してもいいのにね。
質問には担当取締役中心に新社長も含めてバランスよく対応していました。取締役の担当を大きく見直したので、意図的に取締役からの回答を多くしたのかもしれません。ただ、まだ新職務に不慣れな部分もあるのか、事務局からのメモに頼っている部分も感じて、自らの言葉で回答している社長と比べると少し物足りなく感じました。来年の株主総会ではかなり改善されていることを期待したいですね。
お土産をなくしたことには批判もたくさん来たそうですが、費用の安い会場に変更したことも含めて、鎌田社長は聖域なく徹底的に見直し、黒字化を目指しているんだなと感じました。社長が変わるたびに期待してきたわけですが、今度の鎌田社長はやってくれるんじゃないか、と期待感を感じました。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)役員は株主の従業員という株式会社の原点に立って質問する。利益を配分せず無配を続けるという結論は軽薄だ。役員報酬や賞与など自分たちの身はどれだけ削っているのか。平取の年収はどの程度か示して欲しい。
→無配が続いていることは誠に申し訳ない。役員賞与はずっと支給していない。
→(大西尚真常務管理本部担当←以前は営業本部担当報酬の削減は代表取締役30%、常務取締役20%、取締役15%減額を行っている。
(2-1)本社は名古屋市内なのに尾張旭で株主総会を開く理由が理解できない。出席者も大幅に減っているではないか。
→(伊藤修二取締役営業本部担当←以前は管理本部担当)上場以来20年以上ずっとサンプラザシーズンズで開催してきた。最初はテーブル席だったが出席人数が増えてきて椅子のみになり、昨年は480名の参加者となりキャパオーバーとなった。そのためもっと広い会場が必要になり、空き状況や費用など総合的に判断して、千人収容可能なこの会場にした。
(3-1)よく外食をするがサガミの店員はまったくなっていないexclamation×2教育がまったく足りない。
→(大西)店舗間格差をなくすことはチェーン店の最大の課題です。覆面調査を半数程度の店舗で行い、お客様目線で改善に生かしている。
→厳しい言葉の中にもサガミへの励ましの言葉をいただいたと感じている。
注記)と社長は言っているものの、株価が下がって嫌になるとすべてが悪く見えてくるという感じの質問でした。私はサガミの店員がまったくなっていないとは思いません。問題のある店や店員もなかにはいると思いますが。復配した途端、サガミの店員は素晴らしいなどと言い出すなら、厳しい言い方ですが単に株価が下がった不満をうっぷん晴らしするためにあら捜ししているだけですね。
(4-2)(年配の株主です)たくさん食べられないのでお子様メニューを頼んだら拒否された。量の少ないシルバー向けメニューも作って欲しい。
→(長屋昇取締役営業本部担当)お子様メニューは栄養やカロリーなど子供向けに開発している。高齢者向けのメニュー開発も進めている。
注記サガミの株主総会でいつも感じるのはスピード感に欠けることです。シルバー向けメニュー開発は以前から要望されているのに、まだ開発中というのが信じられません。もっと素早くメニュー開発して、一部店舗でテストするなどスピード感ある対応が必要だと思います。トリドールの丸亀製麺が破竹の勢いで伸びていた時も、株主からずっと指摘されていたのに、製麺大学を出店したのは丸亀製麺に陰りが見え始めた昨年exclamation×2と本当にスピード感が不足しています。新社長に変わりこの点の改革を徹底してほしいですね。まずやってみる、だめならさらに改善する、という姿勢が大事だと思います。
(5-2)閉店が増えているが、閉店にはどの程度のコストがかかるのか?
→(伊藤)店舗の規模にもよるが100〜500万円/店くらいです。浄化槽も撤去する場合400〜500万円ほど追加になる。滋賀県の店舗の場合、琵琶湖の浄化のため基準が厳しく1,500万円かかった。
サガミからあいそ家への改装には2,500万円くらいかかる。
(6-2)社長は店舗の現状が見えていないのではないか?社長はどの位店舗をまわっているのか?
→1月21日に社長に就任したが、社長になってからお店を回る回数は確かに減っている。できる限り時間を見つけて回るようにしている。
(7-2)トヨタも役員を半減しているのに、赤字のサガミは役員の半減は考えていないのか?
→3年前は取締役9名監査役5名だったが、今期は取締役7名監査役3名となる。役員も減らしているのでご理解いただきたい。

ここ10年は赤字の年が多いですし、とても1つや2つの質問では納得できないexclamation×2という株主が大半で、いくつも質問していました。高齢の男性が多いのも特徴ですね。
質疑応答はまだまだ続きます。後半のさらに厳しいがく〜(落胆した顔)質疑応答の様子は、サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート〜その2でお楽しみくださいね。

 サガミチェーン(9900)2011年株主総会レポート〜その2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 13:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

グローバルダイニング(7625)2011年株主総会レポート〜その1

2011年3月26日(土)10時から、東京銀座の自社店舗 権八G−Zone銀座で開催されたグローバルダイニング(7625)の第38回定時株主総会に行ってきました。
グローバルダイニングは、東京都内の都心中心にゼスト、モンスーンカフェなどイタリア料理や東南アジア料理店などを展開している会社です。グローバルダイニングの株主総会に出席するのは初めてです。
2011年3月25日(金)の株価 115円(東証2部 7625)100株単位 12月決算
PER 赤字で算出不可、PBR 0.27倍、配当利回り 無配、株主資本比率 49.6%
監査費用 3,120万円(売上比 0.23%、営業利益比 −) 清明監査法人
株主優待 6・12月末の500株以上保有の株主に15%割引株主優待証
 詳しくは 次項有 グローバルダイニングの株主優待情報ページ

     グローバルダイニング(7625)のホームページ

     グローバルダイニング(7625)のヤフー株価情報
グローバルダイニング2011年株主総会
過去10年間の株価推移を見ると、時々人気化するものの低迷が続いています。特に直近の4年間は赤字が続いているので、株価の低迷も致し方ないという感じです。業績が改善してこないと株価の底打ちも難しいのでしょうね。
グローバルダイニング2011年株主総会
スケジュール
10:00〜10:21 事業報告
 10:04〜10:06 監査報告 若畑博常勤監査役
 10:06〜10:21 営業報告 長谷川耕造社長がスライドを使用しながら説明
10:21〜10:25 決議事項の説明 新任取締役候補から自己紹介あり
 第1号議案 取締役5名選任の件 4名再任、社外の諸江氏が退任、社内の山下優子氏が新任
 第2号議案 取締役の報酬額改定の件 報酬限度額を年額6,083万円から1億円以内に改定
 第3号議案 当社及び子会社の取締役及び従業員に対してストック・オプションとして発行する
         新株予約権の募集事項の決定を当社取締役会に委任する件
10:25〜11:21 質疑応答 質問者10人 計21件 56分
11:21〜11:22 議案の採決 拍手方式 すべて可決
11:29〜12:31 株主懇談会 12時31分以降も幹部社員との懇談会継続
グローバルダイニング2011年株主総会
お土産 自社店舗の10%割引券
飲み物サービス なし
事業説明会 なし
懇親会 今年は懇親会がなくなり、懇談会になりました

さて注目の株主総会格付けですが、今年は楽しみにしていた懇親会もなくなってしまいました。お土産も店舗で普通に配っているような10%割引券と残念な感じです。業績が悪化しているのでそれどころではないというのは分かりますがもうやだ〜(悲しい顔)質疑応答には自らの言葉で答えていて、株主懇談会を開催したことも評価できますし、株主総会を出席しやすい土曜日に開催しているのも良いことだと思います。これらを総合的に判断し、グローバルダイニング(7625)の株主総会格付けは 『C−』 としました。
   議決権を有する株主数       3,398名、その議決権数  100,223個
   議決権返送&出席株主数       391名、その議決権数   80,132個
グローバルダイニング2011年株主総会
グローバルダイニングの株主総会は今年も銀座の自社店舗、権八G−Zone銀座で行われました。
会場内には椅子がたくさん並べられ、140人分くらいの席が用意されていました。周りには掘りごたつ席もあるので、出席者が増えても対応できそうでした。例年は株主懇親会もあるので100人以上が出席し、掘りごたつ席も使われるそうですが、今年は懇親会がないので出席者は90人程度でした。堅い木の椅子で背もたれが低いので、長時間は座りにくく感じました。
株主総会は長谷川耕造社長より東日本大震災へのお悔やみの言葉から始まりました。このような状況から、大変申し訳ないが今回は懇親会を中止させていただくと説明がありました。グローバルダイニングも自粛なんだな〜と感じましたが、もっと早く判断して発表して欲しいものです。懇親会への参加が楽しみで業績には目をつぶって買ったので、懇親会中止はとても残念ですね。来年は本当に復活するのか分かりませんし、持ち続けてもいいのか判断に迷います。
事業報告は長谷川社長からスクリーンを使って説明がありました。東日本大震災の店舗への影響などについても説明がありました。震災後は客足が激減し業績はかなり落ち込んでいるようです。
ただ、この1年半で今後の業績向上に最適な組織ができたと実感している、ぜひ懇談会で幹部社員から意気込みを感じて欲しい。株主の皆様のご期待に応えられるよう、全社一丸となって頑張るという長谷川社長の力強い挨拶で、事業報告は締めくくられました。
その後議案の説明があり、質疑応答となりました。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)何期連続で赤字なのか?
→4期連続で赤字です。
(2-1)前期は営業段階から赤字であり、株価も上場来安値近辺で推移している。マカオなどに新規出店する余力があるのか?まずは既存店の立て直しが優先ではないか?どの程度の店舗が赤字なのか?
→閉鎖した店舗も含めると、本社費用などを除いた店舗レベルで1/3近くが赤字になっている。
(3-1)今期は5期連続赤字とならないよう頑張ってほしい。新規出店は利益が出てからにして欲しい。
→株主様のおっしゃる通りで、昨年から舵を切っている。赤字のうち9千万円はマカオ店の損失であり、開店から10ヵ月後に閉店した。赤字店舗は正確には国内で60店舗中25店舗なので3割を超える。GDC(カリフォルニアの子会社)で4店舗中2店舗が赤字です。
(4-2)(女性)地震の影響は今後どの程度出てくるのか?対策も含めて教えて欲しい。
→今回の大震災は当社でも経験したことのないような大きな危機であり、売上げは地震後激減している。発生当初は1/3〜1/4に激減したが、今は半分くらいまで回復しつつある状況。資金が潤沢な会社なら問題ないかもしれないが、ほとんどの会社は資金繰りも厳しいと思う。地震発生の翌日には取引先金融機関に、今月の返済は難しいので1ヵ月スキップして欲しいとお願いし、すべての金融機関から了承を頂いた。大家さんにも協力をお願いしており、給与についても社員と話し合いを始めている。未曾有の危機であり会社が事業母体として生き残れるかどうかの瀬戸際だ。その中で一番大事なのは会社の存在意義であり、ライフラインとしての使命、社員にとって人生を送る上での良い舞台であるかどうか、この2つを実現しながらどうやって生き残っていくか頑張っている。
(5-2)赤字の影響なのか負債に比べて手元現預金が少ない。どのように負債を減らすのか?
→昨年も負債圧縮のため、爪に火をともす様な努力を続けてきた。負債の削減よりまずは生き残ることが大事であり、この危機を乗り越えてはじめて、借入金の返済に取り組んでいけると考えている。
(6-2)営業する店舗については建物の状況を早急に確認して欲しい。
→すでに動き出している。東京でもかなり揺れたが、私が見た範囲ではビルのガラス一枚割れていなかった。日本の建築は凄いなと感じた。
(7-3)何度もストックオプションを発行しているが、株価・業績とも低迷が続きまったく効果が出ていない。こんなに低迷した株価をベースにストックオプションを発行するのは既存の株主の利益を害するのではないか?行使期間が10年というのも長すぎる。今後10年経たないと業績の回復が見込めないのか?
→確かに過去のSOはそれだけではあまり効果がなかったが、業績を伸ばせるような組織作りができていなかった部分もあり、長期的に見てSOが株主価値の増大に効果があるという信念は変わっていない。皆さんがどう感じるかは分からないが、危機的な状況を乗り越えるためにも今こそストックオプションが必要だと思っている。上場した目的の1つにストックオプションを発行できることがあった。当初発行したSOでは、株価が上がった時に一気に行使が増えて、まとまったお金を手にして辞めてしまう社員もいた。行使期間を10年にしているのは、株価が上がってもすべてを1度に行使できない様にするためであり、株主の利益にも合致していると思う。
(8-4)第2号議案で役員報酬を増やすとなっているが?
→役員総数は変わらないが、退任するのが給与の少ない社外取締役に対し、新任役員は社内取締役なので役員報酬総額は増加する。ただ従業員分の給与は減るので、給与総額は変わらない。
(株主)その差額が4千万円もあるのか?
→ギリギリだと何が起こるか分からないので、少し余裕を持たせて1億円にした。
(株主)赤字続きなのに役員報酬を増やすとはなんて会社だ!と思ったが、安心した。
(9-4)夏場には電力不足が予想されるが計画停電に対する対策は?
→今回の国難が短期に解消するとは思えない。真夏と真冬は電力が不足し、当社も例年並みの売上を確保するのは難しくなると思う。店舗でも節電に努めているが、本部でも8階にあるが極力エレベーターを使わないなど節電を行っている。
(10-4)店舗の節電はもうやりようがないのか?
→店舗でも不要不急の照明は消したり節電に協力している。ただ電力供給に余裕がある時間帯に必要以上に暗くするのは経費の削減にはなるが、経済的・精神的にあまりよくないのではないかとも感じる。
グローバルダイニング2011年株主総会
(11-5)放射能汚染など食品や水に対する安全対策はどうなっているか?
→報道などで過敏になっているが、現地で出荷停止になっているので、消費者への健康被害などの影響はないと考えている。手に入る食材に限りがあるので、店舗では限定メニューにせざるを得ない。容器などの不足もあるので、影響はしばらく続くと思う。
(株主)では特に対策はしていないのか?
→健康面では逆に今の世の中の対応は、少しやりすぎだと思う。こんな身近で原発事故が起こったので、社内でも放射能被害について非常に勉強を行った。チェルノブイリの原発事故は、突然爆発して作業員の方々が大量に被曝したが、亡くなったのは1割程度だった。残りの人たちは平均寿命や癌の発生率も有意な差異が認められなかった。これは極端な例かもしれないが、放射能について勉強を続けており、今も大気中や水道水中の放射線量はモニターしている。現状のレベルでは問題ないと考えている。
(12-5)自社所有店舗などの簿価と時価の差はどの程度か?
→ざっくりとした感触では、デフレが続いており簿価の方が若干高いのではないかと感じている。地価が落ちないような場所を選んで買ってきたので、担保価値は高いと思う。
(13-5)支払いをスキップしてもらったとのことだが、リスケではないのか?
→リスケと言えばリスケなのかもしれないが、1ヵ月繰り延べただけです。
(株主)金融円滑化法を使ったわけではないのか?
→そうではない。
(14-6)長谷川社長、昨日はよく眠れましたか?
→いつもお世話になっております。最近は年のせいかあまり熟睡はできませんが
(株主)そうじゃなくて、株主総会を控えて熟睡できなかったのではないかと思う。
→いやあ、最近寝つきはいいんですけど目覚めが早いんですよね〜
(株主)もう何回も株主総会に来ているが、私は2005年に買ったので何百分の1になってしまった。この決算書を見て褒められる点は一つもない。営業段階から赤字では企業としてどうなのかと不安になる。今までの説明を聞いていると今期はもっと落ち込みそうだ。バランスシートを見ると流動比率が非常に悪く、資金繰りが大丈夫なのか心配だ。社長が多額の貸付をしているがこの分は大丈夫として、金融機関は大丈夫なのかと心配だったが、手を打ったということなので安心した。
ダイヤモンドダイニングは若干業態は違うかもしれないが、同じレストラン業なのに増収増益が続いていて前期は最高益を上げている。一方グローバルダイニングは新店を出しても翌年には閉店していて、経営判断がおかしいのではないか?海外店舗もそうだ。報酬枠を増やすなどおかしいし、今までストックオプションは大賛成だったが、今の時期に発行するのは反対だ。報酬を増やすのと同じではないか!
→ストックオプションについても厳しい時期だから将来へのチャレンジを止めてしまうのか?という問題だと思う。適切かどうかは個々の意見が分かれると思うが、私は将来に向けて頑張る人たちにSOという形で果実を与えることが、株主価値の向上にもつながっていくと考えている。


これだけ株価が低迷していると不満を感じている株主もたくさんいるんでしょうが、何百分の1は言い過ぎですよね。昨年までは懇親会があったので、接待されることで不満を抑えていた人も、今年は懇親会さえ無いちっ(怒った顔)ということで不満爆発なのかもしれませんね。それにしてもダイヤモンドダイニングがそんなにいい会社なんでしょうか?私はもう終わりつつある会社に思えてなりませんががく〜(落胆した顔)
質疑応答はまだまだ続きます。後半の質疑応答の様子は、グローバルダイニング(7625)2011年株主総会レポート〜その2でお楽しみくださいね。 作成中です。

 グローバルダイニング(7625)2011年株主総会レポート〜その2
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月11日

ブリヂストン(5108)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月29日(火)10時から、東京大手町の経団連会館2階 国際会議場で開催されたブリヂストン(5108)の第92回定時株主総会に行ってきました。
ブリヂストンは自動車用のタイヤなどで世界首位の会社です。
ブリヂストンの株主総会に参加するのは初めてです。
それにしても社名がブリヂストンというのは紛らわしいですね。私はブリヂストンではなくてブリジストンだとずっと思っていましたあせあせ(飛び散る汗)
キヤノンとかキユーピー、富士フイルムもそうですが、読みと社名を統一して欲しいですね。

2011年3月29日(火)の株価 1,745円(東証1部 5108)100株単位 12月決算
PER 16.7倍、PBR 1.20倍、配当利回り 1.15%、株主資本比率 42.2%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません
監査費用 27,500万円(売上比 0.01%、営業利益比 0.17%) 監査法人トーマツ

株主優待 なし

   ブリヂストン(5108)のホームページ

   ブリヂストン(5108)のヤフー株価情報
ブリヂストン2011年株主総会
過去10年間の株価推移を見ると、2006年頃までは順調に上昇していましたが、その後はサブプライム危機・リーマンショックの直撃を受けて株価も低迷しています。業績推移を見ても、グローバル企業だけに世界的な景気変動の影響を大きく受けることがよく分かります。
ブリヂストン2011年株主総会

スケジュール
10:00〜 株主総会開始(最後まで出席していないので、終了時刻など詳細は不明)
決議事項
 第1号議案 剰余金処分の件 前期から4円増配の20円 配当性向15.8%
 第2号議案 取締役9名選任の件 8名(社内取締役6名、社外取締役2名)全員任期満了
  社内取締役の津田氏が退任し、社外取締役の室伏きみ子氏、デイヴィス・スコット氏が新任 5:3に
 第3号議案 監査役1名選任の件 安河内氏、長谷川氏退任、増田健一氏新任 監査役5名体制に
 第4号議案 取締役賞与支給の件 社内取締役に対し賞与総額9,810万円を支給
 第5号議案 取締役に対するストックオプションによる報酬支給の件
  8万株(うち社外取締役分は8,000株)を上限に、新株予約権を割当てる
ブリヂストン2011年株主総会
お土産 ブリヂストン美術館の招待券2枚 先渡し
飲み物サービス 第2会場の喫茶コーナーでコーヒー、紅茶、ウーロン茶のサービス
事業説明会 なし
懇親会 なし

ブリヂストン2011年株主総会
ブリヂストンの株主総会は、経団連会館で行われました。さすが日本を代表する企業ですね。
昨年もブリヂストンの株主総会に参加しようと思っていましたが、昨年は3月30日(火)の株主総会集中日開催だったので、他社と重なってしまい参加をあきらめました。
今年も何社か重なっているので、ブリヂストンの株主総会にはちょっと寄っただけで、共同PRの株主総会に向かいました。こちらの方が投資額が大きいのでわーい(嬉しい顔)
ブリヂストン2011年株主総会
1階の案内ボードには、10:00〜21:00と書いてあり、質問が尽きるまで11時間でもやりますよ〜という経営陣の意気込みを感じました(笑)
実際はあまり質問も無く、シャンシャンと終わるケースもあるようですが。


1階から長いエスカレーターに乗って2階に着くと受付が設置されていて、お土産の入った封筒を頂けました。お土産は毎年ブリヂストン美術館の招待券2枚のようです。
ブリヂストン2011年株主総会
株主総会会場内には(9+9+9+9)×17のレイアウトで、たくさんの椅子が並べられていました。612人分ですが、これだけでは足りない様で、向かい側に第2会場も設けられていました。
受付では案内がありませんでしたが、第2会場では飲み物のサービスがありました。
第2会場の手前半分を仕切って喫茶コーナーになっていて、椅子やテーブルも用意され、コーヒー、紅茶、ウーロン茶をいただくことができました。飲み物サービスがあるのはありがたいですねるんるん

株主総会会場内の正面左右にはスクリーンが用意されていて、株主総会前にブリヂストンの創業からの歩みをまとめたビデオが流されていました。
壇上の取締役と株主席の間には、ずらっと一列に花が飾られていてとてもきれいでした。ただ株主との間を遮るお花のバリケードと言えなくもありません。以前スクウェア・エニックスの株主総会で、役員席と株主席の間に植物を並べて距離を取っていた例もありますが、見栄えは別にして株主席との間に距離があると、株主に対して警戒しているのかなとか優しくないな〜と感じてしまいます。以前は分かりませんが、いまどき株主が役員に飛びかかってくることもないでしょうから、あまり距離を取らない方がいいと思います。これだけお花を並べると経費もかなりかかると思いますし、経費削減に努めて欲しいですね。
これらのお花は、新規オープン時の花輪のように、株主総会後に株主が持って帰るのでしょうか?とても気になりました。前方にはスーツ姿の方々しかいませんでしたが、お花がもらえるなら一般の株主が前方席を奪い合うという珍しい光景が繰り広げられるのかもしれませんねがく〜(落胆した顔)
株主総会のなかで荒川詔四社長から、東日本大震災の影響や対応について話があり、復興関連物資を第一に供給するという説明があったようです。ブリヂストンも栃木県内に栃木工場、那須工場、黒磯工場の3工場があるので、復旧状況などについても説明があったものと思われます。


私は中小型株への投資が中心なので、大企業の株主総会に出席したことがあまりないので、もう少し出席しやすい日時になれば、ブリヂストンの株主総会にも参加してみたいですね。
会場も21時まで押さえているんですから、午後からの開催や夕方からの開催も可能だと思います。株主総会集中日前後に開催するのであれば、他社の株主総会と重ならないような出席しやすい時間での開催を検討して欲しいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 15:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月10日

共同PRピーアール(2436)2011年株主総会レポート

2011年3月29日(火)10時から銀座の共同PR本社ビル4階会議室で開催された共同PRピーアール(2436)の第47期定時株主総会に参加してきました。共同ピーアール(2436)は企業や自治体などのパブリックリレーション活動を支援している会社です。
共同PRの株主総会に参加するのは、3年連続で3回目の出席になります。
   2009年の株主総会はこちら 次項有 共同ピーアール2009年株主総会レポート
   2010年の株主総会はこちら 次項有 共同ピーアール2010年株主総会レポート
2011年3月29日(火)の株価 505円(JASDAQ 2436)100株単位 12月決算
PER 11.3倍、PBR 0.59倍、配当利回り 5.94%、株主資本比率 51.2%
今期の業績予想には東日本大震災の影響は織り込まれていません
監査費用 2,000万円(売上比 0.43%) 新日本有限責任監査法人

株主優待 なし

     共同PR(2436)のホームページ
     共同PR(2436)のヤフー株価情報
共同PR2011年株主総会
過去2年間の株価推移をみると、550円前後で横ばいの動きが続いています。出来高も少なく人気がないのがよく分かります。PR会社なのに自社のPRは苦手もうやだ〜(悲しい顔)というのは困ったものです。
共同PR2011年株主総会
同業のプラップジャパン(2449)と比べてみると株価・業績とも見劣りしています。
 共同PR2011年株主総会
  共同PRの過去の業績グッド(上向き矢印)  プラップジャパンの過去の業績バッド(下向き矢印)
 共同PR2011年株主総会
プラップジャパンは安定した利益をあげているのに対して、共同PRは直近3年は赤字が続くなどほとんど利益が出ていません。業績の差が株価に反映されていますね。今期EPSは45円の計画ですが、ずっと下方修正が続いているので実現の可能性は微妙です。そろそろ頑張ってほしいんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)
スケジュール
10:00〜10:25 事業報告
 10:05〜10:06 監査報告 下川和己常勤監査役
 10:07〜10:25 報告事項説明 今年は山田明常務取締役が招集通知を読上げ
10:25〜10:27 決議事項の説明 引き続き山田明常務取締役が担当
 第1号議案 剰余金処分の件 期末配当15円(年間30円 配当据置き)
 第2号議案 定款一部変更の件 有価証券に対する投資事業を追加 心配ですもうやだ〜(悲しい顔)
10:27〜10:46 質疑応答 質問者2人 計6件 19分
10:46〜10:48 決議事項の採決 拍手方式 すべて可決
株主総会
お土産 洋菓子舗ウエストのリーフパイ 後渡し 賞味期限4月29日
飲み物サービス なし、 事業説明会 なし、 懇親会 なし

さて注目の株主総会格付けですが、今年も昨年と同じような株主総会でしたので、共同ピーアール(2436)の株主総会格付けは昨年と同様 『D+』 としました。しかしお土産のリーフパイはとても美味しくて、家族にも大好評でしたので、格付の見直し方向はポジティブとしますわーい(嬉しい顔)
   議決権を有する株主数        876名、その議決権数  12,394個
   議決権返送&出席株主数      198名、その議決権数   8,486個
共同ピーアール2011年株主総会
今年も昨年と同じく共同ピーアールの本社会議室で行われました。
会議室内は(3×2)×6のレイアウトで机・椅子が並べられ、36人分の席が用意されていました。株主総会開始時点で18人位でしたが、最終的には25人程度でした。女性も4名いて、昨年よりは普通の株主が増えてきたように感じます。以前は取引先や社員株主と思われる方が多かったように感じます。
昨年までは事業報告は大橋榮社長自ら行っていましたが、今年は体調を崩していて声が出にくいそうで、代わりに山田明常務(業務副本部長)が行いました。招集通知を読上げるだけであれば、朗読が得意な人に任せた方がスムーズですし、聞きやすいと思います。できればスクリーンなどを使ってもっと分かりやすく説明して欲しいですね。読上げなら来年以降も山田常務に任せればいいと思います。

出席していた知り合いの方は、ぼそぼそと元気なく話す社長を見て、この会社大丈夫なのかexclamation&questionととても心配していました。私も初めて株主総会に参加した時には、共同PRに投資したことを激しく後悔しました(笑)株価推移を見ればその後悔は正しかったんですけどねもうやだ〜(悲しい顔)後悔先に立たずです。
議案の説明も山田常務が行い、質疑応答となりました。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)まず前年と比べると業績が改善したことに感謝します。とは言えまだ非常に低水準で満足できる水準ではないと思う。今期はさらに改善を見込んでいるが、昨年の下期で底を打ったと考えてよいのか?
→(菅原豊取締役 総合企画局長)昨年の下期で底を打ち、今期は回復に向かうと考えている。今期の計画もそのような数字になっており、頑張っていく。
(2-1)国内No1のPR会社という意気込みは大事だが、同業のプラップジャパンがすぐ近くまで迫ってきている。利益面では完全に差を付けられているが、なぜ同業でこんなに差が付くのか?
→よく聞かれる質問だが、決定的に違うのは交際費です。共同PRではメディアリレーションを重要視しており、メディアに対する交際費が非常にかかっている。交際費をプラップ並みにすればすぐに利益はでる。交際費を多く使うのはあまり良いことではないが、メディア中心にやっているとどうしても必要になってくるのでご理解いただきたい。
(3-1)前期は2億円ほど販管費が減り黒字につながったが、人件費の減少が少し気になる。PRの仕事は人財が一番大事だと思うが、人件費はどのように減らしたのか?また昨年質問した監査費用のコストダウン結果も教えて欲しい。
→この商売はどうしても夜が遅くなり、残業代が増えて帰りもタクシーになってしまうことが、人件費や交通費が多くかかっている。その他の経費は削減しているが、削減には限度があるのでご理解いただきたい。
→(菅原)監査費用については500万円減の効果があった。
(4-2)経費削減には限度があるとのことだが、一方で、対処すべき課題には更なる経費削減が挙げられている。もっと具体的に今期はどんな経費削減に取り組むのか教えて欲しい。
→(菅原)前期の主な削減項目は、給与14.69億円▲6.9%、法定福利費2.31億円▲0.4%、家賃2.13億円▲13.1%、貸倒引当金繰入額0.02億円▲94.4%など全体で8.9%の経費削減となった。昨年から固定費の削減を進めてきたが、今期についても継続して発生する業務については、各チームでバラバラと発注するのではなくて、相見積もりを取って最適な発注先を選定していく。家賃はオーナーさんに協力頂き、今期も1千万円の削減を行う。
(5-2)経費についても予算管理していると思うが、固定部分の経費見直しはどうなっているのか?詳細がないなら、経費削減と効率性の向上についての考え方を聞かせて欲しい。
→具体的に説明できるのは家賃の減額だけです。PRの仕事は同じ案件の繰り返しではないので、発注の都度、無駄のない発注先を選定していくことに尽きる。各部門に業績目標もあるので、残業代など効率的に運用して目標の達成を目指す。
(6-1)大地震が発生し原発の問題もあって、色々な意味で日本への注目が集まっている。政府の記者会見などを見ていると、情報発信の仕方や危機管理などの面で、共同PRが貢献できることがあるのではないかと感じる。官公庁向けに加えて、政府や政党向けのPR活動についてどのように考えているのか?
→官公庁向けは積極的に取り組んでいるが、まだ十分ではない。今後も積極的に取り組んでいく。共同PRがお手伝いしている地方自治体には、他の自治体から問い合わせも多いので、ニーズはたくさんあると考えている。今後地方自治体中心に長期的なお手伝いをしていきたい。
→(篠崎良一常務取締役 事業局長)官公庁からは今でもいくつか広報活動についての調査依頼やコンサルティングの話をいただいている。企業に止まらず、大学、NGOなどから危機管理についての依頼も増えていて、前期は10%弱くらい伸びている。今期もこれ以上の伸びが期待できる。危機管理の研修などを通じて需要の開拓を図っていく。今回の地震ではユーストリームが活躍したので、当社のセミナーでもユーストリームなどを取り入れていく。地震の業績への影響としては、イベントやプロモーションの中止・延期の動きが一部にある。今後どう推移するのかを慎重に見極めながら、業績の修正が必要であれば適宜発表していく。出来る限りマイナスの影響がないように頑張っていく。

以上で質疑応答は終了となりました。今年は大橋社長の体調が優れないということで、たくさん質問を用意していたんですが一部のみに遠慮してしまいました。
その後議案の採決を行い、問題なく可決され株主総会は終了となりました。

プラップジャパンと比べて利益水準が低いのは、メディアに対して交際費を多く使っているからという説明がありましたが、交際費をたくさん使って接待漬けにしないと仕事が進まない会社と、交際費をさほど使わなくても同程度の売上を上げられる会社では、後者の方が優れていると思います。プラップジャパンは交際費をかけなくても共同PRと同程度の売上を上げているわけですから、本当にそれだけの経費をかける必要があるのか?再検討して欲しいものです。夜遅くまでテレビ局や新聞社などのメディアを接待したり交際費を使わないと、メディアに取り上げてもらえないというのは問題だと思います。金の切れ目が縁の切れ目のような付き合いに本当に意味があるのでしょうか?官公庁などは接待禁止ですし、メディアに対してももっと健全な関係を構築する必要があると思います。費用を接待などに使わなければ大幅に利益も増えて、税金として社会の役に立ったり、株主への配分ももっと増やせると思います。
だいたい新聞やテレビなどのメディアは、新規参入のない特殊な立ち位置にあると思いますし、自ら強調しているように社会の公器という側面もあります。給料などの待遇も平均賃金からすると大幅に高く、特権意識も強い人たちだと思います(少しひがみが入っているかもしれませんがあせあせ(飛び散る汗)
そんな特権階級の人たちを、赤字に転落するほどの交際費を使って接待するというのはおかしいと思います。公務員の接待などを激しく批判しているのもメディア自身ですし、社会の公器を自認するメディア自体が自ら接待は禁止する必要があるのではないかと感じます。公務員の接待は大々的に批判するけど、自分たちが接待を受けるのは民間だから問題ないexclamation×2というのは、身勝手な理論で国民からも支持されないと思います。
そろそろ旧態依然とした慣習はやめる必要があるのではないかと感じます。
共同PRには日本No1のPR会社として、不透明な接待に頼らなくてもメディアが取り上げたくなるような話題を、次々と発信していって欲しいですね。
社長の仕事は激務で体調にも負担がかかるでしょうから、そろそろ若手を社長に抜擢して、徹底的な改革を進める時期なのではないかと感じます。大橋社長は一段上の会長などの高所から、後任社長をサポートするような役割が求められているのではないでしょうか?創業者で大株主でもある大橋社長の英断を期待したいですね。体調を崩しているという社長に向かって、株主総会ではこんな指摘はできませんでしたが、後進を育てることが経営者の最大の責務です。大橋社長は3ヵ月ほど入院していたそうですが、それでも会社は回っていたわけですし、そろそろ後進に道を譲る時期だと思います。任せないと人は育ちませんし、元気なうちに任せないと後継者も大変です。


株主総会では質問しませんでしたが、定款変更で有価証券に対する投資事業を追加するというのはとても心配です。自社の株価でさえ低迷から脱することができないのに、有価証券への投資で成功することができるのでしょうか?どこぞの金融機関から変な金融商品を薦められて、数年後には有価証券評価損、売却損など巨額の特別損失を計上して、大赤字になるのが目に見えていますもうやだ〜(悲しい顔)こんな無駄なお金の使い方をするくらいなら株主に還元して欲しいですし、本業にもっと集中してほしいものです。
心配だったので株主総会後に聞いてみましたが、決して有価証券の売買を大々的に始めるのではなく、有価証券を取得する場合に備えて事前に定款を変更しておくだけだという説明でした。
リーマンショックの際にも、外資系の証券会社や投資銀行が格付の高い不透明な商品を多くの会社に売りまくり、多額の損失を生じさせましたし、最近でも中小企業にメガバンクなどが為替のデリバティブ商品を販売して、巨額の評価損が発生して倒産する会社が続出したり大赤字に陥るなど問題になっています。
いかにも儲かりそうな話を持ち込んでくるんでしょうが、そんなに儲かるなら銀行や証券会社が自分で保有すればいいわけで、売り込んでくる商品に美味しい商品などないexclamation×2と肝に銘ずる必要があると思います。有価証券の売買で儲けるのはそんな甘い世界ではありません。有価証券に対する投資事業を定款に追加する暇があったら、もっと本業に精進してほしいと思います。
有価証券に対する投資事業については、株主としてきっちりと監視していきたいと思っていますひらめき
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
共同ピーアール2011年株主総会
posted by Zaimax at 17:50 | Comment(1) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽天(4755)2011年株主総会お土産レポート

2011年3月30日(水)10時から、東京のグランドプリンスホテル赤坂 五色2階「五色の間」で開催された楽天(4755)の第14回定時株主総会に行ってきました。
楽天はインターネット上で総合ショッピングモールを運営しているネット企業です。楽天トラベルや楽天証券などのネット上のサービスに加えて、クレジットカード会社やプロ野球チームの東北楽天ゴールデンイーグルスも保有しています。
楽天の株主総会に参加するのは初めてです。

2011年3月30日(水)の株価 73,900円(JASDAQ 4755)1株単位 12月決算
PER 24.2倍、PBR 4.07倍、配当利回り 0.27%、株主資本比率 12.2%
監査費用 43,500万円(売上比 0.13%、営業利益比 0.68%) 新日本有限責任監査法人
株主優待 なし

   楽天(4755)の企業ホームページ

   楽天(4755)のヤフー株価情報
楽天2011年株主総会
過去10年間の株価推移を見てみると、赤字が続いていた時期は株価も低迷していましたが、黒字化が視野に入ってきた頃から人気化し、2004年12月には12.7万円の高値を付けています。その後はライブドアショックなどもあり株価は低迷していましたが、2009年頃からは上昇傾向が続いています。
楽天2011年株主総会
業績を見てみると、楽天証券などの金融事業の影響で利益のブレが大きい印象です。
スケジュール
10:00〜 株主総会開始(最後まで出席していないので詳細は不明ですが、11時10分頃終了のようです)
決議事項
 第1号議案 取締役16名選任の件
 第2号議案 監査役2名選任の件
 第3号議案 ストックオプションとして新株予約権を発行する件
株主総会
お土産 楽天イーグルス仕様のエディ500円分 後渡し
飲み物サービス 1階の喫茶コーナーでコーヒー、紅茶、ウーロン茶、オレンジジュース
事業説明会 なし
懇親会 なし



楽天2011年株主総会
楽天の株主総会は、グランドプリンスホテル赤坂で行われました。今日2社目の株主総会です。地下鉄からだと比較的便利な場所なんでしょうが、JRで移動してきたので四ツ谷駅からはかなり距離があり、疲れました。
広い会場内には、椅子がびっしりと並べられていて、出席者が多い株主総会なんだな〜と感じました。正面に大きなスクリーンが設置されていて、事業報告などで使われるようです。
株主総会は2階で行われますが、1階に喫茶コーナーが設けられていて、飲み物を頂くことができました。遠距離を歩いてきて喉が渇いたので、冷たいウーロン茶をいただきました。飲み物サービスがあるのはありがたいですねるんるん

楽天の三木谷浩史代表取締役会長兼社長は、社内の公用語を英語にするなど新しいことに次々と挑戦しているので、どんな株主総会を行っているんだろう?と非常に興味がありましたが、今日3月30日は株主総会集中開催日で、私も多くの株主総会が集中しています。今回は出席はあきらめて次の株主総会会場へ向かいました。
過去の株主総会の様子などを見てみると、いたって普通の株主総会のようです。
株主も多いですし、新しいことに積極的にチャレンジしている会社なんですから、株主総会ももっと出席しやすい日時で開催して欲しいと感じました。他の会社に右倣えで集中日の10時から開催というのは楽天らしくないと思います。
ビジネスマンなどの間で朝活がブームになっているので、朝7時から株主総会を開催するとか株主総会でもあっと驚くような新機軸を打ち出して欲しいと思います。働いている人も早朝なら参加しやすいですし、株式保有の多い高齢者にも大好評るんるん、さらには頭の働きも活発な早朝の開催で質疑応答もより活性化する株主総会の早朝開催も面白い試みだと思います。
あるいは出席しやすい午後や夜間の開催も可能だと思います。いろいろなアイデアはあると思うので、もっと工夫して欲しいなと思います。
楽天2011年株主総会
せっかくなので三木谷社長を見てから帰ろうと思いましたが、駅までの移動時間もかかるし、ゆっくりしていると最後の会社の株主総会が終わってしまいそうなので、10時前に会場を後にしました。


m​t​i​p​sさんのブログ情報によると、質疑応答は途中で打ち切りとなり、11時10分ごろには株主総会終了となったようです。楽天クラスの出席者が多い株主総会で、1時間10分で終わってしまうというのはかなり短いな〜と感じますね。楽天のイメージとは異なり、かなりシャンシャンに近い株主総会なのかもしれませんね。もっと株主との対話の場を大事にして欲しいですね。
受付に出席票を渡すと、お土産を用意してもらえました。過去はタオルハンカチなどの東北楽天ゴールデンイーグルスグッズだったようですが、今年は楽天イーグルス仕様のEdyカード500円分でした。
楽天の株主総会も、来年はぜひ最後まで通して参加してみたいですね。
来年は集中日を外して開催してくれるといいな〜と思っています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 13:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする