2010年09月28日

アークランドサービス(3085)について考える

私の周りにはやはり中長期投資をメインにしている人も多いですし、ブログつながりでも中長期派の人との交流が多いですね。
そういった方々とは持っている銘柄も重なることが多く、共通の話題もあって面白いですね。
あくまで私のイメージなんですが、共通に出てくる銘柄が3社あるように感じています。それは
ティア(2485) 名古屋の葬儀会社
ディーブイエックス(3079) 心臓ペースメーカーなどの医療機器メーカー
アークランドサービス(3085) かつやを展開している外食企業

の3社です。
それぞれ業種はまったく違いますが、中長期で保有したい銘柄として私の周りでは人気があるようです。
しかし私はティアしか持っていません。どうしてなのか考えてみました。
まずディーブイエックスについてですが、私は医療機器分野については詳しくないので、数ある医療機器メーカーの中でDVxが本当に素晴らしい会社なのか、私には判断できません。
医薬品開発メーカーや医療機器メーカーの会社説明会に参加することも多いですが、説明を聞くとどの会社も素晴らしい会社だと感じますし、株主として応援したいとも感じますが、よく分からないものには投資しないexclamation×2という基本原則があるので、株主総会出席用に1株買う程度の投資に止めています。
さらには、事業展開にあたっては監督官庁から承認をもらう必要があるので、会社の計画通りに事業展開ができないリスクがあったり、価格も決められてしまい2年おきに改定されるので、企業努力だけでは業績を伸ばせないという部分が気になっていることもあります。
大きくは、医療分野に詳しくないこと、事業展開上の制約が大きいことから医療分野の会社には投資していません。
中長期投資銘柄


一方もうひとつのアークランドサービスは外食企業なので、私の得意分野です。かつやは500円でカツ丼が食べられるなど私好みの会社のように感じます。しかしなぜか投資していません。
今まで身近にお店がなかったこともありますが、一番大きいのは株主優待制度がないexclamation×2という理由ですね。
私が外食企業に投資する場合、まずは1株買って株主優待券をもらい、それからお店に行って実際に食べてみる。気に入れば詳しく財務諸表などを分析して、成長性が確信できれば本格的に投資!という感じです。株主優待券より先にまずは食べてから買えよ!という感じなんですけどね(笑)
その点で、外食企業なのに株主優待がないという時点で、投資対象になりにくくなってしまいます。トリドールなども株主になっていません。
なかには例外もあり、株主優待がなくても投資している外食企業もありますが、それらは何か他社にはない特徴のある会社です。
中長期投資銘柄
アークランドサービスは底値近辺で丹念に拾っていれば、すでに3倍くらいになっていますし、素晴らしい会社だと思いますが、投資タイミングを逃した感じですね(笑)
以下は私が感じるアークランドサービスのイメージですが、私はかつやに入ったことはありませんし、詳しく分析しているわけでもありません。単なる負け惜しみみたいなものなので、大目に見てくださいねあせあせ(飛び散る汗)
私がアークランドサービスに投資していない理由は、取り扱っている商品がカロリーの高い揚げ物だということです。私もたまにはとんかつなども食べますが、脂っこい料理はたまにでいいかな〜と感じてしまいます。鶏のから揚げなどなら時々食べますが、とんかつやカツ丼は月に数回で十分かなと感じます。
今後高齢化が進めばあまり脂っこい料理は敬遠されてくるのではないか?と感じている部分もあります。
一方で家庭では後片付けの面倒な揚げ物は敬遠される傾向にあるので、この面ではかつやが繁盛する可能性はあります。
もうひとつの理由、こちらがより大きいんですが、カツ丼を500円で提供することはそんなに難しくないということです。そして今の牛丼戦争を見ていると、250円前後の攻防になっており、トリドールもそうですが、280円の素うどんや500円のカツ丼のお得感が薄れてくるのではないか?と感じているからです。
熾烈な牛丼戦争を戦っている3社からすれば、お客さんから500円も頂けるカツ丼業態はすぐにでも参入したいと感じているのではないでしょうか?
実際松屋はとんかつ業態を開発していますし、株主総会でも質問してみましたが、カツ丼業態に本格的に参入を検討しているようです。
名古屋ではサガミチェーンの子会社のどんどん庵というセルフうどんのお店で、500円のカツ丼が品揃えされています。私も時々食べますが満足しています。この程度の規模の会社でも500円でカツ丼を提供できるんですから、牛丼3社規模のバイイングパワーを持った会社が本格的に参入してきたら、500円という価格は維持できないのではないか?と思います。牛丼同様の不毛な戦いに巻き込まれる可能性が高いと思います。
まだ数年は一人勝ちの状況が続くと思いますが、業績が好調であればあるほど他社の参入が現実味を増してくるような気がするので、なかなか長期では投資し難く感じてしまいます。
牛丼やうどんと違って、毎日食べに行くというのが考えにくいこともありますね。毎日食べてたらメタボ一直線という感じですのでわーい(嬉しい顔)


以上はすべてアークランドサービスへの買いタイミングを逃してしまった私のひがみですので(笑)厳しく追求しないでくださいね。イメージだけで書いているので、すぐにボロが出ると思いますあせあせ(飛び散る汗)
こんなことは株主の方々は百も承知でしょうし、会社側も対応策を練っているんでしょうね。
それにしても株主優待くらい出してもいいと思うんですけどねぇもうやだ〜(悲しい顔)
今日の日経MJで、サトレストランシステムズ(8163)がカツ丼に参入するとの記事がありました。サトは私の優待銘柄の1社なので、気になって今日のブログ記事になりました。サトはアークランドサービスと合弁会社サト・アークランドフードサービス(サトが51%出資)を設立してカツ丼業態に参入します。すでに4月頃に発表されているようですね。サトの株主優待券が使えるといいんですが(笑)
他にも投資先の東京楽天地がアークランドSとフランチャイズ契約を結んで、かつやを出店しています。フランチャイズ展開を加速することで、カツ丼市場を早急に押さえてしまおうexclamation×2という戦略のようです。意外と私の投資先ともつながりがあって驚きました。
他社が参入してきても大丈夫なのかもしれませんね手(チョキ)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 01:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 個別銘柄 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

東急レクリエーション(9631)の株主優待

新たに株主になった東急レクリエーション(9631)の株主優待カードが届きました。
私は株主優待で映画を見に行くわーい(嬉しい顔)のが好きなんですが、今までは松竹と東京楽天地の株を持っていて、松竹系と東宝系のシネコンで映画を楽しんでいました。
ただ、この2社には家から映画館までの距離が遠いexclamation×2という根本的な問題がありました。
今年の東京楽天地の株主総会で、東急レクリエーションと比べて株主優待が見劣りしているとの指摘があり、東急レクリエーションの株主優待を調べてみたところ、名古屋駅近くにも株主優待が使えるシネコンがあり、株価と比べた株主優待の価値も高そうだったので、松竹を売って東急レクリエーションを購入しました。松竹のシネコンまでは車で2時間弱もかけて見に行っていたので、いつも3本立て、4本立て(笑)になっていました。これからはもっとゆっくりと映画を楽しめそうでするんるん


6月末が権利確定日なら、配当や優待は3ヵ月後の9月に下旬に送られてくるので、翌月の10月から映画を見られるものだと思っていました。松竹は2月・8月が決算期末ですが、株主優待は2月末時点の株主は6月〜11月の6ヵ月間、8月末時点の株主は12月〜5月の6ヵ月間株主優待で映画を見ることができます。東京楽天地も同様に決算期末の4ヵ月後から株主優待を楽しむことができます。なぜ東急レクリエーションは5ヵ月後からなんでしょうね?まだ松竹の株主優待が使えるので問題ないんですが、せっかくなら早く株主優待を使いたいですよね。
東急レクリエーションの株主優待制度は、映画以外にも系列の東急ホテルの宿泊優待券も6枚入っていました。正規料金の3割引で泊まれるそうです。ただ、ホテルの料金は宿泊予約サイトなどを使えばかなり安く泊まれるので、3割引くらいではあまり利用価値はありませんね。
東急レクリエーションの株主優待
松竹(9601)は千株持っていると、年間16回映画を楽しめます。60万円弱の投資額です。
私が買った頃は80万円を超えていたので、安くなったものですもうやだ〜(悲しい顔)
東急レクリエーション(9631)は、千株持っていると年間18回映画を楽しめます。
50万円強の投資額
です。これは109シネマズなどで使用した場合であり、新宿ミラノ1・2・3などで使用する場合は倍の36回になります。東京の株主はお得ですね!
株価は株主優待価値に見合うように収斂してきているようにも感じます(笑)
近くに株主優待が使える会社の株主になるのが便利ですね。
11月からは109シネマズ名古屋で映画を楽しみまするんるん

東京に行く時は新宿に泊まることが多いので、新宿ミラノ1・2・3で1ポイントで映画を楽しめるのは便利かもしれません。松竹のシネコンが新宿にありますが、ここは通常の倍の20ポイント必要となるので、今まで株主優待で利用したことはありません。日本でも一番稼働率の高いシネコンらしいので、株主の使用に制限があるのはやむを得ないのかもしれませんが、名古屋での使い勝手の良さに加えて、新宿でも使い勝手がいい東急レクリエーションは私にぴったりです手(チョキ)なぜもっと早く気付かなかったのかな〜と思いますね。松竹は毎年のように株主総会に出席して、松竹の資本も入っている名古屋駅前のミッドランドシネマでも株主優待が使えるようにして欲しいとお願いしてきましたが、改善する考えはないようです。札幌など他社と共同で運営しているシネコンでは使えるのに、関連会社と共同運営している名古屋で使えないのは納得がいきません。
稼動率が低い平日昼間に利用するように気を使っているのに、まったく改善されないのは残念です。
まあそんなことを言っていても改善されないならしょうがないので、松竹を損切りして東急レクリエーションに乗り換えました。もっと早く東急レクリエーションに気付いて、松竹を見切れば良かったですね。
109シネマズがどんな感じなのか今から楽しみです。


 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 01:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主優待 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月26日

JBイレブン(3066)2010年株主総会レポート〜その2

2010年9月22日(水)10時から名古屋市南区の日本ガイシフォーラム2階 レセプションホールで開催されたJBイレブン(3066)第29期定時株主総会に行ってきました
株主総会レポート〜その2では、JBイレブン(3066)2010年株主総会レポート〜その1に続いて後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)元気寿司と提携したが、資本提携まで行うのか?
→現時点では資本提携は考えていない。グルメ杵屋とJBイレブン、グルメ杵屋とグルメ杵屋が資本提携しているので、JBイレブンと元気寿司は業務提携を行った。共同で事業を進めたりノウハウの共同利用を行うためには業務提携が必要になる。
(2-1)中華業態は苦戦しているがバイキングにしたらどうか?
→(亀岡取締役)バイキングは検討していない。中価格帯の中華業態の確立を目指し、新業態のロンフー亭で検証している。現状では20%ほど売上が伸びている。
(3-1)新聞広告などでクーポンを付けているが効果はあるのか?
→(亀岡)4%くらい売上が伸びていて、クーポンの効果はある。
(社長)広告費用は売上の1%程度なので、4%売上が伸びれば十分効果がある。
(4-2)新工場が稼動して前期は一時的に原価率が上がっているが、今期はどの程度下がるのか?
→工場の稼働率は上がるのでこの部分では原価率が低減するが、物価が上がり始めているので全体では微妙です。プロパンガスなど為替レートの影響も大きい。
(5-3)消費税が内税の店と外税の店がある。内税に統一すべきではないか?
→(亀岡)社内でも内税への統一を検討している。
(6-4)中華業態はロンフー亭に変えていくようだが、現状は中華食堂のメニューを絞ってマーボ豆腐を加えた程度の印象だ。本当に売上20%増という効果が出ているのか?ロンフーダイニングと似た店名であり、ブランド価値を低下させる恐れはないのか?
→メニューだけを見るとそれほど変わっていない様に見えるかもしれないが、バックヤードは大きく変えていて、料理の提供スピードも上がっている。マーボ豆腐の他にもエビとイカのチリソースを加えている。2店舗に絞って業態転換しブラッシュアップを図っている。不振店だった中華家あんずは転換後20%の売上増になっているが、好調な店舗でも効果があるか検証するため、三好店もロンフー亭に変えた。三好店でも売上は増加しており効果がある。
料理の提供スピードが上がったのであれば好調なお店ではお客の回転率が上がり、売上が増えるのは当然ではないかと感じます。ピークタイム以外でも売上が伸びているか?がポイントになると思います。
(7-5)東三河には店舗がないが出店しないのか?
→(永江執行役)東三河にも出店を検討しているが、適当な物件が見つからないだけです。いい物件があれば出店していきたい。
(8-6)4年前から中華食堂は改善に取り組んでいるのに未だ不振が続いている。遅すぎるのでは?
→来年には業績向上の報告ができるようがんばっていく
(9-6)もっと広告などでブランドを訴求していく必要があるのではないか。マックなどもブランド広告などに力を入れている。
→ある程度の店舗数がないとブランド訴求は難しい。一刻魁堂はその店舗数を超えているので、広告も行っている。その他の業態はまだ店舗数が少ないので、個店ごとの強化に力を入れていく。
(10-7)一刻魁堂は15時以降は客がいない。ファミレスは1日中繁盛している。アイドルタイムの集客について何か考えはないのか?
→昔、コーヒーやデザートを提供したが、ラーメン専門店としての魅力がぼやけてしまい、昼の時間帯の売上も落ちてしまった。現状では17時までランチ営業を行うことでアイドルタイムの集客を行っている。
一方、ロンフーダイニングはスイーツもかくれ人気メニューになっていて、アイドルタイムも来客が多い。
(11-8)先ほどの説明ではラーメンの味がコロコロと変わっているようだが、そんな店には行きたくない。
→麺やスープを改善したと説明したが、味を変えているわけではない。味を深める方向で改善を行っている。うまみの深さが増していると考えて欲しい。
(12-9)業態転換の費用はどのように調達しているのか?
→おおまかに8割を借入、2割を手元資金でまかなっている。今までは6〜8億円の投資をしてきたが、前期は2.5億円程度です。
(13-9)店員にも習得した技能を示すバッジを付けているのか?
→(木村取締役)キッチンはセクション別トレーニングを行っているが、終了したセクションがバッジには反映されていない。反映するよう検討している。
(社長)元気寿司がそのような取り組みを行っているので、教えてもらいながら取り組んでいく。
(14-10)内税にすぐに統一できないのは何か問題があるのか?
→(亀岡)10日前に内税に統一した方がいいのではないかという案が上がってきて検討しているところです。店によって価格を変えている部分もあり、営業も含めて価格体系を検討する必要があり、すぐには実施が困難です。
(15-10)モットー(まず走れ。走りながら考えます。考えながら走ります)はどのように活用しているのか?
→毎日唱和しています。
11時24分になり、あと1問にして欲しいとの議長発言あり
(16-11)発行済み株数が1,100株増加している要因は?
→社員に割り当てているストックオプションを8名が行使したためです。


株式の状況欄に、ちゃんと書いてあるんですけどねぇ
JBイレブン(3066)2010年株主総会
以上で報告事項に対する質疑応答は終了となり、議案の審議に移りました。
第1号議案、第2号議案、第4号議案は質問がありませんでした。
第3号議案 監査役2名選任の件
(1-1)監査役を3名から4名にする必要があるのか?
→今回元気寿司と業務提携することになり、提携効果を高めるためにも元気寿司の常務取締役の法師人氏に社外監査役をお願いした。
(2-2)提携効果を高めるためなら、監査役より社外取締役になってもらった方がいいのではないか?
→監査役は取締役の職務をチェックする立場であり、取締役より権限が大きいので監査役をお願いした。

たしかに監査役は取締役の職務をチェックする立場ですが、だからと言って取締役より権限が大きいとも思えません。一般的には退任取締役を処遇するためのポストとして利用されていることからも明らかです。実際に新美社長は元気寿司の社外取締役にも就任しているので、回答が矛盾している感じがしますね。新美社長の答弁がその通りであれば、元気寿司はより権限の低い社外取締役に新美社長を留めたことになってしまいます(笑)
JBイレブンの取締役会は16回開催されているのに対して、監査役会は4回です。取締役になってもらうと出席率が低くなり、来年の株主総会で出席率が低い!と指摘される恐れがあるので、監査役になってもらったのではないか?と想像しています。法師人氏は事業部長を歴任してきた方なので監査に詳しいとも思えず、やはり社外取締役の方が適任だと思います。
社長の答弁が正しいなら取締役をしっかりチェックするため、取締役会にもすべて出席するはずだと思うので、来年の招集通知が楽しみですね!ちょっといじめすぎかな(笑)
建前ではなく正確な選任理由を説明すればいいのにな!と感じました。

以上で決議事項の審議は終わり、全議案が無事可決され、株主総会は終了となりました。
引き続いて新任役員の紹介がありました。担当分野とよろしくお願いしますという簡単な挨拶でした。
ここからは一般質問時間となり、何でも質問してくださいということになりました。
ふつう株主総会終了後の質問タイムは、出席票の番号や名前は不要になりますが、JBイレブンの場合は株主総会の質疑応答と同様の形式でした。珍しいですね。
(1-1)先ほどの挨拶は簡単すぎる。今期の抱負など語って欲しい。
→(永江新任取締役)先ほどの挨拶は20秒以内でと言われていた(笑)
JBイレブンに入社し現場を回ったが、現場の声が十分に反映されていない部分があった。私はこの役割を果たしていきたい。店舗開発も担当しており、店舗の機器・内装も見直していきたい。最近はショッピングモールなどへの出店が多く、郊外型が弱かった。新たに郊外店舗を作るのは投資も多額になるので、居抜きも含めて出店を検討していく。
(2-2)(女性)中華は多彩なバリエーションがあるので、もっとメニューを増やせないか?
→(亀岡)日本人に馴染みのある中華メニューは品揃えするよう検討を進めている。中華の中でもラーメン専門店やマーボ豆腐専門店など細分化を図っていくが、ロンフー亭では幅広いメニューを揃えられる。
(3-3)一刻堂の小ライスは並盛りだと思う。サービスなのかもしれないが量が多すぎる。
→(伊藤執行役)小中大は30グラムずつ差がある。
(社長)私も少し多いかなと感じているが、それも人気の1つと思っている。
(4-4)商品の提供時間が15分から10分くらいに早くなったが、目標時間はどの程度か?
→どこの店ですか? 一刻魁堂木曽川店です。
(伊藤執行役)一刻魁堂は8分以内が目標。メニュー開発と合せて提供時間の短縮に取り組んでいく。
(社長)提供時間は最大で8分、できれば6分ほどで提供したい。毎日提供時間を伝票ごとにカウントしている。ピーク客数のデータも集計している。
(5-4)王将との違いをどう考えているか?
→(伊藤執行役)餃子の提供スピードが違う。王将ではビールと一緒にすぐ出てくる。当社でももっと早く提供できるよう取り組んでいる。正社員が調理する王将と、パートさんを教育するJBイレブンの差がある。
(社長)人を育てないと提供時間が早くならない。王将さんは以前から人を育ててきたと思う。JBイレブンも頑張っていく。
(6-5)(女性)ロンフーダイニングに夜に行ったら、セットのサラダが切れていると言われた。代わりに何も付けてくれず不愉快な思いをした。
→(伊藤執行役)大変申し訳ありませんでした。指導を強化していきます。

以上で一般質問タイムも終わり、いよいよ残すは懇親会だけです(笑)
全般的に質問時間も多く取られていますし、株主総会を株主との対話の場と考えている新美社長の方針が表れていると思います。ただ質問に対する回答が物足りないな〜と感じる部分もありました。
担当取締役や執行役員から回答するのもとてもいいことだと思います。社長はどんな人なのか分かりやすいですが、取締役の方々はあまり接する機会もないので、質疑応答などを通じて人となりが感じられるのはとてもいいことだと思います。


5分ほどの休憩を挟み、会場後方で懇親会となりました。一度に移動すると混乱するので、順番に係員が誘導して移動となりました。
今年も会場の周囲に各店舗の屋台が出ていて、看板メニューを提供していました。今年は業務提携した元気寿司も出店していて、3人の寿司職人さんが目の前で握ってくれました。大人気で行列になっていました。職人さんも40分近く握り通しで大変ですねexclamation×2
JBイレブン(3066)2010年株主総会
各テーブルには寿司、サンドイッチ、フルーツ、オードブルが用意されていました。今年はノンアルコールビールも置いてありました。猛暑だからでしょうか?私は飲まないので、ウーロン茶をいただきました。
自社の工場で作った韓国冷麺左斜め下やロンフー亭のエビとイカのチリソースも登場しました。
JBイレブン(3066)2010年株主総会
1つ1つの量は少ないですが、何杯もいただけるので大満足でした。麺類は器や汁がもったいないので、もう少し大き目の器に入れてくれたらいいのにと思いますね。
地元の株主総会ですし来年も参加したいと思いましたわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月22日

JBイレブン(3066)2010年株主総会レポート〜その1

2010年9月22日(水)10時から名古屋市南区の日本ガイシフォーラム2階 レセプションホールで開催されたJBイレブン(3066)第29期定時株主総会に行ってきました
JBイレブン(3066)は、ラーメンのお店『極旨醤油ら〜めん一刻魁堂』、四川省剣門麻婆豆腐と楊州炒飯のお店『龍虎餐房long−hu dining(ロンフーダイニング)』郊外型の『ロンフー亭』、ファミリー向けの中華業態『中華食堂』などを展開している会社です。
JBイレブンの株主総会に参加するのは、今回で4回目です。JBイレブンは2006年12月の上場なので、上場以降すべての株主総会に参加しています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
JBイレブン(3066)2010年株主総会
過去のJBイレブン株主総会レポート
   2007年9月26日(水)の株主総会の様子
   2008年9月25日(木)の株主総会の様子
   2009年9月24日(木)の株主総会の様子


2010年9月22日(水)の株価 575円(名証セントレックス 3066) 100株単位 6月決算
PER 27.7倍、PBR 0.79倍、配当利回り 1.74% 株主資本比率 30.6%
監査費用 1,250万円(売上比 0.25%) 太陽ASG有限責任監査法人
株主優待 株数に応じてお食事券かお米を進呈 詳しくは→ヤフーファイナンス JBイレブン

この1年間で株価が5円しか上がっていないとは...もうやだ〜(悲しい顔)下がってないだけマシなのか

     JBイレブン(3066)のホームページ

     JBイレブン(3066)のヤフー株価情報
JBイレブン(3066)2010年株主総会
上場以来の株価推移を見ると新規上場企業特有の値動きで、2年近く下げ続けて310円で底を打ち712円まで戻しますが、その後は500円台での値動きが続いています。中華食堂業態が不振から抜け出せず、業績が伸び悩んでいることから、株価の反発のためにはこの業態を早急に立て直し、利益成長への期待感が高まってくる必要がありますね。
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん 特定口座にも対応しています
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

スケジュール
10:00〜10:07 新美司社長から最近のプレスリリースについて説明
   元気寿司株式会社との業務提携に関する件
   グルメ杵屋、元気寿司と株主優待お食事券の相互利用合意に関する件

10:07〜10:10 新美司社長から株主への挨拶
10:10〜10:47 事業報告
 10:15〜10:17 監査報告 櫻井脩常勤監査役
 10:17〜10:23 全体的な事業報告 伊藤眞一郎専務取締役 事業報告を読上げ
 10:23〜10:27 部門別の営業状況 伊藤執行役員 第一営業部長 読上げ+スライド
 10:27〜10:30 商品戦略について 亀岡巧取締役商品開発部長
 10:30〜10:32 店舗開発について 永江修哉執行役員 店舗開発部長(新任取締役候補)
 10:32〜10:34 管理部門全般について 木村文隆取締役人事部長
 10:34〜10:38 計算書類報告 羽山正信取締役 経理部担当
 10:38〜10:47 対処すべき課題 新美社長からスライドを使って説明
10:48〜11:27 質疑応答 質問者11人 計16件 39分
11:27〜11:35 議案採決 1件ずつ説明・審議・決議 拍手方式
 11:27〜11:29 第1号議案 剰余金処分の件 10円(前年から据え置き)
 11:29〜11:30 第2号議案 取締役7名選任の件 社長他6名再任、永江修哉執行役を新任
 11:30〜11:34 第3号議案 監査役2名選任の件 常勤監査役辞任に伴い1名増員 質問2件
 11:34〜11:35 第4号議案 補欠監査役1名選任の件 任期満了に伴い花井氏を再任
11:35〜11:37 株主総会閉会 新任役員紹介
11:37〜11:53 一般質問 質問者5人 計6件 16分
11:53〜11:57 退任する櫻井脩常勤監査役へお祝い贈呈、櫻井氏の挨拶
12:03〜12:45 株主懇親試食会
JBイレブン(3066)2010年株主総会
お土産 受付時にお食事券500円分 2010年10月末まで有効
飲み物サービス コーヒー、オレンジジュース、ウーロン茶のサービス 
経営戦略説明会 なし
懇親会 あり

JBイレブン(3066)2010年株主総会
   飲み物サービスメニュー ↑
さて注目の株主総会格付けですが、取締役・執行役全員が担当分野について報告を行い、質問にも社長・担当役員がバランスよく答えていました。ただ若干回答が物足りないようにも感じました。懇親試食会も用意されていますし、まだ暑い9月の開催なので飲み物サービスもありがたいですね。一方で事業報告は読上げ中心であり、もう少しスライドを活用してもいいのではないかと感じました。これらを総合的に判断し、JBイレブン(3066)の株主総会格付けは 『B+』 としました。

   議決権を有する株主数       1,699名、その議決権数     16,652個
   議決権返送&出席株主数       480名、その議決権数     12,278個
今年は9月下旬になっても暑いですが、1時間半ほどかけて自転車で参加したので、飲み物サービスはありがたいですね。暑い中、亀岡取締役と木村取締役が、屋外で株主を迎えていました。緊張する株主総会前に大変ですね!
新美社長をはじめ、他の役員の方々は受付横で株主を迎えていました。取引先の方々も招待されているので、取引先の方々に囲まれているようにも感じました。これは懇親会でも同様で、社長に挨拶しようと取引先と思われる方々が列をなしていました。基本的に株主総会は株主と会社側の対話の場なので、株主でもない取引先を招待するのはいかがかな?と感じました。株主も社長と話したい人がたくさんいたと思いますが、取引先の人が多くて社長とゆっくり話せないのは問題ですね。懇親会会場内の混雑度も年々増していますし、そろそろ株主のみの参加にした方がいいのではないかと感じました。


まずは最近発表したプレスリリースについて説明がありました。
グルメ杵屋、元気寿司、JBイレブンの3社間で株主優待お食事券が相互利用できるようになりますが、これは10月1日からなのでご注意くださいということでした。JBイレブンだけだと72店しかありませんが、3社合計では727店と使用できる店が10倍以上になり、ほぼ全国で使えるようになります。
その後事業報告となりましたが、スケジュール欄に書いたように、取締役・執行役全員が担当する分野ごとに報告します。他社では社長と財務担当役員くらいしか報告に立ちませんが、全員がそれぞれの担当分野に責任を持ち、株主に1年間の結果を報告するのはとてもいいことです。
また、株主総会終了後に一般質問時間を取っているのも評価できます。外食企業の場合、お店へのクレームなど直接報告事項に関係のない質問が出ることもありますが、一般質問の場を設けておけばそちらで対応することができます。ただ、一般質問でも出席票の番号と名前を言う必要があるのでしょうか?株主総会後の質問タイムは名前も不要なのが一般的です。気軽に質問してもらうためにも、来年からは出席票の番号と名前を不要にして欲しいですね。
JBイレブン(3066)2010年株主総会
   衝立の手前は飲み物サービスコーナーです グッド(上向き矢印)
会場内には椅子が扇型に250脚ほど並べられていました。会場後方は仕切られていて懇親会の会場になっています。前方から座ってもらうために、後方はテープで座れないようにしてありました。
年々出席者が増えていて、200人近くは来ていたのではないでしょうか?
椅子がびっしりと並べられているため、最前列と取締役席の間は2mほどしかなくて、ものすごく近い感じがします。さすがに最前列は空きもありました(笑)
質疑応答は、社長から指名されると、2名いるマイク係の人がJBイレブン特製のマイクを持ってきて差し出してくれます。毎年思うんですがどうも質問しにくいですね(笑)ワイヤレスマイクを渡して欲しいものです。
質問数は制限されませんでしたが、質問は3分以内に簡潔に要点をまとめて質問して欲しいと要請がありました。最近は長々と自説を述べる株主も増えており、多くの質問に応えるために必要ですね。質問には新美社長と担当取締役・執行役がバランスよく答えていました。今回は亀岡取締役が指名されることも多かったですね。屋外での株主のお出迎えから質疑応答までお疲れ様でした。


懇親会の締めの挨拶は、新任取締役の永江取締役が行いました。株主総会中の回答も落ち着いた対応をしていましたし、大任を任せられるのですから社長の期待も大きいのでしょうね。挨拶も落ち着いたもので、さすが大手コンビニチェーンなどを渡り歩いて来た人だな〜と感心しました。
株主総会のハイライト質疑応答の様子は、株主総会レポート〜その2にまとめますね。
今年もたくさんの質問が出ました。

 JBイレブン(3066)2010年株主総会レポート〜その2ひらめき
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 22:33 | Comment(0) | TrackBack(1) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月21日

日経平均構成銘柄変更発表後の値動き

9月7日に日経平均構成銘柄を入れ替えるという発表がありました。
詳しくは9月7日の記事↓をご覧ください。
http://sokai.seesaa.net/article/161855294.html
発表から2週間近く経ったので、値動きをチェックしてみました。
4社の過去3ヵ月の株価推移を、日経平均株価と比較しています。
組み入れ銘柄 2社
 日本電気硝子(5214)
日経平均構成銘柄変更
 東京建物(8804)
日経平均構成銘柄変更
除外銘柄
 クラリオン(6796)
日経平均構成銘柄変更
 三菱レイヨン(3404)
日経平均構成銘柄変更


普通は組み入れ銘柄は値上がりし、除外銘柄は値下がりします。
日本電気硝子は組み入れ発表前に株価が大きく下げるなど、ちょっと変な値動きをしていますね。そして上場発表の数日前から急激に上昇して日経平均をアウトパフォームしています。
一方もうひとつの組み入れ銘柄、東京建物はそれほど大きな変動はありません。上場発表後は値上がりしていますが、日経平均の値動きと大きく乖離すると言う感じではありませんね。
除外銘柄の2社でも値動きはかなり異なります。
クラリオンの場合は、発表までは日経平均と連動する動きを続けていましたが、除外発表後はガタッと値下がりして連動性も薄れています。除外銘柄らしい値動きと言えます。
一方の三菱レイヨンは、除外発表後も日経平均と連動する状況は変わらず、チャートだけ見ていると除外銘柄とは思えませんね。
三菱レイヨンは三菱ケミカルホールディングス(4188)の完全子会社となり、三菱ケミカルホールディングスの株が割り当てられるので、三菱ケミカルホールディングスの株価と連動することになります。三菱ケミカルホールディングスも日経平均採用銘柄なので、結局日経平均株価に連動することになります。なので上記のような値動きになるんですね。
三菱レイヨン、三菱ケミカルホールディングス、日経平均株価の比較チャートを見ると連動しているのがよく分かります。
日経平均構成銘柄変
以上をまとめると、日本電気硝子だけが変な値動きをしているように感じます。
8月中頃にシティなど外資系が格下げしており、その影響で下がっているのかもしれませんが、下がったところで出来高も増えています。格下げしてたんまりと安く仕込んで、日経平均組み入れ発表後に売却、な〜んてことをしているんじゃないかな〜と感じてしまう値動きですね。
やはり個人投資家はこんな日経平均に採用されるような大型株で勝負せず、外資や機関投資家が見向きもしないような地味〜な中小型株に投資した方が報われるんじゃないかなとあらためて感じました。
個人投資家には個人投資家に適した株があるexclamation×2と私は考えています。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき

posted by Zaimax at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月17日

破綻した日本振興銀行に行ってきました!

日本で初のペイオフ適用となった日本振興銀行の名古屋支店に行ってきました
今日は破綻後に窓口が開いてから4日目なので、来客も落ち着いたのか待ち時間なしで話を聞くことができました。私は3年定期で1.5%などという低い金利には興味がないので預金していませんが、家族が預金していて、問い合わせ電話番号に何度電話してもつながらないexclamation×2、直接聞いてきて欲しいということで窓口に行ってきました。
日本振興銀行は、3年定期で1.5%、5年定期で1.9%という高金利を提示して預金を集めていました(時期によって提示金利は違います)しかし株式投資をしている私からすると、3年間預けて1.5%というのはまったく魅力を感じません。今どき3%くらいの配当利回りの株はいくらでもありますし、割安で株価も上がりそうな銘柄もたくさんあると思います。確かに株価が下がるリスクはありますが、それでも株式投資の方が魅力的だと考えています。
数年前から日本振興銀行には好からぬ噂が流れていましたし、高金利を提示しないと預金を集められないような銀行はリスクが高いと思っていました。まあ預金保険の対象なので1千万円以内ならリスクは低いんですけどね。
私の理解では、ペイオフになっても1千万円以下の預金元本と利息は全額保護されると捉えていました。利息が保護されるんですから、満期まで契約した利息が保証されているのだとばかり思っていました。今回初めてペイオフが発動されたことで、詳しい報道も増えてペイオフに対する理解が深まりました。高い利息が保証されるのは、基本的に破綻日か事業譲渡日までなんですね。実際に発動されないと分らないこともたくさんありますね。


日本振興銀行名古屋支店は伏見にあります。広小路通沿いの広小路YMDビルの3階です。
日本振興銀行ペイオフ
上記写真はビルの正面ですが、左手側に入り口があり、そこからエレベーターで3階に上がります。
エレベーターから出ると、左手側に日本振興銀行の入り口があります。入り口には男性の社員がアンケートボードのようなものを持って立っていました。何か記入しないといけないのかな?と思いましたが、そのまま店内に案内されました。待っている人が多い場合は、待っている間に名前などの預金の状況を確認するための必要事項を記入してもらうためのボードなのかもしれません。
店内には窓口が3つ用意されていて、その後ろに椅子が5脚ほど用意されていました。私が行った時には2つの窓口は相談者がいて、1つだけ空いていました。なのですぐに対応してもらえました。
座ると同時に、今回は破綻という事態となり大変申し訳ありません、と平謝り状態でした。悪いのは窓口の社員ではなくて、元会長木村剛氏だと思うので、本人から直接謝罪してもらいたいものです。投資は自己責任と語っていながら、銀行の資金をファミリー企業に不透明な形で融資するなど私物化し焦げ付かすなど、破綻に至る原因を作っていながら、まったく説明責任を果たすこともなくマスコミから逃げ回っています。こんな人に自己責任なんて軽々しく語って欲しくないですねちっ(怒った顔) 本当に窓口の方々がかわいそうです。こんなに平身低頭なのは、窓口で怒り狂う人もいるからなんでしょうか?

まずは預金の状況を確認するために、名前と連絡先電話番号を書いてくださいと言われました。紙に記入すると、ついたての後ろから男性が現れ裏に持って行き、コンピューターで照合しているようです。その間にファイルを使って全体的な今後の流れを説明してくれました。
そうこうするうちに預金の状況が打ち出されてきて、それを元に具体的な説明になりました。うちの場合は幸いなことに預金額が1千万円以下なので、全額保護になります。そのため1千万円以内の場合の説明となりました。
今日は東京では1千万円以上預金していた人向けの説明会も開催されています。かわいそうではありますが、こんな危険な銀行に1千万円を超える金額を預けるのは、やはり自己責任だよな〜と思います。ネットでちょっと検索すれば、リスクの高い貸し出しなどをしていることはすぐ分るので、それほどの大金を預けるなら、もう少し自分で調査することが大事だと思います
日本振興銀行ペイオフ
 渡された書類の一部 クリックすると拡大されます グッド(上向き矢印)
まずはすぐにでも資金を手元に取り戻したい!という場合は、中途解約することも可能で、その場合は解約申込みをしてから5営業日以内に振り込み可能です。郵送でも解約の申込みを受け付けています、と説明がありました。しかし中途解約になるので、利率は1/20になってしまいます
1.5%の場合→0.075%という低金利になってしまうので不利になります。4ヵ月待つことが可能であれば特別な取り扱いができるということです。
詳しくはフローチャートで説明してくれました。
そのフローチャートに説明を受けた内容などを書き込んでみました。
日本振興銀行ペイオフ
こちらもクリックすると拡大しますので、拡大してご覧ください
まず、日本振興銀行の破綻日は2010年9月10日で、8ヵ月後を予定している事業譲渡日(2011年5月頃)の前日までは、契約時の利率が有効です。
なので、事業譲渡日の前日までに満期を迎える定期預金は、慌てて解約せずに満期日まで待って解約した方が得になります。中途解約すると全期間1/20の利率になってしまうので不利です。

事業譲渡日(2011年5月頃)以降に満期を迎える定期預金は、対応が分かれます。
まず4ヵ月後くらいに(2011年1月頃)、一時的に日本振興銀行の業務を引き継ぐブリッジバンク「第二日本承継銀行」(預金保険機構の100%出資の受け皿銀行であり、もちろん預金保険の対象です)から「金利引き下げを伴う預金の引継ぎについての同意確認書」が送られてきます。日本振興銀行は高金利で預金を集めていましたが、こんな高金利ではとてもペイしないのでそのままの条件では引き受けられない。一般的な金利に引き下げるなら、第二日本承継銀行で定期預金を引き継いでもいいがどうしますか?という確認が来るわけです。
金利引き下げに同意した場合は、事業譲渡日の前日(くどいですが2011年5月頃)までは、当初契約した高い金利が適用され、それ以降は新たに契約した低い金利が適用されます
満期日まで1年程度で、それまでお金を引き出す必要がないのなら、8ヵ月ほどは高い金利が適用されるので、金利引き下げに同意して満期まで預金しておいた方が得だと思います。

金利引き下げに同意しない場合は、第二日本承継銀行に定期預金が引き継がれないので中途解約になりますが、特例中途解約という扱いになるそうです。特例中途解約というのは、破綻日の2010年9月10日までは契約時の高い金利を適用するが、それ以降は利息ゼロ扱いになります。9月10日時点で解約するような扱いですね。いま解約するとほとんど利息が付かなくなってしまいますが、4ヵ月我慢して金利引き下げに同意しなければ、9月10日までは高い利息が受取れるわけです。なので早めに解約したいと言う人も、4ヵ月待った方が得になります。
ただこれは4ヵ月後にこのような対応が予定されているというだけであり、本当に4ヵ月後に特例中途解約という有利な対応がなされるかは、4ヵ月後にならないと分りません。なんと言ってもペイオフは初めての経験なので、確実なことは何もありません。
うがった見かたをすれば、預金者が一斉に解約に殺到すると大変なので、4ヵ月待てばいま解約するより有利ですよ!と説明させて、時間稼ぎをしていると言えなくもありません。
そんなリスクを考慮してもやはり4ヵ月待った方が有利だと思います。
特例中途解約扱いにしますと説明しておいて、4ヵ月後に手のひらを返すような対応をすれば、預金保険機構の信用は地に落ちることになります。今後銀行が破綻するようなことになれば、一斉に解約が殺到することになるので、預金量も小さい日本振興銀行の破綻処理で、国もそんなリスクを取らないだろうと思うからです。
どう判断するかは自己責任でよろしくお願いしますひらめき


まとめると、
2011年5月初め頃までに満期を迎える定期預金は、契約時の金利が満期日まで適用される可能性が高いので、そのまま満期まで預金しておく方がお得るんるん
2012年5月頃までに満期を迎える定期預金も、事業譲渡日(2011年5月初め頃)までは高い金利が適用されるので、4ヵ月後の金利引き下げに同意して第二日本承継銀行に引き継いでもらって満期まで預金しておく方が有利と思われる。
満期まで2年以上あるような場合は、第二日本承継銀行が提示する新しい金利にもよるが、4ヵ月後の金利引き下げ確認に同意せずに、その時点で特例中途解約を行い元本と9月10日までの高い金利を受取る
あるいは、低金利とはいえ他の銀行並みの金利であり、他に有利な運用先も思い浮かばないというなら、第二日本承継銀行に引き継いでもらう選択肢もあります。その場合は預け入れ日から事業譲渡日(2011年5月初め頃)までは高い金利が適用されるので、上記の特例中途解約を適用する場合と比べると、2010年9月11日から2011年5月初め頃までは当初の高い金利が受取れ有利になります。ただしそのまま満期日まで預金しておく必要があります。途中で解約すると新たな契約の中途解約金利が適用されてしまうので、それまでの金利を失うことになり不利になります。
まだ満期までの期間が長くて、その間に解約する可能性があるのなら、特例中途解約を行った方が有利になります
満期日と今後の資金需要を考慮して、どの対応が最善なのか検討する必要があります
以上は私が理解した内容であり、聞き間違いや間違って理解している部分があるかもしれません。詳しくは日本振興銀行の窓口に行って、相談した方がいいと思います。コールセンターは全国から電話が集中していて、つながりにくくなっていますし、窓口の方がフローチャートなどを見ながら説明してくれるので、より分りやすいと思います。近くに支店が無いなどで電話で問い合わせる場合も、上記のフローチャートを見ながら相談した方がお互いに分りやすいと思います。
ぜひ上記対応を参考にしながら、ある程度どうしたいか考えた上で相談に行かれることをお薦めします。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 00:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月15日

民主党代表選ではなく、実は米中代理選?

意表を突いた為替介入で、急激に円安に振れていますexclamation×2
こんなに急激に動くのでは本当に目が離せないですよね(^_^;)
ドル円チャート
民主党の代表選は、マスコミの報道ちうか情報操作が大成功して、菅総理の続投となりました。票の内訳を見るとマスコミの影響が如実に現れていますね。
マスコミの報道は、小沢氏は中国よりでアメリカ軽視、予算ばら撒き型の旧来の悪しき自民党政治を体現していて、為替介入にも積極的、お金集めに熱心でダーティーな部分も多い、というイメージを植えつけているように感じました。私も最初はその通りだな〜なぜ今更小沢さんなの?という感じがしていました。まあ小沢さんがというより、鳩山、小沢、菅の3人で交互に代表が入れ替わるのに、そろそろ飽き飽きしていたというのが正直なところなので、小沢さんでも菅さんでもどちらになっても新鮮味がないと感じていました。
一方の菅さんのマスコミ報道は、市民派の総理大臣で弱者の味方、頼りない感じがして指導力に疑問はあるが、小沢さんよりは御しやすくましだろう、外交は得意分野ではないのでアメリカとの関係も小沢さんよりは言いなりになりやすそうでましではないか?、あまり仲間を作らないので党内での基盤は弱く、議員票では不利だろう、そのため党員・サポーター票で大差をつける必要があり、マスコミも協力して応援しないと負けてしまうぞexclamation×2的な危機感を感じさせる論調でした。為替介入についても口先介入はお得意ですが、マーケットについても詳しくないので実際の介入には踏み切らないだろうと甘く見られていました。この背後にはアメリカなどの意図があるのではないかと思われます。
その点では、日本の民主党の代表選挙ではあるが、背後ではアメリカ対中国の戦いだったようにも感じます。
今回はマスコミをうまく活用したアメリカの圧勝でした。
民主党代表選の結果
 党員・サポーター票  菅 249(83%) 小沢  51(17%)
 地 方 議 員 票  菅  60(60%) 小沢  40(40%)
 国 会 議 員 票  菅 412(51%) 小沢 400(49%)

合計では菅氏の得票は59%ですが、マスコミの影響を受けやすい党員・サポーター票で圧倒的な差をつけています。日本人はいかにマスコミの影響を受けやすいかよく分かりますね。意外なのは国会議員票も若干ですが菅氏の方が多いことです。もっと小沢さんの票が多いと思っていたんですけどね。国会議員もやはりマスコミの影響力は大きいのでしょうか?
昨日は昼前から夜中までずっと映画を見に行っていたので、この間の経緯は分りませんが、結果だけ見ると想像以上に差がついたな〜と感じました。

こんな背景のあった民主党代表選挙だと思っていましたが、その翌日に突然の為替介入です。
菅氏の当選が決まってから、これで当面介入はないと甘く見られて、ドル円は82円台まで突入していたので、さすがの菅氏も介入に踏み切ったのでしょう。この点ではうまい戦略だったと思います。為替介入などできないだろうと思わせておいての介入実施ですから、意外性があり介入効果が大きくなった面があると思います。
さらにはアメリカとしても小沢さんより菅さんの方が御しやすいと考えていると思うので、このタイミングで露骨に為替介入に反対することはなさそうです。せっかく菅さんが再選されたのに、円高阻止にも失敗してやはり菅さんではダメだ!的な世論になっては困るでしょうから、一時的なドル高を静観する可能性があります。その点ではしばらくは85円前後で安定するかもしれません。しかし円独歩高が続いた環境は変わっていないので、また徐々に円高に振れていくのではないかと考えています。


それにしても日経平均株価も見事に為替相場に連動していますね!円安が進むとともに急激に値上がりに転じています。デリバティブやシステムトレードの影響なのか見事に連動しています。
とはいえ私の保有銘柄はほとんど値動きがありませんあせあせ(飛び散る汗)自分の持ち株だけを見ていたら、為替介入があったことにも、日経平均株価が急騰していることにも気付かないかもしれませんね(笑)
これはいい面もありますが、このような急騰場面では少しさみしい感じもしますねわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 13:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月10日

仕手の現場の仕掛け人 真実の告白

今日は明後日の株式投資セミナーの資料作りをしたり、本を読んだりしながらゆっくりと過ごしました。
今週末9月11日(土)13時からは、名古屋でキャッシュフローゲーム会&株式投資セミナーを開催しますので、ぜひ遊びに来てくださいねわーい(嬉しい顔)
詳しくはこちら 右斜め下
   名古屋キャッシュフローゲーム会のご案内 ぴかぴか(新しい)

今日読んでいた本の1冊目は、イートレード証券(現SBI証券)の設立にも参加していた松本弘樹氏の
 仕手の現場の仕掛け人 真実の告白 誰も言えなかった株式錬金術のカラクリ

昭和30年代から現在までの、仕手株相場の内幕が書いてある本です。株式市場なんてそんな感じなんだろうな〜と思っていましたが、まさにその通りのようですねがく〜(落胆した顔)
私も2000年前後は、日本アジア投資やヒューネットの派手な値動きや、掲示板などで語られるバラ色の未来を信じてかなりの損を積み上げましたあせあせ(飛び散る汗)、仕手筋と会社側、外資系証券などがグルになって仕掛けているのでは、なかなか見破れませんよね。本当に将来性がありそうだな〜と信じてしまいます。
人気のある株に飛び乗るのはリスクが高いですよねexclamation×2
最近は人気のない株に投資することが多いのでこういったリスクは低そうですが、当時を振り返ってみると、掲示板の情報を鵜呑みにして踊らされ、財務諸表などのチェックや情報の正確性をほとんど検討していかったな〜と感じます。典型的な提灯ですよね(^_^;)
やはり自分のできる範囲で十分調べることは大事ですね


そして2冊目は精神科医の岡田尊司氏の
 この世の中を動かす暗黙のルール 人づきあいが苦手な人のための物語

幻冬舎から出ている本ですが、なかなかいいですねるんるん
読みやすい物語形式なので一気に読めてしまいます。
自殺まで図って世の中を悲観していた若者に、老人が語りかける物語ですが、
「よいところを見る者はよくなり、悪いところを見る者は悪くなる。よくなりたかったら、よいところを見つける名人になることじゃ」
という言葉は、まさにその通りexclamation×2と感じます。どんな出来事にもよい面と悪い面があるわけで、よい面を見ていれば乗り越えようと考えるでしょうし、悪い面を見れば悲観して絶望してしまうと思います。
本の中でこの世の中を動かす暗黙のルールとして挙げられているのは下記の通りですが、その他にもなるほど!と思う言葉が散りばめられています。読みやすい本ですしぜひ一読されるのをお薦めします。

人は関心を共有する者を、仲間だと認める。
仲間と認められたければ、関心を共有しようとしなければならない。

見捨てられたものほど、認められたがっている。
人が見向きもしないものにこそ、大きな価値が眠っている

自分が求めているものを、はっきりさせないと、求めているものは手に入らない。自分が求めているものを、はっきりさせることが、結局、みんなの幸せにつながる。人生に遠慮など無用

間違った相手と交渉してはいけない、本当に求めている者が一番高く買ってくれる

相手の安全を脅かすものは、激しい攻撃を受ける。相手の縄張りの中では、相手を最大限尊重しなければならない

相手に近づくときは、逃げ道を用意しておかねばならない。どんな場合にも、互いが傷つかないように行動せよ。どちらも喜ぶようなやり方で行動するのが、一番うまくいく。

自分を肯定されたければ、相手を肯定しなければならない。いくら自分が正しくても、相手を怒らせプライドを傷つけてしまうと、主張は受け入れられない

真っ白な気持ちで向かい合えば、相手の気持ちも、真っ白になる


人生だけではなくて投資にも役立ちそうな暗黙のルールもありますね。
人が見向きもしないものにこそ、大きな価値が眠っている
なんてまさにその通りです。人が見向きもしないものすべてに、大きな価値があるわけではありませんが、大きな価値が眠っているものも隠れています。自分が求めているものをはっきりさせて、地道に探す努力も大切ですね。

これも職業病だと思いますが、どんなことも投資に結び付けて考えてしまいます(笑)職業病だということもできますが、私は投資と人生というものはけっこう似ているんじゃないかなと感じます。だから自然と結び付けて考えてしまうんでしょうね。
投資も人生も基本は自己責任です。どんな人生を選ぶか、どんな投資先を選ぶかは、その人の自由ですし、選んだのは結局は自分自身なので、結果に対する責任も受け入れなければなりません。他人のせいにするのは簡単だし、自分が傷つくのを避けることができますが、それでは本当の意味での自分の人生を歩んでいるとは言えないと思います。人生に遠慮など無用です ただしその結果も自己責任としてきちんと受け止める必要があるのだと思います。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき

posted by Zaimax at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月07日

日経平均株価構成銘柄入れ替え

日経平均は今日9月7日に算出60周年を迎えました
その日に合わせてと言う訳でもないでしょうが、日経平均株価構成銘柄の入れ替えが発表されました。
今回は三菱レイヨン(3404)とクラリオン(6796)が除外となり、代わりに日本電気硝子と東京建物が採用となります。

除外銘柄
 三菱レイヨン(3404)ヤフー!ファイナンス 334円(+3円 0.91%高)
 クラリオン(6796)ヤフー!ファイナンス 157円(▲16円 9.25%安)東証1部値下がり率第1位exclamation×2
組み入れ銘柄
 日本電気硝子(5214)ヤフー!ファイナンス 1,080円(+15円 1.41%高)
 東京建物(8804)ヤフー!ファイナンス 319円(+10円 3.24%高)東証1部値上がり率35位

三菱レイヨンは三菱ケミカルホールディングスの完全子会社化により上場廃止になるので、日経平均から除外されますが、クラリオンはセクター間のバランス調整のため除外になります。この場合やはりクラリオンの方がマイナスインパクトが大きくなりますね。どのくらい除外が織り込まれていたかによりますが、今日は東証1部の値下がり率1位になっています。
日経平均採用銘柄から除外されると、日経平均型のインデックスファンドやETFに組み入れられていた株が売却されるので、株価に対する影響は大きくなります
一方で日経平均に採用される方は、新たにインデックスファンドなどに買ってもらえるので、それを期待して買いが集まり値上がりする傾向があります。
今日は2社ともそれほど値上がりはしていませんが、組み入れ日に向けて値動きがでてきそうです。
その組み入れ日は、9月28日(火)に三菱レイヨンが外れ日本電気硝子が組み入れられます。
そして10月1日(金)にクラリオンが外れ東京建物が組み入れられます。
今後株価がどう動くのか注目ですねひらめき


と言いつつ、大型株にはそれほど興味のない私にはあまり関係ありません(笑)
ツイッターにも書き込みましたが、大型株は多くの人がチェックしていますし、アナリストなどもカバーしています。それなりに妥当な株価が付いていると思います。また会社の規模や時価総額が大きいために、成長率や株価の上昇率を考えると小型株より見劣りすると私は考えています。
それより将来大型株にまで成長しそうな小型株に中長期スタンスで投資するというのが私の投資スタイルです。
私が投資している中小型株が今後も成長を続け、いつかは日経平均株価に組み入れられるようになる日を夢見ながら、末永く応援して行こうと思っています手(チョキ)
まずはその前に東証1部に上場しないといけませんね(笑)
東証目指してがんばれテ○○exclamation×2 わーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 23:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

Twitter始めました!

このブログの更新だけでも手一杯な状況なんですが(笑)ツイッターも始めてしまいましたわーい(嬉しい顔)
株主総会レポートをまとめるにはかなり時間がかかっていて、最近は1社あたり2〜3日かかるケースもでてきています。そのため株主総会終了から株主総会レポート完成までにかなり時間がかかるケースもあるので、補完するためにツイッターが使えるんじゃないかな?と感じています。
どこどこの株主総会に出席しました〜
のようなメッセージから、簡単な感想などタイムリーにアップできるんじゃないかな、と考えています。
また、最近はあまり更新できていない会社説明会の感想などもアップできると思います。
さらには私の日常なども垣間見えるのではないかと思います。
ぜひTwitterの方でもフォローいただきますようよろしくお願いしますねぴかぴか(新しい)

Twitterユーザー名 Zaimax3
Twitterホームは 次項有 https://twitter.com/Zaimax3

お読みいただいている皆さんのフォローをお待ちしていますわーい(嬉しい顔)
posted by Zaimax at 21:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

パソナグループ(2168)2010年株主総会レポート〜その2

2010年8月20日(金)13時からの東京都千代田区大手町のパソナグループ本社で開催されたパソナグループ(2168)第3期定時株主総会に行ってきました パソナグループ(2168)2010年株主総会レポート〜その1 に続いて後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
まずは約40分に渡った南部代表の対処すべき課題とパソナの今後について、そして竹中平蔵会長の講演の概要をまとめます。これらに関連する質問もあったので、より分かりやすくなると思います。
南部靖之代表取締役 パソナグループ代表兼社長 の説明
対処すべき課題
労働者派遣法改正案は継続審議になっているが、長妻厚生大臣は早期に成立させたい意向のようだ。労働者派遣法改正案の骨子は、登録型派遣の原則禁止 製造業派遣の原則禁止 日雇派遣の原則禁止 グループ企業内派遣の8割規制(業界内でもっぱら派遣と言われているもの)の4つです。
登録型派遣では、仕事のある時だけ派遣するのは原則禁止になるが、パソナがほとんど該当している専門26業種、産休代替、シニア、紹介予定派遣は例外になっている。私は民主党政権が主張している格差是正は大賛成だ。35年前にパソナを始めたのも、企業規模や就業時間、地域、男女などの違いによる賃金や福利厚生の格差をなくしたいと考えたからだ。1日8時間働く人も年に1日しか働かない人も、時給換算したら同じ賃金で働けるようにと考えた。福利厚生制度もパソナにいるかぎり、大企業に派遣されようが中小企業に派遣されようが同じ待遇が受けられるように派遣の仕組みを作り上げた。派遣業界に問題があるのも事実だが、だから派遣は原則禁止!というのはおかしい。正社員がすべて正しい!派遣は悪だ!という捉え方では、子育中であったり何らかの事情で短時間しか働けないが、高い能力に見合った時給が欲しいという要望に応えられず、多様な働き方ができなくなってしまう。1日8時間毎日働くという働き方ができない人は正社員になれないので、例え高い能力があったとしても、能力に見合わない安い時給のパート・アルバイトという選択肢しかなくなり、かえって格差が拡大することになる。結果として中高年の方々や女性の方々中心に働けない方が出てくると思う。多様な働き方を尊重しつつ雇用格差を無くすために、今後も戦っていくexclamation×2
2011年5月期の重点戦略
(1)イン・アウトソーシング事業のさらなる拡大(インソーシングとは企業内で業務を請け負う形態)
(2)エキスパートサービス(人材派遣)の高度化、専門化の推進
今回からエキスパートサービスという名称を使い始めた。派遣村など派遣というのは低賃金というイメージになってしまったので、プロフェッショナルな人財を派遣するという意味でエキスパートサービスとした。
(3)グループ総合拠点を中心としたグループ営業の推進
まず(1)については、サービスメニューを拡充してインソーシングを伸ばしていく。コスト削減やITなどメニューの拡充に備えて、3年前から人材養成を進めてきた。コンサルティングからサービス提供までトータルで対応できる人材の養成が完了し、これから打って出る。自治体や公益法人向けの営業も強化する。パソナグループの客先は85%が大企業だが、中小企業向けサービスも拡大して事業領域を広げていく。
(2)については、9月1日にAIGスタッフをパソナに統合する。保険商品に詳しい人なので、パソナの全国拠点網を活用して営業エリアを一気に拡大したり、外資系も本格的に攻めていきたい。また専門職スタッフの育成プログラムを本格的にスタートし、ビジネスインテリジェンススペシャリスト、メディカルセクレタリー、エグゼクティブセクレタリーなどを育成し、語学やIT能力も高めて派遣職域の高度化を図る。
(3)については、2009年12月にパソナグループ本部が誕生しグループ会社14社が入居している。グループ会社間のコミュニケーションが密になり「ワンパソナ」としてグループ営業が行えるようになった。
日経ニューオフィス賞も3回いただいたが、すでに5万人以上の方が見学に来ている。世界のVIPの方だけでなく、取引先の社長、役員、人事担当責任者の方も見に来てくれる。本来こちらから営業に行くところを先方から見学に来てくれる。これは1万人の営業員と同じくらいの効果があると考えている。
この拠点を作った目的はエコ・環境、農業、命の大切さを伝えるという3つがある
エコ・環境は、築50年のビルを1年で改装した。ほとんどの部分を残している。外から見るとバラの花が咲き誇っている。落葉樹なので夏は日陰になり涼しく、冬は陽が差して暖かい。また、ITを活用した農業のモデルを提示している。5年後10年後の派遣先の拡大も視野に入れている。3つ目が一番重視しているが、働く人の健康が疎かにされている。社員が生き生きと働ける自然と共生したオフィスを作ることで、見学者の方にも命の大切さを感じて欲しいと思っている。他にも大きな副産物があり、リーマンショックのおかげで坪単価が下がり、移転前と比べると坪単価が半分になった
2011年5月期 通期連結業績見通し
今期はリストラ一巡で、利益率の高い再就職支援事業は減収減益見込み。足元円高が進んでおりリストラが増える可能性もあるが、計画には織り込まず慎重に見た数字です。拠点移転に伴う家賃減7億円も含めて販管費を10億円減らす計画だが、すべてを吸収することはできず、営業利益・経常利益は減益となる。会計基準変更による資産除去債務(過去債務)を特別損失として計上するが、その他の特殊要因はなく、純利益は増益となる見込み。賃貸事務所の資産除去債務として、第1四半期に4〜5億円を計上予定。この本部ビルは回復費用はゼロです。
パソナグループ(2168)
パソナグループの今〜そして未来へ
パソナの企業理念は「社会の問題点を解決する」であり、事業領域はHRソリューション(人材派遣など)、ライフソリューション(介護・保育・文化事業のサポートなど)、パブリックソリューションの3つです。
HRソリューションについてはグローバルソーシングを推進し、海外人事サービス、グローバルBPO(中国・ベトナムでのコールセンター業務)などを行っていく。ライフソリューションについては、介護施設が4ヵ所あり今期も2ヵ所開設予定。今後一気に伸ばしていきたいが、政府の介護保険への姿勢や、パソナとしても経験を蓄積していく必要がある。本部ビルに企業内保育所のモデルを開設しているが、駅前・企業内保育所を13ヵ所運営している。今後も伸びていく。パブリックソリューションでは、農業ベンチャー支援制度の「パソナチャレンジファーム」で様々な取組みを行い、農業をビジネスとして捉える地域リーダーを育成している。当初の7名から25名まで増えている。これも日本中に広げていきたい。
8月6日の朝日新聞に「新卒者10万人に仕事がない。このままでは、人財立国日本が死んでしまう。」という広告を行ったが、パソナグループの取組みとして「新卒キャリア支援プロジェクト」を立ち上げ、4月に新卒者1,000人をパソナ社員として採用した。徹底的に社会人としての教育・転職支援活動を行い、現時点で940名以上が正社員として転職していった。来年は倍増させたい。将来の少子化問題も大事だが、足元の若者が就職できない問題に全力で取り組んで欲しい。こんな利益の出ない事業は南部商店でやってくれ!という批判もあるかもしれないが、現状をなんとかしたいと思って立ち上げた。
2015年(創業40周年)に向けて、5つの分野に全精力を傾けていく。Mメディカル(医療)、Eエンヴァイロメント(環境)、Sサイトシーイング(観光)、ICT(情報通信技術)、Aアグリカルチャー(農業) これらは与党の方針にもぴったりと合っている。頭文字のMESIAには救世主という意味があり、パソナが救世主になれたらいいなと思っている。

南部社長から現状と今後について熱く語ってくれたのはとてもいいことですが、将来戦略については項目のみで具体性に欠けていました。最後時間がなくなって詳しく説明できなかったのかもしれませんが、何をやっていくのかイメージが湧かず、将来どのような会社にしていきたいのか私には理解できませんでした。
続いて竹中平蔵会長からのご挨拶。拍手も沸き起こり、人気がありますね。

1年前に取締役を拝命したが、たいへん厳しい1年だった。リーマンショック後の世界的な不況は、パソナグループにも大きく影響を与えた。労働市場は景気よりも遅れる遅行したマーケットなので、前期が一番大きな影響を受けた。そのような環境下でも全社一丸となってコストダウンを進め、営業の頑張りもあって他社よりは落ち込みを小さくすることができ、なんとか黒字を確保することができた。経営にはリアクティブ(受身)、プロアクティブ(攻め)の2つの姿勢がある。強い逆風下では身を守る必要があり、必死にコストダウンを行い黒字を出すリアクティブな戦略が必要になる。一方で攻撃は最大の防御という言葉もあり、守る中でも攻めの姿勢をどこかに持ち、ある段階では攻めに軸足を移していかなければならない。私はパソナグループはリアクティブからプロアクティブに移る段階に直面していると思っている。
特に2つのことに取り組む必要がある。1つは労働者派遣法の規制強化をめぐる問題です。労働市場を巡る規制の問題は大変複雑で、政治家も十分に理解していない部分もある。南部代表からは、パソナグループの会長として先頭に立ち、社会に対して正しい情報を発信して欲しいと言われている。南部代表と一緒に、日本の労働問題に詳しい方々と本も出した。このような活動を通じて徐々に派遣に対する理解も深まってきていると感じている。今後も引き続き情報発信を続けていく。
もう一つは先ほど南部代表からメシアとして説明のあった、今後発展が見込まれる分野への積極的な展開です。プロアクティブな戦略を我々が先頭に立って進めていく必要がある。メシアの5分野はどれもビジネスの発展の可能性が潜んでいるが、すべてに共通するのはそれを担う人材が必要になるということです。パソナがこれまで蓄積してきた、人財育成能力、適正に配置するノウハウなどを活かして、これら産業のポテンシャルを実現する力になりたいと思っている。
観光には特に個人的に思い入れがある。2001年に内閣に入り観光を打ち出したが、当時はどの役所も政治家もほとんど見向きもしてくれなかった。福田官房長官にお願いして、総理官邸に日本観光のプロジェクトを作ってもらったが、それが今のビジット・ジャパン(VISIT JAPAN)や「YOKOSO! JAPAN」に繋がっている。今度は企業の立場から皆さんの協力もいただき実現したいと考えている。日本で観光に従事している人は6〜7%程度だが、アメリカは12%、ヨーロッパでも10数%です。日本では物作りなどに目が行き、観光分野が注目されていなかった。海外には観光学部を持っている大学がたくさんあるが、もてなしの心が重視されている。これはパソナの心でもあり積極的に取り組んでいく。
リアクティブな努力は続けます。そしてプロアクティブな分野に積極的に取り組んでいく。引き続き株主の皆様の大所・高所からのご指導をお願い申し上げまして、挨拶に代えさせていただきます。

盛大な拍手とともに竹中平蔵会長の挨拶は終了となりました。
続いて質疑応答となりました。株主総会レポート〜その1に続いて、3問目からまとめてみます。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(3-2)法改正されると登録型派遣は原則禁止になるが、かなり厳しいのではないか?一方で設備投資を見ると人材派遣分野の投資が一番多くて、将来性がない分野に多額の投資を行うのは理解できない。
→(鈴木雅子取締役専務執行役員)派遣業務には2種類あり、専門26業務と言われるものと、庶務業務や外勤営業などの自由化業務がある。今回原則禁止になるのは自由化業務でパソナへの影響は少ない。外勤営業を一部行っているが、法改正が決まっても5年の猶予期間がある。派遣でできない仕事はインソーシング(請負)への変更も働きかけていて、すぐに業績に影響が出るわけではない。報道などを見ているとパソナは大丈夫かと心配になるかもしれないが、早め早めの対策を取っているので安心して欲しい。
(南部代表)パソナの人材派遣の9割以上は特定26業務であり、原則禁止となる部分は1割以下。法改正が実施されても影響は1割以下の部分だけです。繁忙期だけの短期間の派遣要請もあるが、2ヵ月以内の短期派遣は全部禁止になる。パソナでも長く働いてもらえる様にブリリアントキャリア制度があり、アウトソーシングとインソーシングで安定した長期の派遣ができるような仕組み作りをしている。

きちんと説明されると派遣法改正の影響も分りますが、派遣にもいろいろ種類があるなど株主でもよく理解していない部分がたくさんあると思います。報道などで不安に感じている株主も多いと思いますが、私は今回株主総会に出席して、法改正の内容やパソナへの影響なども理解でき、良かったと思います。パソナとしてももっと情報発信をしていく必要があるのでは?と感じました。
このブログもその点で参考になるのではないかと思っていますぴかぴか(新しい)
(4-3)給料が月2回払いから1回払いになるそうだが、1回にするメリットは?
→(鈴木取締役)派遣が一般化する前は半月毎に支払っていた。12月から変更する予定だが、正社員は基本的に月1回なので、正社員に近づけるため5年前から検討してきた。社員の意見も聞いてきたが1回払いの方がいいという声が多かった。2回払いがいいという人に対しては善処していく。
(南部代表)できるだけ負担がかからないように対処したいと思っているが、パソナとしても株主としても経費削減になるので、できる限り実行していきたい。
(5-4)先ほどプロアクティブという話があったが、私はナーブクラブを株主も使えるようにして、株主を事業に取り組んでいく必要があるのではないかと思う。(ナーブクラブは福利厚生メニューのようなものの様ですが、これを株主優待として提供したらどうか?という提案のようです)
→貴重なご意見として真剣に考えたいと思う。
(6-5)メシアを推進するとの説明だが、観光など具体的に何をしようとしているのか分らない。さらに現状は業績が低迷しているが、この計画を推進することで2015年にはどの程度の売上・利益を目指すのか?
→(若本博隆取締役常務執行役員)パソナの基本は雇用の創出です。メシアを通して雇用を作っていく。一例として竹中会長から、日本では観光分野が遅れているという話があったが、観光分野の人材育成も含めた雇用の創出をキーワードに、すべての計画を進めていきたい。今後の数値目標についてはインサイダー情報になるので、この場では具体的な数値は差し控えたい
(南部代表)確かにインサイダーの問題もあるが、それでは中長期の数値計画は発表していないのか!ということにもなるので、中長期ビジョンの目標を作成・発表するかどうかは今後検討していきたい。

回答を聞いていても雇用創出というだけで、実際にどんな取組みを考えているのかまったく分りません。追加で質問しようにもマイクは持っていかれてしまうので、充実した質疑応答になりません。他社では、このような回答で良かったか?と確認する会社もありますが、パソナの対応はちょっと残念ですね。
中長期計画の説明がメシアの5分野のみで、この分野で雇用を創出していきます、具体的な内容、数値計画は答えられません、では株主として判断のしようがありません。厳しい環境だからこそ経営者として、5年後にはこれだけの売上・利益を目指します!と株主に明るい未来を語って欲しいものです。
(7-6)なぜ広告にオードリー・ヘップバーンさんを起用しているのか?
→(深澤旬子取締役専務執行役員)今年で起用して8年になる。キャラクターを採用したいという時に多くの提案があったが、一番心を打たれたのがオードリー・ヘップバーンさんだった。彼女は常に優雅に、誇り高く女優の道を歩むとともに、自ら癌と戦いながら国連大使としてアフリカの子供達、アジアの子供達、難民の方たちを励まし勇気を与え世界に訴えてきた。プロとしての誇りを持ち、良き社会人として堂々と生き抜いた人だと思う。私たちはこのオードリー・ヘップバーンの生き方をしっかりと受け止め、共感し、8年間使用させて頂いてきた。これからもキャラクターとして使わせていただきたいと思っている。
(南部代表)パソナの企業理念と、彼女の生き様、姿勢、考え方、ボランティア精神すべてがとても近いと感じている。これからもPRしていきたい。
(8-7)先ほどの質問と似たような質問になるが、欧米と比べると観光に従事する人が倍になる可能性があるという着眼点は良いと思うが、それではどうやってパソナとしてどうやって人材・雇用を作っていくのか、具体策がイメージできない。大学に観光学科を作るなどの種まきをしていくのか、中国やベトナムの海外拠点と連携して、訪日観光客を誘致するのか、何がやりたいのか先ほどの回答では全然見えない。
→(若本取締役)ご指摘の地域や大学への働きかけも重要な要素と考えている。観光に精通した人材を顧問として迎えており、地域や大学とも密着して働きかけていきたい。先行して動いているのはベネフィットワンで、中国から多くの観光客が来ることが期待されているが、現状あまり満足せずに帰国している人も多いと聞いている。旅行会社とも提携して、現地ともパイプを作り、観光客を誘致してそこに中国語が堪能な方も配置してきっちりとフォローし、満足して帰ってもらう真のコンシェルジュサービスを秋から提供していく。
(南部代表)10月にこの場所でグローバル事業部が、東南アジアからの留学生向けに就職および進路相談会を行う。約千人の参加を予定しているが、その中から通訳や観光に関する仕事を日本でやりたいと言う人を集めていきたい。2番目として、メディカルツーリズムがこれから脚光を浴びてくると思う。日本の高い医療技術を活かして、東南アジアからの需要を迎え入れようと、ベネフィットワンでコンシェルジュサービスを作ることを考えている。何か言うとすぐインサイダーになってしまうが(笑)、観光の専門家を顧問に迎え入れることによって、どんな観光が活かせるのか?検討している。
14時36分になり議長から、だいぶ時間も過ぎてきたので、いかがでしょうか?との発言があり、そろそろ終りたそうな雰囲気です。まだ質疑応答が始まって30分なんですけどもうやだ〜(悲しい顔)
(9-8)若者も大事だがシニアの生きがい作りも重要だと思うので力を入れて欲しい。シニアの生きがい作りについて南部哲学を聞かせて欲しい という趣旨のことを5分近くに渡り長々と述べられていました。
→貴重なご意見とさせていただく。私もシニアの社会参加、生きがい作りについて考えていきたい。
質問の時間もかなり経過してきたので、最後何かあれば...と完全に終了モードですわーい(嬉しい顔)
(10-1)資産除去債務の現状復帰費用4億円の内訳は?
→(川崎悦道取締役専務執行役員CFO)このビルは2018年10月まで定期賃借しているが、契約期間終了後にはこの一帯で再開発する計画になっているので、現状復帰の義務がない。まだ決算発表を行っていないが、4〜5億円程度の資産除去債務を想定している。グループ全社が借りているすべての賃借物件について、原則法と言う非常に厳密な方法で積算して、第1四半期決算に計上する。


もしご質問がないようなら決議に移りたいんですが...という発言に対し手を挙げる人もいなかったので、以上で質疑応答は終了となりました。
出席人数の割に質問が少なく、質疑応答が盛り上がりませんでしたね。ランチ懇親会での食事争奪合戦ですでに疲れていますし、やはり午後は眠くなり質問する気力も落ちるんでしょうか(笑)もっとたくさんの質問が活発に出ると思っていたのに意外でした。私もスクエニと同じで、質問がたくさん出ると思っていたので、安心して準備不足でした。次回はちゃんと質問も考えていこうと思っています(笑)

採決も問題なく了承され、新任役員を紹介して株主総会も無事終了となりました。
今期の計画や中長期ビジョンの説明、竹中平蔵会長の講演などパソナについて理解を深めるいい機会でしたが、やはり中長期ビジョンについては具体的な肉付けをして欲しかったですし、目指す業績水準も明示して欲しいですね。足元の環境が不透明な中、なかなか中期計画を発表しづらいのかもしれませんが、株主としてはやはり中期的な業績目標も示してもらわないと、長期保有するのは難しいのではないかと思います。ぜひ今期中に中長期計画を発表して株主を安心させて欲しいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
パソナグループ(2168)
posted by Zaimax at 17:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月04日

小さい頃貧乏な家庭でないと大成功できないのか?

先日読み終えた金森重樹さんの本
借金の底なし沼で知ったお金の味
  25歳フリーター、借金1億2千万円、利息24%からの生還記

     
にもこんな一節があります。
「何の苦労もなく幸せなお金持ちになれたら、どんなにいいでしょうか?でも、人間は、一度地獄に落ちてからでないと、天国には行けないものではないかと僕は今、感じています」
一方で本田健さんなどは幸せなお金持ち論を提唱しているので、壮絶な経験をしてきた金森重樹さんは、自身の体験をもとにアンチテーゼとして上記の問いを発しているのだと思います。

似た話題で友達と議論になったこともあり、今日はこのテーマで私の考えを書いてみます。その友人は、ネガティブな感情が社会の発展を促してきた、ネガティブな感情こそ大切で前向きに考えようなどというのは安易な精神論にすぎないexclamation×2という考えであり、なかなか議論がかみ合いませんでしたあせあせ(飛び散る汗)
この前の議論では、世界的な大成功を収めたミュージシャンは一様に幼い頃貧しい家庭に育っていた、だから貧しくないと大成功はできない!と結論付けられ、反論があるなら貧しくなかったのに大成功した実例を上げてみろ!となり、挙げられなかった私は論戦に負けてしまい、悔しい想いをすることになりました(笑) 幼い時貧しくなかったが大成功したミュージシャンの情報もお待ちしておりますわーい(嬉しい顔)

私の基本的な考え方は
(1)小さい頃の貧乏はとても価値がある。
(2)貧乏、普通、裕福に関係なく、成功する人もいれば成功できない人もいる。しかし一般に評価されるのは貧乏な環境から大成功した話であり、裕福な家庭から大成功しても自慢話として妬まれるだけで、話題にならない。
(3)他人からは苦しみながら成功したように見えても、本人は楽しんでいる場合もある。


まず小さい頃に貧乏だと、お金の大切さを身に沁みて感じることができるので、お金を大事にして節約することが自然と身に付きます。なので小さい時にお金の面で制約を受けるのは、とてもいいことだと思っています。別に貧乏な家庭である必要はなくて、自由になるお小遣いを少なくするなどでも同じ効果があると思います。ただあまりにもお金に執着しすぎると、犯罪に走ったり守銭奴になってしまったりして逆効果になることもあります。家庭でのお金についての教育がとても大事だと思います。

次に(2)ですが、私は自分の一番楽しいことをやり続けながら成功する人もたくさんいると思っています。ただ世間的に注目されるのは、逆境を跳ねのけ大成功した人だと思います。裕福な家庭出身で失敗すると、それ見たことかと一斉に非難されるでしょうし、裕福な人が成功しても当たり前だと言われたり、妬まりたりしてしまうので、PRするメリットはないと思います。
裕福な家庭に生まれて、何の苦労も感じることなく育ち、豊富な資金と人脈を使って事業で成功したという本を出しても、誰も読みたいとは思わないでしょう。
一方で、極貧の家庭に育ち、事業を始めても何度も倒産の危機に瀕し、そんな逆境を乗り越えて大成功を収めた、となればワイドショーでも取り上げられますし、世間的な評価も高くなると思います。
こういった反応の背後には、もちろん妬みという感情もあると思いますが、一般常識をうまく使った洗脳もあると思います。額に汗して働くのが美徳であり、お金持ちには逆境を跳ね返すだけのパワーのある一部の人か、悪事を働くような人でないとなれないというメッセージを世に発信しているように感じてなりません。「大成功している人は幼い頃貧しかった人が多い」と感じているのは、このような洗脳の結果であるかもしれないし、世間からの妬みを避けるために、成功者はことさら貧しかったことや逆境を強調している可能性もあります。
こういった考えから、私はちゃんとお金について教育しているなら、裕福な家庭の方が成功する確率は高くなると思います。ただ世界的に見れば裕福な家庭の割合は圧倒的に少ないですし、そのような成功者が裕福なことを強調することは少ないと思うので、貧しい方が成功しやすいみたいな考えが一般的になっているのだと思います。そのような考えの方が大多数の人にとって、自分も成功できるかもるんるんと感じさせられるので、支持されるという面もありますね。

さらには(3)のように大好きなことに熱中しているうちに成功を収めた場合、周りからは失敗の連続で苦しんでいるように見えたとしても、本人は大好きなことを追及しているだけで苦労しているとは感じていない場合もあると思います。
私も投資先の会社を見つけるのは、宝探しをしているようでとても楽しいので、徹夜して財務諸表を分析したりすることもありますが、周りから見ればよくそこまでできるね〜と感心されることがあります。そこまで分析して投資しても、株価が大きく下がって大失敗ということもあります。徹夜するのは楽しくて熱中しているからであり、やらされているわけではありません。そして投資が失敗すると挫折しているように見えるかもしれませんが、周りが思うほどに落ち込んでいるわけではありません。もちろん失敗するのは残念なことではありますが、将来は誰にも分らないから面白いのであり、投資する銘柄すべてが大成功では面白みも半減してしまうと思います。
失敗から気付きを得て糧にできればいいわけで、投資には失敗も付き物だと思っています。


結論としては、
「何の苦労もなく幸せなお金持ちになることも可能だし、たとえ一度地獄に落ちたとしても、幸せなお金持ちになることは可能なのではないか?と私は今、感じています」 となります。
一度地獄を経験した方が、よりお金のありがたさ、天国のありがたさを実感できるという効果はあります。私が小さい頃の貧乏は価値があると感じるのも、ありがたさをより実感できると思うからです。
自分の大好きなことを突き詰めていけば、誰にでも成功のチャンスはあるぴかぴか(新しい)と思っています

今回は議論で打ち負かされたので(笑)ちょっと毛色の変わった日記を書いてみましたわーい(嬉しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月03日

日本エンタープライズ(4829)2010年株主総会レポート〜その2

2010年8月27日(金)10時からの東京都港区の ホテルフロラシオン青山 1階 ふじの間 で開催された日本エンタープライズ(4829)第22回定時株主総会に行ってきました
株主総会レポート〜その2では、日本エンタープライズ(4829)2010年株主総会レポート〜その1に続いて後半の質疑応答の様子をまとめていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
日本エンタープライズ(4829)
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(2-1)海外事業について中国、インドに進出しているが、もう少し詳しく説明して欲しい。中国については一定の時間をかけながら拡大していくとのことだが、中国に進出する会社も多く競争が厳しくなると思う。中期的にどの程度の業績を目指しているのか?
→中国には他社も続々と進出しているが、インドはまだあまり進出が進んでいない。
中国についてはいろいろあったが10年間事業を続けてきた。中国でコンテンツを配信するにはISPライセンスとICPライセンスの2つがあるが、両方とも中国全土に配信する免許を持っている。上場企業でこれらの免許を持っている会社は珍しい。日本の会社が今から配信ライセンスを取ろうとしても極めて難しいと思う。ライセンスがないと末端の部分へコンテンツを配信することができない。他社はライセンスを持っている中国企業と組んで参入することになり、高額の手数料を取られてしまう。その分日本エンタープライズには優位性がある。
一方で3Gが思ったように普及しなくて、政府もキャリア(チャイナモバイル、チャイナユニコム、チャイナテレコム)も焦っている。中国では携帯電話が7億台となっているが、そのうち3Gは3千万台程度と言われている。なかなか普及が進まないので、私が委員長になって3G応用研究院というものを立ち上げた。8月にはコンテンツプロバイダーやキャリアをはじめ百数十社の会社を集めて、政府の要人の方にも参加いただき、中国の人民大会堂で3Gの大会を行った。10年間中国で事業を行っているので、共産党や通信キャリアともつながりが増えてきて、上層部とも人脈ができている。共産党の幹部からも支援をいただいているので、3Gの普及が進むとともに可能性が広がっていくと考えている。以上の通り他社よりも先行しているので、これをいかに日本エンタープライズの収益に結び付けていくかが大切だと認識している。
規模感については、いつ中国で3Gの普及が進むのかまだ不透明な部分もある。3Gの普及が進み、それをうまく売上に結び付けることができれば、市場規模も大きいので大きな期待ができると考えているが、そうなるかどうかはまだ不透明な部分もある。
インドについても、携帯台数が5億台を超えており、伸び率はトップになっている。先日インドに訪問したが、3年前に行ったときは2億台程度だった。インドでも競合他社より先に布石を打っていく。
海外では中国、インドに事業展開しているので、ぜひ期待して欲しい。他社より先行していると認識しているが、それがどれだけエンジンとなって売上につながるかが大事だと思っている。
日本エンタープライズ(4829)
(3-2)売上の中の海外比率はどの程度か?
→売上高21億円のうち海外では8千万円程度なので4%ほどになる。
(4-2)為替の影響は?
→元建ての売上をすべて円換算して表示している。元は通貨バスケット制が前提だがほぼドルペッグなので、円高が進み元も円に対して下がっている。今後も円高が進めば、現地での売上がばーんと伸びても円換算後の売上は現地の伸び率より伸び悩む可能性もある。いずれにしても5月31日時点のレートで円に換算するので、この日の為替レート次第になる。
(5-2)売掛金がけっこうあるが与信は大丈夫か?引当金の内容は?
→携帯電話へのコンテンツ配信事業を行っているので、主な売掛先は通信キャリア(NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル)になる。過去入金が遅れたことはなく、貸し倒れもゼロだったので今後も比較的安心だと思っている。ソリューション事業では中堅企業との取引もあるので、若干貸倒引当金を計上している。
(6-2)回収不能見込み額100万円を計上しているが、これはもう回収不能なのか?
→回収不能が明らかになっているわけではなくて、回収不能の可能性があるものを引き当てている。100%回収不能なら償却ということになる。
(7-1)対処すべき課題で人材育成を挙げているが、使用人の状況を見ると1割近い社員が減少している。本当に人材育成が進んでいるのか?
→当社のようなベンチャービジネスでは、人財教育を行い必死に人を育てても、特に入社年次の浅い人ほど流動していってしまう。優秀な人材を補填しようと努力しているが、なかなか優秀な人材に巡り合わなくて、人数が減ってしまうこともある。日本エンタープライズは本格的に事業を開始してから13年になるが、やっと10年選手が何人か出てきて本当に頼りがいがある社員が増えている。一方で入社年次の浅い人ほどすぐに辞めてしまう人もいる。
(8-1)今は就職が厳しいので優秀な人材を採用するチャンスだと思うが、それでも辞めてしまうのか?
→就職できない人が余っていると報道される割には、腕に覚えのある人、何かに打ち込んでがんばってやってきたような人はなかなかいない。日本エンタープライズの努力不足かもしれないが、就職できない人が増えている割には、採用のし甲斐のある人が減ってきているように感じる。


日本エンタープライズ(4829)
(9-3)稲盛さんはまだ株を持ってくれているのか?第2位株主のプラントフィールドはどんな会社か?
→(田中勝常務取締役 管理本部長)個人の株主様に関する情報なので詳しい説明はできないが、稲盛様は引き続き変わりなく保有いただいている。プラントフィールドは植田社長の資産管理会社であり、社長の持ち株と合わせると55%強を保有していることになる。
→(植田社長)稲盛和夫さんについては、ずっと同じ株数を保有して頂いていて、陰に陽に経営のご指導をいただいている。トヨタさんも上場以来株を売られることもなく保有いただいている。私の保有株については、将来なんらかの社会貢献に使うことができたらいいなと考え、一部を資産管理会社に移した。

10時52分となり、議長から質問はあと1人という発言がありました
(10-4)業績悪化の原因は競合の激化ということだったが、競争相手は固定しているのか?
→有料課金コンテンツのビジネスは、次々と新しい企業が参入してきている。昔からの競争相手は上場後すぐに廃止になったり、倒産する会社も出てきており、競争相手が入れ替わっていく。
一方で新しいビジネスモデルとして、無料でコンテンツを提供する会社が増えてきたり、スマートフォン向けのビジネスも出てきており、今後競争相手になってくる。日本エンタープライズでも無料への対抗手段も準備を進めている。スマートフォン向けの対策も行っている。減収減益となっているのは大変申し訳ない。これらへの対応に少し時間がかかって減益になっているが、手は打っているので今後に期待して欲しい。
(11-4)クラウドコンピューティングが普及すると、低コストで配信ができてコンテンツビジネスに影響が大きいと思うが対応はどうか?
→(杉山浩一常務取締役 技術本部長)分散型とクラウドが脚光を浴びているが、日本エンタープライズではコンテンツ配信用のサーバーとしてクラウドを2年前から導入している。サーバーの経常的なコスト削減に貢献している。

最後の1人ということでしたが、質問があるままで帰るのは申し訳ないのであと1人お受けします!と呼びかけていました。しかし手を挙げる人がいませんでした。せっかくの機会なので、もっと積極的に質問すればいいと思うんですけどね。以上で質疑応答は終了となりました。
植田社長は、回答後に「○○様、以上の回答でよろしかったでしょうか?」と問いかけていて、とても好印象を感じました。質問の趣旨と回答がずれていたり、回答が足りないと感じた時は簡単に再質問することができて、質問した株主の満足度も高まると思います。
また、あと1人と言いながらもできるだけ多くの株主からの質問に応えたいという感じも伝わってきました。
中国事業など、株主の期待を集めながらもなかなか業績に結び付けられていない部分もあるんですが、質疑応答を聞いていると今後に期待したくなってしまいますね(笑)
これが吉と出るか凶と出るかは分りませんが、これからも応援してみたいと感じました。まずは底打ちしているという今期の業績が、本当に増益に転じるのか?がポイントになりそうですねひらめき

続いて議案の決議が行われ、無事株主総会は終了となりました。
 最後の植田勝典社長の挨拶
本日は大変多数の株主様にご出席いただき誠にありがとうございます。ぜひこれからも日本エンタープライズの事業につきまして、ご意見、ご指導、ご鞭撻を賜りたいと心から思っております。
本日はありがとうございます。


せっかくの機会なので、株主総会後に役員の方々との懇談会を行えば、もっと気軽に話を聞けると思います。ペットボトルのお茶くらいを用意すれば懇談会は開催できるので、ぜひ検討して欲しいですね。
株主総会終了後にも、受付でCDなどのお土産をいただき、2台用意された送迎バスで渋谷駅まで送ってもらいました。ホテルの周りはマイクロバスが通るのもたいへんな細い道でした(笑)行きは歩きましたが、やはりバスは楽チンですね。来年の株主総会では、増収増益になりました!中国事業も収益に貢献するようになってきました!という報告が聞けると嬉しいですね
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
日本エンタープライズ(4829)
posted by Zaimax at 00:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月02日

2010年8月末の運用報告

なんて思わせぶりなタイトルにしてみましたが(笑)、2010年8月は日経平均も7月末の9,537円から8,824円まで下がり、▲7.5%という大きな下落率になっています。2010年では▲11.7%下がった5月に次いで大きな下落となりました。他の投資関連のブロガーさんたちは月初めに運用報告をしている人も多いですね。だから私もこんなタイトルにしてみたんですがわーい(嬉しい顔)
それなりに結果を残していないと読者の方に読んでもらえないという面もあるのでしょうか。
あるいは、相場が大きく下がった時には、ブログを書くような人も同じように影響を受けているのを確認できて、読者の方々も安心するあせあせ(飛び散る汗)という面もあるのかもしれません。
私は今まで運用状況などを報告したことはありません。まあこのブログを見てもらえば、どんな会社に投資しているのかは分ると思いますが、投資金額は千差万別です。主力の投資銘柄もあれば、株主優待目当てだったり、株主総会に出るためだけに買った銘柄もたくさんあります(笑)
たぶんこれらの銘柄に均等に投資していたら、かなりの損失になっているのではないでしょうか?
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
なぜ運用状況を公開していないのか?というと、やはり個人資産に関することであり、わざわざブログで一般に公開する必要はないでしょう、と考えているからです。でも他人の運用状況や結果を見るのは興味がそそられる(笑)というわけで、今月はちょっと公開してみようかな〜などと思ったわけです。まあ自分で思っていた以上に結果が良かったという面も大きいんですけどねわーい(嬉しい顔)
そんな自慢ばかりの報告なんて読みたくないっexclamation×2という方は、トップページをご覧ください(笑)
   株主総会に行こう♪ブログ 〜楽しい株主総会ブログレポート


私の運用方法は、セミナーに来ていただいた方には分ると思いますが、中小型株への中長期スタンスでの集中投資です。流動性が低い会社ほどチャンスも大きいぴかぴか(新しい)と考え少しずつ買っていきます
今月のゲーム会&株式投資セミナーは9月11日(土)13時から、名古屋で開催します。
ぜひこちらにも遊びに来てくださいねるんるん
 詳しくは 次項有  名古屋キャッシュフローゲーム会のご案内ぴかぴか(新しい)

値上がりしている会社も値下がりしている会社も中長期保有なので、過去の主力銘柄の屍もゴロゴロしていますがく〜(落胆した顔)リスクも大きい投資方法なので、初心者の方は真似をしない方がいいと思います。
なので基本的に日経平均株価とはあまり連動していません。2010年の8ヵ月で見てみると見事に4勝4敗の五分ですが、相関係数は0.44とそれほど高くないので、円高や政治の迷走などの影響はあまり受けていません。だから素晴らしい!というわけではなくて、全体相場が爆上げする時にもあまり連動しない、そんな銘柄を中心に投資しているというだけです。
ティア(2485)株価推移
長〜く引っ張ってきましたが、2010年8月の運用成績は3%のプラスでした。
日経平均と比べると+10.5ポイントアウトパフォームしていることになります手(チョキ)
全体相場がかなり下がっていたので、マイナスだろうな〜と覚悟していましたが意外にもプラスでした。中身を見てみると準主力級の銘柄は大部分が大幅に下落しています。それなのにプラスになったのは、集中投資している主力銘柄が9%前後のプラスだったからです。
特に上記のティア(2485)は見事に日経平均と連動しない動きを続けていますね。業績好調な割安株は安心感があります。さらには葬儀会社なので人気も低く、世界経済の影響もあまり受けません。
日経平均と比較したチャートを見るとよく分かります。
ティア(2485)株価日経平均比較
5月に日経平均が大きく下げた時もティアに助けられました。そして8月に日経平均が年初来安値を更新する中でもまたティアに助けられました。本当にティアのお陰という感じです。今日は東京で名古屋証券取引所主催の会社説明会が開かれていて、ティアの冨安社長も登場しています。東京でどんな反応だったのかも気になりますね!昨年より知名度は上がっているのでしょうか?


一方で8月に本格的に買いだした銘柄は見事に下げていて、たった1ヵ月で10%近くも下がっています。毎度のことですが買うタイミングが早過ぎますね。もう少し待って底を確認してから買えばいいんですが、出来高が少ない会社は、時間をかけて少しずつ買わないと希望する株数を買えないのではないか?という想いがあって、買うタイミングが早くなってしまいます。株価指標面からは十分に安いと思いますが、株価チャートなども見てもっと買うタイミングも向上させたいですね。
過去の日経平均との相関係数も計算してみましたが、年々相関係数が低下しています。これからもさらに中小型株に特化していくと思うので、さらに連動性が薄れていくんでしょうね。私の投資スタンスではマクロの景気を気にするというより、いつ投資先の小さな会社が人気化するか?次第ですね。そのためには着実に業績を向上させていくことも必要ですし、東証などのより注目度の高い市場への指定替えを目指してがんばって欲しいですね。
これからも中長期の成長に期待しながら、投資先の会社を見守っていこうと思っています揺れるハート
また気が向いたら運用実績の報告をするかもしれません(笑)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
今回の報告は日本株についてであり、外国株では前月を下回っていますもうやだ〜(悲しい顔)
posted by Zaimax at 02:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日本エム・ディ・エム(7600)2010年株主総会レポート〜その2

2010年8月20日(金)10時からの東京都新宿区の 京王プラザホテル 南館4階 扇 で開催された日本エム・ディ・エムMDM(7600)第38回定時株主総会に行ってきました
株主総会レポート〜その2では、日本エム・ディ・エムMDM(7600)2010年株主総会レポート〜その1に続いて質疑応答の様子をまとめていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
日本エム・ディ・エム(7600)
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(3-2)ジョンソン&ジョンソンなどと契約を結びなおすたびに在庫評価損が発生している。なぜ毎年発生するのか?
→契約が継続するという前提で商品を仕入れ、販売している。そのためさまざまなサイズを品揃えしており、あまり売れない小さいサイズ、大きいサイズも品揃えしておく必要がある。相手先から契約を終了したいと言われた場合、これらの在庫評価に異なる基準を適用する必要が出てくる。売れ残る見込み分については、通常の評価は適用できないと監査法人からも指導されている。
今後も契約が継続されるよう努力していくが、抜本的な対策としては自社開発・自社製造が重要と考え、その方向を目指している。自社製品の方が利益率も高くなる。
小川康貴常勤監査役)1つの症例を取るためにはセット組みが必要で、幅広いサイズを揃える必要がある。なるべく余分な在庫は持たないようにしている。
(4-2)監査法人はあまり聞いたことがない会社だが、監査が甘いのではないか?今後も契約を続けるのか?監査役の意見も聞きたい。
→優成監査法人はしっかりした監査法人だと思う。日本でも4〜5番目の規模の監査法人であり、見直す考えはない。
(小川康貴常勤監査役)在庫は優成監査法人の現場スタッフ10数名と同行して、各事業所を回ってチェックしている。監査役会には監査法人を選任する権限がないので、取締役会の議論を聞いていく。長く同じ監査法人が担当すると馴れ合いになるのでは?という指摘だが、監査法人は変わらなくても監査する人は変わっていくので、問題ないと思っている。

大手の監査法人に限定して依頼すると競争原理があまり働かなくなるので、準大手の監査法人に依頼するのは良いことだと思いますが、売上100億円規模の会社で監査費用が4千万円近いというのはちょっと高すぎるように感じます。厳しい業績が続いていますし、高い監査費用を払い続ける余裕もないと思います。他の監査法人も含めて見積もりを取り直した方がいいのではないか?と感じますね。
それにしても監査役がここまで回答を行うのは珍しいですね。普通の株主総会では監査役はほとんど発言する機会がありませんし、監査役に質問しても代わりに社長が答えたりして、あまり回答してもらえないような印象があります。監査役は株主と同じ目線で会社を監査しているわけですから、監査役も株主総会で積極的に発言した方がより良い株主総会になると思います。
これからはもっと監査役に向けた質問も考えてみようかな(笑)
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん 特定口座にも対応しています
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

(5-3)毎年届くのは赤字の報告書ばかりで、株価も下がる一方だ!経営陣はどう考えているのか?
→基本的な考え方は、株価は市場が決めるものであり、発行会社が株価水準を論評すべきではない。発行会社が株価を作為的に変動させることは許されない。ただ、事業計画を着実に実施し業績の向上、企業価値・株主価値の向上を図るとともに、IR活動も積極的に行うことで、投資家の方々から高い評価をいただける様に全力を尽くしていきたい。在庫評価損を計上することになったのは大変申し訳ないが、中期計画を着実に実行することで今期は黒字転換を予定しており、来期はもっと伸ばせる。競争力のあるいい商品を提供することが大事になるので、中期計画を着実に実行していく。

株価が低迷している会社は、株価についての株主からの不満に対してどう答えるか?という難しい問題を抱えています。ただあまりにも想定問答通りの突き放すような回答では、株主の怒りに油を注ぐ結果になりかねません。まずは「私も株価の低迷には心を痛めているし、申し訳なく思っている」とお詫びしたうえで、株価低迷には原因があるはずなので、原因と対策を説明するというのが親切な対応ではないかと思います。株価が低迷するのは業績が低迷しているか、知名度不足(IR活動の不足)、あるいは投資家から会社が信頼されていないの3つが大きな要因だと思うので、ただ業績を向上させます!だけではなくて、IR活動なども含めて会社側の考え方をしっかりと伝えて欲しいですね。
(6-3)伊藤忠から取締役が来ているがメリットはなにか?
→中期計画の着実な実行が当社の課題だが、この計画を伊藤忠が全面的にバックアップしてくれている。取締役も派遣いただき、一緒になって取り組んでいく。伊藤忠の様々なネットワークや海外の販路などが活用できる。私の考えと伊藤忠の考えは共有できていると思っている。
(7-4)35億円の在庫評価損は売上の1/3程度と非常に大きい。J&Jとは何年くらいの契約を結んでいるのか?短期の契約で、毎回こんな巨額の評価損が出るようでは利益にならない。
→J&Jとは昭和56年7月に日本総販売代理店となり、骨接合材料の販売を開始した。当時の契約相手先はエースメディカルという会社だったが、M&Aなどで(社名が変わり)契約先が変わり、現在はジョンソン&ジョンソンになっている。30年以上契約が続いていたが、この業界では長期に渡って契約するのが普通だという時代だった。毎年毎年5年先までの契約を更新してきた。ただJ&Jには契約解除権があり、2008年12月に契約解除を申し入れてきた。交渉の結果2009年12月で契約を解消することになった。30年以上も続いた契約だったが、J&J側の経営体制変更なども影響したのかもしれないが、契約を解除することになった。在庫のほんの一部しか買い取ってもらえないし、お医者さんへの商品供給も途絶えてしまうので、2012年6月末までの新たな供給契約を結んだ。今までの契約では類似商品の開発はできなかったが、新契約では可能になったので、アメリカの子会社と共同で骨接合材料の自社開発に取り組んでいる。日本メディカルマテリアルとは2006年4月に3年間の販売提携契約を結んだ。これもいろいろと事情があり、日本メディカルマテリアルからやめたいと申し入れがあった。やはり商品供給が途絶えるとお医者さんに迷惑をかけることになるので、交渉の結果3年間のOEM契約を結ぶことになった。期限が来ても更新していきたいと思っているが、(相手先もあることであり)現時点で更新できると言うのは適切ではない。今後は在庫の管理を徹底し、このようなことが発生しても大きな損失が出ないようにしていきたい。
契約解除の申し入れがあった当時は、J&J商品で100億円くらいの在庫があり、今回の大きな損失につながってしまった。今後はこのようなことがないよう在庫の管理を徹底する。
(8-4)今回の特損計上で在庫はきれいになるのか?
→2012年6月末の新契約終了時に発生する損失額を見込んだのが、35億円の在庫評価損です。合理的に見積もっているが、計画通りに在庫が減っていくとは限らないので、実際にはいくらか差異が出る。ただ大きな金額ではない。
(9-5)米国子会社に貸している利率はどの程度か?金利はドルで受け取っているのか?
→LIBOR(ロンドン市場の銀行間取引金利)+1%で貸しており、2〜2.5%程度です。ドル建ての貸付なので金利もドルで受け取っている。ただ、親子間の取引なので連結財務諸表には現れてこない。


以上で質問もなくなり、質疑応答は終了となりました。
最近の業績は赤字が多く、株価も低迷している割には質問が少なかったですね。代理店ビジネスでは契約解除リスクは避けられないので、自社開発に乗り出すというのは妥当な戦略だと思います。問題は今までにどの程度技術力を蓄積できたのか?という点ですね。アメリカの子会社と共同で開発していくそうですが、子会社化していて良かったですね!予定通りに競争力のある製品を開発できれば、利益率も高くなるでしょうし、販売戦略などの自由度も高まります。成果が楽しみですねるんるん
続いて議案の採決があり、株主総会は終了となりました。
引き続いていて新たに選任された取締役の紹介がありました。その中で大川正男社長から、取締役を代表して挨拶がありました。
 大川正男社長の挨拶の要旨
現在の日本エム・ディ・エムは、将来の発展に向けた転換点に立っていると認識している。事業計画を中心とした様々な経営施策を着実に実行し、良い会社を作っていきたい。その結果としての企業価値増大を目指して、取締役が一丸となり全力を尽くしていきますので、今後ともよろしくお願いします。
 (会場から大きな拍手)
他の取締役の方々は、名前とよろしくお願いしますという挨拶だけでした。せっかくの機会なので、株主に対して簡単な抱負や挨拶があってもいいと思いますね。
日本エム・ディ・エム(7600)
続いて隣の会場、というか株主総会会場の後方と受付前のスペースを使って懇親会が開催されました。
サンドイッチとサーモンなどのサラダ、クッキーなどのデザートと飲み物が用意されていました。
私はパソナの株主総会が控えていたので、サンドイッチをいくつか頬張り会場を後にしようとしましたが、取締役の方々が積極的に声を掛けてくれるので、少し話し込んでしまいさらにパソナへの到着が遅れてしまいました(笑)
なぜジョンソン&ジョンソンから一方的に契約解除の申し入れがあったのに、在庫の一部しか買い取ってもらえないのか非常に疑問に感じていたので、話し掛けてくれた取締役の方に質問してみました。
ふつう契約解除するなら在庫は責任を持って引き取ってくれてもいいと思うんですが、一部しか引き取ってもらえなくて、販売側が多額の損失を計上しないといけないというのはおかしな話ですよね。そんな契約なら買うだけ買わせておいて、次々に契約解除すれば大儲けじゃないですかちっ(怒った顔)
まあそんな商売では長続きしませんけどね(笑)
取締役の方の回答は、在庫の中には商品以外に手術で使っている器具などもあるので、仕入れた価格では引き取ってもらえないものもあるからということでした。そんなものなのかな〜という感じですが、日本エム・ディ・エムとしては30年以上も続いてきた契約がまさか解除されるとは予想もしていなかったんでしょうね。なので対応も遅れて多額の在庫を抱えることになってしまったような感じがしました。立場的には商品を供給しているJ&Jの方が上ですし、契約社会のアメリカで揉まれているので契約書の作成も慣れたものなんでしょうね。相手の方が一枚も二枚も上手だったということなんでしょうね。
日本人として、そして日本エム・ディ・エムの1株主として、新商品開発が計画通りに進んでJ&J以上の商品を開発できることを期待していますぴかぴか(新しい)
来年の株主総会では良い報告が聞けるとうれしいですねわーい(嬉しい顔)大川社長応援していますよ!


帰りには受付で、京王プラザホテルのバニラケーキをいただきました。昨年はチョコケーキだったらしいですが、来年のお土産は何か楽しみですね。ちょっと気が早すぎますが(笑)
日本エム・ディ・エム(7600)
   取締役の皆様 お疲れ様でした
posted by Zaimax at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月01日

日本エンタープライズ(4829)2010年株主総会レポート〜その1

2010年8月27日(金)10時からの東京都港区の ホテルフロラシオン青山 1階 ふじの間 で開催された日本エンタープライズ(4829)第22回定時株主総会に行ってきました
日本エンタープライズ(4829)は、携帯電話向けに着うたやデコメなどのコンテンツ配信を行っている会社です。中国にも進出しています。
日本エンタープライズ(4829)の株主総会に参加するのは初めてです。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき

2010年8月27日(金)の株価 5,850円(東証2部 4829)1株単位 5月決算
PER 22.1倍、PBR 0.79倍、配当利回り 1.71%、株主資本比率 92.1%
監査費用 連結3,000万円(売上比 1.40%) 新日本有限責任監査法人
売上高と比較すると監査費用がかなり高いですね。1.4%というのは初めてです。
株主優待 なし


     日本エンタープライズ(4829)のホームページ

     日本エンタープライズ(4829)のヤフー株価情報
日本エンタープライズ(4829)
上場以来の株価推移を見ると、2004年末の小型株バブルの頃には10分割を行い人気化して、13万円ほどの高値を付けました。その後は下落が続き、現状では6千円前後をうろうろしています。ここ最近業績も低迷していて、なかなか株価の回復が見込みにくい状態が続いています。
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるるんるんまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
 株式を移管すれば現金を入れなくてもFX取引を始められるというのはありがたいサービスですよねexclamation×2
 その分資金効率も高まりまするんるん 特定口座にも対応しています
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

スケジュール
10:00〜10:22 事業報告 
 10:04〜10:07 小林一弘常勤監査役から監査報告
 10:07〜10:18 事業報告 植田勝典社長が事業報告を読上げ 関連する図表をスクリーンに表示
 10:18〜10:22 連結計算書類 単体の説明は省略
10:22〜10:24 議案説明
 第1号議案 剰余金処分の件 80円(前年より50円減配)
 第2号議案 取締役5名選任の件 任期満了に伴い全員再任
10:24〜10:59 質疑応答 質問者4人 計11件 35分
10:59〜11:00 議案決議 拍手方式
日本エンタープライズ(4829)
お土産 受付時にクオカード500円分 総会後にCD Ska Flavor lovesジブリSongsなど
飲み物サービス コーヒー、オレンジジュース、ウーロン茶、クッキーのサービス 
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、質問には丁寧に答えていましたし、暑い8月の開催なので飲み物サービスもありがたいですね。一方で事業報告は読上げ形式であり、決算説明資料などを使ってもう少し詳しく植田社長自らプレゼを行ってもいいのではないかと感じました。これらを総合的に判断し、日本エンタープライズ(4829)の株主総会格付けは 『D+』 としました。
   議決権を有する株主数       7,153名、その議決権数    377,000個
   議決権返送&出席株主数     1,120名、その議決権数    270,985個
株主総会はホテルフロラシオン青山で行われました。最寄の駅から遠く分りにくい場所ですね。送迎バスも用意されていましたが、本数が少ないので私は原宿駅から歩きました。会場に着いた時には汗だくになっていました。もう少し駅に近い会場で開催して欲しいですね。8月なんですから6月下旬と違って他の会場もたくさん空いていると思います。
受付横では飲み物とクッキーのサービスがありました。暑い中歩いてきたのでありがたいサービスですね。このように飲み物サービスを行っている会社はたくさんありますが、これはホテルのサービスなんでしょうか?ふと疑問に感じました。
日本エンタープライズ(4829)
フロラシオン青山のように駅から離れている会場では、株主からは不満の声が出ると思います。一方でホテル側としてはぜひ来年も使って欲しいと考えていると思うので、飲み物くらいはホテル側がサービスしているのかな?と思ったわけです。今までは会社側が対価を支払ってホテル側に依頼していると思っていましたが、案外ホテル側のサービスも多いのかもしれませんね。まあ結局は会場代の中に入っているんでしょうけどね。それにしても暑い時期に歩くのは疲れますね。
お土産の渡し方も独特で、まずは受付時に500円分のクオカードがもらえて、さらに株主総会後には子会社制作のCDと携帯画面クリーナーが入った封筒がもらえました。そしてカレンダーなどが自由にお持ちくださいと書いて置いてありました。しかし8月末に今年のカレンダーをもらってもね〜
日本エンタープライズ(4829)
会場内はけっこう広くて、テーブル付きで(5×2)×8の配列で80人分の席が用意されていました(株主数は7,153人)出席者は7〜8割という感じでした。会場の前方左右にはスクリーンが用意されていて、株主から向かって左に取締役席、右に監査役席が設けられていました。
まずは植田社長から役員が一人一人紹介されました。これはとても良いことだと思いますが、社外取締役の小栗一朗氏以外は一礼するだけで、「よろしくお願いします」もありませんでした。さすが社外取締役という感じですが、担当している業務など簡単に挨拶があるとなお良いと思いました。
事業報告は植田社長が読上げる形で行われ、関連する図表などがスクリーン上に表示されていました。せっかくスクリーンも設置しているんですから、決算説明会のプレゼなどを利用して、もう少し分りやすく説明してもいいのではないか?と感じました。事業報告にはざっと目を通してくる株主が多いと思うので、そのまま読上げられてもあまり意味がないと感じます。もう少し工夫が必要だと思いますね。
事業報告に続いて議案の説明があり、その後質疑応答となりました。
質問したい人は手を挙げて、社長から指名されると会場係の人がマイクを持ってきてくれるので、その場で出席票の番号と名前を述べてから質問するスタイルです。
質問には社長中心に回答し、一部担当取締役から回答がありました。



質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています(敬称略)
(1-1)減収減益が続いているが、今期は増収増益の計画を発表している。本当に増益が可能なのか?
→コンテンツの集中と選択を進めてきたが、ようやく下げ止まってきた。スマートフォン向けにもコンテンツ配信を開始しており、ゲームなどのSNSアプリも8月から展開している。ローソンなどが参加しているポンタサービスと連携して、ポンタポイントで日本エンタープライズのサイトで遊べるようにもしている。これらの取組みにより、足元の数字はしっかりしていると思うので、今期は期待して欲しいと思う

いきなり力強いお言葉ですが、本当に期待していいのでしょうか?まずは第1四半期決算を確認してみないと、なんとも言えませんね。ここ数年で企業体質を強化し、利益を出しやすい体質に変わっているのならいいですが、やはりまずは結果を出してもらわないとなかなか期待はできませんね。
日本エンタープライズ(4829)


まだまだ質問は続きます。続きは、株主総会レポート〜その2でお楽しみくださいねるんるん

 日本エンタープライズ(4829)2010年株主総会レポート〜その2ひらめき
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 トップ3を目指しています!クリック応援よろしくお願いします
ひらめき
posted by Zaimax at 19:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする