2010年01月31日

CHINTAI(2420)2010年株主総会レポート

2010年1月28日(木)10時から東京都港区芝公園のザ・プリンス パークタワー東京 地下2階 ボールルームで開催されたCHINTAI(2420)の株主総会に行ってきました
CHINTAIは、その社名の通り賃貸住宅の空室情報を雑誌『週刊CHINTAI』やネット、モバイルなどを通じて提供している会社です。
CHINTAIの株主総会に出席するのは初めてです。
CHINTAI

2010年1月29日(金)の株価 29,800円(ヘラクレス 2420)1株単位 10月決算
PER 7.8倍、PBR 1.23倍、配当利回り 6.04%、株主資本比率 76.5%
株主優待 なし


     CHINTAI(2420)のホームページ

     賃貸物件情報を提供しているCHINTAIネットのホームページ

     CHINTAI(2420)のヤフー株価情報

CHINTAI
     上場以来の株価推移 グッド(上向き矢印) (2004年11月15日 ヘラクレス市場上場)
上場当時は高収益・高配当企業ということで人気がありましたが、その後は豊富な資金を使ってM&Aにより業態を広げたものの、赤字が続いて本体の足を引っ張り、利益率が低下していることもあって株価の下落が続いています。2009年3月に底打ちして現在は3万円前後で推移しています。
PERから見ると割安な感じがしますが、今後の成長性はどうか?というとちょっと疑問です。

スケジュール
9時53分頃から新CMのメイキング映像やEXILEのAKIRAさんのインタビュー映像
10:00〜10:22 事業報告 ナレーション+スクリーンに映像
10:22〜10:25 決議事項の説明
10:25〜10:46 質疑応答 質問者4人 計10件 21分
10:46〜10:48 決議事項の採決 拍手方式 すべて可決

 第1号議案 剰余金処分の件 配当775円(中間配当と合わせて1,550円)
 第2号議案 取締役7名選任の件 全員改選 9名中7名を再任
 第3号議案 ストックオプションとして新株予約権を無償で発行する件

10:48〜10:49 新任取締役紹介 一言くらい挨拶があってもいいと思いますね
CHINTAI

お土産 CHINTAIのビニールバックとチンタイガーノート 先渡し
昨年のお土産はカレンダーだったようですが今年はノートです。カレンダーよりは使えるのかもしれませんが、微妙なお土産ですね。お菓子などの方がうれしいですね。
ちなみに以前CHINTAIの個人投資家向け会社説明会に参加したことがありますが、その時は500円分のクオカードをお土産にいただきました。こちらの方が嬉しいですね。株主にするまではお土産も奮発しますが、株主にしてしまえばもう決定 『釣った魚には...』という感じでしょうかexclamation&question釣られた私も...(笑)
CHINTAI
   個人投資家向け会社説明会のお土産 グッド(上向き矢印)

飲み物サービス 机の上にエビアン330ml
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、質問数の割に質疑応答もあまり盛り上がらなかったこと、そしてお土産もあまり嬉しいものではないことなどから、CHINTAI(2420)の株主総会格付けは 『D』 としました。

   議決権を有する株主数       9,252名、その議決権数 517,148個
   議決権返送&出席株主数     1,459名、その議決権数 424,321個

会場のザ・プリンス パークタワー東京は東京タワーのすぐそばです。が、地下2階なので残念ながら東京タワーは見えません。下の写真の古墳のような(笑)建物の地下にボールルームがあります。
CHINTAI
受付でお土産をいただき会場に入りましたが、地下とは思えないほど天井が高かったですね。受付には住所・氏名などを書く紙も用意されていて、議決権行使書を忘れても必要事項を書けば入場できるようです。
会場内には8×10の配置で80人分の席が用意されており、出席者は40〜50人くらいでした。机の上には水のペットボトルが置かれていました。株主総会前にスクリーンで新CMのメイキング映像やCMに出演しているEXILEのAKIRAさんのインタビュー映像が流されていました。
CHINTAI

10時になり株主総会が開会となり、まずは社長から日頃の支援に対する感謝の言葉から始まりました。続いて子会社のCHINTAIトラベルサービスの不正会計についての説明とお詫びがあり、取締役全員が一礼しました。感謝やお詫びなど取締役の方々も大変ですあせあせ(飛び散る汗)
営業報告はナレーションで行われ、関連する写真やグラフなどがスクリーンに表示されていました。招集通知よりも詳しく業績を説明していて分かりやすかったですね。
昨日のHISの株主総会も同じ様な形式でしたが、スライドが早すぎてよく分からない部分もありましたが、CHINTAIはとても分かりやすかったと思います。
対処すべき課題もナレーションでした。このくらいは社長自ら説明して欲しいとも思いますね。
そして議案の説明後、質疑応答となりました。手を上げ議長から指名を受けると、会場係の人がマイクを持ってきてくれる形式で行われました。
昨年はなかなか質問が出ず1人だけだったようなので、今年はどうなのか気になりましたが、今年はけっこう質問が出ました。質問があまりに少ないとレポートの意味がなくなるので困ります。一方多すぎてもまとめるのが大変で困り物です(笑)CHINTAIの場合、質問数は多かったんですが、回答があっさりしていて聞き応えのある質疑応答という感じではありませんでした。
手塚社長は質問内容を要約し質問者に確認したうえで回答していて、とても丁寧に感じましたが、その間に事務局が想定問答を用意しているのかもしれませんね(笑)
質問にはすべて手塚社長が回答していました。匿名投資組合の内容や短期貸付金の貸付先などについては、事務局としばらく相談?確認などしていました。匿名投資組合の投資先や貸付金の貸付先がすぐに答えられないというのは、よく分からないものに投資しているんじゃないかexclamation&questionと心配になりましたね。
また後ほど詳しく書きますが、CHINTAIは昔は今以上に高収益企業で現預金が豊富にあります。それをうまく事業に活用してくれるといいんですが、赤字で足を引っ張る様な会社をM&Aしてみたり、よく分からないものに投資したりして成長にうまく活かせていない様に感じています。なので余計に質疑応答の様子を見ていて心配になった部分もあります。
2008年10月17日に行われた会社説明会の様子もまとめています。併せて読むと参考になると思います。
 2008年10月17日 CHINTAIの会社説明会レポート


CHINTAI

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)エイブルと事業領域が似ているが、現場でバッティングすることはないのか?どのように棲み分けているのか。
→CHINTAIは賃貸住宅の空室情報の提供を行っているが、エイブルは賃貸住宅への仲介事業を行っており実際に入居契約などを行っている。エイブル様は物件広告を載せてくれるCHINTAIの大切なお客様であり、その他の不動産会社様も含めて、当社は情報提供のみで仲介や契約は行っていないので、この一線で明確に棲み分けができている。

(2-2)将来に課題で『グローバル』と『シニア』がキーワードになっていたが、詳しく説明して欲しい
→今までは日本のみで情報提供事業を展開してきたが、少子・高齢化で将来は人口減が見込まれており、当社が成長していくためのキーワードとして『グローバル』と『シニア』を掲げている。
『グローバル』は海外展開で、昨年6月に中国上海に子会社を設立しテストマーケティングを始めている。今年初めからは具体的に事業展開を始めている。このようにより広い範囲で日本で成功したビジネスモデルを展開していきたい。
『シニア』は、先ほど説明した様に日本は少子・高齢化で、高齢者の割合が高くなっていく。当社は幅広い年齢層向けに情報提供を行っているが、コアマーケットは20代後半から30代であり、人口減に対応してボリュームゾーンを上に持っていく必要がある。ただ、シニアマーケットはまだ需要が顕在化していないので、需要を顕在化させ開拓していくには時間がかかり、中長期的な課題と捉えている。

今後の戦略や計画というのは株主として一番気になる部分ですが、上記の通り抽象的な内容で、特にシニアなど具体的に何を考えているのかまったく伝わってきません。シニアとはどの年代をターゲットにしているのか分かりませんが、今の高齢者は持ち家志向も強いですし賃貸に引越すというニーズがどこにあるのかよく分かりません。賃貸住宅より老人ホームやケア付きマンションなどの情報の方が必要な気がします。自ら探す人もいるでしょうが、子供などとともに探すことも考えられます。
もう少し具体的な話を聞きたかったですね。
CHINTAI
まあ一番心配なのは、コアとなる事業が上記のグラフの様に順調に伸びていくのかexclamation&questionですね

(3-3)景気が厳しい中で広告主も出稿先を1社に絞る動きも出てくるのではないか?情報誌という高コスト部門を抱えていると、ネットに特化した会社と競争していけないのではないか?
→CHINTAIは消費者に空室情報を提供して、広告を出して頂いているクライアントに効果をお返しすると言う役割を担っている。その手段として、雑誌・ネット(パソコン)・携帯が存在している。どれを選ぶかは消費者の判断であり、どの手段がクライアントにとって最も効果的なのか?が当社が判断すべきポイントと考えている。どのメディアが効果的かというのは地域によって異なる部分もあり、包括的に検討し最適な手段で今後も情報を提供していく。

確かにそれぞれのメディアの良さというものもあると思いますが、ネットに特化しているネクストの『HOME’S』などは、広告出稿コストも低いですし、物件情報がたくさん集まってきているようです。
ネットの特徴として、情報掲載コストが安い、情報が新鮮、全国の賃貸情報を一覧することができる、など広告主・ユーザーともに多くのメリットがあると思います。同じ地域内の引越しなら雑誌でも探せますが、離れた場所に引越す場合ネットでないと探せません。
またネットの特徴として、ヤフオクのように一番情報が集まるサイトだけが利益を上げられるます。今の様に過去のビジネスモデルに固執し、全方位外交でネット部分で出遅れると、近い将来取り返しの付かない事態にもなりかねません。雑誌を廃刊している地域もありますが、もっとネットに特化して、雑誌発行コストを広告費に回すくらいのことをしていかないと、中期計画の様に本業部分を積上げていけないような気がしてしまいます。私の単なる杞憂に終わればいいんですがあせあせ(飛び散る汗)

(4-3)先ほど説明もあったが、旅行や興行など赤字が続いている子会社がある。減損などで連結決算への影響も大きく、減損しても赤字が続いている。小規模で事業を続けてもメリットがないので、専業の会社に売却するなど、そろそろ撤退の判断も必要なのではないか?
→ご指摘の様に旅行業は4期連続の赤字、興行業は2期連続の赤字になっている。対策として、旅行は第18期の第4四半期、興行は第18期の第3四半期に経営陣の変更も含めたビジネスプロセスの見直しに取り組んでいる。結果として利益の改善を定量的に確認できているので、今期さらにブラッシュアップすることで、間違いなく黒字化できるという判断の元に、今期も事業を継続している。

(5-3)投資用不動産18.35億円を取得したと書いてあるが、どんな不動産に投資したのか?
→2008年12月に賃貸用マンションを2棟購入した。札幌と名古屋の物件で、安定した家賃収入で投資を上回るリターンを確保できている。今後の状況を見ながらきっちりマネジメントしていきたい。

(6-4)3号議案でストックオプションに関連して、既存の発行分がすべて行使されたらどの程度株数が増えるのか?また配当総額を上回るような多額の自己株取得をしてくれて株主還元として感謝しているが、この自己株をストックオプション(以下SO)に充当する考えなのか?
→今回のSOは取得した自己株を充当するので、発行済み株式数への影響はない。既存のSOについては招集通知に記載している。

(7-4)渡邉監査役の出席率が低い。さらに会社と顧問契約を結んでいて独立性に問題があるのではないか?こういったことが先ほどの不正会計にもつながっているのではないか?
→渡邉監査役は昨年1月の株主総会で選任したので、出席回数はそれ以降の回数となっている。貴重な意見も頂いているので、監査役会は十分機能していると考えている。(顧問契約を結んでいるが)業務にはタッチしていないので独立性も担保されている。

ふつう招集通知の社外役員の出席率は、期中に就任した場合、就任後○回開催中△回出席という形で掲載されています。書き方を見直さないと、質問の様に出席率が低いと思われてしまいます。
(8-4)減損損失10億円の内訳が記載されていない。内容を教えて欲しい。
→興行子会社光藍社ののれんの減損が9.28億円とほとんどを占めている。
(9-4)匿名組合投資損失が65百万円発生しているがその内容は?B/S上いくら残っているのか?
→匿名組合投資はリート(不動産投資信託)への投資です。

この質問には回答にかなり手間取っていました。事務局と調整した結果でてきた回答が上記の通り簡単な内容だけです。残存額の質問に答えていませんし、もう少し詳しくなぜ投資したのか、今後の損失見込みはどうかなど回答してもいいのでは?と感じます。なぜ回答にこんなに手間取ったのかexclamation&questionも疑問を感じますね。何に投資しているのか実はよく分かっていないなんてことではないですよね?
CHINTAI

(10-4)短期貸付金が6.9億円計上されているが、どこに貸していて回収は大丈夫なのか?
→保険事業を行っている子会社エーシーサービスの貸付金で、長期貸付金0.95億円を含めて医療法人社団への貸付を行っている。

なぜ貸付を行っているのか?回収の可能性は大丈夫なのか?などの説明がなく、内容がよく分かりません。特に事務局と相談しながら回答した後半の質疑応答は、簡単な項目だけの回答が目立ち、投資や貸付の必要性などがよく分かりませんでした。株主にもっと理解してもらえるよう詳しく丁寧に回答する必要があるのではないかな〜と感じました。

質問がなくなるまで対応していましたし、形式上はしっかり質疑応答に対応していましたが、質疑応答が噛み合っているか?内容が充実しているか?というと疑問を感じてしまいます。手塚社長は丁寧に回答していましたが、想定問答通りというか淡々と回答している感じで、経営陣の熱意が伝わってくるexclamation×2という感じはあまりしませんでした。まあ社長のキャラクターという部分もあるのかもしれませんが。そういった意味では他の取締役、特に佐藤会長の発言も聞いてみたかったですね。
社内取締役の平均報酬は約4千万円とかなり高額に感じてしまいます。それだけの報酬をもらっている優秀な役員陣の積極的な発言を期待していたんですが、社長以外は一言も発しませんでしたもうやだ〜(悲しい顔)
株主総会の最後に選任された取締役の紹介がありましたが、一礼するだけで「よろしくお願いします」などの挨拶もありませんでした。ふつう一言くらい挨拶するものなんですけどねたらーっ(汗)


全体を通して感じた印象は、高い知名度を活かして過去から蓄積してきたキャッシュが豊富にあり、財務内容もしっかりしていますが、それゆえ投資判断が甘くなり、業績の足を引っ張っているな〜ということです。旅行業や興行業などノウハウのない部分にM&Aで手を広げて、結果として赤字や多額の減損を迫られたり、匿名組合へ投資や賃貸マンションの購入など、そんなものに投資していて大丈夫なの?と感じてしまいます。本体に余裕がある分厳しい決断を先送りしているようにも感じてしまい、赤字子会社も抜本的な対応を取っている様に思えません。航空券の発券などコミッションがどんどん下がっていく・廃止されていく中で大手の会社でも苦労しているのに、たかだか16億円ほどの規模で本当に黒字化できるんでしょうか?たとえ黒字化できたとしても本業のような利益率は望めません。利益率が低い業種に経営資源を投入するより、本業をもっと強化していかないと同業他社との競争に遅れをとることになるんじゃないかな〜と心配になってしまいます。
今期は黒字化できるということですので見守るしかないですが、黒字化しても低利益率しか見込めないなら、もっと経営資源を投入する先はあると思うんですが。あまり書き過ぎると無理してでも黒字化させようとがんばりすぎる恐れもあるので、このくらいにしておきます。
ロシア関連の興行というのもリスクが大きいように思いますね。その分当たればリターンも大きいのかもしれませんが、賃貸情報会社がそこまでリスクを取る必要があるのかexclamation&questionというと疑問を感じます。

豊富なキャッシュを元に事業領域を広げて、その後始末に追われているうちに、本業の利益率がどんどん低下してきています。今後賃貸情報がさらにネット上に移行していくと、競争で利益率も低下していくと思います。そこで生き残れば圧倒的なシェアと高い利益率を得る事ができますが、競争に負けてしまうと事業基盤を失ってしまう恐れもあります。豊富なキャッシュは本業、それもネットやモバイル部分に集中して投資する必要があるんじゃないか?と思うんですけどね。
競合他社の戦略も含めて、今後の推移を見守りたいと思います。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

CHINTAI
 子会社の会計不祥事もあり、礼に始まり礼に終わるという感じの株主総会でしたグッド(上向き矢印)


posted by Zaimax at 01:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月30日

パーク24(4666)2010年株主総会レポート

2010年1月27日(水)10時から東京都港区のホテルパシフィック東京1階 萬葉の間で開催されたパーク24(4666)の株主総会に行ってきました
パーク24は、『Times(タイムズ)』ブランドの駐車場事業と、カーシェアリングも含めたレンタカー事業(マツダレンタカーをM&A)を行っている会社です。
パーク24の株主総会に出席するのは初めてです。

2010年1月株主総会
 会場のホテルパシフィック東京 グッド(上向き矢印) 2010年9月末で閉館となります

今日はHIS(9603)の株主総会と重なっているので、パーク24は株主総会後の経営近況報告会から参加する予定でした。しかしHISの株主総会が予想外に長引き、結局パーク24には参加できませんでした。
なので、このレポートはほとんど内容がありません。ぜひ出席された方々からの情報、レポートなどをお待ちしております。この間の経緯などは下記の記事にまとめています。

   2.1社の株主総会に行ってきました(笑)

2010年1月27日(水)の株価 952円(東証1部 4666)100株単位 10月決算
PER 21.1倍、PBR 3.70倍、配当利回り 3.15%、株主資本比率 40.0%
株主優待 10月末の株主に株数に応じてタイムズチケット(駐車サービス券)を進呈
  100株以上 2千円分
 1000株以上 5千円分
 5000株以上 1万円分


     パーク24(4666)のホームページ

     パーク24(4666)のヤフー株価情報

   過去10年間の株価推移
パーク24(4666)
配当利回りは比較的高いですが、株価収益率など株価指標面から見ると割安感は感じられませんね。株価は2006年までは上げ基調でしたが、その後は下落して行って来いという値動きでした。2009年以降は反発して現状千円前後をウロウロしています。

スケジュール
10:00〜    事業報告 が始まったと思われる(笑)

 第1号議案 剰余金処分の件 配当30円
 第2号議案 定款一部変更の件
 第3号議案 取締役3名選任の件
 第4号議案 監査役2名選任の件
 第5号議案 補欠監査役1名選任の件

株主総会後、休憩をはさみ経営近況報告会
どんなスケジュールで行われたのかなど情報を募集しております

お土産 播磨屋本店のお煎餅 はりま焼 535円相当?、カレンダー
     株主総会終了後に出席票と引換(ネット上の情報です)

   播磨屋本店の『はりま焼』


お煎餅美味しそうですね。逃した魚は大きいという感じでしょうか?ぜひ来年は先渡しでお願いします(笑)

パーク24(4666) 2010年1月株主総会
上記がお土産引換券というか出席票ですが、お土産と引き換えていないのでまだ手元にあります。有効期限はいつまでなのでしょうかわーい(嬉しい顔)

飲み物サービス なし
経営戦略説明会 あり 株主総会後に実施
懇親会 なし


パーク24(4666)
会場には早く着いたので、まだ誰もいません グッド(上向き矢印)
ここが受付になります。株主総会は10時からですが、9時頃受付が開始となりました。
広い会場内には係員がたくさん配置されていて、さらに両側部分の席は入れない様にテープ止めされていました。中央部から席を埋めていくよう会場係の人が誘導していました。
会場内にはテーブルも用意されていて、メモを取ったりするのに便利ですね。
パーク24(4666)

ぜひ来年は株主総会に参加して、お土産もゲットしたいですねexclamation×2
そのためにも株主総会開催日の分散を考慮してもらえるとありがたいですね。
あるいは、経営近況報告会も含めると長時間におよぶので、10時から開催ではお腹が空いてしまいます。いっそのこと昼食後の13時から株主総会を開催すると、参加する株主にとっても便利なんじゃないかな〜と思います。
そしてホテルパシフィック東京は9月末で閉館となるので、来年はどこで株主総会を行うのかも気になるところです。さらに出席しやすい株主総会になるよう、会社側の改善に期待したいですねひらめき
あまり内容のない記事に最後までお付き合いいただきありがとうございます。今後さらに充実した内容になるよう精進を続けていきます。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   Windows7搭載パソコン購入は、高性能でお得なドスパラがお薦めですひらめき

posted by Zaimax at 10:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

2.1社の株主総会に行ってきました(笑)

1月26日の夜行バスで名古屋を出発し、一睡もできないまま東京での株主総会をはしごして、先ほどまた高速バスで帰ってきました。
詳しいレポートは順次まとめていきますので、楽しみにしていてくださいねるんるん

今回出席してきたのは、下記の3社です。ですが参加できたのは2.1社でしたあせあせ(飛び散る汗)
 1月27日(水)
  パーク24(4666)10時から品川 ホテルパシフィック東京
  エイチ・アイ・エスHIS(9603)同じく10時から新宿 ヒルトン東京
 1月28日(木)
  CHINTAI(2420)10時から芝公園 ザ・プリンス パークタワー東京


27日は2社重なっているんですが、ここ数年の株主総会にかかった時間を調べてみると、エイチ・アイ・エスはほぼ1時間半くらい、パーク24も同じく1時間半くらいなんですが、15分ほどの休憩をはさみ経営近況報告会が行われています。なので私のプランでは、まずパーク24に顔を出して受付だけ済ませた後、新宿に直行してHISの株主総会に出席exclamation×2
終了後急いで品川に戻りダッシュ(走り出すさま)パーク24の経営近況報告会に参加手(チョキ) というものでした。
これでパーク24のお土産もゲットできますわーい(嬉しい顔)

予定通り朝5時半前に東京駅に到着しました。そして品川へ
ぶらぶらと寄り道しながら、会場のホテルパシフィック東京に着きました。
2010年1月株主総会
 ホテルパシフィック東京は、2010年9月末で閉館になるそうです グッド(上向き矢印)
2010年1月株主総会
そして無事受付を済ませ、出席票もゲットしました。出席票がおみやげ引換券になっているので、これさえあればお土産もいただけます揺れるハート
2010年1月株主総会

そして山手線で新宿へダッシュ(走り出すさま)ぎりぎりで焦りましたが、無事HISの株主総会に間に合いました。
HIS
あとは1時間半ほどHISの株主総会を楽しんで、品川に戻るだけです。プラン通り順調に進んでいます手(チョキ)
ところがexclamation×2質疑応答がいつまで経っても終わりませんがく〜(落胆した顔)
と言っても大荒れの総会というほどでもなく、やや荒れくらいなんですが(中荒れくらいかなわーい(嬉しい顔))、1人で30分も質問する人や、バス事故の問題を延々と指摘する人や、堂々巡りしながら長々と自分の考えを述べる人がいたりと色んな人がいたんですが、私の予定(笑)の1.5時間を過ぎても終わりそうな気配さえありません。そのまま12時を過ぎてもまだまだ質疑応答が続き、やっと2.5時間くらいで終了しました。
HISについては、ハウステンボスの経営支援について協議に入ったというニュースがあり、心配する株主から質問も出ていました。私もHISには荷が重いというかリスクが大きすぎるな〜と思っていましたが、今日28日の日経新聞に『経営支援は困難と管財人に伝えた』という記事が出ていましたねexclamation×2まだ先行きは分かりませんが、ちょっと安心しました。


急いで新宿駅に向かいましたが、すでに1時を過ぎています。品川方面の電車もちょうど行ってしまったところという不運も重なり、このまま品川に行っても1時45分くらいになってしまいます。
パーク24の株主総会が何時間かかっているか分かりませんが、経営報告会を含めても1時過ぎには終わっていると思うので、今さら行っても誰も居そうにないな〜と思い、品川に行くのをあきらめました。しかし駅構内に入っているので入場料として130円取られるというおまけ付きですあせあせ(飛び散る汗)いまどき入場料とはもうやだ〜(悲しい顔)
そんなわけで27日に出席できたのは1.1社でした(笑)
     2010年1月株主総会
手元に残った『おみやげ引換券』グッド(上向き矢印)はいつまで有効なんでしょうか?
今からでも会社に送ればお土産が貰えるかな〜(笑)そんなわけないかたらーっ(汗)
今年はどんなお土産だったのか、もらえなかっただけに余計に気になりますねexclamation×2
そして株主総会の様子も気になります。ぜひ出席された方のレポートをお待ちしていますひらめき

CHINTAI
そして、今日28日はCHINTAIの株主総会グッド(上向き矢印)に出席しました。
会場は東京タワーすぐそばのザ・プリンス パークタワー東京なので、同じ位の高さから東京タワーが見えるかな〜と楽しみにしていましたが、よくよく見たら会場は地下2階でした(笑)
パークタワーという名称なのに、バンケットルームのある棟は地上1階地下2階みたいな感じで、東京タワーの眺めは良くないです(笑)
代わりに会場となりの増上寺境内で写真を撮ってみました。
2010年1月株主総会


そんな感じで2泊(1泊は車中泊)3日の東京出張?で2.1社の株主総会を楽しみ、また高速バスで帰ってきました。
明日以降、まずは質問の少なかったCHINTAIの株主総会からレポートをまとめていこうと思っています。HISはかなり長くなりそうなので後回しです。一番簡単なのはパーク24なんですが、内容がほとんどないのでまとめてもねぇわーい(嬉しい顔)
posted by Zaimax at 23:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月25日

学情(2301)2010年株主総会レポート

2010年1月22日(金)10時から大阪市北区の学情梅田コンパス10階 コンパスホールで開催された学情(2301)の株主総会に行ってきました
学情は、大学生の新卒を中心に『就職博(合同企業説明会)』 『モバ就 就職活動応援ケータイサイト』などの就職情報事業を行っている会社です。
学情の株主総会に出席するのは初めてです。
   学情(2301)
     大阪駅近くにある学情本社ビル グッド(上向き矢印)

私1人で出席できる株主総会には限りがありますので、株主総会情報をお送りいただくのも大歓迎ですexclamation×2
読者の皆さまのお力も借りながら、2010年も株主総会レポートを充実させて行きたいと思っていますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。

2010年1月22日(金)の株価 293円(東証1部 2301)100株単位 10月決算
PER 68.9倍、PBR 0.76倍、配当利回り 3.41%、株主資本比率 90.3%
株主優待 なし

企業の採用意欲が急減していることから、前期は売上半減・赤字、今期も減収・なんとか黒字転換予想という状況なので、PERはあまり参考になりません。

     学情(2301)のホームページ

     学情(2301)のヤフー株価情報

   東証上場以来の株価推移(2002年5月31日JASDAQ上場)
学情(2301)
東証上場以来の株価推移は上記の通りで、2,500円くらいをピークにだらだらと下落しています。東証上場時に7,207円で公募増資を行っているみたいですが、その後4分割しているので実質1,802円に相当します。公募で買った株主からすると84%ほど下落していることになります。

   上場以来の株価推移
学情(2301)

一方、JASDAX上場時からの株価推移を見てみると、上記の通り行って来いという動きです。上場当時に買った株主は現在の株価でもプラスになっています。株価は東証上場当時がピークで、その後急落となっています。業績も2006年後半から陰りが出てきたようで、業績の伸び悩みとともに割高に評価されていた株価も大幅調整という動きのようです。

スケジュール
10:00〜10:17 事業報告 招集通知を社長が読み上げ
10:17〜10:33 質疑応答 質問者2人 計4件 16分
10:33〜10:36 決議事項の説明・質疑応答(0件)・採決 拍手方式 すべて可決

 第1号議案 剰余金処分の件 配当5円(中間配当7円と合わせ12円)
 第2号議案 監査役1名選任の件 土屋常勤監査役辞任に伴う選任

10:36〜10:36 新任監査役紹介

学情(2301)

学情(2301)
お土産 本高砂屋の焼菓子エコルセグッド(上向き矢印) 1,050円
     株主総会終了後に出席票と引き換え(賞味期限 2010.5.21)

   本高砂屋のホームページ

飲み物サービス なし
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、それほど盛り上がらずあっさりと終わってしまいましたが、お土産が用意されているということで学情(2301)の株主総会格付けは『D+』としました。

学情(2301)
   本社ビルのエントランス グッド(上向き矢印) 手前の小さな看板に株主総会の案内がバッド(下向き矢印) 控えめですね(笑)
     学情(2301)

   株主総数とその株式総数     3,824名、株式総数  1,556万株
   議決権を有する株主数       3,595名、その議決権数 127,284個
   議決権返送&出席株主数      711名、その議決権数  83,072個

学生向けにセミナーを行っている会社で本社ビルで開催ということで、机もあるんだろうな〜と思っていましたが、会場内は椅子のみで13×5の配置で65人分の席が用意されていました。それほど広い会場でもなかったので、出席者は20〜30人なんだろうな〜と勝手に思っていました。エレベーターで10階に上がると目の前が受付で、議決権などの集計を行う事務局は会場入り口という窮屈なレイアウトでした。
受付ではマスクも渡され、さすが冬場の株主総会だなと感じました。毎回来ているんだと思いますが、受付でお土産だけ貰いに来たので用意してくれと言っている株主がいました。このやり取りを聞いていてお土産があるんだるんるんと分かりました(笑)
10時が近付くに連れて続々と株主が増えて、前方には空きもありましたが後方は満杯という状況になってきました。株主総会開始後にも出席者は増えて、椅子を追加していました。60人以上は来ていたんじゃないでしょうか?そんなに知名度の高い会社でもないのに出席者が多いのは意外でした。相当豪華なお土産でもあるのか気になりますねわーい(嬉しい顔)

前期の業績は売上半減で赤字転落、上記チャートの様に株価も大きく下がっているので、一言言いたい株主がたくさんいるのかもしれませんね。関西の株主中心だと思うので、どんな厳しい質問が出るのかな〜と期待も高まりますね。振り返ってみると、関西で株主総会に参加するのは実質的に初めてなので、どんな株主総会になるのか楽しみですね(笑)
会場内はスーツ姿の人も多く、取引先など関係者もいるようです。前方に座った株主は、議事進行に合わせて積極的に拍手などしていて、いかにも会社側の人間という感じでした。

学情(2301)

10時直前に中井社長以下経営陣が入場し、株主総会が始まりました。
まずは、急な体調不良で片山取締役が欠席すると説明がありました。取締役は社長も含めて3名しかいないのに、1名欠席とはさみしいですね。学情は取締役は3名ですが、監査役は4名で取締役より多いという珍しい会社です。
そして議事進行を記録するためビデオ撮影を行うという説明がありました。

事業報告は中井社長が招集通知を読み上げる形式で行われました。事業分野が学生の就職支援に絞られているので、事業報告も短く全体で17分で終了しました。
そしていよいよ質疑応答の時間となりました。これだけ多くの株主が出席しているし、たくさん質問が出るんだろうな〜と楽しみにしていましたが、中井社長が「ご質問はありませんか?」と呼びかけても一向に反応がありませんあせあせ(飛び散る汗)もしや質問なしexclamation&questionと思った時にやっと1人が質問し、続いてもう1人が質問しました。社長は何度も呼びかけていましたが結局質問したのは2人だけでした。大阪だからもっとたくさん質問が出るだろうと楽しみにしていたのに、肩透かしをくらった感じでした。こんなにたくさん出席しているのに質問が2人だけとは、一体なんのために株主総会に来ているのか理解に苦しみますね。業績や株価が堅調ならまだしも、上場以来初の赤字決算というのに、何も質問がないというのはちょっと異常だと思います。株主として経営陣を監視するという務めを放棄しているようにも感じてしまいます。まあこの位にしておきますが。


質疑応答は議長の指名を受けると、会場係の人がマイクを持ってきてくれる形式です。質問が2人ということもあり、すべて中井社長が答えていました。事務局からメモも入っているようでしたが、ほとんど自らの言葉で語っていました。質疑応答の時間のうち大半は社長が語っていて、前期の業績の背景など詳しく説明してくれました。このようにしっかりと語ってくれると、事業に精通しているなとか自信があるんだなと感じて安心しますねひらめき
もっと株主が積極的に質問すれば、色々な話が聞けていい株主総会になるのにな〜と残念でした。

学情(2301)

質疑応答 質問の数字は前が質問番号、後ろが質問者番号を表しています
(1-1)「モバ就」が好調のようだが、参入障壁が低く競合他社も参入しそうに感じるが大丈夫なのか?
→学情の競合会社は、リクルートや毎日コミュニケーションズになるが、まだパソコンのWEB上での展開が中心でモバイルは補完的に利用しているにすぎない。当社の方向とは異なっており、今後も「モバ就」に力を入れて行く。
(2-1)決算短信では「高収益体質への回帰スピードをあげてまいります」と書いてあるが、今期計画も利益水準は低い。どのような戦略でいつ頃高収益体質に回帰するイメージなのか?
→学情は高収益企業で20%を超える利益率だったが、リーマンショック以降厳しくなり、前期は売上が半減してしまった。損益分岐点も低かったので2〜3割の売上減なら耐えられたが、半減ということで赤字になってしまった。売上が突然半分になるというのは、30年の経営経験の中でも初めてで、前期は創業以来初めての赤字になってしまい、株主の皆さまにもご迷惑をお掛けしてしまった。
33期(今期)については30%の経費削減を掲げ、社員の給料も削減するし、役職員については50%以上の手当削減を行う。今期の計画を見て貰えば分かるが、前期より売上が15%減少しても利益が出るような体質に変えていく。私は今の環境を厳しく見ているので、売上が伸びれば利益も出るだろうという認識ではなく、売上が減っても利益が出るような体制を目指していく。
一方増収策も大切で、コストを削減しながら増収策にも手を打っていく、両方を行っていくことが大事だと思っている。
増収策の1つは先ほどから説明している『モバ就』で、戦略的な商品として大きく伸びてきているので今後も伸ばしていきたい。もう1つが公的部門で、話題になっている農林水産省が推進している『田舎で働き隊』などの実績がある。その他にも不況時には若者の雇用を増やすため、厚生労働省や経済産業省などの公的部門が様々な取組みに力を入れてくるので、この分野にも力を入れていく。
こういった増収策にも取り組みながら、高成長で高収益な企業を目指していきたいが、前期は100年に1度という危機で株主の皆様のご期待に応えられなかった。この危機を乗り越え株主の皆様からお褒めいただけるような経営をしていきたいという想いがあるので、ご理解いただきたいと思います。



(3-2)先ほど今後の戦略などを語っているが、今期の目標や中期計画など具体的な目標を教えて欲しい
→今期は14%減収、黒字転換を計画している。とはいえ利益水準は低い。今期も厳しい環境が続くと想定しており、堅めの目標にしている。
3年前に中期計画を立てて、7年で売上100億円を目標にしていた。環境が大きく変わってしまったので、今後中期計画の見直しを行っていく予定です。

中井社長の回答では、今期は堅めの目標にしているということなので、今後の景気動向によっては上方修正が見込めるのかもしれませんね。前々期から比べると売上は半分以下になるのに、黒字になるというのは素晴らしいですね。利益水準は低いものの、それだけ環境変化に対する対応が素早いということなので、評価できると思いますね手(チョキ)

(4-2)株価は大きく下がっており、昨日の終値は301円と買値の1割近くに下がっている。会社として今の株価をどう考えているのか?株価対策を教えてほしい
→株価が上がるような環境を作って行かなければならない。業績を上げていくのが1番で、将来性があると感じてもらうことが大切です。
過去の業績を振り返ってみると、景気がいい時には大きく業績を伸ばし、不況時には減益になるという感じで景気変動の影響を大きく受けてきた。これではいけないと思うので、今後は新しい分野への進出が必要だと考えており、公的部門にも力を入れていく。不況期には雇用創出など公的部門の事業が大きくなるので、景気変動の影響を受けにくくなる。
そして今期はまったく新しい分野に進出する。それは大学向けのコンサルティング事業で大学からお金をもらう。不況になると大卒の就職率も大きく下がり、現状では1/3くらいになっている。親御さんからは高い授業料を払って進学させているのに就職できないとは何事かexclamation×2と大学にたくさんのクレームがきていて、大学も困っている。学情の就職支援事業に対する期待も大きく、需要は大きいと考えている。
公的部門の事業獲得とも合わせて、もっとパブリックな社会の役に立つ会社になっていきたい。

質問には中井社長が丁寧に答えていました。もっと多くの質問が出て活発な株主総会になるといいんですけどね。大阪の株主は意外とおとなしんでしょうか(笑)もっと鋭い質問をたくさん投げかけるんじゃないかと期待していたんですけどねぇわーい(嬉しい顔)
毎回こんなものなんでしょうか?
と思って『論談』というホームページで調べてみたら、2009年は質問者3人で33分で終了、2008年は質問1名で35分と毎回30分台で終わっているようです。なんとも残念な感じですねもうやだ〜(悲しい顔)

その後、議案の審議に移りました。1件づつ議案の説明、質疑応答、決議を行っていく形式です。しかし質問がなかったのであっけなく終わってしまいました。質問に対しては丁寧に答えていて好感が持てましたので、もっとたくさん質問が出ると良かったんですけどねひらめき
30分台で終わってしまう株主総会は久しぶりですね。あまりにも早く終わったので、その後の予定が狂ってしまいました(笑)


中井社長の説明では、今期は聖域なく徹底的にコストダウンを行っていくようです。さらに低コスト体質に磨きをかけ、不況にも強い公的な部門を増やしていけば業績は安定し、好況時には大きく伸びるということも十分考えられます。大学向けの新分野に進出していくのも楽しみですねひらめき今後少子化が進む中で、企業にとっても人材の採用は重要になってきますし、おもしろそうな会社だな〜と感じました。
ただ過去最高益時のEPS(1株当たり利益)は48円ですから、1,500円を超えるような過去の株価は、高く評価されすぎだったとも感じます。それだけ成長期待が高かったのかもしれませんが、もっと利益水準を上げていかないと、最高値更新は難しいんじゃないかなと感じてしまいます。新規事業の進展も含めて学情の今後を見守っていきたいですね。
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

     学情(2301)
posted by Zaimax at 23:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

シイエム・シイ(2185)2009年株主総会レポート

2009年12月22日(火)10時から名古屋市中区の社団法人 名古屋銀行協会 5階大ホールで開催されたシイエム・シイ(2185)の株主総会レポートです
シイエム・シイ(CMC)は、トヨタなどの自動車メーカー中心に、販売店向けのマニュアルや顧客向けの取扱説明書などの作成を行っている会社です。シイエム・シイは2008年12月4日にジャスダック証券取引所に上場したので、上場後初めての株主総会になります。

シイエム・シイ(2185)

このレポートは株主総会に出席した方から情報を頂きまとめました。私1人で出席できる株主総会には限りがありますので、株主総会情報をお送りいただくのも大歓迎ですexclamation×2
読者の皆さまのお力も借りながら、この株主総会レポートを充実させて行きたいと思っています。

2009年12月22日(火)の株価 1,584円(JASDAQ 2185)100株単位 9月決算
PER 6.3倍、PBR 0.48倍、配当利回り 3.79%、株主資本比率 75.2%
株主優待 なし


     シイエム・シイ(2185)のホームページ

     シイエム・シイ(2185)のヤフー株価情報

   上場来の株価推移 2008年12月4日に上場
シイエム・シイ(2185)
上場時の公募価格は1,900円ですが、金融危機直後の厳しい相場環境のなか上場したので、最初から公募価格割れでスタートしています。その後さすがに割安なためか株価は3千円近くまで上昇しましたが、11月初めに急落しています。今期の予想が減収減益になるのを織り込む動きなんでしょうか?
その後は1,500円台で推移しています。

スケジュール
   9時45分頃からスクリーンで会社紹介映像を上映
10:01〜10:30 事業報告 スライド+社長読み上げ
10:30〜10:41 質疑応答 質問者2人 計5件 11分
10:41〜10:49 決議事項の説明・質疑応答(1件)・採決 拍手方式 すべて可決

 第1号議案 剰余金処分の件 配当40円
 第2号議案 定款一部変更の件
  株券電子化対応と取締役会の決議で自己株式の取得ができるよう変更
 第3号議案 取締役6名選任の件 全員再任

シイエム・シイ(2185)
お土産 アンリ・シャルパンティエ(HENRI CHARPENTIER)の焼菓子グッド(上向き矢印) 先渡し

   アンリ・シャルパンティエ(HENRI CHARPENTIER)

飲み物サービス 350mlのお茶ペットボトル
経営戦略説明会 なし
懇親会 なし


さて注目の株主総会格付けですが、お土産が用意されているということで、シイエム・シイの株主総会格付けは『D+』としました。

シイエム・シイ(2185)

   議決権を有する株主数      1,019名、その議決権数  22,429個
   議決権返送&出席株主数      287名、その議決権数  19,599個

上場後初めての株主総会ですが、会場内は椅子のみで12×8の配置で96人分の席が用意されていました。出席者は30人弱で、なかでもスーツ姿の人が7〜8割と目立ち、取引先などの関係者が中心のようです。上場後最初の株主総会ですし、一般的な知名度は低いBtoBの会社なので、こんな感じなのかもしれませんね。会場入り口ではお茶のペットボトルとマスクも用意されていました。

シイエム・シイ(2185)
上記の通り役員着席図グッド(上向き矢印)も用意されていて親切ですね。
初めての株主総会ということもあってか、開場前はシーンとしていて緊張感が張り詰めている感じでした。株主総会開始前には、スクリーン上で会社紹介映像が流されていました。

シイエム・シイ(2185)

事業報告は龍山社長が招集通知を読み上げる形式で行われ、関連するグラフなどをスクリーンに表示していました。時々龍山社長が読み間違える部分がありましたが、その都度事務局の人が間違いを指摘して、社長が読み直していました。人間なんですから読み間違いもあると思います。そんなに1つ1つ正さなくてもいいと思うんですがわーい(嬉しい顔)


事業報告に続いて質疑応答となりました。
会場内には両サイドにマイクが2本置かれていましたが、議長の指名を受けると係員がマイクを持ってきてくれる形式でした。
質問には社長や役員が分担して回答していました。関係者以外の出席者が極めて少ないので、質問したのも2名だけであっさりと終了しました。
シイエム・シイ(2185)

質疑応答
(1)64億円ある利益剰余金はどのように使う考えなのか?
→CMCの事業はトヨタ車の取扱説明書や修理マニュアルなど、今までは本(紙ベース)だったが、DVDやネット上へ移行していくと思う。今後はCGや映像関係などのノウハウが必要になる。これらの分野をM&Aなどで補うために資金を使っていきたい。
もう一つは、CMCのクライアントは製造業が多いが、海外に進出している。日本と同じ様なサービスが海外でも求められているので、海外事業展開にも資金を使っていく。
(2)名古屋に本社を置いておく意味はあるのか
→現状の主要顧客はトヨタ自動車なので、名古屋に本社を置いている。
(3)中国など海外事業の状況を教えて欲しい
→米国と中国に子会社がある。米国は100%子会社で、売上2,392千$経常利益98千$、中国の子会社は63.8%出資していて、売上5,711千元 経常利益16千元です。
(4)CMCの事業はアウトソーシングで、過去は自社内で行っていた仕事が多いと思う。自動車メーカーも業績が厳しく、人材も余っている状況で、また自社内に取り込もうという動きはないのか
→今のところ内製化の動きはなく、どちらかといえば他社もアウトソースして行こうと言う流れです。
(5)関副社長はトヨタ出身だが、メーカーから見てCMCに委託するメリットをどのように考えているか
→(関副社長)自社内で行うには相当な人員が必要になってくる。またCMCには深いノウハウが蓄積されていることが委託するメリットです。


その後、議案の審議に移りました。1件づつ議案の説明、質疑応答、決議を行っていく形式です。
第1号議案 剰余金処分の件について質問が1件ありました。
(1)配当性向の目標はあるのか?
→配当性向15〜20%という目標を定めている。今期の配当は増配して60円を予定しているが、今期の利益予想からすると配当性向24%となる。今期はトヨタのモデルチェンジの端境期と考えていて、減収減益予想になっているが、通常の収益環境になれば配当性向15〜20%程度になると思っている。

出席者も少ないのでそれほどの盛り上がりもなく終了しましたが、質問に対しては丁寧に答えていました。
今期が減益予想ということで株価が下がっていますが、会社側の説明通り本当に端境期で、来期以降また利益水準が上がってくるなら割安な感じがしますね。消費者向けのサービスを提供している会社ではないので、一般的な知名度がほとんどないことも株価が割安に放置されている理由の1つだと思います。トヨタ自動車への依存度が高い(前期で売上高の57.2%がトヨタ自動車向け)こともリスクの1つですが、他の自動車メーカーや家電メーカーなどにクライアントが広がり、また海外展開も進んでいくならおもしろそうな会社になるかもしれませんねるんるん
 ブログランキングに参加しています 次項有 にほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
 クリック応援よろしくお願いします
るんるん クリックすると別画面でブログランキングが開きます
   FX取引なら 株式も証拠金として使えるまじめなマネーパートナーズがお薦めですひらめき
外国為替証拠金取引|マネーパートナーズ

シイエム・シイ(2185)
posted by Zaimax at 18:20 | Comment(3) | TrackBack(0) | 株主総会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月16日

2010年の株価はどうなる???

毎年年始には、証券会社各社でも新春セミナーと題して、2010年の相場を展望するというようなセミナーが開催されます。
昨日は天下の野村證券の新春セミナーに参加してきました。
そして今日は商品先物会社 第一商品のセミナーに参加してきました。こちらは新春セミナーではなく毎月開催している定例セミナーですがわーい(嬉しい顔)

   第一商品のセミナー情報 全国の支店で行っています

証券会社と商品先物会社では扱っている商品も違い、相場に対する見方というか勧めたい商品が違うので、両方聞くとバランスが取れていい感じですねひらめき

野村證券はやはり株を買ってもらわないと商売上がったりなので(笑)、今年は株価もボックス圏を抜けて上がっていくのではないかという見方でした。企業業績も2010年以降は回復してきますし、出遅れている日本株は上がるという考えです。中国やブラジルなども成長するので、これらの国への投資もお薦めのようです。まあ新興国に投資する投資信託などを買って欲しいということでしょうねわーい(嬉しい顔)

一方、第一商品の勧めたい商品は金やプラチナなどの商品です(笑)
今回は、貴金属アナリスト 亀井 幸一郎さんの講演でなかなか面白かったですね。引き続いて第一商品の社員からの講演という2部構成になっています。
亀井さんの話では、米国は政府もFRBもゆるやかなドル安を望んでいるので、金利も今年は上げられないだろう、そのため金価格もまた最高値を更新して1300$くらいまではいく可能性がある。円相場もまだ振り切った感じはしないので、最高値の79円の更新にチャレンジする場面もあるのではないか?ということです。世界的な不均衡の是正でG20で合意しているので、少々の円高で為替介入はできないだろうということです。
円高が進めば日本の株価もまた調整する可能性もありますね。 年初から日本の株価は好調ですが、このまま行くのかまた調整するのか見方が分かれるところですね。今年は長期ホールド一辺倒ではなく、どちらに進んでも問題ない様な投資戦略を立てたいものです。

その後の社員からの講演では、日本株のPERは40倍近く、海外は15〜20倍程度なので割高だ、日本政府の財政破綻も危険水域に近付きつつあり、数年先には大幅な円安そしてハイパーインフレも考えられるということで、金などの商品もぜひ投資先に加えてくださいという内容でした。毎回危機感を煽る内容ですが、確かにその通りの部分もあるので注意は必要ですね。

どちらもストーリーを裏付けるようなデータやグラフなどを使って説明してくれるので、もっともらしく感じてしまいます。
データなどと言うものは、いつの時代でもいい数値も悪い数値も出てきますし、同じデータでも捉えかた次第で良くもなれば悪くもなります。だからこそマーケットで売買が成立するわけですが(笑)1人1人が違った捉えかたをするので、売る人もいれば買う人もいて売買が成立するわけです。

ここで大事なのは自分で納得行くまで考えることだと思います。その点で証券会社の話だけを聞いていると偏った見方になる恐れもあります。商品先物会社やFX会社などの考え方を聞くのもバランスが取れていいかなと思います。また、投資家仲間と情報交換するのも楽しいですし、考え方が広がって役に立つと思いまするんるん


ここからはPRですが、明日17日は第7回目のキャッシュフローゲーム会を開催します。ゲーム会には投資をしている人や興味を持っている人が集まってくるので、投資話で盛り上がるのもとても楽しいです。
今のところ13名ほどの申込みですので、まだまだ参加者募集中ですexclamation×2
ぜひ明日のゲーム会&ファミレス懇親会に遊びに来てくださいねぴかぴか(新しい)

1 日時 2010年1月17日(日)13:00〜16:30
2 場所 中生涯学習センター 第3集会室
3 会費 500円
    ゲーム会の詳細&参加申込みは 左斜め下

第7回 名古屋キャッシュフローゲーム会のご案内

ここ3回ほど20人近くの方々に参加いただいていたので、今月も大丈夫だろう手(チョキ)とちょっと油断していたら、昨日まで申込みがなかなか増えなくて焦りましたがく〜(落胆した顔)
昨日から徐々に増えてきて安心しましたが、ホント油断大敵ですねわーい(嬉しい顔)
ぜひ明日は、今後の相場見通しや投資戦略について語りあいましょうるんるん
このブログを見て頂いている皆さんと、お話しできるのを楽しみにしています。
posted by Zaimax at 21:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

胆石の通院・入院・手術などに掛かった費用

胆石の治療にはどのくらい費用がかかるのか?というのも皆さんの気になるところだと思いますので、治療にかかった費用をまとめてみます。

私が入院した病院は『包括医療制度(あるいは包括払い制度)』を導入していますので、入院中の治療費は検査内容・治療内容などに関わらず定額になります。出来高払い方式の病院の場合、かなり金額が変わってくる可能性があります。
私の場合は手術後も順調に回復しましたので、出来高払い方式の方が費用が少なかったかもしれません。高齢であったりして術後の状態が思わしくなかった場合は、出来高払い方式だと治療費が多くなり負担も増します。一方包括医療制度の場合、治療費用が決められているので患者の負担額は一定ですが、場合によっては赤字になるのを避けるため必要な検査が省略されたりする恐れも指摘されています。どちらの方式が優れているかは一概には言えませんね。

1 9月の通院・治療費用 18,780円
   表示金額は3割の自己負担分です

9月初めに腹痛が発生し、近所の病院に行きました。ここではCTスキャンや超音波検査、血液検査などを行い、肝機能改善のための点滴治療や投薬を受けました。

最初に腹痛を感じたのは9月4日(金)の夜中です。次に6日(日)の深夜にも強い痛みを感じ、病院へ行くことにしました。

9月 8日(火) 8,750円(初診料やCTスキャン、血液検査など。薬代1,120円含む)
 CTの画像から、胆嚢が膨らんでいて炎症があるかもしれないと言われた。
9月 9日(水) 2,570円(再診料や点滴など)
 血液検査の結果が出ていて、肝機能の値が異常値になっていた。
9月10日(木)   990円(再診料や肝機能を向上させる点滴)
9月11日(金)   990円(再診料や肝機能を向上させる点滴)
9月14日(月)   720円(再診料や肝機能を向上させる点滴)
9月15日(火) 2,640円(再診料や超音波検査、血液検査、点滴)
 超音波検査の結果、胆嚢内に陰が写っていて胆石が見つかる。
9月16日(水)   680円(再診料、肝機能を向上させる注射)
9月24日(木) 1,070円(再診料、血液検査、肝機能を向上させる注射)
 治療の効果を調べるため、血液検査を実施
9月29日(火)   370円(再診料)
 血液検査の結果を聞く。肝機能の数値も基準内に下がったので、様子を見ることになった。

2 12月の通院・治療費用 19,760円

12月初めに再度腹痛が発生し、9月に通院した病院を再度受診しました。ここで再度超音波検査を行い、胆石がたくさん見つかったため胆嚢摘出手術を勧められました。この病院では手術ができないので、手術のできる大型病院を紹介してもらいました。地元名古屋の病院を紹介することも可能でしたが、手術には付き添いが必要ということで地元の大垣市民病院を紹介してもらいました。

12月9日深夜にも腹痛を感じましたが、軽いものでした。そして11日(金)の深夜に再度激しい痛みに襲われ、翌週また病院に行きました。

12月14日(月) 2,830円(再診料、腹部の検査など。薬代480円含む)
 翌日消化器に詳しい先生が来るので、超音波検査を行うことになった。
12月15日(火) 2,220円(再診料や超音波検査。薬代210円含む)
 超音波検査の結果、胆石が20〜30個もあるとのことで、すぐに手術ですねと診断された。
12月16日(水) 1,120円(再診料や紹介状費用)
 手術を受ける病院として、大垣市民病院を紹介してもらう。

近所の病院に紹介状を書いてもらい、CT画像とともに大垣市民病院へ持参。
再度、血液検査や超音波検査などを行い、胆嚢摘出手術をするしかないと診断され、手術に向けた検査としてMRIやX線、血液検査、心電図などの検査を行う。

12月18日(金)
   10,880円(消化器科での診察費用。超音波検査やMRIなど)
    2,710円(外科での診察費用。X線や血液検査、心電図など)
合計 13,590円

外科で手術日や入院について打合せを行い、12月24日入院、25日手術というスケジュールが決まる。


3 12月に行った胆嚢摘出手術・入院費用

入院・手術に掛かった費用明細(以下の金額は費用総額です)
   入院期間 12月24日(木)〜12月30日(水)
   胆嚢摘出手術日 12月25日(金)

(1)胆嚢摘出手術(腹腔鏡下手術)費用
 手術費用 205,780円
 麻酔費用  74,550円
  合 計  280,330円(3割負担で 84,099円)

明細を見て、麻酔費用がけっこう掛かるんだな〜と感じました。

(2)入院費用
医学管理料等   7,550円
包括診療料   173,090円 包括医療制度適用のため診療内容に関係なく定額
入 院 料     1,050円
病理診断      4,100円 摘出した胆嚢の顕微鏡検査
 合 計     185,790円(3割負担で 55,737円)

上記(1)と(2)の費用は合計額の3割が自己負担で、四捨五入することから合計で139,840円となる。

(3)入院時の食事費用
入院時食事療養費 7,930円(食事負担金 3,120円)

食事を食べたのは26日の昼食から30日の朝食までで、4日間 計12食分です。

(4)その他費用(すべて自己負担 4,042円)
特別室料 3,255円 1日だけ個室に入ったため発生
腹帯代    787円 傷口を保護するため必要で、病院の売店で購入

入院・手術に掛かった費用 自己負担分合計 146,997円ひらめき

健康保険には、『高額療養費』という制度があり、1ヵ月間の医療費の自己負担額に上限額があるので、上記自己負担のうち一部は3ヵ月後くらいに戻ってくる予定です。


4 1月の通院費用 210円

12月の手術後、術後の状況を確認するため通院が必要となり、退院約2週間後に通院しました。その時の費用です。

1月13日(水) 210円(再診料)
傷口の様子も順調で痛みもなく、摘出した胆嚢の顕微鏡検査結果も炎症が見られただけで癌などはなかったので、これで治療終了となりました。
当日は朝から大雪が降り、車で行く予定が電車などの公共交通機関を使って通院したので、これらの費用も確定申告時には医療費として計上可能だと思います。

以上胆石の治療に掛かった費用を合計すると下記の通りになります。
   胆石治療費用合計 185,747円exclamation×2

私の場合は9月、12月と2回胆石が転がりだし、近くの病院と総合病院で検査・治療を受けています。最初から総合病院で診察を受け、胆石判明後にすぐに手術を受ければ、治療総額はもう少し低くなると思います。

入院・手術にはこのくらいの費用は掛かりますので、医療保険などの手当てが必要かもしれません。ちなみに胆嚢摘出手術の場合、医療保険の手術倍率は20倍になります。入院日額が5千円の保険の場合だと手術給付金が10万円、入院日額が1万円だと20万円が給付されます。
この辺りについても実際に手続きを行い、別途まとめてみたいと思います。
posted by Zaimax at 18:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月12日

胆石(胆嚢結石)手術体験記

2009年の9月に、普通の痛みとは少し違う腹痛に襲われ、病院に行き胆石が見つかり、胆嚢摘出手術をして治療完了となるまでをまとめた約3ヵ月間にわたる胆嚢結石体験記ですわーい(嬉しい顔)

2009年の9月初めに、ちょっとおかしいな〜と感じるような腹痛に襲われ、久しぶりに病院に行きました。最初は原因が分かりませんでしたが、血液検査をしたところ肝機能が低下していることが分かり、超音波検査を行ったところ胆石が見つかりました。9月時点では胆石も7個程度と少なく、症状も落ち着いたので様子を見ることになりました。

しかし12月に入って痛みが再発したため再度病院を受診しましたが、また小さな胆石が転がりだしたんでしょうということで、今後もいつ転がり出すか分からないので、胆嚢摘出手術を受けた方がいいということになりました。そして年末も押し迫った2009年12月25日(金)に、地元の大垣市民病院で胆のう摘出手術(腹腔鏡下手術)を受けました。

この日記では今後の参考のために、手術に至った経緯や入院中の様子などをまとめてみたいと思います。
胆嚢切除後は消化機能が落ちるので、下痢気味になることもよくあります。そんな内容も出てきますので、食事をしながら読むのはお薦めできませんわーい(嬉しい顔)


 2009年 9月 最初の腹痛

 2009年12月 12月にまた痛みが再発exclamation×2

 12月18日(金)大垣市民病院で検査

 12月24日(木)遂に入院exclamation×2

 12月25日(金)胆のう摘出!

 12月26日(土)手術後1日目

 12月27日(日)手術後2日目

 12月28日(月)手術後3日目 お風呂でゆっくり

 12月29日(火)手術後4日目

 12月30日(水)手術後5日目 退院日

 通院・入院・手術などに掛かった費用ぴかぴか(新しい)


posted by Zaimax at 17:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月28日(月)手術後3日目

昨夜はいくらかは静かになったこともあり、5時間ほど眠ることができました。

入院食事
今朝も朝食グッド(上向き矢印)には牛乳が出ましたが、今日は自重して飲みませんでした。
朝食後にはまたトイレに行きましたが、昨日よりは良くなったもののまだかなり柔らかい状態です。体が慣れるまではしょうがないですね。

10時前に回診があり、予定通り30日に退院できそうです。
そして10時に、手術前の25日朝から続いた点滴がついに外されました。これですべての束縛から解放され、自由になりました。点滴は針だとばかり思っていましたが、細いビニールのようなチューブでした。針は刺した後すぐに抜いてしまうそうです。通りであまり痛みを感じなかったんですね。
今日も体温は平熱です。
11時前には主治医の先生が見にきてくれました。毎日休みなしで大変ですね。
傷口をチェックしてくれましたが、経過は順調で明日29日に退院しますか?と聞かれるくらい順調なようです。下痢が続いていますしまだ何が起こるか分からないので、予定通り30日の退院になりました。
退院後についても説明があり、1月13日に通院して再度チェックするそうです。
看護師さんが退院後の生活の注意点をまとめたしおりも持ってきてくれました。


日中は本を読んでいることが多くて、あまり動いていないんですが、不思議とお腹は空きますね。1日4食食べたい、あるいはお替わりしたいくらいです。1食の量が少な目なんでしょうね。

入院食事
   28日の昼食 グッド(上向き矢印) そして夕食 バッド(下向き矢印)
入院食事

点滴も外れたのでお風呂にも入れる様になり、16時からお風呂に入りました。事前にもらった入院案内では、浴室は2病棟1階にあり、月・水・金の13時〜16時となっていました。入浴に行く際にはナースステーションで許可をもらうと書いてあるので、ナースステーションに行ったところ、入院している2病棟6階にもお風呂があり、予約しておけば30分交代で入れるそうです。お風呂は人気があるみたいで予約がたくさん入っていて、16時からがなんとか空いていました。
6階の風呂は毎日8時半から16時半まで30分単位で使えるみたいです。一番最後の枠が空いていたということですね。

お風呂にはシャワーが2ヵ所あり、ステンレスの浴槽も2人は入れそうな感じで広い浴槽でした。手術後まだ3日目なので、傷口は大丈夫かな〜と恐る恐る湯船に浸かりました。やはりお風呂は気持ちいいですねるんるん
傷口が沁みたり痛んだりすることもありません。
ゆっくり浸かっていたかったんですが、30分の制限もありますし、あまり長湯は良くないとしおりにも書いてあったので、ほどほどで出てきました。さすがに体を洗う時は傷口が気になりましたが、思ったより目立たない感じで、これならまたスーパー銭湯にも行けるな〜と感じました。

お風呂でさっぱりした後はまた本を読みながらすごして、夕食後には1セグでニュースを確認したり本を読んだりしてすごしました。年末も株価は堅調に推移しているみたいですね。ニュースでは日経平均の情報しか分かりませんが、堅調に推移していて安心しましたわーい(嬉しい顔)


退院が近付いてくると、看護師さんも主治医の先生も退院後の仕事について心配してくれるんですが、私の仕事をどう説明すればいいか迷いますね。金融関係の自営業なので特に問題ないですよ〜などと説明しましたが、本来なら退院後いつ位から仕事に復帰してもいいか?など聞かれるんでしょうね。私の場合、投資関連の本を読んでいる段階で、すでに仕事に復帰しているとも言えるので問題ないですね。ゆっくりと考える時間もあったので、色々とアイデアも湧いてきました。投資というのはこういった点でもメリットがあるな〜と改めて感じました。

そんなことを考えながら手術後3日目、入院してから5日目の夜も更けていきました。今夜も5時間ほど眠ることができました。
posted by Zaimax at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月27日(日)手術後2日目

昨日は高かった熱も、朝7時の検温では36.3度と平熱まで下がりました。順調に回復しているようです。
8時からは朝食ですが、今日からは7分粥です。5分、7分、全粥と1日ごとに変わって行きますが、最初はお粥の柔らかさを表していると思っていましたが、どうやら量のことのようです。昨日よりは少し量が増えた感じがしました。気のせいかもしれませんが(笑)

入院食事
朝食には牛乳exclamation×2が付いていましたが、本当に久しぶりに牛乳を飲みました。白い物は食べなくていいという本を読んでから、牛乳やヨーグルトをほとんど食べなくなりました。なので牛乳をじっくり飲むのは3〜4年ぶりです。久しぶりということもあってか、食事後すぐにトイレに駆け込む事態になりました(笑)もちろんかなり柔らかくて下痢状態です。これは胆嚢摘出のためなのか牛乳を飲んだためなのか分かりませんね。
今日は8時25分、10時、13時40分と3回も大に行きましたが、すべて下痢気味でした。明日からは牛乳を控えようと思いました。

年末が近付いたためか、昨日・今日と退院していく人が増えてきました。4人部屋ですが今日の午後からは3人になりました。これで少しはいびきも静かになりそうです。さすがにこれから入院する人はあまりいないんでしょうね。

今日も10時過ぎに回診があり、血液検査の結果は問題ないことが分かりました。11時過ぎには主治医の先生も見にきてくれました。傷口の状態も順調に推移しているようです。


入院食事
   27日の昼食 グッド(上向き矢印) そして夕食 バッド(下向き矢印)
入院食事

食事は美味しいんですが、若干量が少なめかな〜と感じます(笑)また、卵料理が多いですね。胆嚢を摘出しているので、あまり卵は良くないようにも思うんですが、安価で栄養があって料理しやすいためか、けっこう卵料理が目立ちました。
その他では野菜の和え物なども多かったですね。入院中の食事は薄味で美味しくないという話をよく聞きましたが、実際に食べてみると味付けもしっかりしていて、煮魚などとても美味しかったですねるんるん
もう少しご飯の量が多ければ言うことなしですぴかぴか(新しい)

手術後は腕も青白かったんですが、食事を取る様になってから赤みが戻り、ふつうの状態に戻りつつあるようです。
点滴が続いているので風呂やシャワーはできませんが、今日も本を読みながらゆっくりと過しました。

 12月28日(月)手術後3日目 お風呂でゆっくりへ

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 16:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月26日(土)手術後1日目

手術当日の昨夜は、傷口の傷みもありほとんど眠れませんでしたが、明け方血液検査のため血液を取られました。胆石が胆管内に落ちている可能性があるので、血液検査でチェックするそうです。結果次第ではカテーテルを使った再手術になります。そうなると入院も伸びお正月を病院で過すことになりそうなので、結果が気になりますね。

朝になっても相変わらず傷口の傷みは続いています。一番開口部の大きいへその下と体液排出用の管(ドレーン)が入っている右胸部の傷口あたりが痛かったですね。熱が高い状況も続いています。
周りの方々は8時には朝ご飯ですが、私はソルデム3Aの点滴のみです。治療計画書では昼から5分粥の食事が出るそうなので楽しみでするんるん

10時過ぎから外科の回診が始まりました。3〜4人の先生方が病室内を周り、順番に経過を見てくれます。腹帯を外して傷口を見てくれましたが、順調ということでお腹に入った管(ドレーン)を抜いてくれました。どうやって抜くんだろう?麻酔とかするのかな?と思っていましたが、麻酔などはなくゴムでできた管を回しながら?引き抜いていました。横になっているので自分ではどんな状況なのか見えません(笑)
不思議とそんなに痛みは感じませんでした。傷口に薬のようなものを塗られて終わりです。傷口を貼り付ける接着剤のようなものなのでしょうか?
ドレーンを抜いたので、体液が出てくることもないので、ほどなくして定期的なガーゼ交換も終わりました。
あと体に繋がっているのは、当面続く点滴の管と尿の管です。点滴は移動式なので問題ないんですが、尿管は移動式というわけに行かないので、まだベッド上から動けません。
回診後ほどなくして看護師さんが尿管も抜いてくれました。この時に尿管の様子を初めて見ました。手術後はずっと手術着1枚しか着ていなくて、パンツもはいていない状態です。変わりにT字帯というふんどしのようなものが巻かれています。T字帯を外すとゴムのチューブのようなものが先っぽから挿入されています。尿管内に尿が残っているので、まずは注射器を使って尿を抜かれます。これが痛いというか気持ち悪かったですね。
その後尿管を引き抜かれました。これも気持ち悪い感じですが、これでやっと自由に動ける様になりました。ほぼ丸一日ベッドから動けない状態だったので、動けるだけでもありがたいですね。ドレーンを抜いたこともあり、先ほどまで感じていた痛みが消えました。ふつうにしていると痛みませんが、腹部に力を入れると痛みます。くしゃみや笑っても痛みが走るので、油断できませんね。


今まではずっと手術着を着ていましたが、尿管も取れたのでふつうの寝間着に着替えてもいいということで、前開きのフリースに着替えました。まだ腹帯をしていますし、回診などで傷口をチェックすることもあるので、前開きの方が便利です。捲くり上げればいいのでふつうの寝間着でも大丈夫ですが。

入院食事
昼の12時になって入院後初めての食事グッド(上向き矢印)が運ばれてきました。5分粥と書いてあったのでお粥だけかと思っていましたが、おかずも付いていてご飯が5分粥でした。ちゃんとした食事だったので嬉しかったですね。しっかりと残さず食べました。
入院中は食事を食べた量やトイレの回数、便の状態などを記録する紙を渡されていて、毎日記入していました。

昼食後すぐに便意を感じてトイレに行きました。24日夜に飲んだ下剤はまったく効果がなかったんですが、今頃になって効いてきました(笑)
これは手術前までに消化された分なのでふつうの状態でしたが、夜20時前の便はやはりやわらかい状態でした。胆嚢がなくなっている分、消化する力が落ちているので当分はしょうがないですね。

まだ入浴はできないので午後には体を拭いてもらえるんですが、自分でやりますということで、暖かいタオルを持ってきてくれました。予定では明日からはシャワーも可能となっています。
夜中には38℃前後で推移していた熱も、氷枕や痛みが収まってきた影響か下がってきて、15時40分には37.1℃まで下がりました。
自由に動ける様になり、本なども読めるようになって普段の生活を取り戻したような気がしました。

入院食事
18時からの夕食グッド(上向き矢印)もしっかりと食べ、本を読みながらゆっくり過しました。
21時には消灯ですが、ここ2日ほとんど寝ていないので、今夜はいびきに負けずに眠れるかな(笑)
今夜もソルデム3Aの点滴は続きます。昨夜に続いて抗生物質の点滴も1本入りました。
点滴といえば、定期的に取り変えてくれるんですが、時々間に合わなくて点滴が切れてしまう事があります。そうすると血液が点滴管の中を逆流してきて心配になります。一度トイレががまんできず、逆流させたままトイレに行っていて怒られてしまいましたあせあせ(飛び散る汗)点滴が切れたら動かずに看護師さんを呼んだ方が良さそうです。
点滴が切れると交換時に気泡が管の中に入ってしまうので、怖かったですね。昔ドラマか何かで、血管に空気を注射すると死んでしまうような光景を見た記憶があるので、点滴管内を気泡が流れてくると怖くて看護師さんを呼んでしまいました。少々気泡が入っても問題ありませんから、と笑われてしまいました。続けて気泡が入ってくると問題ですが、少々入っても問題ないそうです。その後も大きめの気泡が2つくらい続けて流れてきてビビリましたが、無事退院できましたし問題ないようです。けっこう間違った知識に縛られていることも多いみたいですねわーい(嬉しい顔)


今夜も周りのいびきはうるさかったですが、それでも3時間ほどは眠ることができました。痛みがないというのは本当にありがたいことですねひらめき

 12月27日(日)手術後2日目へ

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 15:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

12月25日(金)胆のう摘出!

眠れない夜を過ごし、手術当日の25日(金)朝を迎えました。
18日の検査時に手術内容の説明をしてもらいましたが、手術は腹腔鏡下胆のう摘出術で内視鏡と電気メスを使って行います。へその下に2センチくらいの穴をあけてカメラを入れ、みぞおち辺りにも1センチほどの穴を開けて電気メスを入れます。その他にも5ミリほどの穴を2ヵ所開けるそうです。胆管の胆のうへの出口をチタン?のクリップで留めてから切除します。胆のうへは動脈?もつながっているので、そこもクリップで留めるそうです。傷口は小さいので治りも早いそうです。

昨日の22時からは絶飲食なので、朝でも水も飲めません。8時には付添いの母も来てくれて、いよいよ手術が近づいてきました。
昨日渡されていた手術着とサポートソックスに着替えました。手術着の下はパンツ1枚なので、やはり少し寒いですね(笑)
8時すぎに看護師さんがやってきて、左腕に大きな点滴を打たれました。テルモのソルデム3A輸液で、手術後3日目までこの点滴は続きました。点滴がずっと続くので、通常より太い針を打たれました。
そして9時前に看護師さんの先導で点滴台と一緒に歩いて手術室に向かいました。手術は朝1番でしたが、私はやはり1番がいいですね。手術を待つ時間は長く感じますし、後になるほど予定時間がずれてくることもあります。手術後は傷口が痛みますし、手術後夜を迎えるまでの時間が長いほうが安心できる感じがします。

手術室は同じ2病棟の2階にあるので、6階の病室からエレベーターで降ります。手術室に入ると入り口でスリッパを履き替え、名前などを確認した上で歩いて手術室に向かいます。中には12ヵ所の手術室があるそうですが、私は一番奥の10番手術室でした。看護師さんの先導で手術室に歩いて向かいました。室内に入ると手術台に横になるように言われました。手術台というと大きなベッドかなと思っていましたが、横幅40センチほどの小さなベッドでした。
手術台に横になると腕を固定され、酸素マスクを被されました。周りを見回そうかとも思いましたが、手術時にはメガネなど身に付けているものはすべて外しているので、あまりよく見えませんでした。横になるとすぐに麻酔をしますからと言われ、点滴の管の途中から麻酔薬を注射されました。5〜6秒は意識があったと思いますが、次に気付いたら病室のベッドの上でした。


9時過ぎに手術室に入りましたが、事前の説明では手術は1時間半くらい、麻酔が醒めるまでは2時間半くらいと聞いていましたが、母に聞いたところでは、10時20分には主治医から呼ばれたそうです。摘出した胆のうを切り開いて持ってきてくれて、茶色の胆石がコロコロしていたそうです。自分でも見てみたかったですね。
主治医からの説明では、手術は順調に終わったが胆管出口近くにも胆石があったので、もしかしたら胆管近くにあった石が胆管の下の方に落ちている可能性があり、その場合はカテーテルを入れて取り出す再手術が必要だそうです。

麻酔が醒めるまであと20〜30分かかると言われたそうですが、10時半には麻酔が醒めたと呼ばれたそうです。私はベッドに寝かされた状態で朦朧とはしているものの意識はあるようで、看護師さんや母に名前を呼ばれると返事をしていたそうです。私はまったく覚えていませんがわーい(嬉しい顔)
そのまま6階まで移動しました。部屋が個室から4人部屋に変わるため、看護師さんが荷物などを移動してくれたそうです。手術後に4人部屋に移る人は珍しいので、本当にいいんですか?と何度か聞かれました(笑)
部屋に戻ったのは10時45分頃で、意識が戻ったのは11時前くらいでした。11時半には看護師さんが来てくれて、腹帯を開いてガーゼの交換をしてくれました。併せて体温と血圧の測定を行ないました。その後も1時間おきに12時半、13時半とガーゼ交換に来てくれました。その後は汚れの状況を見て適度に交換してくれました。

私が目覚めた時には、4人部屋の窓側の明るい部屋でベッドの上でした。左腕には点滴、顔には酸素マスク、お腹には腹帯が巻かれています。腹帯の中にはわき腹部分に紙オムツが挟まれていました。カイロが入っているように暖かく感じました。
その他にもおちんちんには尿管が入っていて、かなり違和感を感じます。いろいろと管や点滴がつながっているので身動きが取りにくいですね。
14時頃には酸素マスクも外されました。事前の治療計画では翌日に外すことになっていますが、経過が順調ということなんでしょうか?

傷口は小さいもののやはり痛みはあり、どうしても気になってしまいます。そしてじっと身動きせずに寝ているのも疲れます。体を動かしてもいいということでしたが、動かすと痛みが走りそうでちょっと怖かったですね。体の右側には管が入っているので、体を動かすなら左側にということでした。
同じ姿勢では疲れるので恐る恐る体を横にしましたが、横に向くと胸で呼吸することになり、今度は胸の下の傷口が痛みます。なかなか楽な姿勢が見つかりませんね。一番楽だったのは下半身は横向き、上半身だけ上向きという体をひねったような姿勢でした。
今日は病室内でレントゲンも2枚撮られました。移動式のレントゲン装置があるんですね!フィルムを背中の下に入れるんですが、そのために体を持ち上げないといけないので、傷口が痛かったですね。

15時頃からは徐々に熱が出てきて、37.5度、38度と上がっていきました。傷口の痛みと熱が出たことで、頭と体がぼうっとして疲れましたが、看護師さんが氷枕を持ってきてくれました。
夕方に主治医の先生も来てくれて傷口を見てくれましたが、順調だそうです。熱についても聞いてみましたが、手術後3日くらいは熱が出るのはよくある事なので心配ないそうです。そう言われると安心して少し熱が下がった気がしますね(笑)
手術後7時間くらい経っているんですが、まったく尿意を感じません。ずっと点滴を打っていて水分を補給しているんですが、尿意を感じないのはおかしいな〜と思っていましたが、尿意を感じることなくチョロチョロと流れていたようです。尿管というのはどんな仕組みになっているのか不思議ですね。

食事が出るのは翌日の昼からなので、それまではソルデム3A輸液をずっと点滴していました。テルモの業績にかなり貢献しましたね!
夜には抗生物質の点滴1本も追加されました。

ソルデム3A輸液についてネットで調べてみたら、1リットルでも薬価は167円みたいで、あまり業績には貢献していないようです(笑)
効能としては手術後などで食事が取れない場合の、水分や電解質の補給・維持用の点滴のようです。

   ソルデム3A輸液 テルモのホームページ

   ソルデム3A輸液の効能について

病室内には時計もないので時間が分かりません。痛みと熱に耐えながらベッド上でじっとしているのは、本当に時間が長く感じました。特に暗くなってからは長かったですね。
夜には熱も38度くらいまで上がりました。今夜は傷口の痛みもあり眠れないのは覚悟の上です。看護師さんからは痛みが気になるなら痛み止めを打ちますから言ってくださいね、と言われましたがとりあえず我慢しました。
21時に消灯となると周りのベッドからはいびきの大合唱でしたもうやだ〜(悲しい顔)こんなにうるさいとは昨日とは大違いです。なんかカプセルホテルに泊まっているようです(笑)
今夜は痛みで眠れそうにないのでいいんですが、明日以降は大変そうです。
夜中の1時に看護師さんが見回りに来ましたが、もちろん目はぱっちりです。夜中に痛みに耐えるには、周りが少々うるさい方がいいですね。周りがあまりにも静かすぎるとよけいに辛そうですからね。
だんだんと痛みに耐えるのも辛くなってきて、2時前にナースコールで痛み止めの注射をしてもらいました。
打ってすぐに効くという訳ではなくて徐々に効いてくるようです。痛みが収まると睡魔が襲ってきたのか寝てしまったようで、ほどなくして大きないびきで目が覚めました。はっきりとは分かりませんが、たぶん30分も寝ていないと思います。目が覚めるとまた痛みを感じるようになってきました。痛み止めの効果はあまり長続きしないようです。看護士さんからは神経質過ぎると笑われてしまいました。
それからはまったく眠れず本当に長く感じました。3時ごろにまた見回りに来てくれましたが、5時頃かと思っていました。看護師さんからは痛み止めは続けて打てませんからね!と言われてしまいました(笑)
個室だったら痛み止めを打ってもらったらもっと眠れたと思います。神経質な方は手術後は個室の方がいいかもしれませんねひらめき
30分ほどしか眠れないまま、長い長い手術日の夜は終わりました。窓側だったので、外が明るくなってきた時にはほっとしました。


翌日看護師さんに聞いたら、この部屋は病棟内でも一番うるさい部屋かもしれませんねわーい(嬉しい顔)と笑われてしまいました。確かにこんなにうるさい部屋があるとは想定外でした。後から分かったんですが、移動した部屋は前日いた個室の隣でした。どうして昨夜は静かだったのか不思議ですね(笑)

 12月26日(土)手術後1日目へ

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月02日

12月24日(木)遂に入院!

慌しい5日間を過ごし、ついに入院当日24日となりました。退院後はそのまま実家でお正月を迎える予定なので、入院準備とともに帰省の準備もして実家に戻りました。
今日は昼は普通に食べていいということで、手術後は食べられないこともあり、好きな物を食べておいた方がいいよるんるんというアドバイスも頂いていたので、刺身や茶碗蒸しなど美味しいランチをしっかり食べてから病院に向かいました。

入院食事
 えちぜんのランチ グッド(上向き矢印) 美味しかったですねわーい(嬉しい顔)もちろん株主優待でするんるん

キャリーバッグに荷物を詰めてゴロゴロと引きながら、旅行にでも行くような感じで病院に到着しました。外科に到着すると同じ様な感じの人が8人ほどいて、確かに年内手術の人で大混雑のようです。外科の受付で書類をもらうとなぜか個室になっていて、C個室で1日当り3,255円の使用料がかかります。なぜ個室になっているのか聞いてみましたが、外科では分からないので病棟で聞いてくださいということでした。
まずは医事課に向かい入院の手続きを行ないました。その後看護士の先導で病棟に向かいました。


病棟では主な設備について説明を受けた後、ナースステーション横の談話室で付添い者は待機し、入院患者は担当看護師からナースステーションでヒアリングを受けます。
ここで4人部屋でお願いしていたんですがと聞いたところ、手術前後は静かな個室の方がいいと思いますよ、4人部屋に空きはあるが個室の人気は高いので、あとからやはり個室が良かったと言っても空いてない可能性もありますから、とアドバイスされました。そう言われると個室の方がいいのかな〜と感じてしまいます。とりあえずは個室に入ることにしました。その後体調についての問診や、入院に必要な書類の確認などを行い、病室に案内されました。さすが個室は広いですね!ベッドも電動でした。

明日朝から手術なので、今日も色々と検査があるんだろうな〜と思っていましたが、今日は何もなくて腹部の体毛を剃るだけでした。へその掃除もされ、足首のサイズも測られました。足先に血栓ができるのを防止するためのサポートソックスのようなものを履くそうですが、そのサイズ確認のためだそうです。その靴下と手術着を渡され、手術前に着るように指示されました。手術着の下はパンツのみで寒いので、直前に着ればいいということでした。
お腹中心に4ヵ所切るので、乳首下辺りからおへその下7cmくらいまでの範囲の体毛を処理されました。

18時に夕食も出るということでしたが、20時には下剤を飲むということで、下剤で出すくらいなら食べるのは勿体無いな〜と思い、夕食は断りました。看護師さんからは怪訝な顔をされてしまいました(笑)
主治医について聞いてみたところ女医さんだそうで、最近は女医さんや男性の看護師も増えているそうです。手術は朝からということでしたが、詳しくは夜に説明するということでした。直前にならないとなかなか決まらないようです。

夕食時には持って行ったバナナ1本を食べ、4冊ほど持ち込んだ投資関連の本を読みながら過ごしました。夕食後は絶食で22時以降は水分も取れません。
夜の病院内は意外と静かで、個室だと寂しいくらいです。これなら4人部屋でも十分だと思いました。明日からは4人部屋に変えてもらおうと思いました。
20時前に看護師さんから明日の手術について説明がありました。8時45分頃に手術室に入るので、8時頃に付添いの方に来てもらってくださいということです。8時過ぎには手術着に着替え、ストッキングの様な靴下を履いて準備しておいてください。

20時半ごろに看護師さんが下剤を持ってきてくれました。アジャストAコーワ錠3粒40mgです。どのくらい効果があるのかな〜と思いましたが、まったく効果がありませんでしたわーい(嬉しい顔)効果には個人差があるようです。このまま手術を受けて大丈夫かな〜と思いましたが、問題ないそうです。21時ごろだったかはっきり覚えていませんが、主治医の先生が挨拶に来てくれました。まだ若い先生でした。もうここまでくればお任せするしかありません。


23時前には廊下の灯りも消えて暗くなりました。個室は広々としていて静かで、ベッドが変わったこともあるのかなかなか眠れません。まあふだんこんな時間には寝ていないし、昨日は十分に寝ていたのであまり眠くなかったのかもしれません。夜中の1時、3時くらいには看護師さんが見回りに来ました。
明け方頃に1時間ほど眠ったかもしれませんが、ほとんど眠れませんでした。手術中は麻酔で2時間半ほど眠る?ので問題ないと思いますが(笑)
夜中は病室内も静かで、これなら4人部屋で十分だなと感じました。明日朝には4人部屋に変更してもらおうと思います。
こんな感じで手術前夜は更けていきました。

 12月25日(金)胆のう摘出!へ

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 17:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

12月18日(金)大垣市民病院で検査

ふだんは9時ごろまで寝ているんですが(笑)、今日12月18日(金)は早起きして大垣市民病院を目指します。大垣市民病院は岐阜県の西濃地区の拠点病院なので、いつ行っても大混雑しているそうです。なので早起きして9時過ぎには到着しました。
近所の病院からは紹介状とCTの画像などを渡されていたので、それを持って消化器科に受診しました。紹介状を持った患者は優先的に診察してくれるそうで、比較的早く診てもらえました。それでも1時間ほどは待ちました。

消化器科では検査のため、血液検査、尿検査、超音波検査を行ないました。昼過ぎにはこれらの検査結果が出たので、それらを元に消化器科で検査結果の説明がありました。確かにたくさんの胆石があり、大きいものは9mm近くもあるそうです。これだけあると胆のう切除しか方法はないとのことで、やはり同じ結論でした。こうなれば切るしかないですね。

手術をするとなると、年内か来年かどちらがいいですか?と聞かれました。どちらにしようかは迷いました。いつ痛みが来るかと考えると早く手術した方が安心ですが、すぐに手術と言われても心の準備ができていません。来週月曜日の21日にはティアの株主総会もあり、これは外せません。続いて行なうMRI検査を待ちながらどちらにしようか考えました。

胆のうを切るにしても、石が胆管の中に転がりだしている可能性があり、そのチェックが必要ということで、胆のうから胆管の十二指腸への出口までの間に胆石がないか確認する必要があります。
方法としてはMRIで検査する方法と、口から胃カメラを入れて十二指腸を経由してカテーテルを胆管の中まで入れて詳しくチェックする方法があります。MRIは簡単に検査できますが精度は若干劣り、カテーテル検査は精度は高いが負担は大きいそうです。今は胆石の症状もないのでMRIで大丈夫だろうということで、午後1時過ぎからMRI検査になりました。また名古屋から出直してくるのは大変なので、MRIが空いていて良かったです。
MRIは初めてですが、下着以外は脱いで検査着に着替え、なにやら透明な液体を飲んでから検査室に入ります。検査台に体を固定され耳にヘッドホンをセットされ、狭い円筒形の検査装置の中に入っていきます。ヘッドホンを通じて息を吸ったり吐いたり止めたりの指示があり、狭い筒の中を移動しながら20〜30分ほど検査を受けました。こんなに長いとは思いませんでしたね。ほとんど目をつむっていましたが、あんな狭い中で目を開けていたら、気分が悪くなりそうです。検査中はガンガン、キンキンのような変な音が鳴り響いていますし、変な検査装置ですねわーい(嬉しい顔)

MRI検査中考えていましたが、お正月に痛みが来て緊急手術というのも大変ですし、医療費控除など金銭面から考えても今年中に手術をした方が良さそうです。
MRI検査終了後、年内の手術をお願いしました。MRIの結果も問題なさそうだったので、外科に連絡してくれて消化器科から外科送りになりました。外科でも1時間ほど待ち問診となりました。外科では本当に年内に手術しますか?と聞かれました。年内に手術して欲しいという患者が多くて、外科もかなり手一杯のようです。23日は祝日で休みということもあり、年内に手術するなら24日(木)入院、25日(金)手術、31日前後に退院というスケジュールだろうということでした。

本人だけでは手術の説明はできず、家族とともに再度来てくださいということでしたが、また来る時間もなかなかないのでこれから家族を呼んでもいいですか?と聞いたら、時間が15時半を過ぎていることもあり、これからですか?という感じでした。今日中になんとか終わらせたかったので、無理を言ってすみませんでした。母を迎えに戻り16時過ぎから手術の説明となりました。
いろいろとリスクの説明を聞くと怖くなりますね(笑)
手術中に胆石が体内に落ちて炎症を起したり、手術中に血管を傷つけて出血を起したり、術後に合併症を起すなどいろいろな可能性について説明されました。負担の少ない腹腔鏡下手術で行ないますが、胆のうが肝臓に癒着しているなど場合によっては開腹手術になる、人命優先で行ないますからということでした。これらのケースについて過去発生した件数や発生率なども表示されていて、情報開示が進んでいるな〜と感じましたね。
このような説明を受けた上で、24日(木)14時からの入院が決まりました。病室の希望はありますか?と聞かれたので、4人部屋でけっこうですとお願いしました。


その後は手術に向けての検査がありました。感染症などにかかっていると、手術をする人にもリスクになるので、再度血液検査も行ないます。その他にも心電図検査、X線検査を行い、長い1日が終わりました。
入院後の標準スケジュールももらいましたが、25日に手術を行い順調に回復すれば手術後5日目の30日(水)に退院できるようです。
なんとか年内に家に戻れそうですが、19日から23日までの5日間で、株主総会、入院の準備、新年を迎える準備などしないといけません。なんとも慌しい5日間になりそうです。

 12月24日(木)遂に入院exclamation×2

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月 師走に入りまた痛みが再発!

前回の胆石による腹痛からちょうど3ヵ月となる2009年12月9日(水)夜にまた鈍い痛みが発生しました。なぜかお腹が痛くなるのは夜中12時すぎです。昼間ならすぐに病院に行けるのに、いつも痛くなるのは夜中の12時過ぎで、朝まで耐えるしかありません。
今回も鈍い痛みから始まり夜半には治まりました。今回は軽く済んで良かったな〜と思っていましたが、またしても1日おいて12月11日(金)の夜中に痛みが発生しました。今回は夜中の1時すぎから腹痛が始まり、かなりの痛みでした。
今までとは感じが違う痛みで、10分ほど激しい痛みが続きその後5分ほど痛みが収まるというサイクルの繰り返しでした。へんな痛みだな〜と思いましたが、翌週の14日(月)にまた病院に行ったところ、たぶん小さな石が胆管の中を引っ掛かりながら転がり出したんだろうということでした。周期的な痛みが襲ってくるそうです。

12月中旬にまた胆石が再発したことで、忘年会など年末の予定がすべて変更になってしまいました。いつ痛みが来るか分からないのにお酒を飲むような気分にもなれません。
翌日には消化器の詳しい先生が来るそうで、翌朝10時から再度超音波検査を受けることになりました。今回は消化器の医師が検査してくれましたが、検査の結果胆石は7個程度ではなく、小さいのも含めると20〜30個はあるね〜ということで、もう切るしかないよと言われてしまいました。超音波検査はなかなか胆石の状況を見難いのかもしれませんが、9月には7個程度という診断だったのに12月には20〜30個とは驚きです。胆石が胆のうの下部に沈殿しているような状況なので、9月の検査では一塊として見えたようです。


胆のうはなくてもいいとは言われましたが、やはり消化する力が落ちるし、できれば温存したいと思いましたが、いまの状況では胆のうを切除するしかないそうです。胆のうまでは消化管で口からずっとつながっているので、経口でカテーテルのようなものを入れて胆のうから胆石を掻きだせる様な治療法ができるといいんですけどねexclamation×2
胆石を溶かす薬もあるそうですが、効果には個人差が大きいことや、これだけ胆石があると難しいだろうということです。
まだ若いこともあり、今後もいつ胆石が転がりだしてくるか分かりません。腹痛で済んでいる間はいいですが、大きな石が詰まってしまうと命に関わることもあるので、総合的に判断すると切ってしまった方がいいという判断です。
胆のう切除の手術には2通りがあり、通常はカメラをへその下から入れて、その10センチくらい上から電気メスを入れて胆のう切除を行なう腹腔鏡下手術で行なわれます。しかし胆石が詰まって急患で運ばれると緊急の開腹手術になってしまいます。
腹腔鏡下手術だと4ヵ所くらい小さな穴を開けて手術を行い、だいたい1週間ほどで退院できます。傷口も小さいのでそれほど目立ちません。一方開腹手術になると10cm以上切ることになるので、入院期間も長くなり傷口も目立ちます。

そういった点からも、こんなに石がたくさんあるといつ転がりだすか分からないので、腹腔鏡下手術で対応できるいまのうちに手術した方がいいよということでした。
通院している病院では手術はできないので、大きな病院に紹介してもらうことになりました。名古屋にも病院はたくさんありますが、1人暮らしなので実家近くの病院を紹介してもらうことにして、大垣市民病院に紹介状を書いてもらいました。紹介先の病院でも再度検査をされるので、外科ではなく消化器科宛に紹介状を書いてもらいました。外科だとすぐに胆嚢切除と言われそうだったので(笑)

12月16日(水)に紹介状を書いてもらい、18日(金)に早起きして大垣市民病院を目指しました。



 12月18日(金)大垣市民病院で検査

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 12:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年9月 最初の腹痛

今から思えばかなり前から、脂っこいものを食べると少し気分が悪くなったり、食べ過ぎるとお腹が痛くなる時があるなど、体からのサインは出ていたんでしょうが、胆石だとは思わず腹痛なんて寝てれば治るとずっと思っていました。
ところが色々な用事で5泊6日で東京に滞在していた2009年9月4日(金)夜にそれほど食べてもいないのに、夜中に最初の腹痛が起きました。翌日からのマジック大会を見るため、代々木のオリンピックセンターに宿泊していましたが、夜半にお腹が痛くなり困ったな〜と感じました。痛み自体は鈍い痛みでそれほどひどくもなかったのでよかったんですが、東京でお腹が痛くなり困ったものです。
それでもまだこの時には、寝てれば治るだろうと軽く考えていました。実際明け方には痛みも治まったので、今回も問題ないな〜と感じていました。

ところが6日(日)の昼ごはんを食べて1〜2時間したころからまたお腹が痛くなってきました。どうしてまた痛くなるんだろう?と不思議に感じました。今までこんな短期間に腹痛が続いたことはなかったので、ちょっとおかしいなと感じました。2時間ほど横になっていて少し回復したので、またマジック大会を楽しみましたが、その日の夜中からまた痛みがぶり返してきました。
今回の痛みはけっこう痛くて、じっと寝ていられない感じでした。オリンピックセンターのベッドの上でごろごろ転がりながら朝まで痛みに耐えていました。ここ3日ほど断続的に痛みが続き、今夜の痛みは今まで以上に痛いので、さすがに今回の腹痛はおかしいな〜と感じました。明け方になっても痛みがひかないので、東京だけど朝になったら病院に行こうかな、それとも新幹線で名古屋まで帰ろうかなと考えたくらいでした。


朝7時前くらいになり、やっと痛みが治まってきてほっとしたのを覚えています。今回も東京へは青春18切符で7時間ほどかけて来ていたので、帰りももちろん18切符の予定でしたが、どうしようかな〜と迷いました。腹痛は治まってしまうとまったく痛くないので、とりあえず行ける所までいってみよう!と18切符で帰ってきました。
今から考えると、少し大きめの胆石が胆のうから流れ出したんだと思います。胆管の中でひっかかりなかなか出てこないので、痛みも大きく時間も長く掛かったんでしょうね。当時は胆石なんて夢にも思っていませんでしたがわーい(嬉しい顔)
午後名古屋に帰り着き、翌日の9月8日(火)午後に近くの病院に行きました。今から考えると病院に行って良かったな〜と思います。今までなら腹痛や風邪くらいでは病院には行かなかったですからね。

病院に行った時点では症状はまったくなかったので、すぐには原因が分かりませんでしたが、とりあえず血液検査をして内臓部のCTを撮りました。翌日また病院に行くと血液検査の結果が出ていて、肝機能の値が異常に高い数値になっていました。CTの写真でも胆のうが膨らんでいて、胆のうか肝臓に異常があるのではという診断でした。肝機能を改善させる点滴や薬をもらい数値の変化を見ることになりました。念のため肝炎の検査も追加で行ないましたが、翌日問題ないことが分かりました。肝臓には問題なさそうということと、胆のうに炎症がありそうな感じだったので、翌日超音波検査を行なうことになりました。
翌日は朝から何も食べずに病院に行き、超音波検査を受けました。
その結果胆のうの中に影が写っていて、胆石があることが分かりました。影の様子から7個ほどあるんじゃないかということでした。

胆石は3F(Fat?太っている人、Female女性、Forty40代以上)の人におこりやすいそうなので、私は該当しないんですが(笑)なぜか胆石になってしまいました。それにしても単なる腹痛だと今までは思っていましたが、胆石とは意外でした。脂っこいものもそんなに食べていなかったんですけどね。それにしても血液検査をすると色々なことが分かるものですねるんるん

胆石は見つかったものの8回ほど通院して肝機能の数値も落ち着いたので、様子を見ることになりました。
胆石はふだんは自覚症状もまったくないのでなかなか気付きませんが、今回は本当に病院に行って良かったと思います。
胆石は落ち着いてしまうと痛みもないので、この時は胆石はたいしたことないな〜と甘く考えていましたが、3ヵ月後の12月にまた再発することになります。


 2009年12月 師走に入りまた痛みが再発exclamation×2

 胆石手術体験記トップへ
posted by Zaimax at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする