2010年02月28日

キューピー(2809)キユーピー2010年株主総会レポート〜その1

2010年2月23日(火)10時から東京都千代田区の東京国際フォーラム ホールAで開催されたキューピー(2809)キユーピー?の株主総会に行ってきました
キューピーは、皆さんご存知の通りマヨネーズやドレッシング、卵加工製品などを製造販売している会社です。キユーピーの株主総会に出席するのは初めてです。
キューピー(2809)
2010年2月26日(金)の株価 984円(東証1部 2809)100株単位 11月決算
PER 15.4倍、PBR 1.00倍、配当利回り 1.63%、株主資本比率 53.8%
株主優待 11月末時点の株主に株数に応じて自社商品進呈
    100株以上 千円相当の自社商品
  1,000株以上 3千円相当の自社商品


     キューピー(2809)のホームページ

     キューピー(2809)のヤフー株価情報

キューピー(2809)
     キューピー(2809)の過去10年の株価推移 グッド(上向き矢印)
だいたい千円をはさんで±200円の範囲で推移しています。食品会社ということで業績も比較的安定しているので、株価もあまり変動は大きくないようです。
現状の株価はレンジのちょうど真ん中辺りで、株価指標面から見てもほぼ適正に評価されているように感じます。

スケジュール
10:00〜10:29 事業報告 ナレーション+スクリーンに映像
10:29〜10:33 決議事項の説明
10:33〜11:32 質疑応答 質問者10人 計16件 59分
11:32〜11:35 決議事項の採決 拍手方式 すべて可決
 第1号議案 定款一部変更の件 英文商号をQ.P.からKewpieに変更
 第2号議案 取締役15名選任の件 全員改選 15名中13名を再任
 第3号議案 監査役1名選任の件 任期満了となる坂井社外監査役を再任
 第4号議案 取締役賞与支給の件 期末時点の取締役14名に総額6,630万円の賞与を支給
11:35〜11:38 新任取締役紹介 「よろしくお願いします」だけでしたあせあせ(飛び散る汗)

キューピー(2809)
お土産 マヨネーズと新商品のドレッシング 出席票と引換えに後渡し
キューピー(2809)
飲み物サービス ほうじ茶とお水
経営戦略説明会 なし 事業報告の中で中期計画について10分ほど説明
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、お土産も用意されていて中期計画についての説明もあり、株主総会後には受付で株主総会についてのアンケートも行っていました。株主総会の運営を見ても、アンケートなどを活かし毎年改善が図られているんだろうな〜と感じられます。一方、質疑応答では会社側の回答のたびに会場から大きな拍手が沸き起こり、質問しにくい感じがしましたし、議長の発言にはすべて割れんばかりの拍手で支持表明があり、ちょっと違和感を感じてしまいます。社員株主を動員しているんでしょうかexclamation&question以上の理由からキューピー(2809)の株主総会格付けは 『D+』 としました。
今後ますます良い株主総会になっていくといいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます

   議決権を有する株主数     106,322名、その議決権数 1,515,397個
   議決権返送&出席株主数    24,948名、その議決権数 1,184,596個

キューピー(2809)
会場の東京国際フォーラム ホールAは5千名以上を収容できる大きなホールです。2階席の様子までは分かりませんでしたが、1階はほぼ満席という感じでした。キューピーのホームページの情報では、出席者は3,117名だそうです。昨年の出席者2,332名より大幅に増えていますねexclamation×2
株主総会開始前には、スクリーン上に会社紹介映像やCMなどが流されていました。

召集通知にも書いてありましたが受付開始は9時からです。私は高速バスで東京入りしたのでかなり早く到着しましたが、東京国際フォーラムの入り口は閉まっていて、寒い外で9時まで待たなければいけませんでした。今回は異常気象と思われるほど暖かかったので良かったですが、例年のように寒かったら困りましたね。ホテルで株主総会を行う場合は、早く到着してもロビーなど暖かい室内で待つことができ快適ですが、公共施設はこの点で不便ですね。
すでに2011年入社の就職活動が始まっているためか、東京国際フォーラムでは企業研究セミナーも多く開催されているようですね。
キューピー(2809)
会場のホールAは9時から12時まで押さえています。毎年1時間半ほどで終わらせているのはこのためなんでしょうか(笑)
受付から1段上がったところでほうじ茶とお水のサービスを行っていました。また、消毒用のアルコールとマスクも用意されていました。

論談情報では、2007年は質問者11名で1時間47分、2008年は質問者10名で1時間34分、2009年は質問者10名で1時間28分かかっています。消費者との接点も多い会社なので、毎年質問も多いようです。今年も質問者10名で1時間38分でした。毎年1時間半前後で終わるようにするのが、議長の腕の見せどころのようです(笑)

事業報告はスライド+ナレーションでしたが、中期経営計画については鈴木社長から10分ほどかけて説明がありました。中期計画について詳しく説明があるのはいいことですねひらめきこういった説明があると関連する質問なども出て、充実した質疑応答になります。今後アジアでの売上200億円を目指して力を入れていくそうです。中国でキューピーは『丘比』という漢字になるそうです。
キューピー(2809)
その後議案の説明があり、質疑応答となりました。これだけ広い会場なので、誰が手を挙げているか、その中から誰を指名するかはなかなか大変ですが、キューピーの場合受付後に会場のエリア分けが書かれたA4サイズの紙を渡されます。裏側は目立つピンク色になっていて、質問したい人はこのピンク色の紙を掲げます。さらに会場内はアルファベットと数字でエリア分けされていて、議長は「D10番の右側の方」という感じで指名します。指名されると会場係の人がマイクを持ってきてくれるので、その場で質問します。
年々改善しながら今の形式になっているんだろうな〜と感じました。松屋フーズの株主総会でも紙を渡されますが、白色です。やはりピンクの方が目立ちますねexclamation×2
キューピー(2809)
質疑応答時の会場内の様子です。まさに鈴木社長が指名している所です。会場内には前方と両側にプラカードを持った方々が並んでいました。

多くの人に質問して欲しいので質問は1人2問までにして欲しいとのお願いがありました。これら質問方法の説明に3分近くかかっていました。
質問を受けるとまずは回答者を議長が指名し、その後質問内容を要約します。その後担当取締役から回答という流れでした。ほとんどの質問に担当取締役が回答し、その後鈴木社長が補足するという感じでした。全体的な印象としては、鈴木社長は回答者の割り振りがメインという感じでしたので、もう少し社長の回答が増えると良いと感じました。このあたりのバランスはなかなか難しいですけどね。あくまで私の印象です。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)取締役が15人いるが、他社は10〜12人位なので多すぎるのではないか
→(佐々木克彦常務)キューピーはグループ経営をしており、グループすべてを取締役が担当しているので、15人は妥当だと思う。
(鈴木豊社長)キューピーのグループ全体を見る必要があるため、取締役の数が少し多めに見えるのかもしれない。
(2-1)役員賞与が平均470万円というのは社員の年収相当で、多すぎるのではと思う。社員や株主にももっと還元して欲しい
→(佐々木常務)役員退職慰労金も廃止しており、業績達成度合いで賞与の額を決めている。前期の営業利益目標も達成しており、前々期に対しても2桁の増益になっている。社員の賞与も業績を十分に配慮して支給している。
(3-2)事業報告のスライドでは営業利益も載っていたが、召集通知にも載せて欲しい。
→貴重なご意見として参考にさせて頂きます。
(4-3)私は役員賞与の総額は少ないのではないかと思う。それより議論になっている個別の報酬開示についてはどう考えているか?
また、兼任しているグループ会社からの報酬や使用人分給与なども含めた総額を見ないと多い少ないは判断できない。これら総額の開示が必要ではないか?
→(佐々木常務)子会社や関連会社と役員の兼任も行っているが、その報酬はすべて会社に入っていて、我々はすべてキューピーから報酬をもらっている。個別開示が話題になっているが、2010年3月決算から実施ということで、まだ詳しい法令は出ていない。キューピーは2011年11月期決算から開示することになるが、開示内容が明確になった時点で対応していく。

召集通知13ページの欄外に使用人分給与相当額も開示されています。これらの情報から計算すると報酬額は下記のようになります。
役員賞与の総額は6,630万円で、対象取締役14人で割ると1人当たりのボーナスは474万円になります。ボーナスとは別に役員報酬が平均2,563万円支払われているので、総額3,037万円となります。総額で見るとちょっと多いのかな〜とも感じますね

(5-3)営業利益のセグメント別情報も開示して欲しい
→(佐々木常務)営業利益をセグメント別に開示するためには、一般管理費の配賦方法が問題になり、現在社内で研究中です。2010年4月1日以降に始まる決算期では開示が義務付けられるので、義務化されたら対応する。

現在セグメント別で開示しているのは、食品事業と物流事業の2つです。食品事業の内容も幅広いので、もっと細かく開示して欲しいですね。義務化されたら対応するという会社側の姿勢にも疑問を感じます。セグメント情報は投資する際にも重要な情報なので、義務化されたらなどと言わずにもっと積極的に対応して欲しいですね。
味の素などは以前からもっと細かくセグメント情報を開示しています。今頃研究しているというのは、本当なら対応が遅すぎると思いますね。
キューピー(2809)
(6-3)中国での展開について、今までは富裕層向け中心だったが今後は内陸部のマスマーケットに展開していく。そのためには今までと同じやり方では通用しないのではないか?洗剤メーカーのように小口化するなどの対応も必要ではないか
→(奥村明男常務)現地の状況に対応していくことは大事と考えている。
(鈴木社長)お客様のニーズを調査し商品を投入している。中国では中国向けの甘酸っぱい商品と日本で販売している商品の2種類を投入している。


まだまだ質問は続きます。様々な質問が出た後半部分については、下記キューピー2010年株主総会レポート〜その2をご覧ください。

   キューピー(2809)2010年株主総会レポート〜その2 完成ぴかぴか(新しい)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
posted by Zaimax at 19:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

テクノアルファ(3089)2010年株主総会レポート

2010年2月25日(木)10時から東京都品川区のゆうぽうと 6階 芭蕉の間で開催されたテクノアルファ(3089)の株主総会に行ってきました
テクノアルファは、ワイヤーボンダーなどの半導体後工程用装置を輸入販売したり、電子材料の仕入れ販売・輸入販売、救命ボートなどのマリン事業、液体分離膜装置などの環境機器事業などを行っている会社です。松村勝正社長によると、テクノアルファを一言で言えば「提案型の技術専門商社」だそうです。
テクノアルファの株主総会に出席するのは初めてです。
テクノアルファ(3089)

2010年2月26日(金)の株価 136,500円(ヘラクレス 3089)1株単位 11月決算
PER 10.3倍、PBR 1.09倍、配当利回り 2.93%、株主資本比率 73.2%
株主優待 なし


     テクノアルファ(3089)のホームページ

     テクノアルファ(3089)のヤフー株価情報

テクノアルファ(3089)
   テクノアルファ(3089) 上場来の株価推移 グッド(上向き矢印) 2007年10月10日ヘラクレス市場上場
上場当時は人気化し60万円を超える場面もあったようですが、最近は15万円前後で推移しています。前期は金融危機の影響で自動車や電機などの生産が大幅減となり、テクノアルファの売上も半減しています。今期は売上も回復してくる計画となっています。

スケジュール
10:03〜10:13 事業報告 松村社長が読上げ+スクリーンにグラフ
10:13〜10:25 報告事項の質疑応答 質問者2人 計4件 12分
10:25〜10:40 議案審議 質問者2人 計2件 採決は拍手方式 すべて可決

 第1号議案 第20期計算書類承認の件
 第2号議案 剰余金配当の件 1株につき4千円
 第3号議案 定款一部変更の件 新たに監査役会、会計監査人を設置
 第4号議案 会計監査人選任の件 三優監査法人を選任
 第5号議案 取締役4名選任の件 5名全員が任期満了となるため、4名を再任
 第6号議案 監査役2名選任の件 2名が任期満了となるため、2名を再任
 第7号議案 退任取締役に対し退職慰労金贈呈の件 楠目取締役が退任

10:40〜10:42 役員紹介
お土産 なしexclamation×2
飲み物サービス なし
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし

さて注目の株主総会格付けですが、お土産や飲み物サービスもなく、最寄の五反田駅には会場までの案内人もいませんでした。事業報告も召集通知の一部を読上げるだけで、対処すべき課題についても詳しい説明はなく、質問も低調で淡々と終わってしまいました。ということで参加しても楽しみはなく、役に立ったともあまり感じられないので、ちょっと厳しいですがテクノアルファ(3089)の株主総会格付けは 『E』 としました。『E』格付けは久しぶりですねもうやだ〜(悲しい顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます

   議決権を有する株主数     922名、その議決権数   11,580個
   議決権返送&出席株主数   208名、その議決権数   8,942個

テクノアルファ(3089)
株主総会の会場は、五反田のゆうぽうと6階 芭蕉の間でしたが、スクール形式で130名収容できるホールです。今回はテーブルもあり2列(4席ずつ)×8行で64人分の席が用意されていました。会場真ん中に柱があるという変わった会場で使いにくい感じですね。
株主総会開始時点で30人弱くらいの出席者でした。取引先なのかOBなのか分かりませんが、関係者の方も何人もいたようです。昨年も質問者2人で33分という短時間で終わっていますし、お土産も何もない株主総会ですから、出席者が少ないのもしょうがないですね。株主数が少ないということもありますが。
テクノアルファ(3089)
正面にスクリーンが用意されていますがグッド(上向き矢印)事業報告の際にグラフを表示していたくらいであまり利用されているとは感じませんでした。取り扱っている商品も一般には分かりにくいものが多いですので、写真などでもっと分かりやすく説明すればいいのにと思います。
「第20回 定時株主総会」という看板も掲げられていましたが、その前にスクリーンが置いてあるので、最後まで見えませんでした。看板設置の意味がありませんし、必要ないですね(笑)

開始時刻は10時からですが、5分ほど前には取締役の方々も着席し、予定通り始まるのかと思いきや、定刻を過ぎても始まらず、なにやら松村社長と事務局で打ち合わせをしていました。3分ほど過ぎてから事務局の司会で始まりましたが、まずは注意事項などの説明があり、その後「定刻となりましたので社長お願いします」という定番の言葉で株主総会が始まりました。
ふつう注意事項(携帯をマナーモードにしたり禁煙のお願いなど)は開始時刻より前に案内していますし、3分以上も理由の説明もなく株主を待たせているのに、定刻となりましたので...という型通りの挨拶と言うのは柔軟性がないですね。開始が遅れて申し訳ございませんくらいの挨拶をして欲しいものです。

事業報告は松村社長の読み上げでしたが、主だった部分だけであとは召集通知の通りですという簡単なものでした。なので監査報告などを含めても10分間という短時間でした。せっかくスクリーンも用意しているんですから、もう少し分かりやすく説明してもいいのにな〜と感じましたね。
その後質疑応答となりましたが、質問は2人だけであっさりと終わってしまいました。質問には松村社長が丁寧に答えていたと思います。想定問答を読み上げるという感じではなく、しっかりと自らの言葉で語っているように感じましたので、もっと質問者が増えてくると活発な質疑応答になると思います。会社側としても株主が質問しやすいように、もっと業績や会社の内容を分かりやすく説明するなどの工夫が必要だと思います。
質問したい人は手を挙げて議長の指名を受けると、両側に待機している会場係の人がマイクを持ってきてくれます。その場で出席票番号と名前を述べて質問します。1度にまとめて質問する形式でした。

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)前期はなぜこんなに業績が低迷したのか?今後の立て直し策は?
→2008年のリーマンショック以降、過去に経験したことのない状況となった。主要な客先である自動車では、工場の稼働率が40%程度まで落ちた会社もある。そのため工場で使われる消耗品の売上が著しく落ちて業績が低迷した。5月以降稼働率も徐々に回復してきて、月を追う毎に10%くらいずつ上がってきて期末には100%近くまで戻った。今期は稼働率も戻ったと判断し、業績予想も大幅回復を見込んでいる。
(2-1)トヨタがリコールなどで問題になっているが、業績への影響はあるのか?
→トヨタ自動車は主要顧客であるが、業績への影響がどの程度あるかは、現時点では非常に見通しにくい。ただ、トヨタからは部品メーカーに10%増産の指示が出ており、全体では増産計画を打ち出している。
(3-2)前期売上が半減となる中で黒字を確保したのは素晴らしいが、セグメント別の利益状況を見てみると、電子材料やマリン・環境事業は赤字だったり利益率が低い状況です。対処すべき課題では、両部門の売上を伸ばしてバランスを図るということだが、半導体部門並みの利益率が見込める事業なのか
→電子材料事業は半導体事業とリンクしているので、半導体が悪くなると電子材料事業も業績が悪化してしまう。電子材料事業はニッチマーケットが主なので、競争も多くないがマーケットも大きくない。ニッチなので中には30%くらいの利益率の製品もあり、利益率は高い。
マリンは救命ボートが中心で、2〜3年先までの受注が取れる事業なので、前もって計画が立てやすい安定した事業です。環境は新たに参入した分野で、食品などの液体分離膜装置を販売しているが、エンジニアリング付で納める商品なので付加価値は高く、30〜50%くらいは見込める事業です。
(4-2)対処すべき課題で、自社開発品の拡充を課題に挙げているが、現状の売上に占める割合はどの程度か?どの程度まで割合を上げていく考えなのか?
→ダイボンダーや搬送装置などを自社開発しており、売上に占める割合は現状7%程度です。20%くらいまでは上げていきたい。自社開発品は利益率が高いとは一概に言えず、輸入依存率を下げることも自社開発品拡大の大きな目的です。

以上で質疑応答は終了となりました。もう少し質問が出るといいんですけどね。


その後は議案の審議となり、1件ずつ議案の説明、質疑応答、採決という流れで進行しました。
7つも議案があるexclamation×2のが目を引きますね
第1号議案が第20期計算書類承認の件ということで、ここで財務諸表について説明がありました。ふつうは事業報告の中で報告されますが、監査役会設置会社ではないので、株主総会で議案として審議しているんでしょうね。今回第3号議案の定款一部変更の件で新たに監査役会、会計監査人を設置することが決議されたので、来年からは他社のように、事業報告の中でまとめて説明されると思います。
議案に対する質問は2件ありました。

第2号議案 剰余金配当の件について
(5-3)昨日の株価では配当利回りが3%くらいと高いが、一方配当性向は100%を超えている。利益剰余金も厚いが、今後の配当方針はどう考えているのか?
→継続的・安定配当を基本としている。前期は利益が落ち込んだので配当性向が152%と高くなった。今期の配当は同額の4千円を予定してるが、計画通りの業績になれば配当性向は約30%となる。目標配当性向は30%としているが、可能な限り増配なども検討していきたい。

第4号議案 会計監査人選任の件 三優監査法人を選任について
(6-2)三優監査法人を選任した理由は?また今期の監査費用はどの程度を予定しているのか
→三優監査法人は大手監査法人に次ぐ準大手の規模だが、テクノアルファの企業規模からすると、準大手の監査法人の方がよりきめ細やかなサービスが得られると考えた。今期の監査費用はおよそ1,800万円前後と考えている。

テクノアルファ(3089)
以上で無事すべての議案が可決となりました。
最後に村松社長から、取締役・監査役の方々の紹介がありました。せっかくですから一言ずつ今期の抱負など語ってくれたらいいのにと思いますね。
以上の通り今年は39分で株主総会は終了となりました。今年もあっさり終わってしまいましたねわーい(嬉しい顔)


株主総会終了後は、事務局の方から、株主の方は後方の出口から速やかに退出くださいみたいな案内があり、早く帰ってくれと言われているように感じてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)
スライドなどをもっと有効活用して、もう少し事業報告や今後の計画などを詳しく説明すれば会社への理解も深まりますし、関連した質問も出てくるのではないかと思います。株主総会はどうも無難にしゃんしゃんと終わって欲しいという会社側の姿勢を感じてしまいました。せめてお菓子などのちょっとしたお土産くらい用意して欲しいですね。
まだ上場して3回目の株主総会なので運営に慣れていないのかもしれませんが、もっと個人投資家も楽しめるような、参加したくなるような株主総会にしていって欲しいものです。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ
posted by Zaimax at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

株主総会から帰ってきました

3日連続の株主総会ツアーから帰ってきました。
今回は株主総会以外にも会社説明会を組み合わせ、なかなかハードなスケジュールでした。往復は高速バスということもあり、少々疲れました(笑)

2月23日(火) キューピー株主総会、午後から住友商事会社説明会
2月24日(水) リーバイス株主総会、東和メックス、GMOホスティング&セキュリティ会社説明会
2月25日(木) テクノアルファ株主総会


テクノアルファ以外は質問も多く出て、活発な株主総会でした。順次レポートをまとめていきますね。
住友商事の会社説明会も質問時間が長く取られていました。質問はJ−COMのTOB絡みのものが多かったですね。

東京に行っている間はブログの更新もできないんですが、たまたまホームページを見ることができ、アクセス数を確認したところ23日から24日にかけて激減していましたがく〜(落胆した顔)一体何があったんだろうexclamation&questionと思っていましたが、帰ってから確認したらシーサーブログがメンテ作業を行っていて、ブログにアクセスできなかったようです。メンテ作業が予定より長引いたので、2日間に渡ってアクセスに影響があったんですね。この間にアクセスいただいた方には申し訳なかったですね。

24日夕方からはKCR総研が主催している会社説明会でしたが、東京での株主総会や会社説明会でよく見かける方が今回も来ていて、24日はキャンドゥの株主総会に行ってきたそうです。私もリーバイスにするかキャンドゥにするか迷いましたが、リーバイスは赤字に転落し無配になるという状況で質問したいこともたくあんあり、また外資系の会社の株主総会というものにも興味があったので、今回はリーバイスにしました。
キャンドゥはかなり揉めて2時間以上かかったみたいで、見応えという点ではリーバイスより面白かったようです。お土産も外資系だからかリーバイスはなしでしたが、キャンドゥはお菓子のお土産があったそうです。キャンドゥは入浴剤セットのお土産が続いていましたが、他のものがいいという意見が出て、今年はお菓子に変わったそうです。こういった株主の意見を取り入れていっている部分はいいんですが...あせあせ(飛び散る汗)

キャンドゥではまず社長が病気?で株主総会を欠席していたそうです。まあ人間ですから病気になることもありますが、株主総会に議長である社長が欠席するというのはあまり聞いたことがありませんね。
さらに取締役候補として社長の息子が選任されていますが、まだ24歳でさらに入社間もないということで反対の株主も多く、質問のなかで取締役候補の方に所信表明をお願いしたいとの要望が出ましたが、取締役候補は会場内にはいなくて別室で待機しているのでできないと答えたそうです。質問した株主は、そんなはずはない会場内にいるはずだということでもめたそうです。
ふつう取締役候補は最前列の端か、取締役席の後方か横に座っていて、別室で待機しているなどという会社は聞いたことがありません。たぶんその場をなんとか乗り切ろうとして、別室にいると言ったのかもしれませんが、株主と真摯に向かい合おうとせずなんとかごまかして乗り切ろうという姿勢には疑問を感じますね。
大規模な会計不正なども最初は小さな誤魔化しから始まることが多いと思います。小さな誤魔化しを取り繕うために次々と嘘を重ねて大きくなってしまいます。
目先さえ乗り切れれば良いというような企業体質では、いろいろと問題が隠れているのではないか?と心配になりますねもうやだ〜(悲しい顔)
今回はキャンドゥの株主総会に出席したわけではなく、あくまで伝聞なので正確なところはわかりませんが、ぜひ来年はキャンドゥの株主総会に出席して、経営陣の方々を直接見てみたいものですねひらめき
ヤフーの掲示板でもかなり厳しく批判されていますので、大変な株主総会だったようです。
リーバイス後に駆けつければ良かったかな。渋谷で液晶テレビのチェックをしている場合ではなかったかもしれませんわーい(嬉しい顔)
キャンドゥが駅からもっと近い会場で株主総会を開催していたらはしごしたのにね。最寄の駅から遠い会場を選んだのは、取締役選任議案などもめることが分かっていたので、不便な会場にしたのかもしれません。社長が欠席したのも、厳しく追及されることが必至だったからだとしたら困ったものですね。あるいは厳しく追求されることが心配で病気になってしまったのかもしれませんが。上場企業は創業者だけのものではないので、会社を私物化していると思われるような行為は避けて欲しいですし、そう思われないよう説明を尽くすことが必要だと思いますが、残念ながら今回のキャンドゥの株主総会ではそういった感じはなかったようです。まあこれはこれで1つの重要な投資判断材料が示されたというkとだと思います。その点で株主総会というのは本当に役に立つな〜と思いますし、株主の方はぜひ参加すると良いと思います。
それでも仕事などで参加できない方は、ぜひ私のブログも参考にしてくださいね手(チョキ)


GMOホスティング&セキュリティは株主ですが、まだ株主総会に参加したことはありません。毎年他社と日程をずらして開催してくれているんですが、その分間があいてしまい地方から出席するには効率が悪くて今まで参加していませんでした。今年はぜひ参加したいと思っていますが、青山社長に株主総会の日時・場所を聞いたところ、3月23日(火)17時から渋谷のセルリアンタワーで開催するそうです。夕方から開催している会社は珍しいですが、それでも40〜50人くらいの出席者だそうです。今年はうまく日程調整ができるといいんですがぴかぴか(新しい)


posted by Zaimax at 19:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

明日から株主総会で東京です♪

いよいよ明日2月23日からは、11月決算企業の株主総会シーズンが始まります。
私も23〜25日まで3社の株主総会に出席してきます。

この株主総会に行こうるんるんブログに、今回から新たなカテゴリーを作りました。
それは『節約&投資』というカテゴリーです。
私は節約と投資(特に株式投資)はとても理想的な組み合わせだと考えています。
日々小さな節約を心がけ貯金を増やしていき、ある程度まとまった金額になったら投資に回すというのが、私たちのような普通の人が資産を増やしていく理想的な形だと思います。株式投資の場合、株主優待という制度があるので、うまく活用すれば生活レベルを落とさずに支出を減らすことができます。
(株主優待でお米をもらったり、お食事券を利用するなど)
こういった視点からの記事も今後増やしていく予定です。

株主総会では東京に行くことが多いですが、新幹線を使っていくことはまったくありませんわーい(嬉しい顔)私の場合時間がかかってもいいので、できる限り安くて便利な方法で移動することを考えています。
便利な方法とは便数が多くて効率的に移動できるということを重視しています。
その結果よく利用しているのは高速バスです。高速バスは夜行便だけ運行している会社が大半ですが、株式会社ロータリーエアーサービスが運行している格安高速ツアーバス【足元ゆったりキラキラ号】は、路線によりますが昼夜とも便数が多くてとても便利です。
   足元ゆったりキラキラ号はこちら 右斜め下


路線網も全国に拡大中なので、さらに利便性が高くなってきています。
キラキラ号は座席の前後間隔が通常のバスより広いため、他社のバスより足元がゆったりしているのも大きなポイントです。私はよく利用しているので、6枚つづりの回数券を購入しています。回数券は1年間有効ですし、繁忙期(週末やゴールデンウィーク、お盆、正月など)でも使えるので、週末などに移動する機会が多い方はさらにお得になります。

高速バスよりさらに安い移動手段としては、期間限定になりますが青春18切符があります
この切符は年3回発売されていて、使用可能期間は下記の通りです。
   春 使用期間  3月 1日〜4月10日 発売期間(2月20日〜3月31日)
   夏 使用期間  7月20日〜9月10日 発売期間(7月1日〜8月31日)
   冬 使用期間 12月10日〜1月20日 発売期間(12月1日〜1月10日)


この切符は5回分が1セットで、11,500円で販売されていますので、1回当たり2,300円になります。青春18切符は全国のJRの普通列車・快速列車に1日乗り放題になります。私の場合、名古屋から東京まで移動することが多いので、高速バスより安くなります。問題は5枚つづりなので無駄になる恐れがあること、使用期間が限定されていることなどです。
ただ、余った分はオークションで販売することも可能なので、それほど問題にはならないと思います。
また、金券ショップで購入すると11,300円前後で購入できるので、さらにお得になります。昨年7月に新宿で買った時は11,100円で買えました。移動時間中も本を読んだり、眠ったりしているので無駄にはなりません。こうした移動手段を利用しながら、お得に移動しています。

宿泊場所もネット予約で安くて便利なカプセルホテルを探しています。寝るだけならカプセルホテルで十分です。
カプセルホテルの良いところは、価格が安いこと、便利な場所にあること、お風呂が大きくて充実していること(ホテルにより異なりますが)、15時頃からチェックインできることなどです。
   宿泊予約は、低価格ホテルも充実しているマップルトラベル 右斜め下


東京でもいろいろなカプセルホテルに泊まりましたが、私のお気に入りはグリーンプラザ新宿です。
上記のマップルトラベルでも予約できます。
ここはなんと言ってもお風呂が充実しています。スーパー銭湯並みのお風呂があるので、高速バスの疲れを癒すことができていつも満足しています。さらにビジネススペースもあり、ノートパソコンを持っていけば無料でLAN接続してインターネットを使うこともできます。フロントの対応もとてもいいと思います。価格面も含めてグリーンプラザ新宿以上に満足できるカプセルホテルはあまりないと思います。
しかし女性はカプセルホテルに泊まることはできず、サウナのみとなります。
女性も泊まれるカプセルホテルもありますので、マップルトラベルで検索してみるといいと思います。
新宿はどこに行くにも便利な場所なので、東京に来たときは新宿に泊まることが多いですね。株主優待券を使えるお店もたくさんありますしわーい(嬉しい顔)

グリーンプラザ新宿以外にたまに利用するのは、新宿区役所前 カプセルホテルです。ここはお風呂は比較的小さいですが宿泊料金が安い手(チョキ)という特徴があります。なので3泊ほどするときは、2泊はグリーンプラザ、1泊は新宿区役所前という感じで使っています。グリーンプラザ、新宿区役所前、グリーンプラザという感じで泊まれば、価格面でもちょうどいい感じです。2泊目は軽くお風呂に入れればいいのでわーい(嬉しい顔)
こんな感じでうまくカプセルホテルを組み合わせながら、お得に東京に行っています。

カプセルホテルのデメリットは、いびきなどでうるさい場合があること、寝るだけのスペースしかないので大柄の方は窮屈な思いをすることなどです。気になる方は耳栓などを用意すればいいと思います。


これからもこんな感じで、節約についても記事を書いていきたいと思っています。投資の話をしていてよくあるのは、投資に興味はあるけど投資に回すお金がないひらめきという声です。
謙遜で言っているのか本当なのかは分かりませんが、毎日の生活の中で無理せず少しずつ節約を心がけていけば、投資に回すお金も準備できると思います。
そういった役に立つような記事を書いていきますので、これからもよろしくお願いしますねぴかぴか(新しい)


posted by Zaimax at 18:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 節約&投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

エイチ・アイ・エス(9603)2010年株主総会レポート〜その3

2010年1月27日(水)10時からヒルトン東京4階「菊」で開催されたHISエイチ・アイ・エス(9603)の株主総会に行ってきました

このレポートでは エイチ・アイ・エス(9603)2010年株主総会レポート〜その2 に続いて株主総会のハイライト質疑応答の様子をまとめています。
HIS
質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(12-4)CSRも重要になっているが、新聞広告で気になる点が2つある。「サーチャージは頂きません」という広告で注意を受けたが、どのような対応を取っているのか?また先着50名など安売りし過ぎなのではないかと思う。こんなに安売りしなければもっと業績も上がるのではないか?
→経緯を説明させて欲しい。10月以降はサーチャージがかかることになったが、「9月24日までにお申込み頂けばサーチャージは頂きません」という広告表示を行った。出発日が10月以降でも9月24日までに航空券を発券すればサーチャージはかからない。出発日がかなり先の航空券を発見するのはイレギュラーな対応で手間もかかり現場も混乱したが実施した。注意を受けたのは24日までに発券するのであれば「サーチャージはかかりません」という標記が正しいだろうということだった。
(13-5)東証1部上場企業なのに持ち株0の役員がいて、昨年の株主総会で改善するという事だった。
現時点でどうなっているのか?今回の取締役候補も持ち株0となっている。
→取締役の選任時に持ち株数は考慮しておらず、資質などを重視して選任している。しかしご指摘ももっともで、前期から役員持ち株会を作って執行役員まで対象にしている。中森取締役候補も個人の判断だが、持ち株会に入ると思う。
(役員持ち株会や平林社長の持ち株数は後ほど回答)
役員持ち株会の購入株数は1,800株で継続して積み立てていく。そのうち私は108株取得している。
(14-5)沢田会長が代表取締役に復帰した。また沢田商店が戻ってきたとしか思えない。この点をどう考えているのか?
→ここまでHISが大きくなったのは沢田会長の力も大きい。今回代表取締役に戻ってもらったのは、先ほど説明した様に今後アジアで大きなビジネスを起こしていきたいと考えているが、これはアジアで再度起業するという様に捉えているので、海外事業の拡大に沢田会長の力を借りるため復帰をお願いした。
(15-6)ホテル事業の拡大や営業所網の拡充などで、人員が1年で572名増と大幅に増えている。このまま行くと固定費が増加して高コスト体質の会社になってしまうのではないか?ホテル事業など本当に必要なのか?
→ホテル事業はオーストラリアでウォーターマークを運営している。リーマンショックや新型インフルエンザの影響で修学旅行などがキャンセルとなったことや、AU$下落で20%ほど減益になったが、中身をみると健闘していて事業として確立されてきている。北海道でもホテルの運営を始めた。今後アジアの大航海時代を前提にすると5〜10年スパンでは重要な事業に育っていくと確信している。確実に利益も出ており今後もしっかりと育てていきたい。
(16-6)先ほど「お客様志向の徹底」という説明があったが、HISの店頭やクルーズプラネットでは一般のクレジットカードが使えない。自社カードへの囲い込みという戦略も分かるが、海外クルーズなど費用も高額になるのでクレジットカードも使えるよう改善して欲しい。
→多くのお客様から要望を頂いており、現在はネット販売や高額商品、ビジネスクラスやクルーズなどではクレジットカードを使える様にしている。
(株主)クルーズプラネットで申し込んだクルーズでは使えないと言われたが?
→確認してみます。HISの利益率を見てもらえば分かるが、営業利益率2%ほどの薄利のビジネスをしているので、クレジットカード手数料2%前後を考えれば、すべての売上がクレジットカード決済になれば利益がなくなってしまうという状況になりかねないので慎重に検討している。電子マネーやオンラインバンクなど手数料が低い決済方法も増えてきたので、幅広く利便性向上を検討していく。ただクレジットカードが使えないという不便についてはお詫び申し上げるし、なるべく便利になるよう検討していく。
(17-7)海外発の旅行を日本に誘致するため、アニメなどを絡めたイベントを検討していたがどうなったか
→日本へ来る観光客は増えていて、政府も力を入れている。しかしほとんどは添乗員付きのパッケージ旅行です。今後は日本と同じ様にいぜれ個人化していくと考えている。HISの個人旅行のノウハウが活かせると考えている。ネットやモバイルのビジネスモデルに作り変えていく。
HIS
(18-7)為替差損が発生しているということだが、素朴な疑問として円決済にはできないのか?円決済で取引している会社もある。
→ 一部の取引は円ベースのものもあるが、海外子会社と現地のホテルなどの間の取引は外貨決済になる。本社と海外子会社の間の決済を円にしても、子会社に為替リスクを負わせるだけになってしまう。外貨の実需分は本社で効率的にヘッジしていく。
(19-8)25年間株主ですが株主優待券を使ったことはなかった。本社に何か私に合う商品はないか?と聞いたら9階のクルーズを紹介された。申込むことにしてカードで支払おうとしたら先ほどの質問の様にだめだと言われた。それでは現金でということでカードも作り、株主優待券を出したらクルーズプラネットでは優待券が使えないと言われた。クルーズプラネットから何回も本社に使える様に変更して欲しいと申し入れたがダメだった。なぜ本社と同じビルにあり、100%子会社のクルーズプラネットで使えないのか?こんな使い勝手の悪い株主優待券は株主をなめているんじゃないか?株主優待券を使うには店頭まで行かないといけないし、使用枚数に制限もある。使うな!と言われているようだ。せっかく株主優待制度を設けているなら、もっと使いやすい制度にして欲しい。今日はこれが言いたくて来た。(会場から拍手)
→クルーズプラネットでも使える様に早急に対処する。
(株主)何度本社に申し入れてもダメだったと聞いたが、そんなに簡単に対処すると答えて大丈夫なのか?そういった要望があることが伝わっていないのか?それも問題だ。
→知らなかった。情報がきちんと伝わっていないのも問題だと思う。申し訳ありません。即刻改善する。
株主優待券は今回から有効期限を半年から1年に伸ばしたが、今後も使いやすくなるよう改善していきたい。HISの販売商品の平均単価は10万円で、利益率は2%なので平均利益額は2千円になる。これを株主様に還元させてもらうという考えで株主優待制度を設定している。額としては些細な金額と思われるかもしれないが、利益率が低い商品を販売しているので、その点をご理解頂きたい。


(20-9)茨城からわざわざ来た。株主優待券はどのくらい発行していて、どのくらい使われているのか?
→遠くからありがとうございます。現時点では利用率の集計をしていない。過去に遡って調査するのは難しいと思うが、今後は集計していきたい。

株主優待券の利用率の集計をしていないというのは驚きですexclamation×2今まで同じような質問がでた株主総会はたくさんありますが、集計していないと言う会社は初めてです。一体会計上株主優待券をどのように処理しているんでしょうか?商品券扱いというくらいしか考えられません。制度を改善していくにしても、利用率やどのような商品(価格、内容など)で使われたかなどが分からないと、効果の把握もできないと思います。しっかりと集計して欲しいものですね。
(21-9)株主優待券が使えない人にはクオカードなどを選べるようにするなど改善して欲しい。2万円以下の商品や日帰り旅行にも使える様にして欲しい。
→先ほども触れたように利益率の低い商品を販売しているので、株主優待券の使用に色々と制限があるのはご理解いただきたい。今回から有効期限を1年に延ばすなど改善している。クオカードなどに変更すると、利益率が低いので経営への影響が大きすぎる。まずは利益率を上げて株主に還元できるように努力することが先決だと思っている。
(22-9)インターネットに力を入れていくようだが、窓口対応にも力を入れて欲しい。高齢者の場合インターネットなど使わない。
→貴重なご意見ありがとうございます。

茨城はまだ関東圏だと思うんですがあせあせ(飛び散る汗)名古屋から来ている人もいますし、もっと遠くから来ている人もきっといると思いますよわーい(嬉しい顔)
(23-10)旅行の個人化が進んでいるのに、旅行に1人で申し込むと色々と加算されて請求されてしまう。なんとか改善して欲しい。
というような内容を6分近く長々と述べておられました。すでに長時間に渡っていることから、議長から何度も手短にお願いしますと言われていましたが、なかなか終わらないので最後には会場から「いい加減にしろ〜」みたいなヤジも飛んでいました。議長が質問内容を要約してやっと回答となりました。
→個人旅行のパッケージ商品を設計する場合、2人で1部屋を基準として商品設計している。学生向けなど相部屋を前提にしているツアーも一部あるが、ほとんどは1人で部屋を使う場合料金アップとなる。



(24-11)(女性)2千円の株主優待券の代わりに500円分でもいいのでクオカードなど金券にして欲しい。
→事業優先がポリシー。500円の金券化も経営上厳しいが、将来はそういった要望にも対応できる様、利益率を上げていきたい。
(25-11)高齢者のお客さんも多いと思うが、パンフレットの字が小さい。
→たくさんの声を頂いており、最近のパンフレットから字を大きくした。元々学生向けの格安ツアーからスタートしたので、現在のニーズに合っていない部分もあり、改善していきたい。
(26-11)派遣社員はどの程度いるのか?社内・添乗員別に教えて欲しい
→派遣社員はほとんどいなくて、90%以上が正社員です。その他は正社員になる前提の契約社員です。添乗員は一部派遣社員扱いになっている人もいる。経営効率の面からは派遣社員の活用も検討する必要があるかもしれない。
(27-11)HISのツアーには、「この人が添乗員だから行きたい!」というような声をあまり聞かない。
→元々個人旅行が中心で添乗員付きのツアーは少ないので、今後力を入れていきたい。
(28-12)安全面も含めて、現地ガイドにどのような教育をしているのか?
→4ヵ月ほど前にQC委員会を作って、参加者からのアンケート回収に力を入れている。アンケートから不満点を拾い上げる様にしているが、今までは経営陣まで上がっていなかった。
現地ガイドの教育では現地と日本の文化の食い違いが教育で一番難しい部分です。今後はアジアなど海外での事業を拡大していくので、アジアのスタンダードを確立したい。
(29-12)ハウステンボスは海外からの集客を狙っているのか?
→支援するとなった場合は、もちろん海外からの集客にも力を入れていきたい。
(30-13)(女性)名古屋から来たが、セントレア発の航空便が少なくて困っている。ぜひHISの力でセントレア活用のプランなど増やして欲しい(意外にも会場から拍手手(チョキ)中部圏からの出席者も多いのかも。私からもお願いしますわーい(嬉しい顔)
→微々たる力かもしれないがやっていきます。
(31-14)招集通知が説明不足だから、株主優待券や為替差損などの質問がたくさん出るのではないか?付属明細書や株主優待についてなどもっと内容を盛り込むか、出席者には詳しい資料を受付で配って欲しい。ホームページに株主優待券などについてQ&Aを作って欲しい。
→より分かりやすくなるよう改善していきたい。ただあまり今後の戦略などを詳しく説明すると、他社との競争上問題になり株主にとっても不利益となることも考えられるので、その点はご理解いただきたい。

これ以上招集通知を分厚くするのは資源の無駄だと思いますね。業績について詳しく知りたければ、ホームページから決算短信を見ればいいわけですし、ほとんどの人がゴミ箱に捨ててしまう招集通知を充実させるのは無駄だと思います。株主優待券についての考え方などは、事業報告の中で説明すれば質問も減るのではないかと思います。招集通知より株主総会の中での事業報告を充実させて欲しいと思います。
ホームページにQ&Aを作って充実させるのは良いことだと思います。同じ様な質問はたくさんくると思いますし、投資家側も会社側も手間が省けると思います。
(32-15)株式分割の考えはあるか?
→インサイダー情報になるので答えられないが、業績を向上させていきたい。


以上で長時間に渡った質疑応答が終了しました。株主優待についての質問は多くの株主が質問していました。使いにくいなどの問題があるためだとは思いますが、似たような内容も多く事業報告の中で説明しておけばいいのではないかと感じました。
平林社長は丁寧に回答していましたが、他の役員の方々からも回答して欲しかったですね。また、これだけ長時間に渡っていますし、1人で長々と質問するのは配慮して欲しいものです。というか議長や事務局がもう少し議事進行をうまくコントロールして欲しいですね。
HIS
最後に平林社長から挨拶がありました。
本日は貴重なご意見を多数いただきありがとうございました。必ずや事業成績を上げるべく今期もがんばっていきますので、どうぞよろしくお願い致します。ありがとうございました。

平林社長は元気な方で好感を持ちましたし、質問がなくなるまで真摯に対応していたのも評価できますが、さすがにちょっと長いように感じますね。要点をまとめて質問してもらうなど、来年は議長のコントロール力にもう少し期待したいですね。
全般的な傾向として、株主総会の高齢化も進んでいるように感じます。一概には言えませんが、高齢の方は質問が堂々巡りになったりするケースも多いようで、株主総会が長引く要因の1つになっています。今後さらに問題になってくるのかもしれませんね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます

 FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき

posted by Zaimax at 16:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

役員報酬1億円から開示!

今日2月13日付けの日経新聞経済面に『役員報酬1億円から開示』という記事が載っていました。
金融庁が上場企業などを対象とする情報開示規制の強化案を正式発表したが、その中で役員報酬について役員ごとの報酬の種類別の金額開示案が示されています。ただし報酬総額が1億円以上の役員に限定することが可能な案です。役員とは取締役、監査役、執行役のことです。執行役も役員扱いとは知りませんでした。

2010年2月12日金融庁発表
詳しくは バッド(下向き矢印)
   「企業内容等の開示に関する内閣府令(案)」等の公表について
以下上記金融庁発表から抜粋

有価証券報告書等の「コーポレート・ガバナンスの状況」等において、以下の事項の開示を義務付けます。
(1)コーポレート・ガバナンス体制について
@コーポレート・ガバナンス体制の概要・当該体制を採用する理由
A財務及び会計に関する相当程度の知見を有する監査役又は監査委員の有無
B社外取締役・社外監査役と内部統制部門との連携
C社外取締役・社外監査役の設置状況・設置していない場合の理由 等
(2)役員報酬
@役員(報酬等の額が1億円以上である者に限ることができる。)ごとの報酬等の種類別(金銭報酬、ストックオプション、賞与、退職慰労金等)の額
A役員の役職ごとの報酬等の種類別の額
B報酬等の額又はその算定方法に係る決定方針の内容及び決定方法 等
(4)議決権行使結果について
臨時報告書において、株主総会における議案ごとの議決権行使の結果(得票数等)を開示


日経新聞の記事の感じは、個別の役員報酬の開示には反対のようです。日本の役員報酬はアメリカなど海外に比べれば少ないし、こんなことに力を入れるより企業の競争力を引き出す政策の方が重要だろうという主張です。
しかしながら、競争力を引き出す政策と情報開示の強化は相反するものではなく両立は可能で、どちらも必要な政策だと思います。
大企業から広告料などをもらっている日本経済新聞社としては、大企業が反対するような政策は応援できないという感じが強くしてしまいます。
2月11日付けの日経新聞では1面で『役員報酬 個別開示義務付け〜金融庁方針 今期から、経済界反発』という大きな記事を載せて、反対キャンペーンを行っています。
この影響なのか金融庁もトーンダウンして、報酬総額が1億円以上の役員に限定することも可能という案を出してきたようです。強面の亀井大臣ですから、こんな日経のひもつきキャンペーンは無視して当初案どおりで出してくるかと思いましたが、ちょっと残念です。

株主総会の招集通知の中には役員の報酬総額が載っていますが、今までの役員の定義は取締役と監査役でした。それぞれの人数と報酬総額が載っています。この表示には色々と問題があって、総額だけなので個別の内訳が分からないこと、使用人兼務の取締役の場合使用人分の給与は含まれていないことなどから、実態がよく分かりません。
創業者が君臨しているような会社では報酬総額は多いですが、ほとんどは創業者がもらっていて、その他の役員の報酬は少ないかもしれません。また多くの取締役は、経理部長兼任などとして使用人分の給与ももらっているので、本当の報酬総額は分かりません、というか報酬総額を少なく見せることも可能だと思います。

最近の株主総会を見てみると、業績不振で従業員の給与総額は減っているのに、役員報酬は増額になっている会社があるなど、役員報酬の個別開示は重要な問題だと思っています。詳しく開示されれば株主としても業績や職務内容と報酬額を照らし合わせながらチェックすることもできます。株主総会でいままで以上に鋭い質問も出ると思います。
経済界や日経新聞が行っているネガティブキャンペーンは本当に残念です。報酬総額が1億円以上と条件を付ければ、ほんの一部しか開示されませんし、報酬を9,999万円exclamation×2にするような創業者や実力者も出てくると思います。せめて3千万円以上くらいから開示を義務付けして欲しいものですね。


(4)の議決権行使結果については、徐々にホームページなどで開示する会社が増えてきています。もう少し進めて、取締役選任議案などでは候補者別の得票数も開示して欲しいと思います。
今回の発表は案なので、今後変わる可能性もあるようです。
金融庁のホームページでは、3月15日(月)17:00(必着)まで意見を募集しています。インターネットからも意見表明ができるようなので、個人投資家もたくさん意見を寄せれば良いと思います。多額の広告料を払ってくれる大企業贔屓の日経新聞なんかに負けてられませんねわーい(嬉しい顔)
個人投資家の意見が政策にも反映されるようになれば、株式投資がもっと一般化するきっかけにもなるんじゃないかなと思います。
今後どう決着するのか要注目ですねひらめき



posted by Zaimax at 22:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

商品が到着しました!

いよいよバンクーバー冬季オリンピックが始まりましたね!
熱い戦いを楽しみにしています。
昨日の日記に書きましたが、12日にパソコンをネット通販で購入しましたが、併せてビックカメラ.comで小型の液晶テレビも買いました。WEB上では16時間以内に出荷と書いてあったので、一番早く届くと思っていましたが、どうやら到着はカスタマイズしたパソコンと同じくらいになりそうですもうやだ〜(悲しい顔)
午前中にクレジットカード決済で発注した「16時間以内に出荷」商品なので、当然当日出荷なんだろうな〜と思っていましたが、当日には出荷できませんでした。ビックカメラ株主としてはちょっと残念ですね。
アマゾンで発注したモニターは当日発送で本日午後到着しました。それに比べてちょっと残念な結果でした。
ちなみに「16時間以内に出荷」とは決済確認後16時間以内に出荷するそうです。

22型液晶テレビ ビックカメラで発注 16時間以内に出荷
 注文確認メール 2010年2月12日(金)11時16分
 決済連絡メール 2010年2月12日(金)12時37分
 出荷連絡メール 2010年2月13日(土)14時14分(26時間弱かかってますちっ(怒った顔)
 商品到着 2010年2月14日(日)9時50分 ペリカン便

オリンピックが始まって、テレビの注文がピークを迎えているのかもしれませんが、それにしてももう少し早く発送してくれてもいいのにな〜と感じますね。逆に言えばそれだけたくさん売れていて、出荷に追われるくらいなのかもしれません。ということは業績は楽しみかもしれませんねグッド(上向き矢印)前向きに捉えましょうわーい(嬉しい顔)
(2月14日追記)
午前中それも10時前に到着しましたひらめき
こんなに早く届くとは驚きです。ペリカン便はさすがという感じですね。早速接続して地デジでバンクーバーオリンピックを見てみましたわーい(嬉しい顔)さすがワイド画面だと迫力が違いますね手(チョキ)

23.6インチモニター Amazon.co.jpアマゾンで発注 通常配送
 注文確認メール 2010年2月12日(金)12時44分 一番最後に発注
 決済連絡メール なし
 出荷連絡メール 2010年2月12日(金)17時52分
 商品到着 2010年2月13日(土)16時45分 佐川急便

アマゾンは3月31日まで配送料無料キャンペーン中ですが、追加料金を払えば優先発送してくれる「お急ぎ便」サービス(+350円)などがあります。今回は無料の通常配送で注文しています。
配送料無料にも関わらず当日発送翌日到着でした。アマゾンって予想以上に対応が早いですねわーい(嬉しい顔)

カスタマイズPC ドスパラで発注
 注文確認メール 2010年2月12日(金)11時05分
 決済連絡メール 2010年2月12日(金)11時30分
 納期案内メール 2010年2月12日(金)14時32分 3日で出荷
 出荷連絡メール 2010年2月13日(土)16時28分
 商品到着 2010年2月14日(日)10時45分 ヤマト運輸



カスタマイズした商品は3日で出荷ということだったので、連絡のあった納期は3日後出荷ということでしたが、翌日には出荷連絡がありました。今回カスタマイズしたのはOSをWindows7(32bit)からWindows7(64bit)に変更するという小さな変更ですが、それでも翌日出荷とは素早い対応ですねひらめき国内で組み立てているからこそという感じです。
(2月14日追記)
ビックカメラから遅れること1時間ほどで、ドスパラのパソコンも届きました。両方とも午前中に届くとは驚きですねるんるんそのためパソコンの引越し作業などで、夜中の0時を回ってしまいました(笑)
オフィス2010のベータ版がダウンロードできたので、無事メールも使えるようになり、徐々に以前の作業環境に戻れそうです。
やはり軽いOSと最新のパソコンというのは使いやすいですねわーい(嬉しい顔)
posted by Zaimax at 19:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

新しいパソコンを発注しました!!!

昨年の11月頃から時々パソコンがフリーズする様になり、もう6年も使ったしそろそろ買換えかな〜と感じていました。
過去を振り返ってみると、ほぼ6年おきにメインのデスクトップを買い換えています。
最初に買ったのは98年の秋頃で、ゲートウェイの液晶一体型PCでした。OSはWin98SEです。そしていま使っているのが2004年1月に買ったデルのスリムPC Dimension4600C(WinXP)です。狙ったわけではないですが、うまく評価の高いウインドウズを使っていますね手(チョキ)評判の悪かったmeやビスタを避けています。
そんなデルのパソコンも動きが遅くなり、モニターのサイズも小さくて使い勝手が悪いなど問題が出てきていました。そこでここ1ヵ月ほど各社のパソコンを検討してきましたが、ついに決めました。

また長く使うと思われるのでできる限り最新の高性能CPUにすること、価格が安くてカスタマイズが可能なメーカーから選ぶというのが、検討の前提です。
今はデルのパソコンを使っていますが不満もないので、第一候補はデルです。周りの情報ではマウスコンピューターやドスパラも価格が安いということだったので、この3社を中心に1ヵ月以上検討してきました。NECや富士通、ソニーなどのPCは最初から検討対象に入っていません。いらない機能が多すぎると思うし、その分価格がかなり高いと感じるからです。

こだわったのはプロセッサーはインテル® Core™ i7-860にしたいという部分だけで、3Dゲームや動画編集など重たい作業は当面やらないことから、グラフィックカードにはこだわりませんでした。
CPUがかなり高性能なので比較的ハイスペックな仕様になりますが、このグレードでの上記3社の位置づけは、おおまか以下のような感じでした。

デザイン  クール デルDELL > マウスコンピューター > ドスパラ 個人的な感想です
価   格   安い ドスパラ > マウスコンピューター > デル
カスタマイズ 多い ドスパラ > マウスコンピューター > デル
納   期   早い ドスパラ > マウスコンピューター > デル


デザイン性が高くカスタマーサービスに定評のあるデルるんるん
デル株式会社
バランスのいいマウスコンピューターぴかぴか(新しい)
マウスコンピューター/LUV MACHINESシリーズ
総合的な評価は高いドスパラひらめき


デザインはカッコいいけどその分若干価格が高めで、海外組み立てのため納期が2週間くらいかかるデル、カスタマイズの範囲が広くて価格も比較的安いけど、デザインは箱exclamation×2という感じのドスパラ、両社の中間に位置するのがマウスコンピューターという感じでした。
最初はバランスのとれたマウスコンピューターにかなり心が傾いていましたが、デルがStudio XPS 8100という高性能な新商品を発売したのでまたまた迷いが深まり、ここ1週間は毎日の様に購入したいPCが変わる(笑)という状態でした。
最終的には買うとなれば早く手に入れたいexclamation×2ということで、下記の2つに絞られました。

 マウスコンピューターのスリムタイプPC 87,780円
 ドスパラのミドルタワーPC(でかいあせあせ(飛び散る汗)) 89,980円


2千円ほど価格差がありますが、性能面を比べるとドスパラの方が高性能なので、コストパフォーマンスはドスパラの方がかなり高くなります。どちらにするかかなり考えましたが、今使っているのがスリムタイプなので、今後の拡張性なども考慮し馬鹿でかい箱型(笑)のドスパラにしました。オンライン3Dゲーム用のPCなのでかなり性能は高そうですが、限定大特価モデルでかなり安かったので、迷うのはやめて決めました。ネット上では価格は変わりやすいので、一晩たったら値段が戻っていたがく〜(落胆した顔)という可能性もありますからね(笑)
デルの納期が3日ほどだったらデルになった可能性も高いんですが残念です。デルもサイズは大きいですが使いやすそうなデザインなので、一時はかなり心が傾いていました。デルも国内組み立てにして納期を短縮したらもっと売れるんじゃないかな〜と思います。

一方、モニターは前から決めていて、IIYAMAのProLite B2409HDS-Bにしました。
このモニターはスピーカー付で消費電力も少なく、さらに画面が縦にもなるexclamation×2という面白いモニターです。今使っているのもIIYAMAですし、2台つないでデュアルモニターでも使いたいのでこれにしました。
入力も3方式に対応していて、それぞれの接続ケーブルが付属しているのもお買い得なポイントですひらめき


ワイドモニターなので、長期の株価チャートなどもラクラク表示できそうです。決算短信なども2社並べてじっくり比較したり、デュアルモニターにすれば3社並べることもできて、便利になりそうです。良い銘柄が発見しやすくなりそうですし、今までよりブログの更新も楽になりそうで到着が楽しみです。
パソコンは3日で出荷可能なので、来週始めには手に入りそうです。モニターはアマゾンで注文しましたが、すでに発送したとの連絡があり早さに驚きました。オプションの「当日お急ぎ便」などは使っていないのに当日発送とはありがたいですね。一番困るのは、パソコンは来ているのにモニターが到着しないexclamation&questionという状況なので、早く入手できて良かったです。
昨年の12月にはプリンターが動かなくなり、あわててネットで購入しましたが、その時利用したNTT-X Storeも当日発送で翌日昼には届きましたし、ネットショッピングは便利ですねぴかぴか(新しい)



いままではあまり利用していませんでしたが、なんかはまりそうです。
ネットでは簡単に購入できる分、無駄遣いには気をつけないといけませんね(笑)

1ヵ月以上どれにしようかと楽しく迷っていたのでわーい(嬉しい顔)パソコンが届く来週が待ち遠しくなってきましたるんるん来週は引越し作業などで家にこもりがちになりそうです(笑)


思った以上に早く商品が届きました。続編の記事は左斜め下こちらですわーい(嬉しい顔)
   商品が到着しました!
posted by Zaimax at 23:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ジェイ・エイブラハム無料ワークショップに行ってきました

ラーニングエッジ株式会社主催の「ジェイ・エイブラハム無料ワークショップ」に参加してきました。ラーニングエッジは、セミナーの開催やセミナー開催の支援を行っている会社です。
ジェイ・エイブラハムは全米No.1マーケッターとして知られていて、世界中でのべ470業種、12,000社以上のクライアントに対し、約7,000億円もの売上増大に貢献していて、1時間のコンサルティング料は60万円exclamation×2だそうです。「卓越の戦略」というのがキーワードになっています。
私がジェイ・エイブラハムについて知っていたことは、全米No.1マーケッターということと、非常に高額なセミナーを行っているということです。高額なセミナーを行っている人にはあまり興味がないんですが、今回はなんと言っても無料というキーワードに惹かれて(笑)参加してきました。
ジェイ・エイブラハムセミナーと言っても無料ですから、本人が登場するわけではなく(ジェイ本人のセミナーは最低でも70万円、ふつう300万円以上するそうですがく〜(落胆した顔)今回ジェイ・エイブラハムはDVDで登場します)ラーニングエッジ取締役でマーケティング統括最高責任者の鳥内浩一氏から話がありました。
ほぼ30人近い人が集まっていて、スーツ姿の人が多かったですね。

ここで、なぜ高額なセミナーにあまり興味がないかというと、高額なセミナーに価値がないからではなくて、それだけ高額のセミナーを開催している人ならすでに大金持ちなんだから、そのノウハウをもっと低価格で多くの人に提供してあげればいいのにな〜と感じてしまうからです。
もちろんこれらの方々にも色々反論はあると思います。貴重な内容だから限られた人だけに伝えたいとか、それだけの投資をする本気の人だけに来てもらいたいとか様々な理由があるんでしょうが、どうも釈然としませんね。まあこの辺りについては、考え方は人それぞれだと思います。

と言いつつ参加してきたんですが、いろいろな気付きがあって良い内容でした。ふだん色々と考えることは多いんですが、人の話を聞きながら考えてみるというのも、また新たな視点から考えることができたりしていい体験だなと感じました。
私の場合はビジネスは行っていないので、そのまま考え方が活かせるわけではないですが、いろんなアイデアが湧いてきました。
今の抱えている課題は次の3つだと思っています。
 1 このブログを見にきてくれる人をもっと増やすこと
 2 作業時間を短縮すること
 3 安定した投資収益を上げること

このブログの株主総会レポートの作成にはかなり時間がかかっています。始めた当初は株主総会レポートを作るのにそれほど時間もかかっていませんでしたが、出席する株主総会が増え、レポートの内容が詳しくなっていくのに比例して、どんどん作成時間が長くなってしまっています。それだけ時間をかけているのでより多くの人に見てもらいたいとも感じます。
ブログアクセスを増やすには色々と工夫できることもあるので、改善していきたいですが、今後もっと多くの会社の株主総会に参加したいと思っているので、2番目の課題は重要です。最近はちょっと詳しくレポートすることに拘りすぎていたかなとも感じます。今後はもう少しシンプルなレポートにしてみようかなと考えています。あまりにもレポートが長いと読みにくいという面もあるでしょうし、重要なポイントに絞ってもいいと感じています。このあたりは読者の皆さんのご意見もお聞きしてみたいですね。
株主総会レポートの内容についても、こんなグラフなどを充実させたらもっと分かりやすいんじゃないかな?というようなアイデアも湧いてきました。
今後株主総会レポートがどのように変わっていくのか楽しみにしていてくださいねるんるん

3番目の課題についても、いろいろと感じることがありました。
今までの枠の中に閉じこもっていては成長はない。新しいことを始めるのはリスクもあるし怖いものだが、そこで1歩を踏み出すか踏み出さないかでその後の人生が変わってくるという話を聞き、たしかに今の自分にピッタリだなと感じました。
今までの経験から導き出してきた、自分に合っている中長期の投資方法はそのままでも良いと思いますが(もちろんブラッシュアップは常に必要だと思いますが、大きな考え方はそのままでいいという意味です)、もっと投資の幅を広げていった方がトータルのリスクも小さくなるし、リターンも大きくなるあるいは安定すると感じています。それは投資手法を広げたり、投資対象を広げるということです。いままで色々と検討したり考えたりしてきましたが、なかなか一歩を踏み出せていなかったんだな〜と強く感じました。

このように色々なことを気付かせてくれたり再認識させてもらえて感謝しています。セミナーには参加することに意味があるのではなくて、そこからいかに自分で考えるかが大事だと思っています。その点で自分で考えるきっかけや視点を提供してもらえるいいセミナーだったと思います。さらに無料ですしね手(チョキ)
セミナーではジョイントベンチャーの考え方やリターンリバーサルについて特に説明がありました。一般的にもマーケティングノウハウを伝えるセミナーや本は氾濫していますが、手軽さに走っていたりジェイの考え方の表面的な部分を真似ているだけのものも多いので、ぜひ本物から真髄を学んで欲しいということで、最後に会社からの宣伝がありましたわーい(嬉しい顔)

もちろん商品の宣伝を行うため無料セミナーになっているので、しょうがないですね。今回はジェイ・エイブラハムのマーケティングノウハウを収めたDVD教材29.8万円や、ジェイ・エイブラハムのマーケティングノウハウを学べる3日間のセミナーの紹介がありました。
全体で2時間35分くらいの無料セミナーでしたが、休憩時間はなくノンストップでした。前半1時間45分ほどがワークショップも含めたセミナーで、後半50分ほどが商品紹介でした。長時間のセミナーだったので、終わりの方はトイレに行きたくてあせあせ(飛び散る汗)ちょっと集中できませんでした。トイレに立てばいいんですが、熱心に商品を紹介をしている時にちょっと中座し難かったですね(笑)少し商品紹介時間が長かったかな〜とも思いますが、無料セミナーですからしょうがないですね。
多くの気付きも得られましたし、無料セミナーを開催していただきありがとうございました。


セミナーの中で気になったのは、ジェイ・エイブラハムのセミナーを受講した成功者の例として、サクセスリソーセズやスカイクエストコムを経営しているリチャード・タン氏が紹介されていたことです。スカイクエストコムはWEB上で展開するセミナー系のネットワークビジネスですが、親会社のサクセスリソーセズが上場するという触れ込みで、未公開株をボーナスとする勧誘活動を行っていました。いまだ上場していないようですし、日本の事務所も2009年6月末で撤退しています。日本で成功例として紹介するのはどうかな〜と感じましたね。まあラーニングエッジもセミナーが業務の中心なので、同業のサクセスリソーセズやリチャード・タンを信奉しているのかもしれません。
posted by Zaimax at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | セミナー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月03日

増田俊男氏ら経営「サンラ・ワールド」捜索 未公開株話、巨額集金か!

今朝パソコンを立ち上げたら上記のような記事が出ていました。
2月3日9時38分配信の産経新聞の記事が詳しいですねバッド(下向き矢印)

   未公開株話、巨額集金か 金商法違反 警視庁が近く本格捜査

「時事評論家」の肩書で活動する増田俊男氏と言えばたくさん本も出していますし、私も何冊か本屋で立ち読みしたことがあります。図書館で借りてきて読んだこともあるかもしれません。内容はほとんど覚えていませんが、タイトルを見てみると『バブル再来』という感じの本が多いみたいですね。やはり評論家としては『バブル・急騰』か『暴落』が来ないことには商売にならないみたいですねわーい(嬉しい顔)


増田俊男氏に対する捜査が今後どう進むのかは分かりませんが、たくさん本を出していて講演会なども行っている人だから信用できる、安心だというわけではありません。
なぜ今回この記事に反応したかexclamation&questionというと、私もかなり以前ですがミクシィを通じて、国際金融スペシャリストの増田俊男氏の講演会に参加しませんか?というお誘い頂いたことがあったからです。2005年か2006年頃だったでしょうか。
当時もいろいろと無料のわーい(嬉しい顔)講演会は聞きに行っていたので、どんな内容だろう?と興味を持ちましたが、ネットで調べてみると怪しげな話もたくさんあったし、確か無料じゃなかったひらめきから参加しませんでした。
講演会ではきっと今回捜査の対象になっている、『パラオ共和国に設立した銀行(サンラ国際信託銀行)への定期預金(金利10%以上exclamation×2元本保証付きあせあせ(飛び散る汗))』とか『ハワイのコーヒー園開発プロジェクト(サンラ・コーヒー組合)への投資』とか『カナダの未上場ハイテク企業「アリウス3D」の新株予約権への投資』を勧誘されたんでしょうねがく〜(落胆した顔)
そういった意味ではネット上の噂に助けられたと言えます。たぶん講演会に参加していても、こういった自分で現地を確認することが難しい案件には投資していないとは思いますが、油断は禁物ですねひらめき
エビの養殖話では現地視察ツアーも開催されていましたし、現地に見に行ったから安心というわけでもありません。和牛商法でも他人の牧場を勝手に投資先の牧場として見せていた、という報道もありましたし、自分の目で見たから大丈夫という思い込みも危険ですね。

今回操作対象になっている増田俊男氏以外にも、評論家としてスペシャリストとして危機感を煽っている人はたくさんいます。そういった人達の中にはたくさん本を出している人もいますし、会員制クラブを作って囲い込みを図っているケースも多いです。そこまで大々的に行っていなくても、海外投資や未公開株投資の勧誘を行っているグループはたくさんあります。
なかにはまともなグループ(本当に貴重な投資情報を持っている人)もあるかもしれませんし本当に儲かるような投資話もあるのかもしれません。しかし、なぜ一般人の自分にこんなおいしい話を持ってきてくれるんだろうexclamation&questionと冷静に考えてみれば、こういった詐欺話に引っかかることはかなり防げると思います。そんなに貴重な話ならまずは自分が投資するでしょうし、次には親しい人達に紹介すると思います。そしてその話を持ってきた人についてもよく考えてみる必要があると思います。その人はそんな貴重な話が来るような人脈を持った人なのか?単にネットワークビジネス的に手数料がもらえるので勧誘して回っているだけではないのか?と考えてみる必要があると思います。こういった話はすぐに契約しないとチャンスを逃してしまうexclamation×2というように、できるだけ考える時間を与えない様に勧誘してくることも多いですが、なぜそんなに急がせるのか?ということも冷静に考えてみる必要がありますね。欲に目が眩みがちですが、冷静に考えたり、周りに相談してみたり、ネット上で調べてみるなどは必要最低限の対処だと思いますね。そして何より常識的な判断が一番大事だと思います。
みなさまもご注意くださいねぴかぴか(新しい)

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』で「増田俊男」を検索してみると、自称がたくさん載っていて面白いですね。権威付けのためいろいろな自称が必要になるのでしょうかたらーっ(汗)

   フリー百科事典『ウィキペディア』の増田俊男項目

 赤穂浪士の早水藤左衛門の末裔
 ハワイ王国全権大使exclamation&question
 パラオ国国会アドバイザー
ウィキペディアの経歴を見てもなぜ国際金融スペシャリストになったのか経緯がよく分かりません。通常こういった方々は何らかの金融機関などに勤めていることが多いんですけどね。この略歴だけでは一体今まで何をしてきた人なのかよく分かりませんね。
こういった評論家の話は参考にはしてもやはり自分の頭で考え自分で判断して投資をすることが大事ですね。自分で銘柄を発掘して投資し、その会社を応援していくという中長期投資の方がずっと楽しいのにな〜と私は感じてしまうんですがるんるん
私はこれからも自らの目でいろんな会社の経営者を見て、質疑応答の様子なども参考にしながら投資先を発掘していきたいと思います。そういった経験を積むことでいい投資先を見つける精度も上がってくると思いますし、なによりそういった多くの経営者と触れられる毎日が楽しいですね。
と言っても個人投資家ですから特に特別なことをしている訳ではなくて、会社説明会に参加して質問したり、株主総会に出席して質問したりしているだけです。こういった機会なら個人投資家でも経営者と接することは可能です。
それでも仕事の都合や地方に住んでいて、株主総会や会社説明会になかなか参加できないよ〜もうやだ〜(悲しい顔)という方々のために、このブログもお役に立てるんじゃないかなと思って日々更新に取り組んでいます。今後ともよろしくお願いしますねるんるん


posted by Zaimax at 11:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月02日

エイチ・アイ・エス(9603)2010年株主総会レポート〜その2

2010年1月27日(水)10時からヒルトン東京4階「菊」で開催されたHISエイチ・アイ・エス(9603)の株主総会に行ってきました

このレポートでは エイチ・アイ・エス(9603)2010年株主総会レポート〜その1 に続いて株主総会のハイライト質疑応答の様子をまとめています。
HIS

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(7-2)最後にお聞きしたいのは、単体業績は前期の赤字から改善してきて前期も配当を頂きました。今期も頂きます、来期も頂きましょう!その中で今後世界で通用する会社として、100拠点から1000拠点にするんだ!ということと、取扱商品を増やしていけば向こう何年かかって1千拠点かは聞いていませんけど、あなたの1千拠点という目標は何年先を目標にしているのか?その目標を聞きながらあなたの来期に渡る目標、どのくらい利益を増やしたいのか?を聞きたい。また、あまりにも儲かれば役員報酬をどんどん取っていただき、あなた達の生活をどんどん向上していただいて、その余った利益を我々にぜひともたくさん還元して欲しい。かように思うものでありますので、1千拠点の目標中心にお聞きしたい。純利益に絞って今期の業績もお聞きしたい。最後の私の質問として聞いて欲しい。ぜひここに参集している株主の皆さんもたくさん配当を貰えばいいと思うんで、あなたが考えている目標で配当を50円くらいくれるのかぜひお聞きしたい。
→今期の目標については公表している通りなので、後ほど触れさせていただく。1千拠点は私の中ではまだまだ中期的な目標で、その先も目標感としては持っている。期間としては向こう5〜6年でぜひとも成し遂げたいと思っている。いま何をしているかというと、HISは日本で30年かかって274店舗まで拡大してきたが、アジアで同じことができないか?と2年前から色々トライアルをしながらビジネスモデルを作成中です。中国・インドなどの超大国の経済成長が目覚しく、海外旅行・国内旅行が盛んに始まってきている。日本とまったく同じビジネスモデルでは通用しないということは、ここ2年ほど色々な実験をしたことで分かっている。ただ日本でHISが30年かけて構築してきた中で培ってきたDNAやノウハウ、今現在保有しているシステムなどは活用できることも分かっている。ここ1〜2年で核となるビジネスモデルを作りあげて、株主の皆様のご理解も得た上で内部留保している利益剰余金も活用して、アジア圏で大きなビジネスを行っていきたいと考えているし、これが実現できなければ10年後・20年後のHISの成長戦略が描けないとも思っている。必ずや成功するようがんばっている。今期の業績は公表している通り、純利益は21%増の41億円を見込んでいる。この業績達成に向け鋭意努力している。配当は協議して決めていきたいので、大変申し訳ありませんがこの場では差し控えさせていただく。

(8-2)分かりました。前期までで気になったことで、トルコのバス事故の件で昨年の株主総会でも娘さんが事故に遭った方が沢田会長が怒って帰ったとかで話にならなかったと揉めていたが、その損害賠償はすべて弁護士に任せているからと議長は言っていたが、その話はうまく解決したのかどうか、最後にお聞かせ願いたい。
→いま現在はまだ法廷で係争中で、残念ながら解決していない。プライバシーの問題もあるので詳細はこの場では差し控えさせていただく。我々としては法律上の責任如何ではなく、こういった事故が起きない様な対策は今現在も講じていて、先ほど今後の課題の1番目に上げていた「お客様志向の徹底」の中で全社的な最重要課題と位置づけ、事故の再発防止、未然に防ぐための予防の手立てなど日夜改善に努力している。
(9-2)あなたの仰ることはすべて正しいと私は思います。しかし悩んでいる方がおられるのであれば、法廷法廷とそりゃあ法治国家ですから無茶苦茶な要求等々があればそれも可能だと思いますが、なるべく和解でお願いしたいとかように思いますので、両方が歩み寄れる場面があればぜひ和解で解決して欲しい、かように思いますので、私個人の意見ではないんですが、HISの発展のために事故のないようひとつよろしくお願いします。
→ありがとうございます。そのように進めたいと思います。

やっと30分近くにも及んだ2番目の株主の質問が終わりました。聞き応えのある内容もありますが、それにしても長いですね。平林社長もかなり気を使っているようでしたが、沢田会長は時折笑みも浮かべていて余裕というか毎回のことで慣れているというかそんな印象でした。
今期も来期も配当を貰う!ということは、来年以降もガンガン質問しますよ〜という宣言ですねがく〜(落胆した顔)
HIS
   会場の外には 旅バス も来ていました グッド(上向き矢印)

さて続いてはまた最近の株主総会では毎回発言している方の様です。最前列真正面に座っていて、社長のすぐ目の前なので、指名しないわけにはいきませんね。
先ほどの株主はかなり後方で発言、こんどは最前列ということでマイクが届くのが遅れました。
(株主3)マイクはないの
(平林社長)いえございます
(株主3)○○さんじゃないが遅いね!マイクなしでやったっていいよ! (○○さんとは2番目に質問した株主です)
(平林社長)申し訳ございません。いまお持ちします。
質問前からすでに前哨戦が始まっています
こうもプロ株主のような方が続くと社長も大変ですね(笑)
とはいえ指名しているのはすべて社長なので、もっと一般の株主を指名すればいいのにと思いますね。ここまでは毎年質問している株主でしょうから、社長も顔を覚えていると思うんですけどねあせあせ(飛び散る汗)

(10-3)やっとマイクが届きました。ありがとうございます。先ほど○○さんが和解を勧めてくれた、トルコのバス事故で娘が事故に遭い大怪我をして2日間意識不明、今は生き返りましたがいまだに治療を続けているものでございます。
まずは先ほど社長から5つの課題の説明があったが、メモを取りきれなかったので再度出して欲しい。
(確かに レポートその1 でも書きましたが、画面の切替わりが早すぎると思いますね)
24名中1名死亡、2名が意識不明、その他の方々も大怪我を負った我々被害者の目から見ると、この5つの中に『安全』の「あ」の字もない。先ほど株主2の質問に対して社長は1番目の中に含まれていると言っていたが、昨年も一昨年も、一昨年は鈴木社長だったが、安全に対してがんばるんだ!それがHISの課題だと仰った。なのに今回5項目の中に『安全』の「あ」の字もない。安全よりも利益に走る、まあ利益が出たのは結構なことだが、なぜ『安全』の「あ」の字もないのか?
→ 『安全・安心』がこの中(5つの課題)にないということについては、誤解を与えているようで大変申し訳ありません。お詫び致します。ただ、「お客様志向の徹底」の中に当然安全・安心ということも十分含まれているとご理解いただけるとありがたい。お客様にとって安全というものは価格以上に大切なものだと当然理解しているし、そういった声も多数頂いている。そのような中で前回もお答えしましたが、価格的な要求そして内容的なもの、これらのお客様の接点を探しながら商品設計を日夜行っている。『安心・安全』を第一に掲げていないということではないのでぜひご理解頂きたい。この表記についてはご容赦いただきたい。

確かにナレーションでは安全・安心についても触れていました。
ちなみに、対処すべき課題の5項目は
1.お客様志向の徹底
2.多様化するお客様への対応
3.eビジネス・IT分野の強化、営業効率アップ
4.海外展開の拡大
5.チャータービジネスの拡大

ここ数年毎年の様に質問しているので、会社側も今年も質問するだろうということは分かっていると思います。質問のあるなしに関わらず『安全の確保』というのは重要な問題ですし、対処すべき課題の中に安全の文字も入れて、しっかり説明すればいいのにと感じました。そのくらい事前準備すると思うんですが、会社側の配慮が足りないのか、そこまで感情的にこじれているのかどうなんでしょうか?


(10-3)○○さんに回答していたように安全を徹底するのであれば、トルコのバス事故、そしてサイパンでも事故があってサイパンで裁判が行われていますね?そういった善意の第三者・被害者が出て、我々としてはHISの募集に応じて行ったわけだから当然最終的な責任はHISにあると思っているが、HISさんは一切責任が無いと言っている。それはそれとして裁判でやっているのでお答えになれないでしょうが、それではトルコのバス事故等々の間に、いまは安全に力を入れていると仰っているが、事故前後で『安全』に対して具体的にどのような施策を取っているのか教えて欲しい
→お答えしますがひじょうに長くなりますので、また本総会の議案とも若干ずれていますので簡単にお答えします。
前回もお話したが我々の主たるビジネスは海外旅行です。当然海外にはその国ごと地域ごとの法律があり、その法令に則った業法・約款に沿った運送業者、旅行会社が存在しています。こういった会社と契約して、お客様に『安全・安心』かつお楽しみいただける商品をお届けしていく、それが我々の生業であり存在意義だと思っています。例えばアメリカでも州によって違いはありますが、大型バスではシートベルトをしていないと保険金が下りない所もある。こういった所ではシートベルトを設置したりしている。一方そういった法令が存在しない国もある。
海外旅行ではお客様の行ったことがない地域、見たことがない物を見たいという要望も多くいただく。こういった中でいかに安全・安心を実現して行くか、日本の基準をそのまま適用出来ればいいと常々考えているが、なかなかそれが実現しにくいという側面があるのも事実です。ですからこの辺の融合点を探すべく、社内の規定を細かく見直して改善することを日夜行っている。
(株主3)私が質問した事故前後の仕組みの改善については説明がなかったが、おそらく説明しにくいのでしょう、主要な課題にも入っていないくらいだから。私は旅行会社にとって安全は一番大事だと思うので、今一度原点に立ち返ってしっかりやって欲しい。
(平林社長)はい
(11-3)先ほど○○さんからトルコの件はどうなっているんだ?株主として和解をしたらどうか?というお話がありました。もちろんこの場で和解の話を平林さんとする気は全くないが、我々は何も好き好んで裁判に行ったわけではありません。HISはこの大事故を起こしたバス会社に対して、事前に何の事前調査・下見もやっていなかった。どんな企画で行ったんだ?1日600キロ以上、ラマダンの日に運転手1人でやったんですよ、運転をね。そんなのがあるのか!どういうつもりでやったんだ!企画書を見せろ!下見をしたのか!と言ったら、下見はしてません、企画書はありません。それじゃあすでに裁判の判例にある様に、旅行会社は単に旅行をセットすればいい じゃないんだ、安全な旅程を設定する義務がある、あるいは安全なバスを使用する義務がある、と判例に出ている。実はバスだって3千台持っている大手の会社だと聞いていたが、実際は後から分かったがバスは運転手が持ち込んでいた。契約社員がね。しかもバスはその奥さんの物だった。奥さんの物だから法令に沿って旅客を運べるようなバスじゃなかった。そんなバスを手当てしたことも分かってなかった。そういった安全を認めて欲しい。
それに我々のようなお金のない貧乏人が裁判なんかやりたくないですよ。しかしそこに座っている沢田会長は当時は代表権はなかったけど、前の鈴木社長が我々に約束した手紙でね。その内容もすべて反故にする...
(平林社長)だいぶ長くなっていますので、申し訳ございません
そういうわけで、我々は約束が守られずやむを得ず、本当にやむを得ず裁判を行っている。私の娘も含めて自己負担で治療をしているんですよ。そういう悲しい気持ちを議長やそこに座っている取締役の方々、事業部の皆さん、よ〜く理解いただいて、株主からも和解したらどうかという声が出ていることを重く受け止めて、我々と真摯に話し合って欲しい。
(平林社長)ありがとうございます。(数人拍手)
安全・安心については、必ずや今まで以上に改善の努力を続け、このような事故が起こらないよう努力を続けていく。我々も今回の件について法廷で係争すると言うのは本意ではありません。早期解決というのが本来我々が一番所望していることで、そういった意味ではこのような状況になって本当に残念なんですが、補足までにお話し致しますと前回の総会でもお話ししたが、事故が起こった当初、すべては倫理的・人道的な観点からジャンボ機を2機チャーターして現地にすぐに派遣した。それから現地で医療関係に費用が発生していますが、これも倫理的観点から判断して我々の方で先行して、当然と言えば当然かもしれないが支払っている。(旅行?)業法を超えた対応を行っている。この特別損失を実は今期9,820億弱(たぶん万弱の間違いと思われる1兆円も特損を計上したら倒産でしょう ○○さんじゃないですけど大きな違いですわーい(嬉しい顔))計上しており、我々が掛けている旅行保険では賄いきれない自己負担になっているのも現実です。
いま△△さん(株主3です)が言われた話が、我々としてすべて事実だという認識であれば、当然和解できていると思う。ここで我々の言い分を言うつもりはないが、残念ながら若干話に食い違いがございまして、本意ではないですが法廷で明らかにしていきたいとなっているのが今の現実です。我々としては法廷で争うことは本意ではありませんし、改めてこのトルコの事故は大変残念に思っていますし、早期の解決を図っていきたいということをこの場でお伝えしたい。ただあまり細かい話はこの総会の趣旨とは異なってきますので、ぜひこの場では控えていただきたいと思います。よろしくお願いします。


(株主3)ありがとうございます。いま議長の仰ったことに一つだけ間違いがあるので...
と株主の主張はまだまだ続きます。
ずっと主張を聞いていると、2番目の株主と3番目の株主は連携して質問しているんじゃないか?という感じもしてきました。最初は○○さんも指摘しているから和解して欲しいというような発言でしたが、段々と和解が株主の総意だというようなニュアンスに変わっていました。社長が言う様に双方の認識が近いなら和解した方が良いと思いますが、認識が異なっている状態では和解は難しいと思います。
この後も事故の詳しい状況も分からない株主の前で、延々と事実はこうだ!いや事実と異なる部分がある!とお互いの認識を述べ続けていましたが、ここで行っても残念ながら不毛な議論だと思います。ここは法廷ではなく株主総会なので事実を認定する場ではなく、さらにはこういった話を聞かされてもどちらが正しいのか我々株主には判断できません。毎年株主総会で同じ様な質問をしているようですが、そこまで認識が異なっているなら、やはりどちらが正しいのか法廷ではっきりしてもらうしかないと思います。
株主総会で主張したい気持ちは分かりますが、毎年こんなやり取りが延々と続けば、逆効果なんじゃないかな〜と思います。150人近くも出席している株主の貴重な時間を使っているんですから、もう少し考えて欲しいものですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます




まだまだ質問は続きます。この時点でもまだ11時15分くらいですあせあせ(飛び散る汗)株主総会は12時26分まで続いたので、まだまだ続きます。あまりに長いのでまとめるのもだんだんと疲れてきましたもうやだ〜(悲しい顔)続きはもうしばらくお待ちください。
エイチ・アイ・エスのレポートは一体何部作になることやら...(笑)
なんとか3部作で収まりましたわーい(嬉しい顔) 続きは下記をご覧ください。

     HIS(9603)2010年株主総会レポート〜その3 ぴかぴか(新しい)
 FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき

posted by Zaimax at 00:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月01日

エイチ・アイ・エスHIS(9603)2010年株主総会レポート〜その1

2010年1月27日(水)10時から東京都新宿区のヒルトン東京 4階 「菊」で開催されたHISエイチ・アイ・エス(9603)の株主総会に行ってきました
エイチ・アイ・エスは、格安海外航空券のパイオニアで、学生対象の個人旅行からスタートし、今ではパッケージツアーやクルーズなど総合的に取り扱っている旅行会社です。
2009年5月には、HIS子会社のクルーズプラネットの企画したアラスカクルーズに参加しました。

   ウェステルダム号アラスカクルーズ 日記

エイチ・アイ・エスの株主総会に出席するのは初めてです。
HIS

2010年1月29日(金)の株価 1,746円(東証1部 9603)100株単位 10月決算
PER 13.8倍、PBR 1.19倍、配当利回り 1.37%、株主資本比率 49.1%
株主優待 4月末・10月末の株主に株数に応じて2千円の旅行割引券を進呈
 100株以上 1枚、500株以上 2枚、千株以上 3枚
 3万円以上のツアーで1人につき1枚使用可能。有効期限1年間


     エイチ・アイ・エス(9603)のホームページ

     エイチ・アイ・エス(9603)のヤフー株価情報

HIS
     上場以来の株価推移 グッド(上向き矢印)
長い目で見てみると株価は2千円を挟んだレンジで動いています。下値は千円くらいですが、時々人気化して上値は高くなる傾向もあるようです。

スケジュール
10:00〜10:24 事業報告 ナレーション+スクリーンに映像
10:24〜10:25 決議事項の説明
10:25〜12:23 質疑応答 質問者15人 計32件 118分exclamation×2
12:23〜12:25 決議事項の採決 拍手方式 すべて可決

 第1号議案 剰余金処分の件 配当24円
 第2号議案 取締役1名選任の件 経営体制強化のため1名増員
 第3号議案 第29期役員賞与支給の件

12:25〜12:25 新任取締役紹介
12:25〜12:26 社長から挨拶

HIS
お土産 ヒルトンのパン 昨年と同じお土産のようです 賞味期限1月31日 後渡し
9603_31.jpgけっこうな大きさだったので、大庄でもらったようなデニッシュ食パンかな?と思いましたが、パンというより食べ応えのあるパンケーキという感じでした。
夜お腹が空いたので早速食べてみました手(チョキ)

HIS 
飲み物サービス 会場隣でコーヒー、オレンジジュースなどのサービス
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、質問がなくなるまで質疑応答を尽くしていて、お土産も良かったので、エイチ・アイ・エス(9603)の株主総会格付けは 『C−』 としました。

   議決権を有する株主数       9,221名、その議決権数 322,867個
   議決権返送&出席株主数     1,547名、その議決権数 279,106個
HIS
会場内には30×10の配置で300人分の席が用意されており、出席者は150人ほどでしょうか。椅子のみで両側にスクリーンが設置されていました。取締役席の前にも大型モニターが置かれていて、同じ映像を映しているようです。
株主総会会場の隣に株主控室が用意されていて、飲み物サービスがありました。室内には旅行パンフレットや相談カウンターも設けられていました。さすが商売上手ですね(笑)
どうやら昨年の株主総会で株主から提案があり、飲み物サービスと旅行カウンターが設置されたようです。年々改善されるのはいいことですねわーい(嬉しい顔)
HIS

平林社長の元気な挨拶から始まりました。
営業報告はナレーションで行われ、スクリーン上に関連する写真やグラフなどが表示されていました。ところどころ画面の切り替わりが早すぎて、内容をじっくり見ることができない部分がありました。このあたりはもう少し見やすい様に改善して欲しいですね。対処すべき課題もナレーションですが、なぜか女性に代わりました。この部分は社長から詳しく説明して欲しいですね。
その後決議事項について社長から説明があり、質疑応答となりました。
質問は重複しないように、また簡潔にお願いしますと平林社長からお願いがありましたが、あまり守られているとは言えませんでしたね。例年質問は4名ほどで時間は1時間前後かかっています。人数の割に長いな〜と思いましたが、出席してみてなぜ長いのかよく分かりました。
プロ株主と思われる方が1人で30分近くも質問したり、トルコのバス事故にあった家族が長々と会社を非難する主張を続けたり、長々と自分の意見を述べているが堂々巡りになっている人がいたり、株主優待券について同じ様な質問をする人がいたりという感じで、2時間近く質疑応答をしていましたが、内容が充実しているという感じではありませんでした。電力会社では原発反対の人が長々と演説するらしいがく〜(落胆した顔)ですが、そんな感じの株主総会でした。電力会社の株主総会に行ったことはないんですが。少々いらついていたのは、HISの株主総会が予定より1時間以上も長引き、パーク24の経営説明会に間に合わなかったちっ(怒った顔)こともあります(笑)
『プロ株主』というのは株式投資のプロという意味ではなく、機関投資家ということでもありません(笑)ぜひググッてバッド(下向き矢印)調べてくださいね。私はプロの方の質問を聞くのはたぶん初めてだと思います。


質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)旅行相談カウンターも用意してくれてありがとうございます。ところで先日新聞を見て驚いた。HISがハウステンボスの経営支援について管財人と協議に入ったということだが事実か?
→事実です。
ハウステンボス(以下HTB)は野村プリンシパルが250億も投資したのに立て直せず手を引こうとしている案件なのに、HISが30億円程度の投資で本当に立て直せるのか?施設も老朽化しているので改修費用も必要になる。今後の目玉になるのかもしれないが、回収期間が長期に渡る様な投資には懸念を感じる。どのように考えているのか?
→HTBについては、昨年の11月末くらいに長崎県や佐世保市などの行政から再建支援の依頼を受けた。現状は再建の可能性について管財人と協議を進めているところです。ご指摘の通り難しい案件ということは十分理解しているので、現段階では協議中であり結論は出ていない。必ず成功する、HISグループのメリットになるという結論にならない限り支援はしない。やるとなれば、必ず成功させると言う気持ちで行う。やる場合のメリットは、HTBは装置産業だが観光業であり、県・市をあげて観光業としてビジネスになるよう再建の努力をしている。その手助けにもなりかつ我々にもメリットになるという結論にならないといけない。慎重に取り組んでいく。

私も気になっていた質問です。HISにテーマパーク運営のノウハウがあるとは思えないし、一度引き受けたら簡単には手を引けない案件だと思います。どこまで投資金額が膨らむか分かりませんし、リスクの方が大きい案件だと思いますね。株主としてはもっと本業の方に力を入れて欲しいものです。
と思っていたら、翌日の日経新聞に「管財人に対して、投資額が想定より大きくなりそうなので支援は難しいと伝えた」という記事が載っていました。これで一安心だなと思っていましたが、今度は前原国土交通大臣が企業再生支援機構などの活用も含め検討したいと述べて、改めてHISの沢田会長に「HISの支援がうまくいく仕組みを考えたい」と電話で伝えたそうです。
なんかだんだんと外堀を埋められているようで心配ですねもうやだ〜(悲しい顔)
こんな老朽化した施設に数百億もつぎ込むより、本業の海外ネットワークの充実などに投資して欲しいものです。平林社長も旅行業は利益率の低いビジネスだと再三強調していたくらいですから、こんなリスクの高い案件に手を出す余裕なんてないと思います。当面ニュースから目が離せませんね。

さて、ここから30分以上に渡る質問が続きます。やり取りなどおもしい部分もあって、質問の参考になるところもありますが、さすがに30分は長いですね。HISの株主総会では毎回のことなんでしょうか?

(2-2)みなさまおはようございます。HTBについては先ほどの株主の様に、損得をよく考えて検討して欲しい。議案については賛成しているが、B/Sについて質問したい。HISは今まで無借金経営だったのに、前期約3億円と少額だが長短の借入金が発生している。なぜ借入をおこなったのか?
→HISは無借金経営を経営ポリシーとしており今後も続けていく。その点で借入金が発生していることでご心配をお掛けし申し訳ない。借金はすべて子会社のもので短期借入金1.8億は韓国ソウル支店の運転資金として借りたもので、現状ではすべて返済している。長期借入金1.4億は前期M&Aした欧州エキスプレス、ヨーロッパの鉄道の専門会社ですが、ここが持っていた借入金で、現時点でも若干残っており早急に返済して行く。ご心配をお掛けし申し訳ありませんでした。

(株主)なぜこんなことを聞くかというと株価が2千円に近付くと下がってしまう。借金があることも一因だと思う。利益剰余金が300億円以上あるんだから、あなたが出してあげれば済むことじゃないか。1億そこらのことでごちゃごちゃしないで欲しい。
(3-2)第2問ですが投資有価証券が48億あるが内訳は何か教えて欲しい。特にJALが企業再生支援機構送りとなったが、JAL株があるのかも含めて教えて欲しい。
→株式の中で一番多いのはスカイマークの株式ですが、ご指摘の通り日本航空の株も若干保有していて、取得価格300円で3千万株、9千万円分保有している。
(株主)1株300円で3千万株保有で9千万円分?
(平林社長)すみません。間違えました。1株300円で30万株保有で9千万円分です。
(株主)大きな違いだ。しっかりしてくださいよ!
(平林社長)はい。ちょっと動揺してしまいました。申し訳ございません。
(株主)動揺することはないよ。ゆっくりやりましょう

おもしろいやり取りだったので詳しく載せてみました(笑)
もう少しスピードアップでお願いしたかったんですがあせあせ(飛び散る汗)

(平林社長)JALはご存知の様に株価が低迷しているので、前期特別損失で5,500万円分減損を行った。残り3,500万円が簿価になっているが、今現在の株価ではこれも厳しい状況になっている。その他の投資有価証券の中にはサブプライム関連などはない。前期ご心配をおかけしたスカイマーク株も株価が上がってきており、前期と比べるとかなり価値が上がってきている。
   スカイマークの株価推移 右斜め下
HIS
 確かに2008年10月時点と比べると4倍くらいexclamation×2に上がっていますねグッド(上向き矢印)
簿価は100円くらいだと思うので、本当にスカイマークの1株主という立場なら、利益が出ている今のうちに売却した方がいいんじゃないかな〜と思いますね。

(4-2)投資有価証券評価損が67百万円計上しているが、株価も低迷していてしょうがないと思う。聞きたいのはJALについてはずっと支援機構送りになると言われてきたのに、30万株は持ち続けている。紙屑になるまでず〜っと持ち続けるつもりなのか
→現段階では紙屑になるとは思っていなくて、営業上の取引先なので健全経営に戻って欲しいと思っている。投資というよりは業務上にもそれなりの影響があると認識しているので、紙屑になるまで持ち続けたのかという質問に対しては、結果的にそうなったということで...
(株主)早く持って来いよバカヤローちっ(怒った顔)...
社長の回答中ですが、何か後方でトラブルが発生したようでたらーっ(汗)株主がお怒りになっていますがく〜(落胆した顔)
1つ質問するたびに会場係がマイクを持っていってしまうので、怒っているようです。確かにマイクを持って行ってしまうと質問しにくいんですが、一方ず〜っとマイクを離さず質問し続けるのも困るので、会場係は必死にマイクを守っていたんでしょうね(笑) 会場係もなかなか大変な仕事ですね〜がく〜(落胆した顔)

(5-2)持ち続けることも一つの判断だが、もうだめだexclamation×2となれば90円でも60円でも売却して下さいよ!我々の大事な資産の一部なんだから。機構送りになれば紙屑になるんだから、たとえ1円でも売って欲しい。30万円でも何かの役に立つでしょう。危ないとずっと言われていたんだから半分くらいはヘッジしておきなさいよ!今後も気をつけて欲しい。
→貴重なご意見として承っておきます。けっしてお付き合いで持っているわけではない。



(6-2)次の問題ですが、為替差損が28億発生している。円高になると海外旅行にも行きやすいので業績も良くなりそうだが、為替の水準がどの程度になると為替差損が0になるのか? なぜなら我々素人は為替差損と言われてもよく分からない。ぜひ分かりやすく説明して欲しい(何人か拍手)
→はい、それではできるだけ分かりやすく説明します。HISは為替予約を行っている。旅行商品を設計する時は3〜6ヵ月先の出発分の商品を企画し、価格も決める必要がある。そのためこの間の為替変動の影響を少なくするため為替予約が必要になる。クルーズや修学旅行だと1年〜1年半先の商品の受注であり商品の販売になる。このヘッジのため(レートを確定するため)為替の先物予約が必要になる。前期も営業外費用として為替差損が出ていたが、これは2007年7月に3年物の長期の為替先物予約を行った。当時1$=120円前後で推移していたが、加重平均すると1$=109.5円ほどで契約したものが2010年7月まで残っている。今でも支払いにはこのレートを使用している。
先ほど営業利益が前年に比べて20%アップと説明したが、営業努力により確実にこの枠を消化し続けている。昨年の株主総会でも同じ様な質問を頂いたと思うが...
(株主)去年は質問していない
(平林社長)失礼しました。あの時と比べると営業努力で確実に消化してきている。現状の為替レートでは為替差損を計上しているが、市況が変わってくれば(109。5円を超える円安になれば)差損はなくなる。為替の先行きは分からないが、円安になってくればこの予約が利益になってくることもある。ただご心配をお掛けしている大きな為替差損というものは、契約が終了する7月以降は発生しない。現在は為替予約は慎重に協議して行う様に改善していて、3年というような長期の予約はできないようになっている。実需に応じた3〜6ヵ月先の為替予約を行う様にしている。

(株主)あなたが言った様になればいいと思う。なぜならば、汗もかかないようなこんなものが利益に貢献することはない。博打的でないにしても投資や為替は非常に難しいと思う。あなたが言う様に長期の予約を行わないなら、利益も大きく上昇すると思う。かように思うので、ぜひあなたが仰った様に今後はこんなものを営業損益で出さない様にひとつよろしくお願い致します。
(平林社長)はい


HIS
   ここ5年ほどの米ドル・円為替レート推移 グッド(上向き矢印)
何ということでしょう。110円くらいでず〜っと支払い続けてきたとはexclamation×2ここ1年ほどの円高メリットをまったく享受できていないということではないですか!どこの金融機関に丸め込まれたのか知りませんが、上記の為替チャートを見ても、引き受けた金融機関は大儲けです。再度ヘッジし直すなど何らかの対応策があったんじゃないでしょうか?
昨年3月頃にHISで支払いをしましたが、米ドルのレートが90円台の時にHISの社内レートは106円で異様に高いな〜と感じました。あまりに実勢レートとかけ離れていたので、米ドルで支払ってもいいですか?と聞いたらダメだと言われました。社内レートが高いのは為替予約した109円にできるだけ近づけるためだったんですね!社内的な要因でお客様に負担を強いるというのはなんか納得できませんねちっ(怒った顔)
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

まだまだ質問は続きます。この時点で大体10時50分くらいですが、株主総会は12時26分まで続いたので、まだ序の口ですねわーい(嬉しい顔)あまりに長い株主総会はまとめるのも大変です。

   エイチ・アイ・エス(9603)2010年株主総会レポート〜その2ひらめき

やっとその2まで完成しました。それでもまだまだ先は長いたらーっ(汗)
posted by Zaimax at 00:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする